カテゴリ:野鳥( 594 )

2017年 12月 15日
ルリビタキと友達になる^^
今日も懲りずにルリビタキ撮影です。
このルリオス君、来たての頃は警戒心が強くてなかなか低い位置には下りてきませんでしたが、ようやく
この場所に慣れたのか地面に降りてエサを探すようになりました。カメラマンは私一人だけなので静かに
していると、向こうさんも安心したのかかなり近くまで寄ってきていろんなポーズで応えてくれました。
姿を見失うと「ゲゲッ、ゲゲッ」という地鳴きで居場所を教えてくれたりしてとてもフレンドリー。こちらの顔を
覚えてくれたのかなぁ^^。
b0184848_17191129.jpg
b0184848_17191924.jpg
b0184848_1719247.jpg
b0184848_17193158.jpg
b0184848_17193621.jpg
b0184848_17194491.jpg
b0184848_17195063.jpg
b0184848_17195738.jpg
b0184848_1720277.jpg
b0184848_1720869.jpg
b0184848_17201584.jpg
b0184848_17202047.jpg


by granpatoshi | 2017-12-15 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 13日
森のルリビタキ
重い機材を担いで急坂を歩くこと15分、途中で2回ほど休んで呼吸を整えます。今度は急階段を下り、ようやく
ルリビタキのポイントに到着。ここのルリビタキのオスは背中の瑠璃色が濃くてとてもフォトジェニックな個体。
明るい森なので抜けの良い枝に止まってくれれば、これはもう願ったりかなったりの野鳥写真になります。
冬鳥の中でもダントツの人気を誇るルリビタキですから、しっかり撮れると嬉しくなります^^。
b0184848_10202690.jpg
b0184848_10203323.jpg
b0184848_10203980.jpg
b0184848_10204644.jpg
b0184848_10205149.jpg
b0184848_1020581.jpg
b0184848_1021393.jpg
b0184848_1021979.jpg
b0184848_10211412.jpg
b0184848_10212080.jpg


by granpatoshi | 2017-12-13 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
2017年 12月 09日
水場のルリビタキ
鳴き声もなくヤマハゼの枝先に飛んで来たルリビタキ。しかし逆光空抜け。
この状態は鳥撮りには最悪のシチュエーションです。順光側に回っている間に逃げられたことが何度もあったので、
ここは我慢で低い枝に降りて来るのを待ちます。一旦地面に降りたものの、フォーカスする間もなく茂みの奥に姿を
消しました。
しかし天は我を見捨てなかった^^。いきなり水場に出て来ました。これこれ、このシーンが撮りたかったのです。
水の流れと岩苔、落葉した木々の葉っぱなどがいい雰囲気を出してくれます。枝止まりはこちらに背景を選択する
余地はありませんが、ここは狭い水場なので狙い通りシットリ感のある写真が撮れました。
b0184848_16413649.jpg

b0184848_16414370.jpg
b0184848_16414944.jpg
b0184848_16415655.jpg
b0184848_1642429.jpg
b0184848_1642976.jpg
b0184848_16421448.jpg


by granpatoshi | 2017-12-09 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 11月 29日
ワンチャンスのルリビタキ
家事の合間を縫って久しぶりで鳥撮りに行って来ました。
まずは森の中をゆっくり歩きながら探索しますが、聞こえてくるのはヒヨドリの甲高い鳴き声だけ。重い機材を
担いであちこち歩き回るのも効率が悪いので、ポイントを決めて待ち受けの省エネ撮影に切り替えます。

やって来たのはジョウビタキのメス。周辺を飛び回って落ち着きがありません。やがて遠くから「ヒッ、ヒッ」と
いうルリビタキの鳴き声。鳴き声の方向にレンズを向けて待っていると一瞬姿を見せたのはルリビタキのオス。
しかしどうもジョビ子が邪魔をしているのかなかなか近寄って来ません。ようやく意を決したのか、複雑に絡み合う
小枝の奥にちょこんとお出まし^^。ここぞとばかりに連写でルリビタキの今季初撮りとなりましたが、気の強い
ジョビ子に蹴散らされてワンチャンスのみでした。
その後もジョビ子は水浴びをしたりヒサカキの実を食べたりと、もうやりたい放題。何処の世界も“女性は強し”です。
b0184848_19323183.jpg
b0184848_19323689.jpg
b0184848_19324236.jpg
b0184848_19324862.jpg
b0184848_19325442.jpg
b0184848_1933020.jpg
b0184848_1933694.jpg
b0184848_1933138.jpg


by granpatoshi | 2017-11-29 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 11月 19日
多摩川の野鳥 2
多摩川の川原探索、今回は目指す本命の対抗馬チョウゲンボウです。
猛禽類の中では比較的馴染みのある鳥で、自宅周辺でも見かけます。猛禽類と言われる割に可愛い顔を
しています。小動物などを主食としているそうですが、ここでは主にバッタなどの昆虫を補食していました。
それにしても梢の先端から草むらの中に潜む小さな虫を見つけ出す能力は凄いものがありますね。
カラス軍団の執拗なモビングに負けずにガンバレ^^。
結局この日は第1本命には出会えませんでした。また挑戦します。
b0184848_13395849.jpg
b0184848_1340360.jpg
b0184848_1340999.jpg
b0184848_13401544.jpg
b0184848_13402264.jpg
b0184848_13402853.jpg
b0184848_13403472.jpg
b0184848_13404092.jpg

モズは“小さな猛禽”と言われますが、実はスズメの仲間
b0184848_13404572.jpg

自分の体に似合わない大きな獲物に四苦八苦するカイツブリ
b0184848_13405255.jpg

高校の同窓会に出席するため今日から三日間、北九州に行きます。

by granpatoshi | 2017-11-19 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 11月 16日
多摩川の野鳥1
久しぶりで多摩川の川原を探索です。
第1本命はベニマシコ、第2がジョウビタキ、そして対抗馬がチョウゲンボウというラインナップ。川原に着くと
早速チョウゲンボウが待ち構えていて、まずは対抗馬を押さえます。ベニのポイントに行く途中、「ヒッ、ヒッ」と
いう鳴き声に呼び止められ、水際を探すとメスのジョウビタキ。ことジョウビタキに関して私は断然メス派。オスに
比べてメスの方が配色のバランスが取れているように思います。まずはともあれ、いきなり第2本命と対抗馬が
撮れて、川原探索は上々のスタートでした^^。
b0184848_1950165.jpg

b0184848_1950770.jpg
b0184848_19501265.jpg
b0184848_19502058.jpg
b0184848_19502791.jpg
b0184848_19503494.jpg
b0184848_19503935.jpg
b0184848_19504526.jpg
b0184848_19505132.jpg
b0184848_19505889.jpg


by granpatoshi | 2017-11-16 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
2017年 11月 07日
草被りのミヤマホオジロ
家内が剥離骨折して一週間。ギプスで固定しているので痛みもだいぶ和らいでいるようですが、洗濯や食事の
支度など長時間の立ち仕事が辛いようです。

午後から家事が待っているので、午前中勝負で久しぶりにフィールドに出てみました。
駐車場で知り合いの方から、「ミヤマホオジロが入りましたよ」との嬉しい情報に俄然ファイトが湧いてきます。
実は今日の狙い目はジョウビタキでしたが、ミヤマホオジロと聞くと優先順位を即変更。何人かで探していると
居ましたミヤホ。しかし草被りでなかなか全身が撮れません。向こうは下草の中を動き回りながらノンビリと草の
実を啄んでいますが、こっちは時間制限もあって必死です。
結局スッキリ抜けた場所では一枚も撮れませんでしたが、割と近くまで寄って来てくれたのが救いでした。
b0184848_211032100.jpg

b0184848_21103867.jpg
b0184848_2110448.jpg
b0184848_21105080.jpg
b0184848_21105772.jpg
b0184848_2111391.jpg
b0184848_2111932.jpg
b0184848_21111642.jpg
b0184848_21112280.jpg
b0184848_21112875.jpg


by granpatoshi | 2017-11-07 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 10月 13日
猛禽の狩り場
自宅から車で約30分の田園地帯でノビタキ探しです。
最初のポイント、カメラマンが一人もいない。しばらく様子を見るも全然気配なし。第2、第3のポイントもダメ。
例年、ノビタキが2、3羽はいたのに今年はどうしたのだろうか。最後のポイントも稲刈りの終わった田んぼで
落ち穂拾いをしているスズメの大群が飛び回っているだけ。
諦めて機材を仕舞いドアに手をかけたその時、畦道の木にチョウゲンボウが飛びこんできました。慌てて
機材を組み直し、そっと近づいて一気に連写です。そうか、こんな場所は猛禽の格好の狩り場なんだと納得。
お目当てのノビタキにはボウズを喰らいましたが、望外のチョウゲンボウが撮れて気持ち良く撤収しました。
b0184848_15573482.jpg

b0184848_15574342.jpg
b0184848_15575039.jpg
b0184848_15575659.jpg
b0184848_1558145.jpg
b0184848_155879.jpg
b0184848_15581329.jpg
b0184848_15581872.jpg
b0184848_15582492.jpg
b0184848_15583022.jpg
b0184848_15583662.jpg

ショウリョウバッタを捕まえて戻ってきた
b0184848_15584185.jpg


by granpatoshi | 2017-10-13 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 10月 09日
アオゲラとご対面^^
出の悪いヒタキたちを待っていても仕方がないので周辺を探索。
するとクヌギの枝にいたのはアオゲラ。久しぶりのご対面だったのでシャッター連写。
しかし敵も然る者、幹の反対側に隠れたり葉っぱ被りだったりと、なかなかいい場所に
出てくれません。少しずつ間合いを詰めて近づいていくとこちらの気配を察したのか、
一気に遠くへ飛ばれました。しばらくすると森の奥からまるで勝ち誇るかのような
ドラミングの音だけが聞こえてきました。
b0184848_168139.jpg
b0184848_168838.jpg
b0184848_168142.jpg
b0184848_1682065.jpg
b0184848_1682610.jpg
b0184848_1683184.jpg
b0184848_1683761.jpg
b0184848_1684318.jpg


by granpatoshi | 2017-10-09 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 10月 07日
そろそろ閉幕か
ヒタキ諸兄のご機嫌伺いで5日ぶりに山登り。
ところがです。今日はエゾビタキが2羽だけで、コサメもサメもまったく姿が見えず。
いつもならミズキの木の中で飛び回っているキビメスもサッパリ。一族は早々に移動して
しまったのだろうか。まだ散発的にヒタキたちはやって来るとは思いますが、ヒタキ祭りも
そろそろ閉幕が近いのかもしれません。
b0184848_17451021.jpg

b0184848_17451597.jpg
b0184848_17452190.jpg
b0184848_17452681.jpg
b0184848_17453466.jpg
b0184848_17453956.jpg
b0184848_17454437.jpg
b0184848_17454996.jpg


by granpatoshi | 2017-10-07 07:00 | 野鳥 | Comments(4)