カテゴリ:カワセミ( 102 )

2016年 07月 31日
カワセミの給餌
ハス池のカワセミの幼鳥、1番子はもう自分で魚を捕ることが出来ますが、2番子はまだ親から魚をもらっています。
しかし親は子どもの自立を促すかのように、口元まで魚を持っていくも離しません。子どもはじれてバタバタしますが、
ただ見せるだけ。この場面は2、3分も続いたでしょうか、ようやく親は魚を与えると飛び去りました。これから先、
給餌の回数はだんだん減ってきて、ついには自分で魚を捕るように仕向けているのでしょう。
b0184848_1055925.jpg
b0184848_1055154.jpg
b0184848_10552190.jpg
b0184848_10552777.jpg
b0184848_10553330.jpg
b0184848_10554011.jpg
b0184848_1055487.jpg
b0184848_10555366.jpg
b0184848_10555844.jpg
b0184848_1056220.jpg


by granpatoshi | 2016-07-31 07:00 | カワセミ | Comments(6)
2016年 07月 29日
ハスカワ^^
野鳥の撮影では鳥と花の絡み、なかでもカワセミの花絡みがいいですね。
この季節だとやはりハスの花に止まる「ハスカワ」でしょう。友人から情報をいただき、早速行って参りました。
朝7時、ハス池に到着すると既に20人ほどの同業者の方々がレンズを向けています。「花に止まった!」と
いう叫び声でカメラマンは一斉に移動。シャッターの連射音が響き渡ります^^。止まっているのは、まだ胸元の
羽が黒い2番子。なぜか親鳥は咲いている花には止まらず、止まるのは花の終わった“シャワーヘッド”ばかり。
しかし子どもでも花にとまってくれればこれはもう御の字、贅沢は言っていられません。何とか目的を達成する
ことが出来て気持ちが軽くなりました^^。(つづく)
b0184848_18112440.jpg
b0184848_18113096.jpg
b0184848_18113542.jpg
b0184848_1811401.jpg
b0184848_18114745.jpg
b0184848_18115399.jpg

一番子はもう自分でエサを獲れるようになりました^^
b0184848_18115833.jpg
b0184848_1812495.jpg
b0184848_1812998.jpg

“シャワーヘッド”に止まる親鳥。ずいぶん羽が傷んでいて、子育ての苦労が偲ばれます
b0184848_18121494.jpg


by granpatoshi | 2016-07-29 07:00 | カワセミ | Comments(4)
2016年 04月 02日
嘆き節
年齢とともにカワセミの飛びモノ撮影が確実にヘタになりました^^;。
まず集中力が持続しない。気持ちを集中させて飛び込みの瞬間を待ちますが、2分が限度。
集中力が切れてシャッターボタンから指を離した瞬間に飛ばれること多々。いざ飛び込んでも、
レンズの振り遅れでカワちゃんは画面の端っこに写っているものや、ピント甘甘の写真を量産
します。「こんな筈ではないのになぁ」と悔やんでみても、画像を見れば歴然。集中力、瞬発力
ともに減退の一途を辿っています。
b0184848_10382473.jpg

b0184848_10383046.jpg
b0184848_10383524.jpg
b0184848_10384117.jpg
b0184848_10384675.jpg
b0184848_10385229.jpg

飛びモノ撮影に疲れたので“箸休め”写真です^^
b0184848_1038571.jpg
b0184848_1039278.jpg


by granpatoshi | 2016-04-02 07:00 | カワセミ | Comments(6)
2016年 03月 13日
修行不足
レンズの鼻先9メートルにカワセミ^^。
気持ちを集中させ、飛び出しを狙います。1分経過、微動だにせず。2分経過、まだ動かない。グリップを
握る手のひらが汗でジットリ。ハンカチを出そうと右手を離した瞬間、ポチャン・・・後の祭・・・orz。
慌ててレンズを振るも、撮れたのは突入した直後の水柱と頭が出てくるところだけ^^;。まだまだ修行が
足りませぬ。
b0184848_11225464.jpg
b0184848_1123037.jpg
b0184848_1123954.jpg
b0184848_11231520.jpg
b0184848_11232060.jpg
b0184848_11232619.jpg
b0184848_1123313.jpg
b0184848_1123365.jpg


by granpatoshi | 2016-03-13 07:00 | カワセミ | Comments(2)
2016年 02月 26日
経験不足
枝に止まって鋭い目付きで水面を睨むカワちゃん

飛んだ!

水中から飛び出してきた時にくわえていたのは、底に沈んでいる落ち葉

おいおい、それは違うだろ^^;

獲物と勘違いしたのか、あるいは目測を誤ったのか・・・

「トライアル&エラー」を繰り返しながら、狩りの技術を習得していくのでしょう
b0184848_2028483.jpg
b0184848_20281135.jpg
b0184848_20281514.jpg
b0184848_20282040.jpg
b0184848_20282549.jpg
b0184848_20283121.jpg
b0184848_20283628.jpg
b0184848_20284185.jpg


by granpatoshi | 2016-02-26 07:00 | カワセミ | Comments(4)
2016年 02月 18日
眼前ホバリング
いやはや、目の前8メートルの距離でホバリングをされた日にはたまりません^^;。
人慣れしているカワちゃん、これでもかと言わんばかりにダイブを繰り返しますが、500ミリでは近すぎて
とてもじゃないけど追い切れない。後ろへ下がると岩などの障害物があってケラレるので、ポジション取りが
難しい。1D4にすればよかったと反省しきり。※写真はすべてノートリミングです^^
b0184848_10255173.jpg

b0184848_10255613.jpg
b0184848_1026116.jpg
b0184848_1026746.jpg
b0184848_10261248.jpg
b0184848_10261776.jpg
b0184848_10262291.jpg
b0184848_10262731.jpg
b0184848_1026329.jpg
b0184848_10263660.jpg


by granpatoshi | 2016-02-18 07:00 | カワセミ | Comments(10)
2015年 09月 10日
鋭い目付きは親譲り
当歳の若オスクンです。まだ体つきに幼さが残っていますが、眼光の鋭さはイッチョマエ。
そして近くを人が歩いても動じないところは立派^^。曇って日差しがないのでカワセミ独特の構造色は発色が
弱く、背中のコバルトブルーも輝きがイマイチ。朝食にヌマエビと小魚を食べて、何処かへ飛び去りました。
b0184848_12402036.jpg

b0184848_12402544.jpg
b0184848_12403033.jpg
b0184848_12403548.jpg
b0184848_12404189.jpg
b0184848_12404932.jpg
b0184848_1240553.jpg
b0184848_1241287.jpg


〈おまけの写真〉
雨台風の18号が日本海へ抜け、夕方には青空が広がってきました。
西の空はピーカンなのに、自宅周辺は横殴りの強い雨。その雨が止むと、南東の空に大きな虹が出現^^。
空気中に大量の雨粒があるため、色の濃い鮮やかな虹でした。しかし、夜には再び本降りとなりました。
b0184848_17564549.jpg

b0184848_17565266.jpg

二筋の虹です
b0184848_1757467.jpg

太陽の位置が変わると、虹の位置も動きます
b0184848_17571189.jpg


by granpatoshi | 2015-09-10 07:00 | カワセミ | Comments(2)
2015年 04月 05日
春色のカワセミ
池の端にあるモミジの枝にカワセミが止まりました。芽吹いたばかりの新芽がレフ板効果を生み、カワセミが春色に
染まりました。萌黄色に輝く新芽は見た目の美しさだけではなく、精神的にも気持ちが安らぎます。当のカワちゃんは
こちらの気持ちを察してくれたのか、しばらくモミジの新芽の上でマッタリしておりました^^。
b0184848_2116552.jpg
b0184848_2117150.jpg
b0184848_2117680.jpg
b0184848_21171224.jpg
b0184848_21171741.jpg
b0184848_21172264.jpg
b0184848_21172947.jpg
b0184848_21173691.jpg
b0184848_21174256.jpg
b0184848_21174764.jpg

木陰でひっそり咲いていたシュンラン。洋ランのシンビジウムの仲間だそうです
b0184848_21175280.jpg
b0184848_21175790.jpg


by granpatoshi | 2015-04-05 07:00 | カワセミ | Comments(2)
2015年 03月 10日
恋の予感^^
冬の間、この池で孤塁を守っていたオスのカワセミ。元気でいるかと様子を見に行くと、近くにメスが。
とは言っても、両者の距離はまだ20メートルほど。エサも別々に捕っていて、オスはザリガニを丸呑みするなど
求愛給餌の素振りはまったく無し。しかし、メスが鳴くとオスは急にソワソワ。何となく相手を意識している様子が
窺えます。
間もなく繁殖の季節を迎えるので、2羽がペアになるのも近いでしょう。今年も丈夫で元気なヒナを育ててね^^。
b0184848_10414884.jpg

b0184848_10415455.jpg
b0184848_1042047.jpg
b0184848_1042530.jpg
b0184848_10421447.jpg
b0184848_10433090.jpg
b0184848_10433527.jpg
b0184848_10434181.jpg
b0184848_10434730.jpg
b0184848_10435452.jpg

野鳥の置き土産^^。水浴びのあと、この枝で羽繕いでもしたのか、抜けた羽毛がモミジの新芽に絡んで風になびいていました。
本居宣長説くところの“もののあわれ”を感じさせる光景でした。
b0184848_1043593.jpg


by granpatoshi | 2015-03-10 07:00 | カワセミ | Comments(4)
2015年 01月 31日
カワセミに遊ばれる
水面の一点を凝視するカワセミ
飛ぶか・・・飛ばない
向きを変え、再び水面を凝視
今度は行くか・・・う~、行かない

この状態が5分も続くと、カメラのグリップを握っている右の手のひらは汗でジットリ
フッと気を抜いた瞬間、奴は飛んだ・・・orz
もう後の祭り

仕切り直してもう一度挑戦
飛んだ!慌ててレンズを振り、飛び込んだ水面に向けて連写

シャッタースピード1/2000秒で6コマ連写。しかしドンピシャのタイミングの筈が、シャッターが切れるタイミングとカワセミの
動きがシンクロせず、フレームの真ん中で捉えることは出来ませんでした。カワセミはこちらの焦りを知ってか知らずか、今度は
目の前4メートルの至近距離にダイブ。レンズの最短合焦距離よりも手前なので、手の打ちようがありません。
枝に戻ったカワちゃん、一瞬ニヤッと笑ったような気がしました^^;。
b0184848_16421668.jpg
b0184848_16422234.jpg

カワセミは水中にいます^^
b0184848_16422889.jpg
b0184848_16423485.jpg
b0184848_16423830.jpg
b0184848_1642441.jpg
b0184848_16424991.jpg
b0184848_16425463.jpg

水面に映った枝止まりのカワセミです^^
b0184848_16425991.jpg


by granpatoshi | 2015-01-31 07:00 | カワセミ | Comments(0)