カテゴリ:風景( 136 )

2016年 04月 06日
踊る火の粉
自宅からほど近い民家園がライトアップしているということで、行って来ました。
全国各地から移築された古民家に照明が当たり、なかなか幻想的。それぞれの古民家には囲炉裏が
切られていて、今日は特別に火がくべられています。
炎には人を和ませる力があるのでしょうか、見ていると気持ちが安らぎます。煙で燻された室内は煤で
黒ずみ、独特の香りが漂います。火吹き竹で空気を送ると火の粉が舞い、これをスローシャッターで
撮影すると面白い造形が浮かび上がりました^^。
b0184848_1184221.jpg

b0184848_1184893.jpg
b0184848_1185377.jpg
b0184848_1185892.jpg
b0184848_119488.jpg
b0184848_1191055.jpg
b0184848_1191520.jpg
b0184848_1192010.jpg


by granpatoshi | 2016-04-06 07:00 | 風景 | Comments(4)
2016年 01月 01日
新年のご挨拶
b0184848_17484569.jpg


明けましておめでとうございます
皆さまにとりまして、新しい年が実り多き年となることを祈念申し上げます

こんな写真が撮れた、ではなく こんな写真を撮った! といえるよう
日々精進したいと思います

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

by granpatoshi | 2016-01-01 00:01 | 風景 | Comments(2)
2015年 12月 15日
東京駅、そして丸の内のライトアップ
和田倉公園の噴水ショーを楽しんだあとは、本日のハイライトである丸の内仲通りのイルミネーションを撮影するために、
東京駅方面へ向かいます。点灯までにまだ時間があるので、まずは中央郵便局跡地に立てられた商業施設KITTEへ。
ここはホワイトクリスマスをイメージした白いクリスマスツリーで有名です。大勢の若い女性やカップルに取り囲まれて
おりました。
続いて新丸ビルへ。1Fフロア中央にクリスマスイルミネーションが飾られ、スケートリングでは子ども達がアイススケートを
楽しんでいました。5Fのテラスに出ると、目の前に赤レンガの東京駅。近代的なビルに囲まれたレトロな駅舎、雰囲気が
あります。
そろそろ暗くなってきたので仲通りへ向かうと、イルミネーションの点灯を待つ善男善女であふれています。午後5時、LEDの
イルミネーションが点灯されると一斉に拍手が巻き起こりましたよ^^。

ウィンドウのディスプレイもオシャレです^^
b0184848_1504010.jpg

外国人観光客も集まってきました
b0184848_1504639.jpg
b0184848_1505142.jpg

b0184848_1512847.jpg
b0184848_151347.jpg
b0184848_1514087.jpg
b0184848_1514668.jpg

点灯直前(16時59分59秒)
b0184848_1515157.jpg

はい、点きましたよ(^^)/
b0184848_1515712.jpg
b0184848_152260.jpg
b0184848_152761.jpg

家路を急ぐ人の列
b0184848_1521271.jpg

昼間は都心の紅葉を愛で、夜はライトアップされた街並みを撮影して、私の東京見物は無事終了しました。
日比谷から皇居周辺、丸の内界隈は東京でも屈指の美しい景観が楽しめるスポットでした^^。おわり


by granpatoshi | 2015-12-15 07:00 | 風景 | Comments(2)
2015年 12月 13日
和田倉噴水公園
日比谷通りを馬場先門の交差点で左折すると、正面に二重橋が見えてきます。
ここで“爆買い”ご一行様の集団に囲まれました。「ここは天安門広場か」と思うほど、中国語が飛び交っています。
私はというと、やんごとなき方面には進まず和田倉噴水公園を目指します。狙いは噴水とイチョウ、背景に聳える
丸の内の瀟洒なビル群です。

時間も午後2時を回って斜光になってきたので、陰影がクッキリ浮かび上がってメリハリの効いた写真が撮れます。
噴水にもさまざまな仕掛けがあって飽きません。この公園にいたのはほとんど日本人で、静かに佇む人、絵を描いて
いる人、噴水の回りで遊ぶ親子連れなど、喧噪から離れて静かな時を楽しんでいる様子でした。
b0184848_1661085.jpg

b0184848_1661693.jpg
b0184848_1662128.jpg
b0184848_1662686.jpg
b0184848_1663276.jpg
b0184848_1663830.jpg
b0184848_1664395.jpg
b0184848_1664941.jpg
b0184848_1665558.jpg
b0184848_167046.jpg
b0184848_167517.jpg
b0184848_167113.jpg

初冬の午後の日差しを浴びながら本日の最終目的地、丸の内界隈へ向かいます^^。

by granpatoshi | 2015-12-13 07:00 | 風景 | Comments(6)
2015年 12月 11日
都心で紅葉狩り^^
東京都内の紅葉がいま最盛期を迎えています^^。
混雑する紅葉の名所を避けて、電車で都心の紅葉見物に行って参りました。結果的にはこれが大正解。
モミジの紅葉とイチョウの黄葉、まさに東京の都心は錦秋を迎えていました。

まずは定番の青山・神宮外苑のイチョウ並木。しかし、今年は黄葉したイチョウの葉が萎びて元気がなく、
気のせいか樹勢にも勢いが感じられませんでした。早々に切り上げて日比谷公園へ向かいます。雲形池の
モミジとイチョウが見事に色づき、ここが東京のど真ん中ということを一瞬忘れさせるほどの美しさでした^^。
続いて、日比谷壕沿いの日比谷通りを“やんごとなき”方向へ向かいます。端正なビル群、通りの両側を彩る
イチョウ並木・・・素晴らしい景観に感動しました。東京でもっとも美しいブロックと言っても過言ではないでしょう。
(この項、続く)

黄葉のイチョウと黄色いビートル^^
b0184848_1513914.jpg

日比谷公園の紅葉の美しさには息を呑みます
b0184848_1514735.jpg
b0184848_1515262.jpg
b0184848_1515777.jpg
b0184848_152299.jpg
b0184848_152751.jpg

日比谷通り沿いのビルは端正です
b0184848_1521211.jpg
b0184848_1521789.jpg
b0184848_1522338.jpg

警視庁の騎馬警官がお出まし^^
b0184848_1522815.jpg
b0184848_152335.jpg

丸の内のビル群
b0184848_1523891.jpg


by granpatoshi | 2015-12-11 07:00 | 風景 | Comments(4)
2015年 10月 20日
那須高原の秋
紅葉が見頃を迎えた那須高原へ行ってまいりました。
高速を下りて那須街道沿いの蕎麦やさんで腹ごしらえの後、道の駅で明日の買い物の事前調査。地元産の新鮮野菜や
新米が安い^^。明日は大量に買い込むことになりそうです。次に向かったのは御用邸の近くにあるステンドグラス美術館。
英国風の石造りの建物が周囲の森に溶け込んで、一瞬英国にいるのかと錯覚しそうです。家内と義母が見学する間、
私は周辺を野鳥探索してみましたが、いたのはカラ類のみで拍子抜け。レンズも出さず仕舞いでした。

旅の友をパチリ^^
b0184848_18105078.jpg

ステンドグラス美術館
b0184848_18105880.jpg

さて翌日。夜半から降り出した雨は上がりましたが、雲が低く垂れ込めて肌寒い天気。
まずは昨日下見した道の駅で恒例のお買い物。車のラゲッジスペース満載となりました。旅のハイライト、那須岳の
ロープウェイを目指して山道を進むと、標高1000メートルを超えるあたりから紅葉が真っ盛り^^。しかし山の上は雲の中
なのでロープウェイに乗るのは諦めて引き返し、《ツツジ吊橋》へ向かいます。苦戸川にかかる全長130メートル、
高さ38メートルの吊り橋は中央部付近ではかなり揺れて、下を見ると背中がゾワゾワ^^;。周囲の山々は赤や黄色に
色づき、まさに絶景です^^。

下に見える街並みは那須湯元の温泉街
b0184848_181257.jpg

紅葉に彩られた遊歩道を進んで行くと・・・
b0184848_22371967.jpg

「ツツジ吊橋」が見えてきます
b0184848_18121838.jpg

那須岳は雲に隠れています
b0184848_22363075.jpg

意を決して真下を撮る。自分でも完全に腰が引けているのが分かりました^^;
b0184848_18123483.jpg

最後に、今回の旅の目的の一つでもある那須温泉の元湯「鹿の湯」へ。
ホテルの温泉も快適でしたが、やはり那須の温泉といえば白濁した硫黄泉です。湯殿の中には2メートル四方の湯船が
六つ。源泉の温度は68度とかなり高温です。41度、42度、43度、44度、46度、48度と6段階の湯温の湯船があり、
低い方から順に浸かっていきますが、私は頑張っても44度まで。浴客は地元のおいちゃん6割、旅の者4割といった
ところでしょうか。ベテランの人は自前の砂時計で時間を計りながらの入浴です。お肌スベスベ、効能豊かな温泉ですが、
帰りの車内には硫黄の匂いが充満しておりました^^。

開湯から1380年、昔ながらの湯治場の風情が漂っています
b0184848_22383736.jpg

湯守りの人が着用する半纏
b0184848_22385612.jpg

キツネの道案内
b0184848_2239858.jpg

紅葉と温泉・・・日本の秋を満喫してきました^^。

by granpatoshi | 2015-10-20 07:00 | 風景 | Comments(4)
2015年 08月 09日
遠い花火
「横浜みなとみらい」地区で行われた花火大会、自宅マンションのベランダからも見えました。
直線距離にして約14キロ、打ち上げ花火を見る距離としては少し遠いものの、音はしっかり聞こえます。会場で見ると
真上を見上げるので首が痛くなりますが、これくらい距離があると目線の高さ。居ながらにして夏の風物詩を楽しむことが
出来ました。手前に送電線が走っていて、それが写りこんでいるのはご愛敬ということで^;。
b0184848_19581848.jpg
b0184848_19582485.jpg
b0184848_19582946.jpg
b0184848_1958359.jpg
b0184848_19584221.jpg
b0184848_19584767.jpg
b0184848_19585214.jpg
b0184848_19585760.jpg


by granpatoshi | 2015-08-09 07:30 | 風景 | Comments(4)
2015年 08月 07日
夜の雷を撮る
午後7時前、北の空に何やら面妖な雲が湧いています。日没直後の残照で雲頂付近が赤く光っていますが、見る見るうちに
その形を変えていきます。かなり動きが激しいので、これはもしかしたら雷が発生するかもしれないと、ベランダに三脚とカメラを
セットしてスタンバイ。
間もなく雲の内部で雷が発生し始めましたが、まるで積乱雲が爆発しているかのような光景です。雷の閃光はかなり明るいので
ISO感度は上げなくても大丈夫ですが、問題はシャッター速度。飛行機のアンコリ撮影と同じで、低速シャッターを使って連写
すればヒットする確率は上がりますが、光った部分が白飛びします。難しいのがシャッターを切るタイミング。閃光が何度も連続
する場合は、光った瞬間からシャッターを押し続けていると何カットかはヒットしますし、運が良ければ稲妻も撮れます。
この手の写真は、結局は数撃つしかないですね。
b0184848_20234127.jpg
b0184848_20234644.jpg
b0184848_20235236.jpg
b0184848_20235857.jpg
b0184848_2024532.jpg
b0184848_20241291.jpg
b0184848_20242020.jpg
b0184848_20242685.jpg
b0184848_20243170.jpg
b0184848_2024377.jpg


by granpatoshi | 2015-08-07 07:20 | 風景 | Comments(4)
2015年 07月 04日
爽やか高原ドライブ^^
話は前後しますが、八ヶ岳高原ドライブへ向かう途中、富士五湖の河口湖に立ち寄ってみました。
ちょうどハーブフェスティバルが開催中で、ラベンダーやアジサイが満開。この時期、全国から富士山カメラマンが集まって
くるとかで、関西方面からのナンバープレートも散見されました。しかし残念ながら、お山は雲に隠れてその優美な姿の全容を
見ることは出来ませんでした。
b0184848_20133860.jpg
b0184848_20134487.jpg
b0184848_20134978.jpg
b0184848_20135686.jpg
b0184848_2014288.jpg

さて先を急ぎます。御坂峠を越えて甲府盆地に下り、中央高速で八ヶ岳方面へ向かいます。
山梨へ来ると、どうしても行きたい場所が北杜市白州町の「べるが通り」。南アルプスの名峰・甲斐駒ヶ岳に向かって真っ直ぐに
伸びる1本の道はいつ来ても気持ちが良いです。
b0184848_20143892.jpg

次に向かったのが南八ヶ岳の麓に広がる牧場。ちょうど牧草の刈り取り作業が行われていて、アメリカ製のトラクターが牧草地を
走る様子はちょっと日本離れした光景でした。爽やかな風が吹き渡り、梅雨のさなかとは思えない青空が広がっていました^^。
b0184848_20152934.jpg
b0184848_20153473.jpg
b0184848_20153999.jpg
b0184848_20154548.jpg


by granpatoshi | 2015-07-04 07:30 | 風景 | Comments(0)
2015年 05月 25日
旅人
富士山の写真を撮ろうと湖畔に車を止めて眺めていると、通りがかりの人に声をかけられた。
「良い写真、撮れましたか?」
「いやぁ、今日はダメですね。雲がかかっていて、お山もスッキリしません」
四方山話を交わしながら雲の晴れ間を待つ。聞けばその人は大阪から来て、車の中で寝泊まりしながら山中湖には
もう1週間近く滞在しているという。富士山が好きで毎年かならず来ているそうだ。ただ富士山を眺めているだけで
幸せな気分になれると話していた。
駆け足で有名観光地を巡るのではなく、じっくり腰を据えて心ゆくまで富士山を楽しむ・・・そんな気配が漂っていた。
貧乏性の私にはちょっと真似の出来ない、優雅な旅の方法ではある。
夕方まで粘ってはみたものの思ったような写真は撮れず、ハクチョウと遊んで帰ってきた。
b0184848_22571524.jpg
b0184848_22572164.jpg
b0184848_22572646.jpg

せっかくのハクチョウがコクチョウになってしまった
b0184848_22573170.jpg
b0184848_22573662.jpg
b0184848_22574065.jpg


by granpatoshi | 2015-05-25 07:00 | 風景 | Comments(2)