カテゴリ:生活( 49 )

2015年 03月 08日
車の健康診断
我が愛車ニッサン・ステージア、走行距離125,000キロ。北九州の実家との往復や旅行、撮影行など我が家の
アクティビティには欠かせない頼もしい相棒です^^。今では珍しい直列6気筒の2500CCエンジンはよく回り、
トルクもあるので山岳地帯のワインディングロードなどもスイスイこなしてくれます。
愛車を快適かつ安全に保つために欠かせないのが、年2回の定期点検。3回分のメンテナンス・パックを購入して
先払いしているので、基本の点検には費用はかかりませんが、劣化した部品の交換には別途費用がかかります。
今回の定期点検では、足周りに関して重大な不具合が見つかりました。ステアリングギヤ・ブーツおよびタイロッド
・アウターソケットブーツが劣化して一部にクラックも生じているので、交換が必要とのこと。加えてバッテリーも寿命が
来ている、エアコン・フィルターも要交換、ウィンドウの撥水処理など合わせてン万円の追加出費。
結構な金額になりましたが、車も所有者も高齢ゆえに健康維持にお金がかかるのは仕方がありません。これからも
しっかり頼むぞ、ステージア^^。
b0184848_1192653.jpg

b0184848_1193389.jpg
b0184848_1193965.jpg

工場で作業に入る前にスマホでパチリ。
CS放送「ディスカバリーチャンネル」の人気番組『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』風に撮ってみました^^。
カー・ディーラーのマイク・ブリュワーがくたびれた名車を安く買い取り、メカニックのエド・チャイナが修理して往年の
輝きを取り戻し、高く転売して儲ける。日本ではちょっと考えられない番組です。車のメカが分かってくるし、何よりも
二人の個性がいい雰囲気を出していて面白いです^^。

by granpatoshi | 2015-03-08 07:00 | 生活 | Comments(2)
2015年 01月 03日
新年の誓い
b0184848_23372599.jpg

フルパワーで大空へ駆け上がっていく飛行機のごとく、常に高みを目指したい・・・。
毎年、年の初めにはそう心に誓うものの、凡人はすぐに挫折してしまいます^^;。
易きに流れることなく、幾つになっても上昇志向を持ち続けたいものです。
私の回りには写真の上手な人がたくさんいます。そんな人に一歩でも近づけるよう、
一層精進したいと思います。今年もよろしくお付き合いください。

鳥屋さんの間では「見ると幸せになれる青い鳥」と、やや軟弱な言い伝えのある
ルリビタキです。皆さまに「幸せ」のお裾分けをさせていただきます^^。
b0184848_23381783.jpg


by granpatoshi | 2015-01-03 07:00 | 生活 | Comments(2)
2015年 01月 01日
新年のご挨拶
b0184848_1883912.jpg


明けましておめでとうございます。

昨年は多くの方々から暖かいコメントをいただき、とても励みになりました。
しかし自己流、自己満足の写真ばかりで、まさに汗顔の至りでした。
もっと感性を磨き、被写体にド~ンと迫るような写真を撮りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さまにとりまして、新しい年が実り多き年となることを祈念申し上げます。

by granpatoshi | 2015-01-01 00:01 | 生活 | Comments(8)
2014年 11月 19日
出陣式
たまたま立ち寄った東名高速下り線・海老名サービスエリアで白バイやパトカーが何十台も勢揃い。
これから下り線を走るので「ムム、一斉取り締まりか」と、一瞬いや~な感じがしました。近づいてみると、式典を行っています。
お巡りさんに聞いてみると、「高速道路交通安全運動」の出陣式とのこと。集まっていたのは神奈川県警高速道路交通警察隊の
精鋭たち。高速道路を走行中、警察車両がバックミラーに写るとドキッとして、思わずアクセルを踏む足が緩みます。ましてや
反則金を払ったことも何度かあり、日頃は不倶戴天の敵と見なしている警察車両ですが、隊形を組んで整列している様は悔しいけど
カッコいい^^。
この後、パレードを行うとのことでしたが、先を急ぐのでそれはパス。先ほどのお巡りさんから「今日は覆面もたくさんいますから、
安全運伝でお願いします」と忠告を受け、その場を後にしました。皆さん、くれぐれも安全運転でお願いします^^;。
b0184848_946342.jpg
b0184848_94693.jpg
b0184848_9461372.jpg
b0184848_9461920.jpg
b0184848_9462468.jpg
b0184848_9463556.jpg
b0184848_9464071.jpg

写真を見ていて気がついたのですが、白バイのお巡りさんって、割とでっぷり太った人が多いような気がします^^;。
それと白バイはHONDAだけではなく、SUZUKIもあるんですね。

by granpatoshi | 2014-11-19 09:50 | 生活 | Comments(2)
2014年 01月 27日
春はいつ来るのか
リハビリの一環として、家の外に出て歩行訓練を始めました。
距離にしてたかだか3、400メートルですが、まだ右足が踏ん張れないのでビッコを引きながらの歩行で、これが
結構キツイ。家に戻ってくる頃には手術の傷跡が痛みだし、右足全体が重く感じられます。かといって、日がな一日
動かずにいるのも体に良くないし、やはり徐々に体を慣らしていくということなのでしょうね。
ここを乗り越えないと、カメラ機材を担いで出歩くことなんて出来ないぞと、自分に言い聞かせながらトレーニング
しています。
それにしても、厚木基地の方角からは戦闘機の轟音が聞こえてくるし、マンション横の公園からは野鳥の鳴き声も
聞こえてきて、ついソワソワしてしまいます。嗚呼、撮影に出られる日はいつ来るのか、まさに春を待つ気持ちです。

ベランダの鉢植えのツバキにメジロが蜜を吸いにやって来ます^^。
私が座る席の真正面、3メートル先ですがガラス窓があるせいか鳥も警戒心が薄いようです。
ガラス越しの撮影なので、解像が甘いのが残念です^^;。
b0184848_15281573.jpg
b0184848_1528224.jpg
b0184848_15282979.jpg


by granpatoshi | 2014-01-27 15:34 | 生活 | Comments(16)
2014年 01月 23日
生還報告^^
まだ松も明けやらぬ1月6日に入院、昨日、18日ぶりで退院し我が家に戻ってきました。
右足首の関節に原因不明の炎症が起き、放っておくと炎症が広がって骨を浸食する恐れがあるとのことで、
手術して患部を摘出しました。もう痛みはないものの、まだ右足は術後の浮腫が残っていて、家の中では
ビッコを引きながらの歩行ですが、歩行訓練などのリハビリを行って徐々に社会復帰を果たしたいと思います。
自宅のベランダで日光を浴び、肌で風を感じることで気分も爽快になり、あらためて健康の大切さを実感して
います^^。ご心配いただいた皆さまには心より御礼申し上げます。

早くこんな写真が撮れるようになりたいとの願望を込めて、昨年暮れに撮影した飛行機の写真をアップします^^;。
b0184848_15585164.jpg


by granpatoshi | 2014-01-23 15:58 | 生活 | Comments(18)
2013年 12月 19日
PEANUTS
あ、いえ、双子の姉妹歌手のことではありません^^。
チャールス・M・シュルツ描くマンガのタイトルです。チャーリー・ブラウンと妹サリー、愛犬スヌーピー、ルーシー、
ライナス、リランの3兄弟をはじめ、ペパーミント・パティ、シュローダー、ピッグペンなど、個性あふれる子どもたち。
携帯電話やゲーム機のない時代、彼らの遊びや会話、日常の生活場面などを通して、古き良き時代のアメリカの
息吹が伝わってきます。
私が好きなキャラクターはチャーリー・ブラウンとライナス。チャーリー・ブラウンはお人好しで、何をやっても失敗
ばかり。そして天才ライナスは子どもらしく空想逞しい性格で、ときには哲学的で深遠な言葉を吐いて周囲を煙に
巻いたりします。

40数年前、まだ大学生だった時分に初めてペーバーバック版『PEANUTS』を手にして、こんな素晴らしいマンガが
あるんだと、いたく感動しすっかりハマってしまいました。日本語対訳のついていない輸入書ですが、値段も手頃
だったのでかなりの数を揃えました。
大学の原書講読の授業はチンプンカンプンでしたが、この英語マンガは私でも理解できました。今でも私の大切な
蔵書となっています^^。

六本木の森アーツセンターギャラリーで「Ever and Never:the art of PEANUTS」開催中!
50年来の愛読者としては、展覧会の日本語タイトルが「スヌーピー展」というのは残念。
ここはやはり「チャーリー・ブラウン」を前面に出して欲しかったなぁ。チャーリー・ブラウンやライナスたちが交わす
会話の中にこそ、このマンガの神髄があると思うんだけどなぁ。
b0184848_1024414.jpg
b0184848_1024935.jpg
b0184848_1025489.jpg

記念にチャーリー・ブラウンのフィギュアを買いました^^
b0184848_10306.jpg

私の大切な蔵書の一部です
b0184848_103596.jpg


by granpatoshi | 2013-12-19 10:10 | 生活 | Comments(4)
2013年 11月 16日
いざ手術
b0184848_13331760.jpg

昨日、検査入院が終わり5日ぶりでシャバヘ戻って参りました^^。
入院中に生体検査手術を受けました。生検とは病気の診断や治療方針を確定させるために、組織の一部を切り取って
検査するのだそうです。全身麻酔だったので、事前の準備は結構大変でした。

〈手術前日〉
午後6時夕食。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく調理され、思いのほか美味しい。夜9時以降は絶飲絶食になるので、
心して食べました。全身麻酔の場合、呼吸機能が低下するので喉に気管挿入しますが、口髭があると気管を固定しにくく
なるので剃るように指示され、シェーバーでジョリジョリ^^;。

〈手術当日〉
朝6時起床。尾籠な話で恐縮ですが、前日までに飲食したものはすべて体外に出す必要があり、浣腸で排出。
そして水分補給のため、電解質溶液の点滴開始。空腹に耐えながらも病棟内を探検したり、応接コーナーで本を読んだりと、
まだ余裕です^^。
午後2時半、手術室入室。手術台に横になると麻酔医が傍に控え、「もうすぐ麻酔が効いてきますよ・・・」。そして午後6時過ぎ、
遠くで「○○さん、手術終わりましたよ」。この間、まったく記憶なし。
病室に戻り、術後のケアを受けている頃から麻酔が切れてきて、切開した部分の痛みがジワッと寄せてきます。
しかし、まだ何となくボンヤリした状態なので、苦痛はありません。自発呼吸機能が下がっているので口には酸素マスクが
装着され、呼吸を助けてくれます。

〈手術翌日〉
朝6時起床。というか夜中はほとんど寝られなかったので、起床というのも違うなぁ^^。
朝8時朝食。5分粥に味の薄い味噌汁、タマネギ入り。38時間ぶりの食事。胃をビックリさせないよう、少しずつゆっくり
食べます。段々、麻酔の影響も薄らいできましたが、まだ起き上がるのは危ないので一日中ベッドに横たわって過ごします。
手術して一番困るのはトイレの問題です。ずっと絶食だったので便意はありませんが、点滴の影響で尿意はあります。
私の場合は尿道カテーテルではなかったので、ベッドの上で溲瓶を使いました。

〈退院まで〉
術後3日目から歩行訓練開始。松葉杖を使って病棟内を歩く訓練です。看護師から「上手いですね、初めてとは思えませんよ」と
褒められてもなぁ^^; 食事も徐々に普通食に戻り、トイレも車椅子を使って行くことが出来るようになりました。退院前日には
シャンプーをしてもらい、身も心もスッキリ^^。そして入院5日目、めでたく退院の運びとなりました。検査結果は来週金曜日に出ます。

by granpatoshi | 2013-11-16 13:38 | 生活 | Comments(10)
2013年 11月 10日
検査入院
b0184848_16153116.jpg

先にブログで報告しましたが、明日から都内の大学病院に検査入院します。
右足首の関節に腫瘍が出来ていて、これは薬の服用や放射線治療では治らないので、手術で腫瘍を除去するしか
ないそうです。その腫瘍除去手術を受ける前に、まず組織を切り取って検査するための手術を受けます。
検査入院に先立ってレントゲン撮影や血液検査、心電図や肺機能なども検査。その結果を踏まえて麻酔専門医による
問診とガイダンスを受けました。検査のための手術とはいえ、全身麻酔なので麻酔医が立ち会うのだそうです。
金曜日に、整形外科医の診察および手術に関する説明を受けてきました。いわゆるインフォームド・コンセントです。
そして最後に、病棟スタッフが患者の情報を共有するためのヒアリングを受けて手続きは完了。
入院するというのは、本人もさることながら受け入れる側の病院も然るべき準備を整える必要があり、大変なことなんだと
実感した次第です。
と言うわけで明日から数日間、音信不通になります。

by granpatoshi | 2013-11-10 16:24 | 生活
2013年 10月 25日
秋深し・・・
b0184848_2223366.jpg
b0184848_22231039.jpg

秋も一段と深まってきました。公園の木々も色づき始め、平地の森でもやがて紅葉の季節を迎えます。
これから秋の野鳥撮影に絶好のシーズンが到来、いい季節になったなぁと思っていた矢先、実はとんでもない
ことになりました・・・orz。

今年の夏前から右足の関節(踝)の周辺がちょっと腫れてきて、熱を帯びていました。
整形外科病院で診てもらうと、水が溜まっているとのことで4㏄ほど抜いてもらいました。しかしその後も腫れは
引かず痛みも増してきて、処方された消炎鎮痛剤をのんで凌いでいましたが、痛みは増すばかり。医師に相談
すると、同じ病院の足の専門医に診てもらった方がいいとのことで、主治医が交代しました。
早速、造影MRI検査や血液検査を受け、一週間後に結果を聞きに行くと「ちょっとややこしい病気の恐れがある」と、
聞いたこともないような病名を告げられました。主治医はすぐに東京都内の大学病院へ紹介状を書いてくれました。

というわけで本日、都内の大学病院へ。
整形外科医の問診、レントゲン撮影、診察、心電図検査や血液検査、再び診察と、病院内を行ったり来たりで半日
費やしました。そして来月中旬に検査入院することになり、病理検査の結果によっては入院・手術ということになる
かもしれません。
しかし、もうこうなればジタバタしても仕方がないので、あとは幸運の女神に我が身を委ねるしかありません。
天気がいい日は気分転換も兼ねて、頑張って撮影に出かけたいと思います^^。
b0184848_2232295.jpg
b0184848_22323757.jpg
b0184848_22324324.jpg


by granpatoshi | 2013-10-25 22:34 | 生活 | Comments(4)