カテゴリ:生活( 42 )

2013年 01月 05日
ラジコンカー^^
小学2年生の孫が泊りに来ました。
冬休みのドリルや公文の宿題など勉学道具一式と、忘れてはならないのがゲーム機。
そして今もっとも熱中しているのがJeepのラジコンカー。なんでもサンタさんにもらった
んだそうで、大事そうに抱えて車に乗り込んできました^^。
さっそく近所の公園で走行テスト。砂で作ったジャンプ台を乗り越える時には砂を盛大に
まき散らし、結構迫力があります。童心に帰って孫と薄暗くなるまで走らせていました。
Granpa V.S. Grandson やはり男同士の遊びって、楽しいですね^^。
明日は羽田空港へ飛行機を見に行きます(自分のための利益誘導も忘れません^^;)
b0184848_22382037.jpg
b0184848_22382853.jpg
b0184848_22383481.jpg
b0184848_22384115.jpg


by granpatoshi | 2013-01-05 22:41 | 生活 | Comments(6)
2013年 01月 01日
謹賀新年
b0184848_23154840.jpg

         明けましておめでとうございます
旧年中は拙ブログをご声援いただき、ありがとうございました
  新しい年が皆様にとりまして、実り多き一年となることを
              祈念申し上げます
        本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

by granpatoshi | 2013-01-01 00:01 | 生活 | Comments(18)
2012年 12月 11日
老人の仲間入り ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
本日は私の65歳の誕生日^^。067.gif
昔は65歳と聞くと、もう押しも押されぬ立派なご隠居さん^^。背中を丸めて番茶をすすりながら
碁盤に向かってパチリパチリ、あるいは植木鋏を手に盆栽の剪定チョキチョキみたいなイメージ
でしたが、いざ自分がその歳になって果たして年寄っぷりはどうか。

65歳を目前に控えて、関係各諸方面からいろんな書類が届きました。
日本年金機構からは、「老齢厚生年金」が「老齢基礎年金」に変わるお知らせ、区役所からは
介護保険の対象となった旨のお知らせと介護保険被保険者証、市からは「すこやか福寿手帳」
なるものが送られてきました。行政機関は65歳以上を高齢者と認定しているんでしょうね。
ま、各種サービスが受けられるのは有難いことですが、老人いこいの家の紹介や老人クラブの
案内となると、さすがに「ちょっとなぁ^^;」と腕を組んでしまいます。

連日のように500ミリレンズを肩に担いで森の中をさまよったり、はたまた空港周辺に出没して
みたり、そして定期的にブログを更新し、たまにはツイッターでつぶやき、時には片道1000キロの
ロングドライブに出たりと、まだまだ若いもんにゃ負けんぞ(←すでに年寄っぽい^^;)と、本人は
若ぶっております^^。
b0184848_16374071.jpg
b0184848_16374677.jpg
b0184848_16375351.jpg


by granpatoshi | 2012-12-11 16:42 | 生活 | Comments(14)
2012年 11月 01日
世田谷区人口、一名増^^
次女が男の子を出産して一週間。昨日無事退院し、産後の休養のため我が家に暫く滞在します。
病院から我が家へ来る途中、世田谷区役所に寄って出生届を出してきたとのことで、一家3人の
名前が記載された住民票がまぶしく見えました。
孫も3人目ともなると多少感激も薄れるかと思いましたが、その安らかな寝顔を眺めているとよくぞ
生まれてきてくれたと、喜びがこみ上げてきます。3人の孫たちの健やかな成長を見守るためにも、
健康で元気な「じいじ」でいなくちゃなぁ^^。

渋谷生まれの世田谷育ち・・・う~む、シティ・ボーイだなぁ^^
b0184848_004686.jpg

病院スタッフの方たちからいただいたHalloweenのキャンディ・ケース
b0184848_01030.jpg

「Ray of hope-希望の光」が新しい命の誕生を祝福してくれました
b0184848_011335.jpg


by granpatoshi | 2012-11-01 00:05 | 生活 | Comments(4)
2012年 10月 27日
希望に満ちた場所
次女が都内の病院で男の子を出産、これで私は3人の孫を持つ「じいじ」となりました(^O^)。
我が家の娘は二人ともこの病院で生まれ、次女はこの病院の看護大学を出てこの病院で助産師として
働いていました。娘の話では、病院の古い記録を探すと自分の出生記録がちゃんと残っていたそうです。
何か不思議な「えにし」を感じます。
病院という場所は本来、病気を治すところですから明るいイメージとはちょっと違う雰囲気がありますが、
産科フロアだけは別。新しい命が誕生し、自宅に戻るまでのひと時を過ごすこの場所は喜びや祝福、
そして夢や希望に満ちています。ラウンジでは生まれたばかりの赤ちゃんを嬉しそうに抱っこしている
お母さん、そして赤ちゃんを見に来た家族や親戚はどの顔も晴れやかで、華やいだ表情をしています。
家族が増えるというのは何物にも代えがたい、素晴らしい出来事です^^。
b0184848_13374180.jpg
b0184848_1523588.jpg


by granpatoshi | 2012-10-27 13:39 | 生活 | Comments(12)
2012年 10月 13日
映画のロケに参加する^^
九月末から十月半ばにかけて、映画製作のロケに参加いたしました^^。
いえいえ、通行人役のエキストラではございません。れっきとしたスタッフの一員として末席に
連なっています。映画会社はインディ系ではなく、もちろんメジャーの大会社。「いじめ」や
「人権問題」などをテーマにした教育映像作品の撮影現場です。
で、一体お前は何をやっていたのかって?はい、スチール担当です^^。作品は教育関係者や
学校、公共団体などに向けてリリースするそうで、作品に添付する教則本や宣材などに使う
写真を撮るのが、私のミッションです。
b0184848_22541880.jpg


ロケ現場はまさに職能集団の集まり。出演者に演技指導する監督、撮影の手順を細かく指示する
助監督、カメラマン、音声、照明、メイク・・・大勢のスタッフが忙しく立ち回り、手際よく準備を進めて
いきます。
b0184848_22545844.jpg

b0184848_22552752.jpg

  助監督:では本番いきます、お静かに願いま~す
  カメラ:はい、カメラ回った
  助監督:シーン6、カット4、トラック3、本番!(この後、カチンコ)
  監 督:はい本番。よ~い、ハイっ!

と、こんな具合に撮影は展開して行きます。
私はというと、本番でカメラが回っている時はシャッターは押せないので、本番前のテストの時に
ムービーカメラとほぼ同じポジションから撮影したり、あるいは本番撮影終了後、スチール用に
もう一度演技してもらったりと、状況を読みながら撮影を行います。
長い時は一日12時間以上かかることもありましたが、映画作りの現場の熱気を肌で感じること
が出来て、とても刺激的な日々を過ごすことができました^^。

by granpatoshi | 2012-10-13 22:57 | 生活 | Comments(4)
2012年 09月 21日
老いを生きる
台風16号が九州の西を通過して以来すっかり秋めいた気候となり、木陰を吹き抜ける
風は、ヒンヤリと心地よい冷たさを運んできます。北の大地から渡ってきた夏鳥たちも、
そろそろ北帰行の準備でしょうか、平地の森にも姿を見せるようになってきました。
家事の合間をぬって実家から車で20分、緑地公園を偵察してきました。コサメビタキ、
センダイムシクイ、エゾビタキなどが迎えてくれました。いよいよ秋の野鳥シーズンの
開幕です^^。
b0184848_8211432.jpg
b0184848_8213281.jpg
b0184848_8213970.jpg

6月に脳梗塞で倒れて入院中の父。併発した余病の治療も終わり、今はリハビリ訓練を
行っていますが、89歳という高齢なので劇的な効果は見込めません。リハビリだけの
ために長期入院という訳にもいかず、次のステップを考えなくてはなりません。
さてこれからどうするか。24時間対応の介護が必要なので、自宅に戻って以前と同じ
ような生活を営むことは不可能です。担当医師やケアマネジャーの人とも相談した結果、
介護施設に入居するのがベストな方法だろうとの結論に至りました。

幸いにも最近出来たばかりの、24時間対応の老人介護施設が見つかり、早ければ
今月末にも入居することになりました。本人はともかく、介護に追われる身内のことを
考えると、他に選択肢はありません。
妻に先立たれ、ヘルパーさんの助けを借りながら、自宅で犬を伴とした独居生活を送って
きた父ですが、ついに介護施設で残された人生最後の時を過ごすことになりました。
「老いを生きる」ことの辛さと厳しさを実感する今日この頃です。
b0184848_8295342.jpg

父の今後のことに関して一応の目鼻もついたので、今日北九州を発ちます。
前回同様、今回もフェリーで大阪まで行き、ちょっと寄り道をして帰ります^^。


by granpatoshi | 2012-09-21 08:45 | 生活 | Comments(12)
2012年 09月 15日
エアフロメーター、壊れる
我がステージアの故障の原因が分りました。
エアフロメーター(air flow meter)という部品がダメになっていたそうです。
車のメカにはそれほど詳しくない私としては初めて聞く部品名ですが、この
エアフロメーターは、吸入した空気をエアクリーナーを経由してエンジンに
送り込む際に、センサーで吸入空気量を計測し、その信号を燃料噴射装置に
伝え、これによって空気と燃料の混合比を決める、重要な部品だそうです。

もしエアフロメーターが故障すると、吸入空気量を正しく計測することが出来なく
なり、結果として混合比のズレによるエンジンの「息つき」や「ラフアイドル」と
いう現象が起き、最悪の場合はエンジンが始動出来なくなるとのことでした。
エンジンの「息つき」現象、回転にムラが出る「ラフアイドル」など、我が愛車にも
全く同じ症状が出ていました。これが高速道路を走行中に起きなかったのは、
まさに不幸中の幸いというべきでしょう。

車が古いこともあって、部品は何と神奈川県の相模原から取り寄せになるとの
こと。わざわざ神奈川県から北九州まで走ってきて部品は自宅のある神奈川県
から取り寄せることになるとは、何とも皮肉なものです。
修理費は、部品・工賃込で5万円。レンタカー代まで含めると約8万円の出費と
なりガックリですが、背に腹は代えられません。修理は日曜日には完了すると
のことで、一安心^^。それにしてもパソコンは壊れるは、車は故障するは、もう
踏んだり蹴ったり。これからはシッカリしてくれよステージア、たのむよ^^;。

外見は元気そうなのに、中身はガタがきている。
「なんだ、持ち主と同じじゃん」というツッコミはこの際、なしでお願いします^^;

b0184848_1004957.jpg


by granpatoshi | 2012-09-15 10:11 | 生活 | Comments(10)
2012年 09月 13日
嗚呼、情けなやレッカー移動・・・orz
いえ、駐車違反ではありません。我が愛車ステージアの調子がおかしくなり、JAFに依頼して
修理工場までレッカーで移動させるはめになってしまいました。

北九州の実家に到着した日の午後、赤信号で停車するといきなりエンスト。エンジンを再始動
するとエンジンはかかり、その後は普通に走ります。しばらく走り、再び信号ストップでまたまた
エンスト。エンジンの不具合を示す警告灯が点灯しています。
気になるので通りがかりのニッサンディーラーに飛び込み、事情を話すと燃料系統のトラブル
かも知れないと言われるもエンジンは再始動可能だし、こちらも急ぎの予定があって修理する
時間がないので、取りあえずはダマシダマシ車を転がして用事を済ませ、実家に帰宅。
改めて先ほどのディーラーに電話してメカニックの担当者と相談した結果、二日後に緊急入院
させることになりました((+_+))。

さて翌日、父の病院へ行こうと車を走らせると、ちょっとした坂道でエンスト。
アイドリング時のエンジンの回転数が400回転位に下がっています。万事休す。
帰省する直前に定期点検を終えたばかりなのに、一体どうなってんだよ???
その場でUターンして実家に戻り、ホームドクターである神奈川県の自宅近くのディーラーに
電話で症状を伝えると、アイドリング時のエンジンの回転を制御するユニットがおかしいのでは
ないかとのこと。定期点検の時に分らなかったのかと聞くと、点検時にはチェックしていてその
時は特に変調は認められなかったとのことで、「ま、言ってみれば電球が突然切れるような
ものでしょうか」。なるほどと、妙に納得してしまいました^^;

しかし、これじゃあ修理工場まで走らせるのも危ないので、ついにJAFに救援依頼。
私の40年以上の運転歴でJAFを呼んだのは、家内が側溝に脱輪させた時と今回の2回。
事情を話すと、担当者はテキパキと対応してくれて、早速レッカー車を手配してくれました。
「地獄に仏」とはまさにこのことでしょうか。
そして今朝、ステージアはJAFの車にけん引されて修理工場まで運ばれていきました。
それにしても、親は入院するは挙句に車まで緊急入院するとは、何たることか。もう踏んだり
蹴ったりの帰省と相成りました。修理期間中はレンタカーで凌ぐしかありません。

アイドリング時のエンジン回転数が400回転。これは低すぎですね
b0184848_122665.jpg

テキパキと作業するJAFの人。神様に見えます^^;
b0184848_12345926.jpg

b0184848_1235108.jpg

何とも情けない格好になりました
b0184848_12352291.jpg

To be continued.

by granpatoshi | 2012-09-13 12:46 | 生活 | Comments(10)
2012年 09月 11日
実家へ帰省
久々のブログ更新です。
脳梗塞を患って入院している父親の見舞いと実家のメンテなどのために、北九州の
実家に戻ってきました。神奈川県の自宅から1000キロ。今回は途中の神戸から
瀬戸内海を航行するフェリーに乗船しました。
夕方6時半神戸港を出港、翌朝7時に北九州門司港に到着。船内にはレストランや
展望浴室まで完備していて、波穏やかな瀬戸内海を滑るように航行するフェリーは
とても快適です^^。料金も車のガソリン代と高速の通行料金を合わせた額とほぼ同じ。
そして何よりも、寝ている間に目的地に着くというのがありがたい。

フェリーの出港まで時間があったので、神戸空港を探索してまいりました^^
b0184848_10282655.jpg

b0184848_10283954.jpg

午後6時30分、いよいよ出港です
b0184848_10285189.jpg

100万ドルの夜景が見送ってくれました
b0184848_1029455.jpg

淡路島に雨雲がかかっていますが、ぽっかり晴れの空域が
b0184848_10291671.jpg

沖合から見ると、神戸方面がひときわ明るい
b0184848_10292689.jpg

午後7時30分、明石海峡大橋を通過
b0184848_10293619.jpg

さてこれからしばらく“老老介護”と“家政夫”の日々が続きます。頑張らなくちゃ。

by granpatoshi | 2012-09-11 10:39 | 生活 | Comments(10)