カテゴリ:生活( 46 )

2012年 09月 21日
老いを生きる
台風16号が九州の西を通過して以来すっかり秋めいた気候となり、木陰を吹き抜ける
風は、ヒンヤリと心地よい冷たさを運んできます。北の大地から渡ってきた夏鳥たちも、
そろそろ北帰行の準備でしょうか、平地の森にも姿を見せるようになってきました。
家事の合間をぬって実家から車で20分、緑地公園を偵察してきました。コサメビタキ、
センダイムシクイ、エゾビタキなどが迎えてくれました。いよいよ秋の野鳥シーズンの
開幕です^^。
b0184848_8211432.jpg
b0184848_8213281.jpg
b0184848_8213970.jpg

6月に脳梗塞で倒れて入院中の父。併発した余病の治療も終わり、今はリハビリ訓練を
行っていますが、89歳という高齢なので劇的な効果は見込めません。リハビリだけの
ために長期入院という訳にもいかず、次のステップを考えなくてはなりません。
さてこれからどうするか。24時間対応の介護が必要なので、自宅に戻って以前と同じ
ような生活を営むことは不可能です。担当医師やケアマネジャーの人とも相談した結果、
介護施設に入居するのがベストな方法だろうとの結論に至りました。

幸いにも最近出来たばかりの、24時間対応の老人介護施設が見つかり、早ければ
今月末にも入居することになりました。本人はともかく、介護に追われる身内のことを
考えると、他に選択肢はありません。
妻に先立たれ、ヘルパーさんの助けを借りながら、自宅で犬を伴とした独居生活を送って
きた父ですが、ついに介護施設で残された人生最後の時を過ごすことになりました。
「老いを生きる」ことの辛さと厳しさを実感する今日この頃です。
b0184848_8295342.jpg

父の今後のことに関して一応の目鼻もついたので、今日北九州を発ちます。
前回同様、今回もフェリーで大阪まで行き、ちょっと寄り道をして帰ります^^。


by granpatoshi | 2012-09-21 08:45 | 生活 | Comments(12)
2012年 09月 15日
エアフロメーター、壊れる
我がステージアの故障の原因が分りました。
エアフロメーター(air flow meter)という部品がダメになっていたそうです。
車のメカにはそれほど詳しくない私としては初めて聞く部品名ですが、この
エアフロメーターは、吸入した空気をエアクリーナーを経由してエンジンに
送り込む際に、センサーで吸入空気量を計測し、その信号を燃料噴射装置に
伝え、これによって空気と燃料の混合比を決める、重要な部品だそうです。

もしエアフロメーターが故障すると、吸入空気量を正しく計測することが出来なく
なり、結果として混合比のズレによるエンジンの「息つき」や「ラフアイドル」と
いう現象が起き、最悪の場合はエンジンが始動出来なくなるとのことでした。
エンジンの「息つき」現象、回転にムラが出る「ラフアイドル」など、我が愛車にも
全く同じ症状が出ていました。これが高速道路を走行中に起きなかったのは、
まさに不幸中の幸いというべきでしょう。

車が古いこともあって、部品は何と神奈川県の相模原から取り寄せになるとの
こと。わざわざ神奈川県から北九州まで走ってきて部品は自宅のある神奈川県
から取り寄せることになるとは、何とも皮肉なものです。
修理費は、部品・工賃込で5万円。レンタカー代まで含めると約8万円の出費と
なりガックリですが、背に腹は代えられません。修理は日曜日には完了すると
のことで、一安心^^。それにしてもパソコンは壊れるは、車は故障するは、もう
踏んだり蹴ったり。これからはシッカリしてくれよステージア、たのむよ^^;。

外見は元気そうなのに、中身はガタがきている。
「なんだ、持ち主と同じじゃん」というツッコミはこの際、なしでお願いします^^;

b0184848_1004957.jpg


by granpatoshi | 2012-09-15 10:11 | 生活 | Comments(10)
2012年 09月 13日
嗚呼、情けなやレッカー移動・・・orz
いえ、駐車違反ではありません。我が愛車ステージアの調子がおかしくなり、JAFに依頼して
修理工場までレッカーで移動させるはめになってしまいました。

北九州の実家に到着した日の午後、赤信号で停車するといきなりエンスト。エンジンを再始動
するとエンジンはかかり、その後は普通に走ります。しばらく走り、再び信号ストップでまたまた
エンスト。エンジンの不具合を示す警告灯が点灯しています。
気になるので通りがかりのニッサンディーラーに飛び込み、事情を話すと燃料系統のトラブル
かも知れないと言われるもエンジンは再始動可能だし、こちらも急ぎの予定があって修理する
時間がないので、取りあえずはダマシダマシ車を転がして用事を済ませ、実家に帰宅。
改めて先ほどのディーラーに電話してメカニックの担当者と相談した結果、二日後に緊急入院
させることになりました((+_+))。

さて翌日、父の病院へ行こうと車を走らせると、ちょっとした坂道でエンスト。
アイドリング時のエンジンの回転数が400回転位に下がっています。万事休す。
帰省する直前に定期点検を終えたばかりなのに、一体どうなってんだよ???
その場でUターンして実家に戻り、ホームドクターである神奈川県の自宅近くのディーラーに
電話で症状を伝えると、アイドリング時のエンジンの回転を制御するユニットがおかしいのでは
ないかとのこと。定期点検の時に分らなかったのかと聞くと、点検時にはチェックしていてその
時は特に変調は認められなかったとのことで、「ま、言ってみれば電球が突然切れるような
ものでしょうか」。なるほどと、妙に納得してしまいました^^;

しかし、これじゃあ修理工場まで走らせるのも危ないので、ついにJAFに救援依頼。
私の40年以上の運転歴でJAFを呼んだのは、家内が側溝に脱輪させた時と今回の2回。
事情を話すと、担当者はテキパキと対応してくれて、早速レッカー車を手配してくれました。
「地獄に仏」とはまさにこのことでしょうか。
そして今朝、ステージアはJAFの車にけん引されて修理工場まで運ばれていきました。
それにしても、親は入院するは挙句に車まで緊急入院するとは、何たることか。もう踏んだり
蹴ったりの帰省と相成りました。修理期間中はレンタカーで凌ぐしかありません。

アイドリング時のエンジン回転数が400回転。これは低すぎですね
b0184848_122665.jpg

テキパキと作業するJAFの人。神様に見えます^^;
b0184848_12345926.jpg

b0184848_1235108.jpg

何とも情けない格好になりました
b0184848_12352291.jpg

To be continued.

by granpatoshi | 2012-09-13 12:46 | 生活 | Comments(10)
2012年 09月 11日
実家へ帰省
久々のブログ更新です。
脳梗塞を患って入院している父親の見舞いと実家のメンテなどのために、北九州の
実家に戻ってきました。神奈川県の自宅から1000キロ。今回は途中の神戸から
瀬戸内海を航行するフェリーに乗船しました。
夕方6時半神戸港を出港、翌朝7時に北九州門司港に到着。船内にはレストランや
展望浴室まで完備していて、波穏やかな瀬戸内海を滑るように航行するフェリーは
とても快適です^^。料金も車のガソリン代と高速の通行料金を合わせた額とほぼ同じ。
そして何よりも、寝ている間に目的地に着くというのがありがたい。

フェリーの出港まで時間があったので、神戸空港を探索してまいりました^^
b0184848_10282655.jpg

b0184848_10283954.jpg

午後6時30分、いよいよ出港です
b0184848_10285189.jpg

100万ドルの夜景が見送ってくれました
b0184848_1029455.jpg

淡路島に雨雲がかかっていますが、ぽっかり晴れの空域が
b0184848_10291671.jpg

沖合から見ると、神戸方面がひときわ明るい
b0184848_10292689.jpg

午後7時30分、明石海峡大橋を通過
b0184848_10293619.jpg

さてこれからしばらく“老老介護”と“家政夫”の日々が続きます。頑張らなくちゃ。

by granpatoshi | 2012-09-11 10:39 | 生活 | Comments(10)
2012年 09月 03日
好きな車に永く乗るために
13年にわたって乗っている我が愛車、ステージアが走行距離10万キロを超えました。
排気量2500CC、直列6気筒のエンジンはよく回ります。私はいわゆる“走り屋”ではないので、
スポーツカータイプよりもゆったり乗れて使い勝手の良いステーションワゴンが好きで、今の初代
ステージア(後期型)がとても気に入っています^^。
しかし、です。車齢が高くなるに従って各パーツにも経年劣化が進み、春と秋の定期点検では
必ずと言っていいほど、部品交換を要求されるのが頭の痛いところです。今回の定期点検では
タイミングベルト、ウォーターポンプ、ブレーキパッドなどをそろそろ交換する時期と言われ、
通常の定期点検とは別に後日修理に出すことになりました。部品代と技術料合計で10万円の
出費は大きいですが、好きな車に永く乗り続けるためには必要な経費だと考えざるを得ません。
一家揃ってのドライブ、北九州の実家への帰省、東北独り旅・・・北は秋田県から西は福岡県
まで、老体にムチ打って走り続けてくれる我がステージア。これからも大事に、そして永く乗り
続けたい愛車です。
b0184848_19434790.jpg


by granpatoshi | 2012-09-03 19:49 | 生活 | Comments(12)
2010年 10月 14日
駅長ただいま爆睡中^^;
福島県の会津地方を走る会津鉄道・芦ノ牧温泉駅に名物駅長がいます^^。
名前は「ばす」、年齢14歳のメスネコ。和歌山電鐵貴志駅の「たま駅長」に次いで、全国で2番目の
ネコ駅長として2年前の4月にデビューしました。近くを通りがかったので、ちょっとご挨拶のつもりで
立ち寄ってみました。
期待に胸を膨らませて白い木造駅舎に入ると、正面に改札口。左手に売店と駅務員の執務室があり、
右手が乗客の待合いスペース。その奥まった一角に立派な“駅長室”が鎮座しています。しかし当の
駅長は激務でお疲れなのか、制帽を着用したまま駅長室でぐっすり熟睡中。「駅長さん、駅長さん」と
呼んでみましたが、一度大きく伸びをしただけで見向きもしてくれません。この間、普通列車が一本
到着しましたが、まったく知らぬ顔^^。人間の女性の助役が代役をこなして無事発車していきました。
実にのどかな会津の秋でした。

b0184848_11462233.jpg
b0184848_11463573.jpg
b0184848_11464737.jpg
b0184848_11473082.jpg
b0184848_11474132.jpg


by granpatoshi | 2010-10-14 11:54 | 生活 | Comments(4)