<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 31日
子育ては大変だ
岩の上に止まったコゲラ。くちばしのところがモジャモジャしている。
ファインダーを通してのぞいてみると、虫を何匹かくわえています。
今は子育ての季節。ヒナに食べさせるために一生懸命エサを探し、
口にくわえては巣に運ぶ。実に健気、エライものです。

くわえ過ぎじゃないの?
b0184848_13564972.jpg

浴槽内での食事はご遠慮ください
b0184848_1404354.jpg

口からこぼさないように、ね
b0184848_1413723.jpg


by granpatoshi | 2009-05-31 14:24 | 野鳥 | Comments(8)
2009年 05月 28日
カワセミの肺活量に関しての一考察
カワセミの水中からの飛び出しを撮影していて気がついたのですが、コマを順番に追って見ていくと、
水中から飛び出して上半身が水面に出た直後に一瞬体が下に沈み、それから空中に飛び出します。
何回か撮りましたが、同じシーンが見られます。う~む、不思議だ???

それっ!
b0184848_21374539.jpg

あわわ、沈んじゃったよ・・・
b0184848_21393310.jpg

もう一回!
b0184848_2140366.jpg

エアボーン!
b0184848_2141752.jpg


そこで素人なりに考えてみたのですが、カワセミは肺活量が少ないため長時間の潜水が出来ない。
これ以上息が続かないギリギリまで水中でねばって一気に水面に飛び出すが、肺の中に酸素は
ほとんど残っていない。そこで一度水面に出て空気を吸い込み、肺に酸素を満タンにして体勢を
整えて空中に飛び出す。この呼吸のタイミングで体が一瞬沈むのではないかと・・・多分^^:

by granpatoshi | 2009-05-28 21:50 | カワセミ | Comments(12)
2009年 05月 26日
ガビチョウ問題
フィールドではいろんな鳥たちの鳴き声が聞こえてきます。
今の時期だと、例えばキビタキ。最初、遠くで囀っていたのが段々近づいてくるとフィールドに
緊張が走り、全員が身構えます。
とそこに、ガビチョウのけたたましい鳴き声。もともと囀りを愛でることを目的に飼育されていた
だけあって、何とも派手な鳴き方をします。派手なのは鳴き声だけではありません。
何という顔をしているのか、この鳥は。一度その顔を見たら二度と忘れられません。

「わたしガビチョウですが、何か・・・」
b0184848_19491719.jpg


メジロは日本人好みの野鳥の代表。
b0184848_1951894.jpg


目の回りに白い縁取りがあるのはメジロもそうですが、メジロは可憐で可愛い。
そこへいくとこのガビ、正直言って喜んで写真を撮らせてもらうのが何となく憚られる(ような
気がします^^;) ま、せっかくお出ましいただいたんだから1枚撮っとくか、とシャッターを押す。
こちらの気配を察したのか、ガビが振り向いてカメラ目線。気がつくと10カット以上も
撮っていたorz・・・存在感ありすぎです。

「見い~たなぁ~・・・」
b0184848_19571296.jpg


by granpatoshi | 2009-05-26 20:02 | 野鳥 | Comments(4)
2009年 05月 23日
dancing in the sky
京浜島つばさ公園も飛行機撮影の絶好ポイントです。
RW34Rから次々と離陸してくる飛行機は、市街地を避けるため右に旋回しながら上昇を
続けます。北海道方面行きはそのまま房総半島上空を通過しますが、西日本方面行きは
さらに右旋回を続けます。
すぐに次の飛行機がエアボーン、同じ旋回操作で目の前を右から左に通過。タイミングが
合うと、先行機と今の機体が視線の先で交差する瞬間があります。とくに両方の機体に
ヒネリが入っている時はまるで大空の下でワルツを踊っているようです。
名付けて「dancing in the sky」。トラフィックの多い羽田空港ならではのシーンです。

NHのB777-300とJLのA300-600
b0184848_22314152.jpg


JLのB777-200とNHのB767-300
b0184848_2232268.jpg


OZのA330-300とJLのB737-800 ドンピシャのタイミングです。
b0184848_22321720.jpg


by granpatoshi | 2009-05-23 22:45 | 飛行機 | Comments(6)
2009年 05月 22日
新幹線雑学
新幹線の先頭車両はどれもカッコいい。
手前から500系、N700系、700系、300系。
500系の運転台なんて、まるでもうジェット戦闘機のキャノピーですね。
b0184848_16191095.jpg

一番奥の300系はデビュー以来かれこれ20年近い車両ですが、まだ元気に走っています。
最近の700系やN700系とはひと味違って、どこか親しみを感じるフォルムだと思います。

東海道新幹線に乗って高速ですれ違う時、相手の系式が簡単に判る方法があります。
車体の横を走る二本の青い線の上が細いのが300系
b0184848_16313681.jpg


上の線が太いのが700系とN700系(この二つの区別は判りません^^:)
b0184848_1633672.jpg


何の役にも立たない話ですが、「おっ、今のは300系かあ」などと一人悦に入っています。

by granpatoshi | 2009-05-22 16:56 | 鉄道 | Comments(2)
2009年 05月 20日
淋しいカワセミ
近くの公園にいるカワセミ♂です。
b0184848_21315282.jpg


枝の上から目ざとく獲物を見つけてダイブ
b0184848_2137422.jpg


4月頃から求愛給餌行動が始まり、その後めでたくカップルが誕生したようです。
最近♀を見かけません。たぶん巣ごもりで抱卵しているのでしょうね。
オスはせっせとエサを運ぶ役目に徹していますが、どこか淋しそうな雰囲気を
漂わせていて身につまされます。
早くヒナを連れた親子カワセミが見たいものです。

こちらは♀ 目の虹彩が茶色です
b0184848_2139770.jpg

ザリガニをゲット
b0184848_2145196.jpg


by granpatoshi | 2009-05-20 21:56 | カワセミ | Comments(6)
2009年 05月 20日
RW22
かつて若気の至りでアメリカまで飛行機撮影に出掛けたこともありましたが、さすがに今は
そんな冒険もできず、城南島海浜公園あたりで撮影しています。
この公園はRW22と16Lに着陸する飛行機が間近に撮影できるスポットです。

RW22にアプローチするJLの747
b0184848_11301047.jpg

RW22(B滑走路)は南西の風が強い時に使われる滑走路なので、撮影できる機会は
少ないのですが、うまく当たるとほぼ真下から迫力満点の着陸進入が撮れます。

RW16LにアプローチするSFJのエアバスA320
b0184848_11323010.jpg

そしてRW16L(C滑走路)。ここへの進入も相当な迫力で、お台場あたりから左に急旋回
しながら最終進入してきます。別名“チャーリー・アプローチ”ですね。
私は飛行機で東京に戻ってくる時は必ずA席をリザーブします。運が良ければ、強烈な
左旋回を体感できます。

by granpatoshi | 2009-05-20 11:39 | 飛行機 | Comments(3)
2009年 05月 19日
水場の鳥
b0184848_2223940.jpg
続ける自信がなくてこれまで躊躇していましたが、ようやくブログ開設を決心しました。
拙い写真のオンパレードですが、よろしければご笑覧ください。^^;

ファーストショットはこれ!
高原の水場で撮影したキビタキです。胸元の鮮やかなオレンジ色が何とも言えず
美しい鳥です。



次はコルリ。長い脚と背中の瑠璃色がとてもキレイです。
b0184848_2151797.jpg


野鳥撮影は最近始めたのですが、楽しいですね。すっかりハマッテしまいました。
次に待ちかまえているのが知る人ぞ知る恐怖の「レンズ沼」ですね。いま首までどっぷりと
浸かっています。遠くでゴーヨンが手招きしています。

by granpatoshi | 2009-05-19 21:09 | 野鳥 | Comments(4)