<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 30日
渓流の美人^^
セキレイ三姉妹のなかでもっともフォトジェニックなのがこのキセキレイ♀。
山奥の渓谷の河原に積もった落ち葉をつついては、エサを探していました。
市街地の公園の水場でも見かけることがありますが、やはり清流の水際に
いる方が絵になりますね^^。
b0184848_12134574.jpg
b0184848_12135889.jpg
b0184848_1214827.jpg


by granpatoshi | 2009-11-30 12:17 | 野鳥 | Comments(7)
2009年 11月 27日
The Mandom
SLの運転台はまさに男の領域。
狭い運転台の中央にボイラーの投炭口があり、機関助手が炭水車からスコップで
石炭をすくって投げ入れます。ただ単に放り込めばいいというものではなく、石炭を
完全燃焼させるために釜の中に満遍なく散らばるように投炭します。
運転台は吹きっさらし。雨や風、煙が直接降りかかります。高温のボイラーが中心に
あるので冬でも暑い。まさに男の世界、「う~ん、マンダム♪」^^。
(これが判る人は相当古い^^;)

機関士の制服がこれまたいい^^。
紺色のナッパ服、詰め襟に五つボタン、そして帽子。煙除けのゴーグルを着用すると
キリッと引き締まります。パイロットの制服もカッコイイものの代表ですが、SL機関士の
制服姿も負けていません^^。
b0184848_12532946.jpg
b0184848_12534653.jpg
b0184848_1254265.jpg


by granpatoshi | 2009-11-27 12:55 | 鉄道 | Comments(10)
2009年 11月 25日
それぞれの秋
季節は足早に冬に向かっています。
山の木々、野鳥、そして動物たちも冬を越す準備の真っ最中です。
林道の入り口では、はるばる大陸から渡ってきたジョウビタキが出迎えてくれました^^。
湖の浅瀬に横たわる倒木の木道に佇むキセキレイ。錦に染まった湖面を気持ちよさそうに
泳ぐカモ。秋晴れの空を写し込んで青く染まった湖面に立つ枯れ木とススキ。そして冬眠を
控えて栄養を蓄えるために動き回る猛獣^^;。
b0184848_120532.jpg
b0184848_1211137.jpg
b0184848_1212738.jpg
b0184848_121396.jpg
b0184848_1215337.jpg

動物も植物もそれぞれの秋を謳歌し、来るべき冬に備えています。

by granpatoshi | 2009-11-25 12:03 | 風景 | Comments(10)
2009年 11月 24日
ヤマセミ初撮り^^
小春日和の暖かい日差しを全身に浴びながら野鳥撮影^^。
探鳥しながら歩くこと一時間、やがてヤマセミのポイントに到着しました。
すでに10人以上のカメラマンがレンズを向けてスタンバイしています。
状況を聞くと、「おとといは2回、昨日は1回出ました」。そして今日は、
「朝7時から待ってますが、まだ・・・」。
ちょうど昼時なのでこちらもコンビニおにぎりを頬張りながら、ヤマセミ君の
登場を待つことに。

待ちぼうけの皆さんも思い思いに時間を過ごしていました。
突然「来たっ!」という声が響き渡り、全員がカメラに突進します。
ファインダーを覗くと、お~居ます居ます。湖の立ち枯れした木の枝の先端に
ちょこんと止まっています。初めて見ました、ヤマセミ^^。連射連射。
しかし数分のうちに飛び去ってしまい、今日はこれまでかと思っていると再び
登場。今度は橋の下をくぐって入江の奥の杉の木に。
しかし逆光、しかも止まっている杉の木の周辺はかなり遠くて暗い。

しばらく動かないので何人かは諦めて帰ってしまいましたが、ヤマセミが見えて
いるのに何と贅沢なことか・・・。やがて突然ダイブ、小魚をくわえて上がって
きました。それからは飛び回ったりダイブしたりと大サービスを展開。常連さんが
こんなことは珍しいと感心していました。
日影側ではSSをキープするためISO感度を上げて撮影したため、写真が
相当ザラついてお見苦しい限りですが、初撮りということでご容赦ください^^;。
b0184848_1334222.jpg

b0184848_13261540.jpg
b0184848_13263158.jpg
b0184848_13264619.jpg
b0184848_1327617.jpg


by granpatoshi | 2009-11-24 13:36 | 野鳥 | Comments(8)
2009年 11月 22日
晩秋から冬へ
このところ急激に冷え込んできて、季節は一気に秋から冬に向かっています。
ここは箱根外輪山の山懐に抱かれた曹洞宗の名刹・大雄山最乗寺です。
天狗のうちわ伝説でも有名です。なぜか禅宗のお寺にもみじの紅葉は似合いますね。
b0184848_1425359.jpg
b0184848_14254913.jpg
b0184848_1426392.jpg

そろそろ年賀状の絵柄を考えなくちゃ。そういえば、来年のカレンダーに使う写真の
整理もまだ手が着いていません。撮り貯めた写真の中から季節感に合った写真を選ぶ
のは楽しい作業ではあるのですが、どうもまだその気になりません。追い込まれて
土壇場になってから事を始める癖は幾つになっても直りませんね^^;。

by granpatoshi | 2009-11-22 14:32 | 風景 | Comments(10)
2009年 11月 20日
Sunset Departure
霧島連山が見下ろす鹿児島空港。
RW34をエアボーンした機体は肥薩線・嘉例川駅の上空あたりで右旋回、
目的地に進路を向けます。この日、鹿児島地方は寒冷前線が通過したため
スッキリとしない空模様でしたが、日没直前は雲が切れて薄日が差して
きました。

離着陸する機体は西日を受けてほんのり紅色。南国にしては珍しいほどの
寒さの中、無人の送迎デッキで震えながらシャッターを押し続けました^^。
b0184848_11322090.jpg

b0184848_11324039.jpg

b0184848_1115153.jpg
b0184848_11151620.jpg


by granpatoshi | 2009-11-20 11:17 | 飛行機 | Comments(14)
2009年 11月 18日
SL人吉号
やっぱりSLは迫力があります。
九州・肥薩線のSL人吉号。熊本と人吉の間を走ります。
なかでも八代~人吉間、日本三大急流の一つ球磨川沿いの絶景路線を、
黒い煙と白い蒸気を吐きながら力走する姿にはほれぼれします^^。

地元のおいちゃんが「機関車の煙が洗濯物に付いてどうにもならんバイ!」と
嬉しそうにこぼしていました^^;。
b0184848_17204937.jpg
b0184848_1721771.jpg
b0184848_17212030.jpg

出張から戻りましたので、ブログを再開します。お目汚しで恐縮ですが、ご笑覧ください^^。

by granpatoshi | 2009-11-18 17:25 | 鉄道 | Comments(16)
2009年 11月 10日
アカゲラ
カケス、ホシガラスに続いて登場したのがこのアカゲラ君です^^。
騒がしいカケスの食事が終わり、独り静かにホシガラスが朝食を終えて
飛び去った次の瞬間、バサッという羽音とともに登場しました。
多分、見えないところで先客の食事が終わるのをジッと待っていたのでしょうね。
なかなか奥ゆかしい鳥です。

ひとしきりヒマワリの種をついばんだら、近くのカラマツの幹に移動しました。
さすがキツツキ、得意の垂直止まりで盛んに幹をつついています。
正面から見ると、顔には歌舞伎の隈取りのような模様があって、ユーモラスな
顔付きをしています。頭のてっぺんと腹部の鮮やかな緋色が美しい鳥です^^。

b0184848_1635536.jpg
b0184848_1636786.jpg
b0184848_16362272.jpg

明日から長期出張に出ますので、ブログの更新はしばらく休みます。

by granpatoshi | 2009-11-10 16:39 | 野鳥 | Comments(14)
2009年 11月 09日
カケス
「オイ、そこのカメラ、なに撮ってんだよ!」と無言の恫喝を受けながら
撮影させてもらったカケス君です^^;。その目付きの悪、いや鋭いこと、
かのシメ君と双璧をなすのではないでしょうか。
この鳥もカラスの仲間(スズメ目カラス科)ですが、羽の美しさはとても
カラスの親戚とは思えません。
結構我の強い鳥らしく、エサ台でヒマワリの種をついばんでいる最中に
他の個体が近づこうものなら、追いかけ回して遠くへ追いやります。

しかし飛んでいる姿はとてもビューティフル^^。
翼を広げると白い羽と翼端のコバルトブルーがひときわ鮮やかで、思わず
見とれてしまいました^^。
平地の森や林でも見ることが出来ますが、こんなに近くであの鋭い目付きで
睨まれたのは初めてです^^。

b0184848_20485075.jpg
b0184848_2049459.jpg
b0184848_2049153.jpg


by granpatoshi | 2009-11-09 20:51 | 野鳥 | Comments(6)
2009年 11月 08日
ホシガラス
標高2千メートル、雲上の温泉でスターウオッチングとバードウオッチングを
楽しんできました^^。夜8時半、周囲は漆黒の闇に包まれ、空を見上げると
満天の星。大型の天体望遠鏡で天の川や冬の星を眺めました。

そして翌朝のお楽しみがバードウオッチング。
朝6時起床。外気温は-2℃。ノンビリ温泉につかっていると窓の外をカケスが
何羽か飛び回っています。これはゆっくり温泉に入っている場合ではない!
湯船を飛び出して部屋からカメラを持ち出し、観察部屋に直行します。

カケス君たちの食事が終わって静かになったのを見計らうように、2番手として
登場したのがなんとホシガラス君。背中から腹部にかけての白と茶色の斑模様が
何とも上品で、とてもあのカラスの親戚とは思えないフォトジェニックな鳥です。
鳴き声はあまり美しくはありませんが、気品に満ちた姿を写真に撮ることができて、
とても幸せな朝でした^^。

b0184848_17393225.jpg
b0184848_17394527.jpg
b0184848_17395646.jpg


by granpatoshi | 2009-11-08 17:41 | 野鳥 | Comments(10)