<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 31日
飛行機撮影の極意を教わる^^
航空写真家の青木勝さんがプロデュースされたDVD『世界のエアライナー 成田国際空港2010』が
リリースされました。特別許可を得て行った成田空港制限区域内での撮影、さくらの山公園やマロウド・
インターナショナルホテル屋上からの撮影など、成田空港有数のポイントから撮影した動画映像に加え、
ムービーカメラと同位置から撮影した青木勝さんの作品が多数収録されていて、見応えがあります。
プロカメラマンならではのアングルの取り方や構図の決め方など、この道40年のベテラン航空写真家が
飛行機撮影の極意を伝授してくれる、何とも嬉しい内容です。
今後、羽田空港編、那覇空港編、新千歳空港編、伊丹空港編、関西空港編も予定されているとのことで、
飛行機ファンにとっては見逃せないDVDです。
b0184848_17422493.jpg


by granpatoshi | 2010-03-31 17:47 | カメラ・機材 | Comments(12)
2010年 03月 29日
飛び散る飛沫
寒波の襲来で春とは思えない寒さの中、懲りずに飛びモノ修行に行って参りました。
しかし気温が低かったせいかカワセミの活性も上がらず、以前のような派手な
パフォーマンスは見せてくれません。
夕方4時近くまで6時間ほど粘りましたが、この間ダイブしたのは数回。カワセミも
まだ本調子ではないのかも知れませんが、これじゃ練習にならないよ~^^;。
しかしこうやって写真に撮って見ると、肉眼ではまったく認識できない水の飛沫を
ずいぶん派手に巻き散らしながらエアボーンしていくんですねぇ^^。
b0184848_158671.jpg
b0184848_1582465.jpg
b0184848_1584199.jpg


by granpatoshi | 2010-03-29 15:09 | カワセミ | Comments(10)
2010年 03月 28日
STARFLYER
毎週土曜日の夜11時半から放映されているBSジャパンの飛行機番組「翼の時間」、今回は
SFJでした。実はSFJと私は同郷なんです^^。ですから、たまに帰省するときはSFJを使います。
初めて乗ったときのあの感動は今も忘れられません。全席本革シート、ユッタリした座席ピッチ、
雲の上でいただくタリーズ・コーヒーと森永のビターチョコ・・・CAやパーサーの振る舞いもどこか
キビキビしていて、好感が持てます。
そして世界のエアラインでも例を見ないあの黒い塗装。垂直尾翼と翼端のウィングチップの塗装が
左舷は黒でロゴマークは白ヌキ、右舷は白でロゴマークは黒字。内も外もオシャレな飛行機です。
使用機材はA320というナロウボディの機体ですが、大きからず小さからず、座席に座っていても
狭さや窮屈さを感じさせない快適な旅客機です。
他のエアラインにはないユニークな存在感を示すスターフライヤー、ぜひご搭乗ください^^。
b0184848_1159515.jpg
b0184848_11592177.jpg
b0184848_11593246.jpg


by granpatoshi | 2010-03-28 12:01 | 飛行機 | Comments(8)
2010年 03月 25日
カワセミの食卓
繁殖期を迎えてカワセミの活性も上がり、エサ獲りの回数も以前より増えてきました。
この公園のカワセミが補食するエサの大半はザリガニ。でかいザリガニを苦労して
呑み込む姿はユーモラスでもあり、その旺盛な食欲には感心させられます^^。
この日は珍しくクチボソをゲット。普通は獲物を嘴で挟んで水面に出て来るのですが、
猛スピードで水中に突っ込んで目測を誤ったのか、体を突き刺してしまいました。
次に獲ったのがヤゴ。水生昆虫ですから、カワセミの食卓に登っても不思議では
ありませんが、これは初めて見ました。池の中にはカエルの卵もありましたから、
これからはオタマジャクシなんかも食べるのでしょうか。
b0184848_11251144.jpg
b0184848_11252933.jpg
b0184848_11254843.jpg
b0184848_1126575.jpg


by granpatoshi | 2010-03-25 11:27 | カワセミ | Comments(10)
2010年 03月 23日
練習の成果や如何に^^;
それにしても水底にいたザリガニ、相当ビックリしたと思います^^;。
いきなり上からザッパーンと飛び込んできた青い飛行物体に、有無を言わせず体ごと
くわえられて水の外へ持って行かれたのですから。いや~、それにしても昨日はよく
ダイブを見せてくれました。春になり池の水温も上昇、エサとなる小魚類の動きも活
発になり、カワセミの食欲も高まってきたのでしょう^^。

最初のうちはカワセミの素早い動きにカメラを振る動作がついて行けず、フレームの
端にかろうじて尻尾が写っている画像やピン抜けの画像を量産、半年間のブランクを
痛切に感じました^^;。この池は狭くてカワセミまでの距離が近いので飛びモノの練習
には最適です。ここでしっかり訓練を積めば、どこへ行っても当たり画像が撮影出来る
筈なんですが・・・。
b0184848_1259282.jpg
b0184848_12594510.jpg
b0184848_12595945.jpg


by granpatoshi | 2010-03-23 13:01 | カワセミ | Comments(18)
2010年 03月 21日
シーズン開幕
冬鳥もあらかた旅立って、いよいよこれからはカワセミの飛びモノの季節です^^。
久しぶりでマイフィールドのカワセミの飛びモノにチャレンジしてみました。
しばらくやってなかったので最初は勘が鈍っていましたが、何度か繰り返すうちに
まあ多少は見られる画像が撮れたかな、と。ヒナが生まれて親鳥が忙しく飛び回る
季節が来るまでにもう少しウデを磨きます。
b0184848_20305250.jpg
b0184848_203179.jpg
b0184848_20311913.jpg


by granpatoshi | 2010-03-21 20:32 | カワセミ | Comments(10)
2010年 03月 19日
クラシック737
翼端をピンと跳ね上げたNGシリーズもカッコイイですが、第2世代機もなかなかどうして
存在感があります。ズングリムックリした機体、地上高が低い割に大型エンジンを搭載して
いるため独特のおむすび型をしたエンジンカウルなど、フォルムに愛嬌があって好きです^^。
かつて同時代を背負って活躍したDC-9シリーズの全面退役が間近に迫っているなか、この
クラシックタイプはANA、JTA、SNA、JEX、ADOなどが飛ばしているので当面は大丈夫だと
思いますが、運航効率などの面から考えるとNGへの機材更新もありえるかも知れません。
撮影優先順位を上げおいた方が良さそうですね。
b0184848_13414541.jpg
b0184848_1342097.jpg
b0184848_13421235.jpg


by granpatoshi | 2010-03-19 13:42 | 飛行機 | Comments(8)
2010年 03月 17日
花言葉は「不格好」^^;
伊豆・天城高原のベゴニアガーデン。
ガラス天井の温室の中には色鮮やかなベゴニアが咲き乱れています^^。普段見るベゴニアは
小型のものが多いですが、大輪の花が特長の球根性ベゴニアは色も原色系の派手な品種が多く、
見応えがあります。もともと原種の数が多いうえに交配が比較的簡単らしく、毎年のように新品種が
生まれて数千にも及ぶ品種があるそうですよ。

ネットで花言葉を調べてみると「幸福な日々」「永遠の栄え」「片想い」「愛の告白」「親切」「丁寧」など、
まあそれなりの言葉が見つかりましたが、「これはどうよ?」というのもありました、「不格好」。
綺麗な花なのに・・・^^;。
b0184848_14313938.jpg
b0184848_14315829.jpg
b0184848_14321517.jpg


花園の入口はこちら^^

by granpatoshi | 2010-03-17 14:35 | 花・生き物・ペット | Comments(4)
2010年 03月 16日
デクラブ(De-crab)
飛行機は滑走路の中心線に機軸を合わせて着陸します。しかし、横風が吹くと状況は一変します。
関東地方に猛烈な南風が吹き荒れたこの日、羽田空港の着陸滑走路は横風用のRW22。左斜め前方から
強い向かい風が吹いています。
この様な状況の時、パイロットは風上に機首を向けながら降下していきます。これをクラブを取ると言います。
crab、つまり“カニの横ばい”状態で進入する訳です。しかしクラブを取ったままで接地すると滑走路を逸脱
したり、車輪に無理な力が加わって脚やタイヤが損傷する恐れがあります。
そこで、車輪が接地する寸前に機軸を中心線に合わせる操作を行います。これがde-crab(デクラブ)です。
写真を見ると分かりますが、滑走路進入灯の方向と着陸機の機軸が一致していません。
このような強風の中でも飛行機を安全に着陸させるパイロットの神業には、思わず拍手を贈りたくなります。
b0184848_11363987.jpg
b0184848_11365575.jpg
b0184848_11371011.jpg


by granpatoshi | 2010-03-16 11:42 | 飛行機 | Comments(6)
2010年 03月 13日
横風着陸
朝起きると強い南風が吹き荒れている。ということは、今日の着陸は16Lか22。
はい、これで今日の行き先は決まり。朝食もそこそこに城南島に急行します。
駐車場に車を入れ機材を準備していると、頭上を轟音とともにJALのA300が通過
していきます。おお、今日のランディング・ランウェイは22。南からの強烈な横風で
機体が煽られています。まさにパイロットの腕の見せ所ですね。
進入経路のほぼ真下に位置取りしようと砂浜に下りていくと、風で吹き飛ばされてきた
砂が顔に当たって痛い。カメラは防塵仕様とはいえ、砂嵐の中に突っ立っての撮影は
さすがにちょっと怖いので北側の岸壁近くに移動。うまい具合に生け垣が風除けになり、
快適な撮影環境となりました。
着陸機は台場VOR/DMEをヒットすると左旋回、カメラの真正面に向かって飛んで
きます。左舷から強烈な横風を受け一瞬右翼が下がりますが、立て直してファイナルに
持って行くパイロットの技量は凄い。久しぶりで迫力の着陸シーンが撮影できました。
b0184848_227791.jpg
b0184848_2271810.jpg
b0184848_2273771.jpg
b0184848_2275098.jpg
b0184848_2281597.jpg
b0184848_2283059.jpg
b0184848_2284388.jpg


by granpatoshi | 2010-03-13 22:11 | 飛行機 | Comments(8)