<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年 04月 30日
垂れ下がった主翼
半年ぶりで成田さくらの山公園に遠征してきました^^。
B滑走路の運用が始まってから着陸パターンがだいぶ変わったみたいで、本日のA滑走路
は離陸機ばかり。現地にいた3時間のうち、A滑走路への着陸はNCAと中国東方航空機の
2機のみ。
長距離フライトに出発する機体は燃料満タンのため主翼が垂れ下がり、如何にもこれから
長旅に出るぞというオーラを発しながら重々しく離陸していきます。反対に着陸機は燃料を
かなり消費して到着するので、主翼が反って軽快に降りてきます。
成田空港は羽田空港では見られない離着陸風景を見せてくれます^^。
b0184848_2253610.jpg
b0184848_2255294.jpg
b0184848_2267100.jpg
b0184848_2262133.jpg
b0184848_2263136.jpg


by granpatoshi | 2010-04-30 22:09 | 飛行機 | Comments(6)
2010年 04月 27日
リゾートウェディング
小淵沢で次女の結婚式がありました^^。
式場はホテル・リゾナーレ。イタリア人の建築家マリオ・ベリーニが手掛けたリゾートホテルです。
中世のイタリアをイメージした石造りの街並みが、とてもオシャレな雰囲気を醸し出しています。

カラマツの林に囲まれたガーデンチャペルでの挙式
娘と腕を組んでバージンロードを進みます。正面では牧師さんと新郎が出迎えてくれています。
祭壇の前で娘を新郎に渡して、父親として最後の勤めを果たしました。牧師さんが祈りを捧げ、
新郎新婦を祝福します。二人は聖書の上に手を重ねて愛を誓い、指輪を交換。二人が結婚証書に
サインをすると、牧師さんが二人が結ばれたことを宣言し、式は終了。式の後、チャペルの庭で
参列者のフラワーシャワーを浴び、シャンパントースト。二人の嬉しそうな笑顔が印象的でした。

ちょっと驚いた披露宴
昔の結婚披露宴(自分も含めて)は、まず仲人さんの口上に始まり、続いて主賓の挨拶、乾杯、
職場の上司や友人によるスピーチ、お色直し、ウェディングケーキ入刀、キャンドルサービスと続き、
この間、新郎新婦の両親が双方の親族のテーブルを回ってお酒を酌み交わすというのが一般的
だったように思いますが、今回はまったく様子が違いました。
まずはパーティ会場前の石畳の回廊で、二人を囲んでシャンパンの栓抜きセレモニー。
ショッピングモールを散策中の人たちからも暖かい祝福をいただきました。そして披露宴が始まると
いきなり新婦の父(私です^^;)による乾杯の音頭。いよいよパーティの始まりです。テーブルは
個別ではなく、細長い台形のテーブルが一卓。着席すると新郎新婦の席からも参列者の席からも
双方がよく見えます。両サイドに新郎側、新婦側が向かい合って座るので、無理なく相手側とも
うち解けて会話がすすみます。
途中、スピーチなどの行事は一切なく、その代わりにプロの司会者がユーモア溢れる口調で
参列者全員を紹介して場を盛り上げてくれます。宴たけなわの頃、ウェディングケーキに入刀。
和気あいあいとした雰囲気の中でパーティは続きました。最後に新郎と新郎の父の挨拶で披露宴は
めでたくお開き。実にオシャレでスマートな運営でした。
外に出ると夜空には満天の星。嬉しくもあり、同時にちょっと寂しい気持ちの夜でした。
b0184848_11225628.jpg
b0184848_11231146.jpg
b0184848_11233352.jpg


by granpatoshi | 2010-04-27 11:28 | 風景 | Comments(18)
2010年 04月 26日
高原の春
土曜日から日曜日にかけて、山梨県小淵沢に行ってきました。
小淵沢は八ヶ岳の南側斜面に広がる高原地帯で、北に八ヶ岳連峰がそびえ、はるか東に
富士山を望み、南に目を転じると南アルプス屈指の名峰・甲斐駒ヶ岳が威容を誇ります。
なだらかな斜面には高原野菜を栽培する農家が点在し、モミやアカマツなどの針葉樹の
森が広がる絶景のリゾート地でもあります。
あぜ道の小川には雪解けの清冽な水が流れ、新緑の芽生えが始まった樹木の間を野鳥が
飛び交い、高原は今まさに春を迎えています。空はあくまで澄みわたり、キリリと冷え込んだ
空気は都会では味わえない、贅沢な空間が広がっています。

標高2967mの甲斐駒ヶ岳は花崗岩の塊
b0184848_12251783.jpg

白州町から遙かに望む八ヶ岳連峰。空が広い
b0184848_12262088.jpg

御坂峠の桜越しに富士山を眺める
b0184848_1226541.jpg

小淵沢を訪れた目的は果たして・・・この項、続きます^^。

by granpatoshi | 2010-04-26 12:28 | 風景 | Comments(12)
2010年 04月 23日
桜吹雪
関東の染井吉野も散ってしまい、桜前線は只今、東北地方を北上中です。
満開の桜も素晴らしいですが、散り際もなかなかいいですね。散り始めると、
鳥がつついただけでもハラハラと散りますし、少しでも風が吹こうものなら
見事な桜吹雪となり、これがまた日本人好みの春の風情を演出してくれます。
写真は昨年のものですが、お寺の山門に降りかかる花吹雪はドキッとするほど
美しく、見事な散り方でした。
b0184848_21212071.jpg
b0184848_212137100.jpg


by granpatoshi | 2010-04-23 21:17 | 花・生き物・ペット | Comments(4)
2010年 04月 22日
トリトンブルー
気がついてみると最近の飛行機写真はやたらJALが多かった^^;。
別に意識してANAを排除していた訳ではありませんが、やはり企業再生中という
ファクターが必要以上に働いて、無意識のうちにもJAL機を中心に撮影していた
のかも知れません。
と言うわけで、ストックフォトの中からトリトンブルーの機体を選んでみました。
こうしてみると、やはり飛行機はカッコイイ。気持ちがスカッとします^^。
b0184848_21411753.jpg
b0184848_21413765.jpg
b0184848_21415359.jpg
b0184848_2142617.jpg
b0184848_21421717.jpg


by granpatoshi | 2010-04-22 21:44 | 飛行機 | Comments(8)
2010年 04月 20日
水の動きを止める
カワセミのダイブは一瞬の出来事なので、肉眼で見ているとただ「ポチャン」という
音と水面に残る波紋だけですが、これを高速シャッターで切り取ると、人間の目には
見えない世界が現れます。
水中から水面に出てくると、重力に逆らって渾身の力を振り絞って空中に飛び出して
きますが、この時、まるで水飴のようにカワセミの体にまとわりつく水の動きや水面の
波紋が飛び出しの瞬間のダイナミックな動きを演出してくれます。シャッター速度は
最低でも1/1250、出来れば1/2000位で切りたいところです。
水の動きや表情はその都度すべて違うので、何度撮っても飽きないモチーフです^^。
b0184848_12154283.jpg
b0184848_12155822.jpg
b0184848_12161371.jpg
b0184848_12163338.jpg
b0184848_12164938.jpg

〈画面をクリックすると画像が大きくなります^^〉

by granpatoshi | 2010-04-20 12:18 | カワセミ | Comments(8)
2010年 04月 18日
本日も多忙なり^^
マイフィールドのカワセミ・カップル、今日も元気に飛び回っていました^^。
メスは自分でダイブしてエサを捕まえるよりも給餌を待っている事の方が多く、
オスが何度もダイブしては、せっせとザリガニや小魚を運んでいました。
産卵が始まるとメスは巣穴の中で過ごすことが多くなるでしょうから、オスは
ますます忙しくなることでしょうね。実に健気なオスです^^。
b0184848_21301592.jpg
b0184848_21303268.jpg
b0184848_2130471.jpg
b0184848_2131025.jpg
b0184848_21311141.jpg


by granpatoshi | 2010-04-18 21:32 | カワセミ | Comments(8)
2010年 04月 16日
林の中の出来事
カワセミの飛びモノ狙いでスタンバイしていると、背後から「ケッ、ケッ、ケッ」という
アオゲラの鳴き声が聞こえてきました。林の中を覗いてみると斜面の奥、高い梢の
先端付近を枝から枝へ移動している1羽のアオゲラを発見^^。
しかし遠くて、しかも枝被り。しばらく様子を窺っていると突然大木の根元に降りて
きました。池に向けていたカメラを慌てて移動させアオゲラに向けます。地面に近い
所で木の幹にしがみついている姿を何とか撮影。その間に段々上の方に登っていき、
ちょうど見通しのいい場所に止まってくれました。連射、連射^^。
この直後、2羽のアオゲラが突如乱入してきて、アッという間に3羽ともいなくなり
ました。どうもメスのアオゲラにオスがちょっかいを出しに来たようです。鳥の世界
にも春が来ましたね^^。
b0184848_12143245.jpg
b0184848_12144794.jpg


by granpatoshi | 2010-04-16 12:11 | 野鳥 | Comments(8)
2010年 04月 14日
ガンバレ、カワセミ家族^^
本日も再び、カワセミが子孫を残すための厳粛な儀式の場に立ち会ってきました^^。
文献によれば、カワセミの交尾期間は約一週間位あるそうです。メスは数個の卵を産み、
オスとメスが交代で抱卵しながらおよそ3週間で孵化、いわゆる一番子といわれる最初の
ヒナが誕生するわけです。
儀式が終了するとオスがダイブしてクチボソをゲットし、まるで愛情を確かめるかのように
メスにプレゼント。その後オスは巣に帰ったのでしょうか姿を消し、残ったメスはあちこちの
池を飛び回っていました。ヒナの誕生が楽しみです^^。
b0184848_2140351.jpg
b0184848_21402215.jpg
b0184848_21403462.jpg
b0184848_21405550.jpg
b0184848_21412099.jpg
b0184848_21413266.jpg


by granpatoshi | 2010-04-14 21:42 | カワセミ | Comments(6)
2010年 04月 13日
桜コゲラ^^
公園の水場で鳥を待っていると、最初にやって来たのがコゲラ。
「ギーッ、ギーッ」という独特の鳴き声を響かせながら、桜の幹を這い回っています。
メジロは花の蜜を吸うので写真に撮っても絵になりますが、さすがにコゲラはそのような
芸当はしてくれません。水浴びもせず、ただ一心不乱に幹をつつくだけ。せめて桜の花と
絡んでくれて助かりました^^;。
満開を過ぎて名残の桜となりましたが、桜吹雪を浴びながらの野鳥撮影も風情があって
なかなか良いものです^^。
b0184848_11403810.jpg
b0184848_1141136.jpg
b0184848_11411927.jpg


by granpatoshi | 2010-04-13 11:46 | 野鳥 | Comments(8)