<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 30日
ナイスなステッカー
木曜日にsusanさんkotodaddyさんdg3010さんwisteriaさんtks_nkmrさん
kazukipapaさん、私、それにa10-pointさん、yoshioyajiさん という2名の新たな
犠牲者の方々も参加された、怪しくも楽しいOFF会が盛大に開催されました^^;。
例によって例の如く、何の脈絡もない会話が次から次へと展開され、制限時間一杯まで
楽しく過ごしました^^。

ここでも販促員さんが活躍し、硬貨が飛び交っていました^^。ゲットしたのがこれ。
いやこれはなかなかの逸品です、NRTとHNDのステッカー。両方の管制塔の形の違いまで
しっかりプリントされているなど、相当に凝ったデザイン。で、早速我が愛機のレンズフードに
装着しましたよ。白地にスミ文字のシンプルなレイアウトがオシャレ^^。
本当は迷彩カバーをつけようかと思っていたのですが、あまりにも決まっているのでしばらく
これでいきます。フィールドでこのステッカーをつけたゴーヨンを振り回している男がいたら、
それは(多分)私です^^。

b0184848_11165323.jpg
b0184848_1117643.jpg
b0184848_11172415.jpg
b0184848_11173541.jpg


by granpatoshi | 2010-05-30 11:19 | カメラ・機材 | Comments(16)
2010年 05月 28日
ジェットブラスト
エンジンを最大推力にして、轟音とともに大空に駆け上がっていく飛行機の姿ほどダイナミックなものは
ありません^^。離陸したばかりでまだ高度が低いと、エンジンから噴出されたジェットブラストの後流が
ハッキリと目視できます。
ジェットエンジンが排出する高温の排気ガスが、駐機中の機体や地上構造物の姿をとろけさせる様は
何とも見応えのあるエア・シーンです。
b0184848_12202839.jpg
b0184848_12204267.jpg
b0184848_1220569.jpg


by granpatoshi | 2010-05-28 12:21 | 飛行機 | Comments(18)
2010年 05月 25日
JRF
貨物列車をけん引する電気機関車はパワフルで、如何にも男性的なイメージが
あります。チャラチャラしていないところがいい^^。貨物専用の時刻表もあったり
して、意外と隠れたマニアが多いらしいですよ。
ローカル線の駅なんかで、ゴーという電気機関車の力強いモーター音に続いて、
カタンコトンというジョイント音を響かせながら貨物列車が通過していくと、線路の
先に消えていく後ろ姿を、ホームの先端で見送ったりします。
新幹線や在来線の花形列車とはひと味違う存在感があって、どこか懐かしい気分
にしてくれる鉄道です。
b0184848_14333619.jpg

b0184848_14402188.jpg

b0184848_1439464.jpg


by granpatoshi | 2010-05-25 14:40 | 鉄道 | Comments(10)
2010年 05月 23日
ロングホバリング
この日3回目のショータイムは、バックステージがちょっと暗めでした^^;。
EXIF情報によれば、この時のホバリングは最初のカットから最後のカットまで6秒間。
この30秒後の4回目のホバリングは16秒間。カワセミが空中に静止してホバリングを
始めた瞬間から、ファインダーに捉えてシャッター半押しでピントが来るまでのタイム
ラグが多分3秒位。ということはこのカワセミは10秒以上、長いと20秒以上もホバリング
するということです^^。
しかも3回目と4回目の間隔はわずか30秒。画像を見ると判りますが、カワセミの空中
での位置にはほとんど変化がありません。まさに空中の一点に静止している訳です。
これはかなり体力を消耗すると思います。さすがに疲れたのか、この直後に捕まえた
でっかいオイカワはメスのところには運ばす、自分で美味しそうに食べていました^^。
b0184848_20385829.jpg
b0184848_2039718.jpg
b0184848_20391667.jpg
b0184848_20392877.jpg
b0184848_20394081.jpg
b0184848_20395668.jpg


by granpatoshi | 2010-05-23 20:41 | カワセミ | Comments(8)
2010年 05月 21日
たまには撮りテツもいいかも^^
昨年は5月から半年間、鉄道DVDを作るため北は北海道から南は鹿児島まで、
あちこちに出かけては鉄道写真を撮りまくっていました。HDDにため込んでいる
写真の整理をしていて、そういえば今年に入ってからは一度も撮りテツをして
いないことに気が付きました。
この歳になって写真のウデを磨くためには、いろんな被写体を撮影してその時の
感覚を、体で覚え込まないと上達しません。やはり写真は場数を踏むに限ります。
まずは来月あたり、紫陽花が咲いたら登山電車とのコラボ写真でも撮りに行って
みるかな^^。

北陸本線・今庄駅付近のS字カーブをいく485系「雷鳥」
b0184848_23162256.jpg

札幌から青森を目指す下り急行「はまなす」 
b0184848_2317160.jpg

肥薩線坂本駅で九州横断特急と行き違う「SL人吉」
b0184848_23173790.jpg


by granpatoshi | 2010-05-21 23:22 | 鉄道 | Comments(4)
2010年 05月 20日
ブルークリオネ^^
いつも果敢にホバリングを見せてくれるオス・カワセミ。この時はカメラに背を向けての
ショー・タイムでした。自宅で画像の整理をしていて「ん? この形、何かに似てるなぁ」。
そうです、クリオネ。どうです、そっくりじゃありませんか^^。

さっそくググってみると、本家クリオネは二枚貝の仲間で、胴体に一対の翼足なるものが
あり、これをヒラヒラ動かしながら氷の海を漂っています。その姿から「流氷の天使」とも
呼ばれるそうですが、我がブルークリオネは意外と獰猛^^;。一気に水中に飛び込んで
魚を捕獲し、岩や木の枝に叩き付けて丸呑みしてしまいます。見た目の可愛さでは両者
ともいい勝負ですが、生存競争という意味ではブルークリオネ君の方が一枚上手ですね。
b0184848_1101572.jpg
b0184848_1103330.jpg
b0184848_1111257.jpg
b0184848_1113064.jpg
b0184848_11144100.jpg


by granpatoshi | 2010-05-20 11:03 | カワセミ | Comments(12)
2010年 05月 18日
カワセミの動きを追う
体長わずか十数センチのカワセミ。活発に飛び回る様子を見ていると、あの小さな
体のどこにあれほどのエネルギーを貯め込んでいるのかと、感心してしまいます^^。
カワセミ撮影の醍醐味は何と言っても飛びモノです。今日はダイナミックな飛翔の
シーンを集めてみました。

SS1250では翼端の動きは止まらない^^;
b0184848_125847.jpg

ホバリングからダイブに移る。眼光の鋭さはまさに野生の輝き
b0184848_1253884.jpg

航空機の着陸寸前のフレア操作と同じ要領で着地
b0184848_1262127.jpg

羽を広げてブレーキをかける
b0184848_1264770.jpg

ソレッ!巣穴で待っているメスに向けてまっしぐら
b0184848_1271212.jpg


by granpatoshi | 2010-05-18 12:08 | カワセミ | Comments(6)
2010年 05月 16日
ホバリング
カワセミのホバリングほど、写欲をかき立てるものはありません^^。
今日も明るい池公園でカワセミの撮影をしてきました。子育て中のメスの分まで
魚を捕るためでしょうか、この池のオスカワセミはよくホバリングをします。
池の中央にあるお立ち台から一度真上に飛び上がり、そこから数メートル緩降下
して勢いを付け、次に反転急上昇。頂点に達したらホバリング。数秒から長いと
十数秒、空中の一点に留まって水中の獲物を狙います。
獲物が見つかるとストンと真下に急降下して水中に突入。首尾良く獲物をゲット
したら、巣で待っているメスのところに一目散に運んで行きます。ヒナが巣立ち
する時期まで、オスの苦労は続きます。一家の主は大変です^^;。
b0184848_2355633.jpg
b0184848_2361380.jpg
b0184848_2362767.jpg
b0184848_236426.jpg
b0184848_2365332.jpg


by granpatoshi | 2010-05-16 23:08 | カワセミ | Comments(16)
2010年 05月 15日
カワセミのホバリングに大満足^^
ここひと月ほど、夏鳥のオオルリやキビタキを追いかけていて、カワセミには
とんとご無沙汰でした。天気も良いし、たまにはカワセミの顔でも見に行くかと
いうことで、「明るい池公園」に車を走らせます。
フィールドに着くと先客は3人だけ。挨拶をして仲間に入れてもらいます。
状況を聞くと、「今日もしっかり出てます。しかもホバリングもたくさん」と何とも
嬉しい返事^^。この池は相変わらず明るくて、撮りやすい。500ミリの距離感
もちょうどいい感じです。機材をセットしてすぐにオスが登場、そしていきなり
ホバリング。これだけのびのびとホバリングが撮影できるのも半年ぶりです。
3時間の滞在中にダイビングやホバリングを何回も見せてくれ、大サービスの
午後でした^^。
b0184848_20461676.jpg
b0184848_20462949.jpg
b0184848_20464193.jpg
b0184848_20465388.jpg
b0184848_2047319.jpg


by granpatoshi | 2010-05-15 20:48 | カワセミ | Comments(8)
2010年 05月 12日
筍を愛でる^^
山里のお寺を訪ねると裏山に竹林があり、そこへ登る道の脇に筍が何本も顔を出して
いました。ここまで伸びると固くて食用にはなりませんが、見るからに美味しそうな色を
しています^^。若竹煮、焼き筍、筍ご飯・・・サクサクした歯ごたえはたまりませんね。
あの竹の皮がまたいい。竹の皮に包んだ梅干しおにぎりなんてもう最高の贅沢です。
東京駅で販売している「21世紀出陣弁当」(ネーミングが秀逸^^)は竹の皮を編んだ
容器に入っていて、なかなかいけます。

私、筍は大好きな食べ物ですが、見るのも好きです。地中からガッシリと顔を出して
直立している姿は力強さがみなぎり、やがて青々とした竹に育っていく様は見ていて
気持ちのいいものです。繁殖力が強くて雑木林を浸食するので、地域によっては厄介
者扱いされることもありますが、複雑に入り組んだ地下茎のお陰で地盤が強化され、
昔から地震の時は竹藪に逃げ込めとも言われます。
功罪相半ばする存在ですが、日本の里の風景には欠かせない貴重な植生です^^。
b0184848_11495466.jpg
b0184848_1150995.jpg
b0184848_11502494.jpg


by granpatoshi | 2010-05-12 11:52 | 風景 | Comments(12)