<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 30日
季節は秋へ^^
暑い、暑いと言いながらも季節は確実に秋に向かっています。
8月半ばを過ぎる頃から、上空には巻雲(すじ雲)や巻積雲(うろこ雲やいわし雲)など、高層に発生する
秋の雲が見られるようになりました。
地表にいると地面からの反射でかなり暑いですが、飛行機に当たる光線の具合もひと頃に比べると、随分
柔らかくなってきたような気がします。今年は9月一杯残暑が続くとの長期予報が出ていましたが、条件が
良いと僅かながらも秋を感じることは出来ます^^。

上空の雲と飛行機を絡ませた写真が撮りたくて、日曜日に城南島ふとう公園に出撃しましたが、時間の経過
とともに地表付近のヘイズが拡がってきて、イメージ通りの写真は撮れませんでした^^;。
b0184848_12151295.jpg
b0184848_12152232.jpg
b0184848_12153299.jpg
b0184848_12154185.jpg
b0184848_12155052.jpg


by granpatoshi | 2010-08-30 12:18 | 飛行機 | Comments(8)
2010年 08月 27日
小さい満月
車の中でNHKラジオ『子ども電話相談室』を聞いていたら、面白い話をしていました。
月は楕円軌道を描きながら地球を回っているので、最も地球に接近した時と最も離れた時では
見え方(大きさ)も違ってくる。8月25日は遠地点の月で、今年最小の満月。地球からの距離は
約40万キロだったそうです。ちなみに近地点の月は1月30日で、この時の距離は約36万キロ。
『ナショナル・ジオグラフィック』誌によれば、近地点も遠地点も概ね1ヶ月に一度通過するとの
ことですが、月の軌道に“ゆらぎ”があるために遠地点、近地点ともに変化するするらしい。
6月25日と7月25日に撮影した月と、近地点を通過した8月25日の満月を比較してみましたが、
僅か1ヶ月程度の違いでは見た目の差はほとんどありませんでした。(上から6月、7月、8月)
b0184848_2130230.jpg
b0184848_21301780.jpg
b0184848_21302587.jpg

で、上の3つを合成してみましたが、ほとんど差はなかった^^;
b0184848_2131157.jpg

2011年の最近地点は3月19日、最遠地点は10月12日とのことです。

ところで話は変わりますが、キヤノンが長玉2本をリニューアルしましたね。
328Ⅱ  787,500円 蛍石レンズが2枚になり、Ⅰ型より200グラム軽量化
428Ⅱ 1,312,500円 蛍石レンズが2枚になり、Ⅰ型より1.52キロ軽量化
だそうです。これでⅠ型の値段が下がりますね^^。あ、60Dも出るそうですよ。

by granpatoshi | 2010-08-27 21:38 | 風景 | Comments(12)
2010年 08月 26日
カワセミのヒナ(ストック・フォトより)
野鳥撮影記録を眺めていて、6月1日にカワセミを撮って以来その後一度もカワセミの撮影に
行っていないことに気がつきました。さえぎる場所のない「明るい池公園」だと熱中症になりそうだし、
地元の公園は場荒れしているし、どうも撮影に行く意欲がイマイチわいてきません。
3ヶ月もブランクがあると多分飛び物は惨敗だろうし、今年の子育てはどうなっているのだろうかなど
気になることは沢山ありますが、あの暑さを考えると気持ちが萎えてしまい、つい涼しいお山で野鳥を
撮っている方が楽だということになります。
嗚呼、カワセミを撮りたい。しかし、暑い・・・orz。禁断症状との闘いです^^:。
と言うわけで、ストックフォトの中からちょうど一年前のヒナたちの様子をアップします。

やっと一匹デカイのをゲットしてきたのに、ヤレヤレもう一度か
b0184848_12252528.jpg

恐る恐る踏み出す一歩
b0184848_12253712.jpg

エサをもらう順番は決まっている。末っ子は辛い
b0184848_12254938.jpg

ホレ!活きのいい鮮魚だ、旨えぞ^^
b0184848_1226189.jpg

飛び姿はいっちょまえだけど、水中からくわえてきたのは草の茎でした^^
b0184848_12261132.jpg


by granpatoshi | 2010-08-26 12:37 | カワセミ | Comments(6)
2010年 08月 25日
富士山南麓の森
厳しい残暑を避けて、毎度お馴染み富士山の森に野鳥撮影に行ってきました^^。
まだ夏山シーズンなので、5合目ポイントは駐車場に入るのに2キロ渋滞の表示が出ていました。
ここまで来て渋滞に巻き込まれるというも、何か釈然としないものがあるので上に行くのは諦めて、
麓のポイントを何カ所か探索しました。
陸上自衛隊・東富士演習場からは雷鳴のような砲撃音が轟き渡り、そのせいかどこのポイントも
鳥の出が良くない。野鳥はアチコチを巡回しながら採餌することが多いので、一カ所で待っていれば
必ず群れは回ってくる筈なのに、今日は何故か動きが少なく、鳴き声もあまり聞こえません。
結局、「行ったら鳥がいた」というパターンを狙って数カ所を回り、漸く何種類かの野鳥を撮影しました。
9月になればお山も秋の気配が濃くなり、静けさが戻ります。本格的な野鳥撮影はそれからでしょうね。

メボソムシクイ
b0184848_10132586.jpg

イカル
b0184848_10134112.jpg

ヒガラ
b0184848_10135597.jpg

エナガの幼鳥3連発^^
b0184848_1014767.jpg
b0184848_10141950.jpg
b0184848_1015849.jpg


by granpatoshi | 2010-08-25 10:28 | 野鳥 | Comments(4)
2010年 08月 23日
飛行機は美しくなければならない^^
かつて航空評論家の佐貫亦男さんが、「飛行機の外形は美しくなければならない」と
何かに書いておられましたが、城南島で16Lに次々とアプローチしてくる飛行機を
見ていて、それを実感しました。

まさに金属の塊が空を飛ぶわけですから、空力的に無駄なものは排除しなければ
ならない。つまり余計なものは付いていない=シンプル=ビューティフルということ
でしょう。しかし、人によって美しさの基準は違いますから、何を以てこの飛行機は
美しいとするのか。決定的なのがスタイリングですね。双発か4発か、ナロウボディ
かワイドボディか、同じ機種でもウィングレットの有無や機体の塗装デザインなどに
よって印象はまったく違ったものになります。
ヒコーキ好きとしてはどれも甲乙つけがたい、それぞれに美しいと思うわけです^^。
b0184848_1362598.jpg
b0184848_1363757.jpg
b0184848_1365559.jpg
b0184848_137634.jpg
b0184848_1371710.jpg


by granpatoshi | 2010-08-23 13:08 | 飛行機 | Comments(6)
2010年 08月 21日
夏の花
夏の花の代表といえば何と言ってもヒマワリ。存在感があります。しかし、いかにも暑苦しい^^;。
暑苦しいと言えば、ハイビスカスも負けていません。炎天下の竹富島でこの花を見た時は頭が
クラクラしました。カンナも特に赤いのは暑苦しいですね^^;。カンカン照りの日差しに似合うのが
サルスベリの花。

アサガオなど一見涼しげな夏の花もありますが、赤や黄色の暖色系の花の方が一層暑さを増幅
させてくれて夏を感じます。
b0184848_91020100.jpg
b0184848_9103888.jpg
b0184848_9105824.jpg
b0184848_911891.jpg

どうです? 暑さが増したでしょう^^。
では最後に、同じ夏の花でもどこか爽やかな印象のハスをご覧下さい。
b0184848_9114275.jpg


by granpatoshi | 2010-08-21 09:13 | 花・生き物・ペット | Comments(4)
2010年 08月 19日
歩く鳥
あまりの暑さに、下界を脱出していつもの富士山に避暑に行ってきました^^。
しかしこの時期は富士登山の最大のピークのため、お山は大混雑。5合目駐車場は渋滞2キロとの
表示が出ていたので上までは行かず、途中の2合目周辺で涼を取りながら野鳥を撮影して遊んで
来ました。2合目と言えども標高1600メートルですから、気温も21度位。森の中に入るといろんな
野鳥の鳴き声が聞こえてきます。ここで暫く高山の冷気を楽しんで次の場所に移動。

やや標高が下がって1200メートルの富士山南麓です。ここでも何種類かの野鳥を撮影しましたが、
面白いことに鳥が地面を歩いている。オオルリの若、ヤマガラの若、そしてアカハラ・・・空を飛べば
涼しいだろうに、照り返しで暑い地面を歩きながらエサを探していました。

富士山は手軽に行ける絶好の避暑地ですね、渋滞さえなければ^^;。

ホントは缶ビールをグイッとやりたかったけど・・・
b0184848_10225250.jpg

オオルリの若
b0184848_1023642.jpg

ヤマガラの若
b0184848_10231996.jpg

アカハラ、走る!
b0184848_10233116.jpg

富士山には入道雲がよく似合う^^
b0184848_10234778.jpg


by granpatoshi | 2010-08-19 10:29 | 野鳥 | Comments(8)
2010年 08月 16日
そろそろ家に帰るかな^^(東北巡業篇 最終回です)
家を出て5日目。
関越自動車道で新潟に入り、佐渡を経由して日本海沿いの道を山形県酒田まで北上。
山形自動車道で山形まで戻ってきました。そして今日は山形自動車道から東北自動車道を経由して、
取りあえず東京方面に向けて走ります。

福島を過ぎ、郡山を通過すると間もなく栃木県に入りました。「このまま帰るのももったいないなぁ」と
思っていると、次のICが那須。「よし那須高原に行こう、温泉もあるし^^」。ということで、那須ICで下りて
まずは温泉旅館を予約。「道の駅・那須高原友愛の森」で腹ごしらえを済ませ、那須岳を目指します。
茶臼岳の7合目にあるロープウェイで9合目まで登り、周辺を散策しました。
標高1915メートル。吹き渡る風はもう秋の気配が漂います。高山植物やチョウの写真などを撮りながら
下界を見下ろす気分は最高^^。泊まった宿の温泉は強酸性の単純硫黄泉、いわゆる白濁した温泉。
長旅の疲れを癒すには最適の温泉でした。

そして最終日。いよいよ帰途につきましたが、やはりこの日もちょいと寄り道を^^。
車のトランクにはゴーヨンも積んでいるのに一度も使っていない。せっかくなのでちょっと日光方面で野鳥
でも撮るか、ということで霧降高原に寄ってみることに。しかしどうも天候がハッキリしない。コマドリの
ポイントまで走らせましたが、峠を越えたとたん霧が湧いてきて、まさに霧降高原^^;。
ここでついに諦めて、家に帰ることにしました。

那須連峰の主峰・茶臼岳は関東唯一の活火山(火口は反対側なので噴煙は見えません)
b0184848_22494267.jpg

稜線を秋の雲が流れます
b0184848_2250665.jpg

尾根道に居座る火山岩
b0184848_22503387.jpg

名前の分からない高山植物
b0184848_2251383.jpg

何とかシジミ^^;
b0184848_22513159.jpg

霧降高原で霧に巻かれる
b0184848_22515535.jpg

全行程1492キロ、5泊6日の気ままな旅は無事終わりました^^。さて次はどこへ行こうかなぁ・・・。

by granpatoshi | 2010-08-16 23:00 | 風景 | Comments(10)
2010年 08月 14日
台風が残した雲
台風4号が日本海を通過中、自宅の上空に面白い雲が出ました。

富士山に絡む夕焼けが美しい^^
b0184848_14494032.jpg
というのはウソ^^;。雲の形が富士山そっくりになりました

C130が西の空に向けて上昇中
b0184848_14511171.jpg

雲の隙間から差し込む光のカーテン
b0184848_14513725.jpg

UFOでも出てきそうな不気味な雲
b0184848_1451527.jpg


by granpatoshi | 2010-08-14 14:55 | 風景 | Comments(6)
2010年 08月 13日
暑くて、熱いぞ山形^^
旅の4日目。酒田を発つ前に見たい処が2カ所あります。
まずは明治時代に建てられた山居(さんきょ)倉庫。日除け、風除けに植えられた
ケヤキの大木に守られて今も現役の米蔵として使われています。そして酒田と言えば
土門拳。仏像や人物ポートレートの大家として世界に名高い写真家ですね。
私、自分で言うのもなんですが人物写真はヘタなので、勉強させてもらいました^^;。

そして今日のハイライトは天台宗の名刹、宝珠山立石寺。通称山寺。
根本中堂の入り口から頂上の五大堂まで、1015段の石段を登ります。真夏のくそ暑い
この時期、この階段登りは修行以外の何物でもありません^^;。しかし、苦労した甲斐は
あります。五大堂からの眺めは天下一品。かの松尾芭蕉も眺めたであろうこの絶景、
まさに感動でした。ヨタヨタになりながら下山して食べた「力こんにゃく」は美味しかった^^。

夕方、山形に到着。
ホテルでチェックインしていると、フロントの女性が「今日は花笠まつりの最終日ですよ」と
教えてくれました。おお、これはラッキー^^。早速カメラを持って飛び出します。花笠音頭の
軽快なリズムに乗って踊る姿は艶やかで、思わず「ヤッショ~、マッカショッ♪」と合いの手を
入れていました^^。暑くて、熱い山形の夜でした。

1893(明治26)年に建てられた風格ある山居倉庫
b0184848_16185875.jpg

土門拳記念館は入館料無料。酒田市はエライ^^
b0184848_16192816.jpg

地獄への階段の入り口^^;
b0184848_1620516.jpg

こんな石段を1015段登る
b0184848_16203330.jpg

立派な開山堂と納経堂
b0184848_1621782.jpg

頂上にある五大堂は意外と小さい
b0184848_16213959.jpg

五大堂からの眺めは天下一品
b0184848_16222588.jpg

お姐さんの一団が来ると一斉にフラッシュが・・・^^
b0184848_16225429.jpg

おばさんの踊りが一番決まっていましたね
b0184848_16232211.jpg

ゆかた姿に何とも言えないほのかな色気が漂う^^
b0184848_16235145.jpg


by granpatoshi | 2010-08-13 16:25 | 風景 | Comments(6)