<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 28日
カメラは見た!ミサゴの狩りの一部始終^^
上空から鋭い視線を浴びせながら、虎視眈々と獲物を狙うミサゴ。
徐々に高度を下げてきた。よし!ファインダーのど真ん中に捉えている。さあ、いつでも来い。
カメラを握る右手に思わず力が入ります。
お~っと、いきなりダイブ。さすが野生の生き物、空中で獲物を見つけてから水に突っ込むまでの
速いこと。いくら的が大きくても、この速さではとても追い切れない。簡単に振り切られてしまい、
あえなくフレームアウト。着水の瞬間は撮れませんでした・・・orz。

かくなるうえは離水する瞬間を押さえるべく、水しぶきが上がった場所に照準を持って行き、
AFボタンONで次の動作を待ちます。ん、ミサゴが水の中でもがいている。なかなか飛び上がれない。
こりゃぁ相当な大物をゲットしたなと思った瞬間、一気に獲物を抜き上げたあ。
デカッ。
30センチはあろうかと思われるボラを、両脚でガッチリ掴んでいます。「どうだ、凄いだろう」光線を
周囲に放ちつつ、水滴をしたたらせて飛び上がりました。
この後、超大物を大事に抱えて悠々と飛び去りました。ダイナミックで豪快なミサゴのハンティング、
何度撮っても撮り飽きることがありません^^。

ではミサゴのボラ一気抜き上げの一部始終をどぞっ(今回は長編です^^)
b0184848_177510.jpg
b0184848_1771592.jpg
b0184848_1772432.jpg
b0184848_1773956.jpg
b0184848_17750100.jpg
b0184848_178468.jpg
b0184848_1781327.jpg
b0184848_1782227.jpg
b0184848_1783023.jpg
b0184848_1783864.jpg
b0184848_1784661.jpg


by granpatoshi | 2010-11-28 17:14 | 野鳥 | Comments(12)
2010年 11月 26日
深まる秋
初冬の柔らかい日差しを浴びて、黄金色に輝くイチョウの葉。
神宮外苑のイチョウ並木も黄葉の最盛期を迎えています。落葉した葉が歩道を埋め尽くし、
まさに黄色の絨毯を敷き詰めたような景観を見せてくれます。
山野を染める紅葉も美しいですが、ビルが林立する都心で深まる秋を感じるのも一興です^^。
b0184848_21341421.jpg
b0184848_21342622.jpg
b0184848_21343414.jpg
b0184848_21344933.jpg
b0184848_21345765.jpg
b0184848_2135517.jpg


by granpatoshi | 2010-11-26 21:37 | 風景 | Comments(4)
2010年 11月 24日
ネラネラ
気温が下がって空気が澄んでくるこの季節、ジェットエンジン後部から排出される高温の
排気ガスが目視でもハッキリ確認出来ます。ジェット排気の向こう側に広がる景色はまるで
高熱で溶かされたように形が崩れ、そのエネルギーの凄まじさを見せつけてくれます。
このネラッとした空気を写し込む、これも飛行機撮影の醍醐味の一つです^^。
b0184848_2195997.jpg
b0184848_21101258.jpg
b0184848_21102263.jpg


by granpatoshi | 2010-11-24 21:12 | 飛行機 | Comments(18)
2010年 11月 22日
ガンバレ九州新幹線^^
12月4日に青森まで開業する東北新幹線、一番列車のチケットは発売から数十秒で売り切れたそうです。
来年3月には新型車両E5系を投入し、東京・青森間を3時間10分で結ぶらしい。その超特急の名前が
「はやぶさ」。でもこれって本家本元は、今は無き九州寝台特急の名門列車です。九州出身者としては、
名前を返してほしいなぁ。というわけでこちらとしては対抗上、九州新幹線を出さざるを得ません^^;。
昨年のちょうど今頃九州に長期ロケを敢行、肥薩線SLや九州新幹線を撮り歩きました。純白の車体に赤い
ライン、運転席正面ガラス下の中央にツバメのマーク・・・シンプルなデザインがナイスです。内装には九州産
の木材を使うなど、インテリアもオシャレ^^。
2011年3月12日、九州新幹線が全線開通。新大阪・鹿児島中央間は最速4時間で結ばれます。
負けるな九州新幹線^^。
b0184848_11382884.jpg
b0184848_11384250.jpg
b0184848_11385293.jpg
b0184848_1139218.jpg


by granpatoshi | 2010-11-22 11:41 | 鉄道 | Comments(12)
2010年 11月 20日
鳥の狩り、いろいろ^^
河口から数キロのこの場所、堰があって鳥たちの絶好のエサ場になっています。

コサギ・・・「抜き足差し足忍び足」方式。ジッと耐えながら魚が来るのを待っている
b0184848_1253730.jpg

カワウ・・・長時間水中に潜るも失敗多し。せっかく捕まえた魚を落としたりする^^;
b0184848_125533.jpg

ユリカモメ・・・低高度から一気にダイブ。ヒット率は割と高いが横取りも上手い
b0184848_126592.jpg

トビ・・・ミサゴ方式で脚から着水、獲物を一気に引き上げる。豪快
b0184848_1261878.jpg

それぞれに狩りの方法が違っていて面白いです^^。

by granpatoshi | 2010-11-20 12:10 | 野鳥 | Comments(8)
2010年 11月 18日
ミサゴの狩り
ミサゴのあのダイナミックな狩りの様子を写真に撮りたくて、再び川へ。
今回は前回の場所よりも200メートルほど下流の川岸に陣取ってチャンスを待ちます。
「む、来たっ!」上空を悠々と旋回しながらも、目線はしっかりと水面を睨んでいます。
右旋回で少しずつ高度を下げ、両脚を前方に突き出すような態勢でダイブしてきます。
この時は川の本流ではなく中州の向こうの支流にダイブしたので、立ち位置からは
着水の瞬間は見えませんでしたが、飛び出してきた時には婚姻色で赤く染まった
オイカワを両脚でガッチリ掴んでいました。そして、まるで獲物を誇示するかのように
ゆっくり旋回しながら上昇していきます。
カワセミやヤマセミのダイブも見事ですが、大きさ、態勢、水しぶき・・・どれをとっても
ミサゴは別格の迫力があります^^。
b0184848_19401275.jpg
b0184848_19401991.jpg
b0184848_19402743.jpg
b0184848_19403576.jpg

b0184848_194222.jpg
b0184848_1942981.jpg


by granpatoshi | 2010-11-18 19:43 | 野鳥 | Comments(6)
2010年 11月 17日
「一石二鳥」でいいのか
S川の岸辺にカメラを据えて鳥が来るのを待っていると、アメリカ海軍機や海上自衛隊機が頻繁に
飛んできます。飛行機マニアとしては嬉しい外道(?)ですが、やはり鳥を撮影している最中に
飛んでこられると気が散る。爆音の方向に視線を移した瞬間、鳥の姿を見失ってしまい、折角の
シャッターチャンスを逃してしまうこと再三再四^^;。
どうせなら、鳥も飛行機も同じ方向、同じ視線位置にいてくれると同ポジで撮れるのにと思いますが、
そうは問屋が卸しません。鳥を撮りながら飛行機も写せる、まさに「一石二鳥」のフィールドですが、
しかし「二兎を追う者は一兎をも得ず」という諺もあるしなぁ^^;。
b0184848_1824088.jpg
b0184848_182529.jpg
b0184848_183384.jpg
b0184848_1831370.jpg


by granpatoshi | 2010-11-17 18:13 | 飛行機 | Comments(4)
2010年 11月 15日
白飛び要注意
ミサゴの撮影地にはさまざまな水鳥がいて、川面は大賑わい^^。
なかでも最大集団がこのユリカモメ。冬に大陸方面から渡ってくる、れっきとした渡り鳥。
その純白の羽根は、カメラの露出設定を明るめにしておくと、間違いなく白飛びします。
カワセミと違い、水面に近い空中をゆっくり飛びながらいきなり反転してダイブします。
体も大きいので、飛びモノの練習台にはもってこいの鳥です。
b0184848_203499.jpg
b0184848_20342056.jpg
b0184848_20343078.jpg
b0184848_20344012.jpg
b0184848_20344876.jpg


by granpatoshi | 2010-11-15 20:38 | 野鳥 | Comments(12)
2010年 11月 14日
初挑戦のミサゴ
タカの仲間のミサゴ。友人に誘われて、初めてミサゴの撮影に行ってきました。
悠然と空を飛びながら、水中の魚を目がけて一気に空中からダイブする姿はダイナミックの
一言に尽きます。ミサゴの撮影は初めての経験だったので、ミサゴがどのような行動をする
のか見当がつかず、結局は飛びモノしか撮れませんでした^^;。
カワセミやヤマセミのダイブは嘴から突入しますが、ミサゴは脚から水に入ります。
狩りが上手くいけば、両足で魚をガッシリと掴んで飛び上がります。そんなシーンをものに
するためには、さらなる修行を積まなくてはいけません^^。
b0184848_11235183.jpg
b0184848_11235948.jpg
b0184848_1124954.jpg
b0184848_11241693.jpg
b0184848_11242427.jpg


by granpatoshi | 2010-11-14 11:28 | 野鳥 | Comments(10)
2010年 11月 12日
イヨッ、日本一^^
午前5時50分、山中湖到着。気温マイナス3度。
この秋一番の冷え込みの朝、赤い富士山を撮るために山中湖へ行ってきました。
撮影ポイントは沢山ありますが、まずは湖越しに富士山を望む定番の場所に車を止めてスタンバイ。
すでに20人近い人がカメラを構えています。
東の山の稜線から太陽光が差し込むと、山頂付近の雪がほんのり赤く染まり始め、なかなか荘厳な
雰囲気に包まれます。太陽の位置が高くなるにつれて、富士山全体が段々と赤みを帯びてきました。
早朝の強烈な斜光が、山腹に刻まれた山ヒダを立体的に浮かび上がらせ、普段見慣れている富士山
とはまったく違う表情を見せています。
やがて湖面にも太陽の光が差し込んで来ると、水面から水蒸気が立ちのぼります。何とも幻想的な
光景に立ち会うことが出来ました。やっぱり富士山は日本一のお山です^^。
b0184848_1030124.jpg
b0184848_10301249.jpg
b0184848_10302197.jpg
b0184848_10303027.jpg
b0184848_10304354.jpg
b0184848_10305158.jpg


by granpatoshi | 2010-11-12 10:33 | 風景 | Comments(6)