<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 28日
「ERR30」現象、その後
レンジャク撮影初日にいきなり「ERR30」現象に見舞われ、最初は撮影モードを変えてみたり、カスタムファンクションを
いじくってみたりと、抵抗を試みるもエラーサインは消えません。結局この日、レンジャクに関してはボウズだったのは
不幸中の幸いでした。レンジャクは出るは、カメラは壊れるは、では私はその場で卒倒してます^^;。

そして翌日、再びレンジャク・ポイントに出撃。何となく見えてきたのは、どうも高速シャッターを切るとエラーサインが出る。
最初のうちは1/1000秒以上はエラー、1/800だと撮影は出来る状況だったのが、そのうちそれ以下でもエラーが出始め
ました。レンジャクは諦めて駐車場へ向かう途中、公園内の池をチェックするとモミジの枝にとまっているカワセミを発見。
ERR30のことが頭にあるので、SSをかなり遅くしてシャッターを切り、モニターを見て愕然。今度は露出までおかしく
なっています。かなり遅めのSSにも関わらず、露出がかなりアンダーでほとんど階調が潰れているカットも出る始末。
ついに末期症状を呈してきました。これ以上騙し騙し使うのは無理と悟った次第です。

そして今朝、銀座のSCに持ち込んで修理を依頼してきました。シャッターユニット交換、露出関連の各部点検・清掃などで
一週間の入院です。念のためショット数を調べてもらったところ、11万ショットでした。カタログではmk3のシャッター耐久性は
30万ショットとなっていますから、私のカメラはまだ半分もいっていませんでした。
見積もりは工賃12,000円、ユニット交換9,950円、合計21,950円のところ、CPC会員なので20%オフで17,600円。
シャッター回りはカメラの心臓部でもあるので、修理費用はかなりかかるのではないかと思っていましたから、この程度で
納まれば御の字と自分で自分を納得させるしかありません。

ほとんどのカットが露出アンダーで階調が潰れていたなか、何とか補正できた画像です^^;
b0184848_21193899.jpg
b0184848_21194962.jpg


by granpatoshi | 2011-02-28 21:41 | カメラ・機材 | Comments(8)
2011年 02月 25日
ERR30・・・orz
久しぶりで地元の公園にレンジャク撮影に行ってきました。
朝9時半、公園に着くと既に知り合いが多数、スタンバイしています。状況を聞くと多い時は十羽以上の群れが入ってきており、
ここ2、3日、数は少ないものの確実に撮れると嬉しいご託宣^^。「よ~し、ここで3週間のブランクを一気に取り戻す!」と、
思わず気合いが入ります。しか~し、です。待てど暮らせどレンジャクは姿を見せず。たわわに実った寄生木の実だけが風に
揺れています。

そしてこの後、とんでもない事態が発生したのです。露出チェックのため、背景の木と青空を入れてシャッターを切ったところ、
いきなり「ERR30 撮影出来ません。電源スイッチのOFF→ON、またはバッテリーを入れなおしてください」というメッセージが
モニターに表示されるではありませんか。ナニィ?エラー30? 何だそりゃ。確かに背景が明るいとシャッターが切れません。
指示通りに電源スイッチを切ったり入れたり、バッテリーも何度も出し入れしますが、背景が明るいとエラー30が出る。
撮影モードをいろいろ変えてもエラーメッセージは消えない。背景が比較的暗いと普通に撮影できるので、何とかダマシダマシで
我慢してレンジャクを待ちますが、こちらもサッパリ。結局、夕方4時まで粘りましたがお目当ての鳥は一回も来ず、完全ボウズ。
おまけに「エラー30」なる、訳の分からないメッセージが出て、とんでもない一日となりました。意気消沈しながら駐車場へ向かう
途中、公園内のいつもの池にカワセミがいたので「仕方がない、カワセミでも撮るか」と、数カット撮らせてもらって公園を後にした
次第です。しかし一体何なんでしょうね「エラー30」って??? こりゃあ、入院かなぁ・・・orz。

お客の来ないレストラン「ヤドリギ」
b0184848_20571835.jpg

仕方なく撮らせてもらったカワセミ^^;
b0184848_2057326.jpg


by granpatoshi | 2011-02-25 21:14 | 野鳥 | Comments(14)
2011年 02月 22日
♪ ~そうだ京都、行こう。~ ♫^^;
実家での用事も取りあえず終わり、いよいよ家に戻ることになりました。九州自動車道、中国自動車道、山陽自動車道、名神高速、
東名高速と乗り継いでいけば約13時間位で帰れますが、ちょっと疲れたのでほぼ中間地点の京都に立ち寄ることにしました。

冬の京都は観光客も少なくゆっくり過ごせるかと思いきや、有名なお寺は外国人観光客がワンサカ繰り出し、思わず「ここは中国か」
と突っ込みを入れたくなるほど。で、作戦変更。左京区の北東部に広がる大原に車を走らせます。京都市内とは思えない、のどかな
田園風景が広がる山里です。大原と言えば三千院。比叡山延暦寺を開いた最澄が建立したと伝えられる由緒ある門跡寺院です。
平日ということで観光客も少なく、静かな佇まいを堪能しました。近くにはNHK恒例の大晦日番組「ゆく年くる年」でしばしば紹介される
寂光院や、紅葉で有名な宝泉院などの天台寺院が数多くあり、山里の風情に彩りを添えます。これらの寺院をゆっくり半日かけて
回りましたが、残念ながら大原女には逢えませんでした^^;。明日は3週間ぶりに自宅に帰ります。
b0184848_20441240.jpg
b0184848_20442595.jpg
b0184848_20443636.jpg
b0184848_20444780.jpg

ハート模様がかわいいニャンコがいました^^
b0184848_20445672.jpg


by granpatoshi | 2011-02-22 21:04 | 風景 | Comments(18)
2011年 02月 18日
一皮むける^^;
親の介護で実家に帰省して早くも3週間。これまで介護とはまったく縁のない生活をおくってきた身としては戸惑い、困惑、
そして驚愕の事態が待っていました^^;。食事は介護ヘルパーさんが作ってくれますが、親の身の回りの世話や家事全般は
私の役目。朝起きるとまず最初の仕事が部屋の掃除、そして晴れていれば洗濯。多いときは3回は洗濯機を回します。
ヘルパーさんは時間単位なので出来ることには限りがあり、食後の後片付けや昼食の準備、食材の買い出し、その他雑用
などはすべて家族がやらなければなりません。まさに“コマネズミ”状態です。

正直なところ、自宅では家事をほとんどやらなかった自分の変わりように我ながら驚いています。「窮すれば通ず」といった
ところでしょうか。自分の将来の事を考えると家事くらいは自分で出来る方がいい。というか、やらなければいけないと思い
始めました。この歳になってようやく一皮むけました(ちょっと遅い^^;)。
b0184848_1345361.jpg
b0184848_13452593.jpg
b0184848_13455172.jpg
b0184848_13461796.jpg
b0184848_13464098.jpg


放射冷却の影響でぐっと冷え込み、庭一面の霜。こんな時は朝起きるのが辛い^^;。
同じ寒い朝でも、撮影に出かける時は平気なのに・・・。写真と本文は関係ありません。

by granpatoshi | 2011-02-18 14:02 | Comments(2)
2011年 02月 15日
平尾台
と言っても地元の人以外には馴染みのない地名ですが、ここは山口県の秋吉台と並ぶ国内有数のカルスト台地。
標高600メートルの高原にピナクルと呼ばれる石灰岩が多数露頭し、国指定の天然記念物になっています。
またドリーネと呼ばれる陥没地形や鍾乳洞が多数あり、独特の景観を作り出しています。
春先から晩秋の頃までキャンプやトレッキングを楽しむ人で賑わいますが、この時期はシーズンオフのため訪れる
人も少なく、雪に覆われた草原は荒涼とした風景に一変します。
雑用の合間に短時間訪れてみましたが、ん十年も前に小学校のサマースクールで平尾台にキャンプに来たことを
思い出しました。今は冬枯れの淋しい高原ですが、忘れかけていた少年時代のことが懐かしく甦ってきました。
やはり故郷というのはいいものです^^。
b0184848_1834727.jpg
b0184848_1835952.jpg
b0184848_1841233.jpg
b0184848_1842394.jpg
b0184848_1843672.jpg


by granpatoshi | 2011-02-15 18:08 | 風景 | Comments(4)
2011年 02月 12日
九州でまさか雪かきとは・・・orz
久しぶりのブログ更新です^^;。

北九州の実家に帰省してもう2週間が経ちました。大きなヤマ場は越しましたが、いろんな雑用に追われて、滞在はまだ
続きそうです。以前にも書きましたが、北九州地方は日本海式気候地域の西端にあるので雪がよく降ります。今日は
午前中はちょっと晴れ間も見えたのに昼前から雪雲がかかり、午後は吹雪きました。みぞれ交じりの雨が雪に変わり、
2時間ほどで約3センチの積雪。自宅のスロープの雪かきをしないと車も出せません。まさか九州で雪かきをするとは
夢にも思っていませんでした^^;。これ位の雪でオタオタしていては雪国の人に笑われそうですが、知り合いの某S氏同様、
私にも雪にはトラウマがありまして自分でも可笑しくなりました。

雪かきをしている最中、自宅の前を流れる川の上空をふと見上げると、何と猛禽類のミサゴが悠然と飛んでいる姿を目撃。
こんな時に限ってこんなものが姿を見せるとは・・・。明日からは庭掃除の時でもカメラを手元においてスタンバイしなくちゃ^^。
b0184848_17254536.jpg
b0184848_17255644.jpg
b0184848_1726774.jpg


by granpatoshi | 2011-02-12 17:30 | 風景 | Comments(4)
2011年 02月 01日
冬の朝
やんごとなき事情で九州の実家に帰省しています。
一般的には九州は暖かいというイメージがありますが、どっこい北九州はさにあらず。
玄界灘に面し、日本海式気候の西端に位置するため、関東地方のようなスカッと抜けた青空は少なく気温も低め。
今朝の気温は9時過ぎにようやくプラス1度でした。車の屋根にはうっすら雪が積もり、我が愛車ステージアも初めての
経験で驚いたと思います。
実は撮影機材一式も車に積み込んで帰省したのですが、雑用に追われてなかなか時間が取れません。長時間留守に
することが出来ないので遠出も出来ず、せめて庭の花でも撮ってフラストレーションを解消するしかなさそうです・・・orz。
b0184848_1183983.jpg
b0184848_1192966.jpg
b0184848_1194112.jpg
b0184848_1195352.jpg


by granpatoshi | 2011-02-01 11:15 | 風景 | Comments(8)