<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011年 08月 25日
晩夏
b0184848_18453924.jpg

連日の猛暑日から一転、秋雨前線が冷たい空気を運んで来ました。 その涼しい日々も三日ほどで終わり、再び夏の暑さが戻って
来ました。しかし照り付ける太陽にひと頃の力強さはなく、季節は着実に秋に向かっています。夏は私の好きな季節ですが、今年は
病床でひと夏を棒に振ってしまいました。この間、多くの方から励ましやお見舞いのコメントを頂き、その一つひとつが心にしみました。
ありがとうございました^^。

さて病状の方はと言うと、週一回の神経ブロック注射で痛みはだいぶ軽減してきたものの、まだヘルニア自体は完治していないので、
主治医が整形外科から脊椎科にハンドオフされました。そして今日、脊椎科の医師の診察を受けた結果、来週もう一度神経ブロック
治療を行い、ヘルニアの症状に改善が見られなければ入院ということになりました。もうここまで来ればジタバタしても仕方がないので、
成り行きに任せて療養に専念するしかありません。出来れば入院治療は避けたいですねぇ。

by granpatoshi | 2011-08-25 18:50 | Comments(8)
2011年 08月 17日
動けない夏
新潟港から佐渡・両津港へ向かう途中、カモメがフェリーの舷側に近づいてきました。
気持ちよさそうに高度を上げたり下げたり、自由に飛び回る姿が印象的でした。
b0184848_16311521.jpg

椎間板ヘルニアになって3週間が経過。当初は昼夜を問わず襲ってくる激痛に夜も眠れない日々でしたが、神経ブロック療法を
始めて以来、最近は薄皮を剥ぐように徐々に痛みもやわらいで来ています。本日の診察ではこの先一週間の回復具合を見て、
治り方が遅ければ数日間入院して集中的に神経ブロック治療を行う「ブロック入院」も検討するということになりました。医師からは、
完治するには最長で半年位かかることもあると言われ、長期戦を覚悟しています。

思えば昨年の夏は「日本海独り旅」を敢行、秋山郷~新潟~佐渡~酒田~山形~那須高原と、猛暑の中を気ままな写真旅行を
楽しんできました。しかし今年は一転、痛みに耐えながら暑い夏を過ごしています。暫くはおとなしく療養に専念いたします。

by granpatoshi | 2011-08-17 16:36 | 風景 | Comments(10)
2011年 08月 10日
“シャッターボタン押したい” 症候群
激痛をこらえながら何とか撮った、厚木基地にRTBするP-3Cオライオン

b0184848_17165093.jpg

関東地方は立秋を過ぎた途端に猛暑がぶり返してきました。

椎間板ヘルニアが原因と思われる坐骨神経痛を発症して2週間。今日は、先週実施したMRI検査の結果が出る日です。
診察室に入ると、医師から「MR検査画像診断報告書」なる紙を渡され、説明を受けました。何やら専門用語が羅列されて
いますが、要するに「腰椎の4番と5番の間の椎間板が圧壊している。その結果として坐骨神経が圧迫されている。また
5番と仙骨の間にもヘルニアがあり、神経根が腫れている。この結果として右大腿部と太腿に痛みが発生している」という
ことで、診断としては「変形性腰椎症」、いわゆるヘルニアです。懸念された脊柱管狭窄症は心配ないだろうとのことで、
一安心でした。治療としては、ステロイド系の薬を脊髄に直接注入する神経ブロック療法で、これをあと2回ほど実施して
経過を見るということになりました。恐れていた手術は回避でき、ホッとしました。今はブロック注射のお陰で全く痛みもなく、
痛みがないということがこんなに素晴らしいことかと、しみじみ実感しています^^。

痛みが出て2週間、カメラを触るどころの騒ぎではなくただ激痛に耐える日々でしたが取りあえず痛みが消えると、人間と
いうのは誠に勝手なものでやたら何かしたくなります。そう、ちょっと出掛けて行って「写真を撮りたい」という気持ちが沸々と
湧いてくるんですね^^;。まあ今は無理をしないで、治ったらあちこち出掛けて行ってバンバン写真を撮ってやる、と自分に
言い聞かせておとなしく寝ています^^;。

by granpatoshi | 2011-08-10 17:33 | Comments(10)
2011年 08月 08日
立秋
b0184848_14334248.jpg

今日、八月八日は立秋。暦の上ではいよいよ秋ですね。
とはいっても暑さはこれからが本番。厳しい残暑が照りつける中、唯一向日葵だけが
我が夏を謳歌しているようです。半病人の身で申し上げるのも気が引けますが、皆様
くれぐれもご自愛の程お願いします(^_^;)。

by granpatoshi | 2011-08-08 14:35 | 風景 | Comments(2)
2011年 08月 04日
神経ブロック注射・・・orz、そしてMRI検査
当ブログはタイトルに「EOS的写真生活」とあるように、キヤノンのデジタル一眼レフカメラで日々撮影した写真を、
撮り下ろしでご紹介することを目的に開設したものですが、このところすっかり「病床日記」となってしまいました。
今日の写真はベランダからのお手軽写真です(なお、写真と本文はまったく関係がありません^^;)。
b0184848_1594437.jpg


さて「坐骨神経痛」のその後ですが、先週金曜日の発症以来、激痛にさいなまれて写真どころではありませんでした。
昨日、痛みに耐えかねてついに地域の中核拠点病院に転院しました。この病院は「脊椎外来」なる診療科目がある、
まさに“地獄に仏”の病院です。医師にこれまでの経緯を説明し診察してもらった結果、速攻で「神経ブロック注射」が
決定。ちょっと怖い気もしましたが、今の苦痛から解放されるならば、もう「矢でも鉄砲でも持ってこい」です。しかしこの
注射、局所麻酔薬を脊髄に直接注入するので大変痛い。施術の後も止血と術後観察のため、一時間半ほどベッドに
寝たままの姿で安静にしていなければなりません。しかしその効果のほどはというと、まだ太腿の辺りに多少の痛みは
残っていますが、あの激痛はウソのように消え夜も寝られるようになりました。こんなことなら、最初からこの病院に
来れば良かったと後悔しきりでした。

さて問題はこの後です。レントゲン写真を見ていた医師が、「椎間板ヘルニア以外にも脊柱管狭窄症の疑いもあるので、
MRI検査をした方がいいでしょう」。「はい、受けます、受けます」と言うわけで、本日MRI検査を受けてきました。私は
以前に二度ばかりMRI検査を受けたことがありますが、トンネル状の検査機器の中をベッドが前後にスライドして患部の
三次元映像を撮影する装置で、検査中はもの凄い音を出します。まるで工事現場の削岩機を耳元で操作しているような
強烈な音ですが、検査自体は15分程度で終了しました。そして「驚きの鑑定結果に会場、いや家内騒然」となるや否や、
結果は一週間後に出ます。

by granpatoshi | 2011-08-04 15:40 | Comments(12)
2011年 08月 01日
坐骨神経痛、その後
この週末は生まれて初めて経験する激痛にさいなまれた三日間でした。既報のとおり、先週金曜日に突然坐骨神経痛を
発症、七転八倒の苦しみを味わいました。針でチクチク刺されるような痛み、まるで電流を通されたかのようなビリビリする
痛み、しびれ・・・これらの痛みが入れ替わり立ち替わり右臀部から右大腿部を襲い、しかも痛みの箇所が段々広がって
きて、横になっても起き上がっても苦痛は減りません。激痛で本当に涙が出てきました。処方された薬がほとんど効かず、
唯一、苦痛から逃れられるのは風呂に入っている時のみ。土曜日の深夜から日曜日にかけて、ほぼ2時間おきに腰湯に
浸かって痛さをしのぎました。

今朝になってようやく痛みが少し和らいできましたが、まだ椅子に座ることが出来ず、まして車を運転することなど到底無理。
痛み止めの注射をうってもらおうと総合病院の整形外科にも行って診てもらいましたが、医師からは「あれは痛みの原因を
除去するものではなく、痛みを抑えるだけで根本の治療にはならないので薦めない。辛いだろうが、時間をかけて治す方が
良い」と言われ、ガッカリしながらも納得して帰ってきました。幸い、痛みは昨日よりも減ってきて多少は回復傾向にあるよう
なので、しばらく安静を保っておとなしく寝ています。土曜日から2週間の予定で九州の実家に帰省する予定もキャンセル。
母の法事にも出席出来ず、あの世で“ばち当たりな息子め”と嘆いているのではないかなぁ^^;。
b0184848_1536513.jpg

ノーテンキにカワセミの写真などをアップしていますが、これは先週水曜日に地元の緑地公園で撮影したオスの若。田舎に
帰省したらこの若とも暫く会えないので、当分の間のおいとまをいただくべく、ご挨拶に行った時に撮影したものです^^。
カワセミどころか飛行機撮影も当分ダメだと思います。この間リハビリに専念して、体調を整えて復帰したいと考えています。
ご心配いただいた方々に心よりの御礼とその後の状況をご報告申し上げます^^。

by granpatoshi | 2011-08-01 15:50 | Comments(4)