<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 30日
エアドゥ機の塗装デザインを考える
エアドゥ、北海道国際航空。社名に「国際」とありますが、新千歳空港を拠点に就航路線は国内線のみ。一度経営破綻し、全日空の
支援を受けて再スタートしました。運航機材はボーイング767と737。767の機体には「北海道」という文字をデザインして大書きして
います。737にはクマのイラスト『ベアドゥ』がペイントされた機体もあります。

問題は機体の塗装デザイン。飛行機は空力的に洗練されたフォルムをしているので、機体の塗装も流れるようなデザインが望ましい、
と私は思っています。エアドゥの767の場合、胴体の塗装は第1ドア付近からいきなり始まって第4ドアのところで唐突に終わっている。
例えば、機首先端から流れるようなラインで始まり、また後方は垂直尾翼まで伸ばすようなデザインは考えられなかったのか。
色使いにしても、青は空の色だとしても、あの黄色は何?もしかして特産のトウモロコシの色か?少なくとも、北海道の大地をイメージ
させるグリーンを配色する手もあったのではないか。
と、北海道に縁もゆかりもない者が勝手なことを言っておりますが、これも飛行機を愛するが故^^。次回、CIの時には是非ともご一考
いただきたいと切に願っておりますm(_ _)m 。
b0184848_1781491.jpg
b0184848_1782447.jpg
b0184848_1783167.jpg
b0184848_1784042.jpg
b0184848_1784839.jpg


by granpatoshi | 2011-11-30 17:11 | 飛行機 | Comments(2)
2011年 11月 28日
艦載機の迫力
いつも自宅ベランダから撮影していたアメリカ海軍艦載機。やっぱり基地の近くで撮ると迫力が違います。
訓練で飛び立ったEA-6Bプラウラーが2時間後に戻ってきました。3回ほどタッチ&ゴーを行いましたが、
うち1回は接地せずアフターバーナーに点火して急上昇。いやその音のすさまじいこと、空気の振動が体に
ビリビリと伝わってきます。そしてダウンウィンドレグからベースレグと絵に描いたようなトラフィックパターンを
描きながら急旋回でファイナルレグへ進入降下してきます。軍用機ならではの急上昇と急旋回、その迫力に
圧倒されました。
b0184848_225375.jpg
b0184848_2251133.jpg
b0184848_2251875.jpg
b0184848_2252519.jpg
b0184848_225328.jpg


by granpatoshi | 2011-11-28 22:07 | 飛行機 | Comments(6)
2011年 11月 26日
ミサゴ日和^^
先週、友人二人と連れだってミサゴの撮影に行ってきました。ホバリングからダイブ、そして水面への突入まで、ターゲットを
ファインダーのど真ん中に捉えて連写、連写^^。しかし画像をパソコンで拡大して見ると、どうもミサゴの飛びモノの画像が甘い。
原因をと考えていくうちに、ふと思いついたことがあってもしやと思いつつ確認してみると、案の定500ミリレンズのISスイッチが
オフになっていました。結局、この日撮影した画像はすべてボツにしました・・・orz。

そして昨日、リベンジのため再度出撃^^。今度は万全の態勢(と言っても、単にISのスイッチをオンにしただけですが^^;)で、
いつもの川岸に向かいました。快晴、無風。水面には沢山の水鳥たちが飛び交い、小魚を補食しています。舞台は整い、あとは
主役の登場を待つのみです。やがて下流からミサゴが飛来。2、3回上空を旋回した後、ホバリングからいきなりダイブ。豪快な
水しぶきを上げながら脚から水面に突入し、小型のボラをガッチリと掴んで飛び上がってきました。川岸に林立するカメラの集団に
向かって、まるで獲物を自慢するかのようにゆっくり旋回しながら遠ざかって行きました。今回はISもしっかり効いて、安心して
撮影することが出来ました^^。
b0184848_10344226.jpg
b0184848_10344928.jpg
b0184848_10345911.jpg
b0184848_1035762.jpg

こちらは若。水しぶきだけはイッチョ前ですが、見事に空振り^^;
b0184848_10351774.jpg


by granpatoshi | 2011-11-26 10:37 | 野鳥 | Comments(8)
2011年 11月 24日
ジェットエンジンのエネルギーを実感する
前回、ジェットエンジンのファンが回転する様子を撮影しましたので、今回はジェットエンジンのコアであるターボジェットから
噴出するジェットブラストを撮影します。エンジン後部からネラネラした高温高圧の燃焼ガスがもの凄い勢いで噴出する様は、
まさに“咆哮”と呼ぶにふさわしいダイナミックでエネルギーに満ちたシーンです。
噴出された熱の塊により、地上の景色はまるで蝋細工が溶けたように形を失い、空間が揺らいでいるように見えます。
まさにジェットエンジンのエネルギーを実感する瞬間です。
b0184848_12102927.jpg
b0184848_12103629.jpg
b0184848_12104445.jpg
b0184848_12105754.jpg
b0184848_1211454.jpg
b0184848_12111112.jpg


by granpatoshi | 2011-11-24 12:14 | 飛行機 | Comments(2)
2011年 11月 21日
ジェットエンジン
最大離陸重量300トンにもなる機体を空中に浮かせ、巡航速度は時速900kmにも達するのですから、ジェットエンジンが発生
させる推力というのは凄いものです。現代のジェットエンジンはターボファンエンジンが主流。その仕組みは、円筒形のエンジンの
中心にあるターボジェットエンジンから燃焼ガスを噴出し、同時にその前面に設置したファンを回転させて取り込んだ空気を高速で
後ろに排出します。つまりジェットエンジンとファンを組み合わせて高出力を得ているわけです。
着陸機が低速でタキシングしながらスポットに入ってくる時、ファンがゆっくり回転しています。これをスローシャッターで撮影すると、
回転するファンブレードの干渉縞が面白い模様を作り出しました^^。

プラット&ホイットニー社製PW4090・・・ファンの直径は112インチ(2.85m)、推力90000ポンド(40910kg)
b0184848_10531410.jpg

b0184848_10535677.jpg

ロールス・ロイス社製トレント1000A・・・ファンの直径は112インチ(2.85m)、推力69800ポンド(29030kg)
b0184848_10545597.jpg

人の身長と比べると、エンジンの大きさがわかります
b0184848_10552943.jpg


by granpatoshi | 2011-11-21 11:03 | 飛行機 | Comments(4)
2011年 11月 19日
白い手袋
送迎デッキで撮影していると、パイロットが手を振る光景をよく見かけます。見送りの人がデッキから手を振ると、それに応えて
コックピットの中で白い手袋が左右に揺れている。あるいは「出発準備良し、すべて異常なし!」とでも言っているかのように、
親指を上に向けてサムアップ。地上で手を振るグランドハンドリング・スタッフに向かって「ありがとう、行ってきま~す」と別れの
挨拶を交わす・・・操縦席に座ったパイロットが手の動きで意思を表す仕草、実に様になっています^^。
実は私、現役のパイロットの方からいただいたパイロット用の白い手袋を持っています。この貴重なオタカラ、おいそれとは使えず
大事にしまってあります^^。
b0184848_10243.jpg
b0184848_1021231.jpg
b0184848_1022083.jpg
b0184848_1022961.jpg
b0184848_1023967.jpg
b0184848_1024740.jpg


by granpatoshi | 2011-11-19 10:23 | 飛行機 | Comments(10)
2011年 11月 17日
羽田日和^^
朝起きると晴れていて、自宅上空は青い空^^。「よし、こんな日は空港だ」と、今日は朝食をしっかり摂って
羽田空港に向かいます。気温が低いため、都心に差し掛かっても空は青い。第2ターミナル展望デッキに
上がって都心方向を見ると、スカイツリーがクッキリとその姿を見せています。ウィークデーの展望デッキは
人もまばらで、好きな場所で撮影ができます。
目の前に広がるC滑走路34Rからは、東日本方面の便が離着陸しています。光線状態は順光なので
背景の東京湾が青く輝き、ジェットエンジンの排気もしっかり写って狙い通りの飛行機写真となりました。
b0184848_1445935.jpg
b0184848_14451976.jpg
b0184848_14452754.jpg
b0184848_14453692.jpg
b0184848_14454215.jpg

※写真をクリックすると画像が大きくなります^^

by granpatoshi | 2011-11-17 14:48 | 飛行機 | Comments(12)
2011年 11月 15日
羽田名物
朝起きると晴れていて、自宅上空は青い空^^。「よし、こんな日は空港だ」と、朝食もそこそこに羽田空港に
車を走らせます。しかし、都心に近づくにつれ空の青さがだんだん薄くなり、空港に着くころには霞んだ空に
変わっています。
第2ターミナル展望デッキに上がって都心方向を見ると、灰色に濁った風景の中にスカイツリーがかすんで
見えます。この空ばかりは為す術もなく、風が吹いてモヤを飛ばしてくれるのを待つしかありません。結局、
夕方まで粘ってどうにか撮れる状況になるという、羽田空港特有の気象パターンです。
b0184848_9503831.jpg
b0184848_9504899.jpg
b0184848_9505760.jpg
b0184848_95145.jpg
b0184848_9511114.jpg


by granpatoshi | 2011-11-15 09:54 | 飛行機 | Comments(2)
2011年 11月 13日
ラッキーアングル^^
全日空の新型機ボーイング787は羽田~岡山、羽田~広島線に就航しています。今の時期、西日本方面に向かう便は
羽田空港を離陸する時は海上のD滑走路を使います。このD滑走路がマニア泣かせの滑走路で、船でも使わない限り
離着陸を間近で撮影することは不可能です。ところが今日、城南島でC滑走路から離陸する機体を撮影していると、この
787がC滑走路から陸側に向けて離陸してきました。逆光気味で見づらかったのですが、あの特徴ある主翼の反りから
すぐに787と分かりました。おお、これはラッキー^^。エアボーンするとすぐに右旋回。この旋回を追っていけば太陽を
背にするので、順光で撮れます。ピッカピカ、おニューの機体は太陽光を反射させながら北の空に消えていきました。
聞くところによると、東日本大震災の被災地を支援するため、福島空港で小学生を対象に体験飛行を行ったとのことでした。
子どもたちにとっては素晴らしい思い出になったことでしょう^^。
b0184848_23264752.jpg
b0184848_23265682.jpg
b0184848_2327559.jpg


by granpatoshi | 2011-11-13 23:30 | 飛行機 | Comments(4)
2011年 11月 11日
オネワールド(・_・;)
羽田空港第2ターミナル展望デッキで撮影していると、背後から「センパイ」と呼びかける声がします。はて、こんな場所で後輩に
会う筈もないしなぁと思いながら振り返ると、70代と覚しきお年寄りが「先輩、787はもう降りてきましたか」と話しかけてきました。
北側の駐機場に駐機していることを話すと、小走りに去っていきました。「飛行機少年」ならぬ「飛行機老人」に出会えて、ちょっと
嬉しくなりました^^。
b0184848_11265653.jpg

D滑走路から離陸する飛行機を見ながら、「外国へ行く飛行機はみんなあの滑走路から出発するんだよ」と、孫に説明している
おばちゃんもいます。多分、D滑走路から離陸していったキャセイパシフィック機を見て、そう思ったんでしょうね。「するてえと何かい、
さっきC滑走路から離陸していったチャイナエアライン、あれは国内線かい」と、思わず突っ込みを入れたくなりました^^;。
b0184848_11273434.jpg

そして極めつけは、隣で飛行機を眺めていたおいちゃんとおばちゃんの会話。「あの飛行機、胴体にオネワールドと書いとるけど、
ありゃ何じゃろか」と広島弁(?)で喋っています。オネワールドねぇ・・・う~む、ちょっと違うような気がするなぁ^^;。
b0184848_1128546.jpg

飛行機マニアの会話はえてして何かとんがった印象がありますが(反省^^;)、普通の人が飛行機を見ながら交わしている会話って、
どこかほのぼのしていて楽しいですね^^。

by granpatoshi | 2011-11-11 11:33 | 飛行機 | Comments(4)