<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 31日
たまにはカモでも
実家の前に川が流れていて、カモやカイツブリなどの水鳥がよく水面にプカプカ浮いています。
犬の散歩をしていて、ふと川面を見るとカモの群れが岸辺で水草を食んでいます。ほとんどはマガモ
ですが、中にちょっと顔つきの違うカモがいました。嘴の根元から頭部にかけて、白い帯状の羽毛に
覆われたモヒカンルック^^。犬の散歩もほどほどにして家に戻り、カメラを持ち出してパチリ。
私は水鳥に関してぜんぜん詳しくないので、特徴をもとにパソコンで調べた結果、ヒドリガモと判明
しました。しかし取り立てて珍しいカモというわけでもなく、冬鳥としてシベリア方面から渡って来る
ごく普通のカモだそうです。普段あまりカモ類にレンズを向けることはありませんが、じっくり眺めて
いると逆立ちして水中の水草を食べたり、羽繕いをしている仕草は意外と可愛いものです^^。
カモの世界も奥が深いカモ^^;。
b0184848_18312332.jpg
b0184848_18314182.jpg

b0184848_18341753.jpg

b0184848_183279.jpg
b0184848_18322245.jpg


by granpatoshi | 2012-01-31 18:36 | 野鳥 | Comments(2)
2012年 01月 29日
尾道、まち歩き
北九州の実家へ帰省する途中、尾道で一泊しました。この町はいろんな異名を持っていて、
坂の街、お寺の町、そしてネコの町でもあります。夕方、ホテルにチェックインしてすぐ街の
探索に出ました。
海辺で釣りをする少年たちと最近の漁獲高についてしばし懇談し、瀬戸内の海に沈む夕日を
眺めていると何か遠い自分の記憶が蘇ってくるようで、懐かしい想いに捉われました。
本当は坂道を登ってネコに会いに行きたかったのですが、時間も時間で彼らの夜の集会を
邪魔するのも気が引けて、別の機会に譲ることにしました。短い時間でしたが、波静かな
海辺の町の長閑なひとときを味わってきました。日程に余裕があればじっくり時間をかけて
訪ねたい町です、尾道^^。

今日の収穫はメバルとベラ^^
b0184848_21503191.jpg

尾道と、まさに向かいにある「向島」を結ぶフェリー。航程3分
b0184848_21504539.jpg

尾道水道に沈む夕日
b0184848_21505746.jpg

なんと手回し式の給油器(@_@); こんなのがあるから地方はいい^^
b0184848_215186.jpg

尾道と四国・今治を結ぶ「しまなみ海道」。途中の伯方島で「伯方の塩」を買ってUターンしてきました
b0184848_21511981.jpg


by granpatoshi | 2012-01-29 21:47 | 風景 | Comments(2)
2012年 01月 27日
北関東野鳥遠征記 総集編^^
北関東遠征写真はこれで最後です。ボツにするのが忍びない写真がたくさんありますので、総集編を組みました。
「なんだ、また鳥かよ」などと言わず、宜しくお付き合い願いますm(_ _)m。

今回は大雪という、まったく計算外のハプニングに見舞われ、それが願ってもない素晴らしい効果を演出してくれました。
ミヤマホオジロやアトリといった黄色系の冬鳥たちが、降りしきる雪の中に佇む姿は生涯忘れられない光景となりました。
ベニマシコも、レンズから10メートル位の近さまで寄ってきてくれ、オスとメスが仲良くエサを啄む場面をつぶさに撮影する
ことが出来ました。今年は冬鳥の飛来が少ない、遅いという声がよく聞かれますが、居るところには居るもんだなぁと実感
した次第です。たまには地元を離れて遠征するのもいいものです^^。

ジョウビタキ・メス
b0184848_1002286.jpg

ベニマシコ・オス
b0184848_1003285.jpg

アオジ
b0184848_1004271.jpg

さてここでクイズを一問。この鳥は何という種類でしょうか。当たった方には私から「名誉鳥博士」の称号を授与いたします^^。答えは本欄末尾に。
b0184848_1005233.jpg

アトリ
b0184848_101271.jpg

ミヤマホオジロ・オス
b0184848_1011036.jpg

カシラダカ
b0184848_1011775.jpg

手前はホオジロ、奥はカシラダカ
b0184848_1012433.jpg

答えは「カオジロガビチョウ」。本家ガビチョウ同様、観賞用に飼育されていたものが籠ヌケして、この辺りで野生化したものだそうです。

土曜日から2週間、愛車の旧型ステージアを駆って北九州の実家に帰省します。家事の合間に、地元九州ネタなどをアップロード
していきたいと考えています。なお、ブログの更新やいただいたコメントへのレスが遅くなることがありますが、ご容赦下さい。


by granpatoshi | 2012-01-27 10:12 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 01月 25日
北関東野鳥遠征記 最終回
遠征最終日。前日の「雪ミヤマ」の余韻に浸りつつ、初日と同じ自然公園に向かいます。狙いは「青」、そして「雪ベニ」。
公園に到着すると、既に地元の常連さんや埼玉県から駆けつけたバーダーなど、“好き者”が何人かスタンバイしています。
降りしきる雪の中、新雪をラッセルしながらベニマシコ・ポイントに向かいます。一昨日、ここでルリビタキを撮った人がいて、
いやがうえにも期待は高まります。「雪ルリ」が撮れれば、目標である“冬の三原色”すべてをゲットすることになりますから。
b0184848_19592544.jpg
b0184848_19593575.jpg
b0184848_1959435.jpg
b0184848_19595291.jpg

しかし舞台は整っているのに、今日は赤も青もまったく姿を見せず、ホオジロやカシラダカが雪原でエサを啄んでいるだけ。
天候や気温に左右されるのは鳥撮りの世界では当たり前ですが、最後の一色が揃わないとどうも気持ちが収まりません。
撤収予定の時間ギリギリまで粘ってみましたが、ついにルリビタキとベニマシコは現れず、残念ながらパーフェクトゲームは
達成できませんでした。

今回の遠征ではルリビタキは撮れませんでしたが、雪のミヤマホオジロという、予想だにしなかったビッグシーンが撮れて
大満足の遠征行でした。お誘いいただいたNさん、Iさん、お世話になりました^^。

by granpatoshi | 2012-01-25 20:06 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 01月 24日
北関東野鳥遠征記 その2
遠征二日目。朝起きると辺りは一面の雪。テレビをつけると、東京もみぞれ混じりの雪。標高の高い北関東はその分気温も低く、
すでに積雪は20センチを超えています。今日は車で一時間ほどの森林公園・野鳥の森まで「黄色」を探しに行く予定。主要な
道は除雪しているだろうし、タイヤもスタッドレスなので大丈夫だろうと踏んで出発します。

峠を越え、野鳥の森への進入路に入る頃には積雪は30センチを超えています。S字カーブやヘアピンカーブが続く細い一本道を、
前車の轍をトレースしながら登って行きます。途中のカーブで下りの車と行き違ったら、いくらスタッドレスでもちょっと厳しいなぁと
懸念していた通り、カーブで下りの車とすれ違い。一度止めるとスタックして、タイヤはむなしく空転するのみ。後続車の人たちにも
手伝ってもらい、全員で押し上げます。しかしここから先は無理だと判断し、Uターンできる場所までそろりそろりとバックします。
ようやく離合できる場所まで下って向きを変えた直後、下から除雪車が登ってくるではありませんか。一時は登るのを諦めて撮影
場所の変更を相談していた矢先、地獄に仏とはまさにこのことでしょう。再び車をUターンさせ、除雪車の後について山道を登って
辿り着いた野鳥の森。
しんしんと降り積む雪、聞こえてくる野鳥の囀り、そして訪問者は我々3人だけ・・・そこはもう別世界でした^^。
b0184848_1135143.jpg

管理事務所に挨拶に行くと、「よくこんな大雪の中を来てくれた」と大歓迎を受け、熱いお茶を接待してくれました。
お茶をすすりながら状況を聞いてみると「ああ、たくさん来てますよ。今朝は7羽いたなぁ」と、嬉しく心強い返事が返ってきます。
そして、ふと窓の外をみるとエサ台に来ているではありませんか、ミヤマホオジロ。慌てて外に飛び出し、シャッターを連写連写。
側頭部と胸元の黄色が綺麗なオス、そしてカシラダカやアトリなど、黄色系の鳥たちが降りしきる雪をものともせず飛び回って、
大サービスしてくれます。白銀の世界という最高の舞台に素晴らしい主役たち・・・この大雪は計算外でしたが、まさにBINGO!
一同、大いに満足して下山しました^^。
b0184848_11391121.jpg
b0184848_11391950.jpg
b0184848_11392772.jpg
b0184848_11393828.jpg
b0184848_11394898.jpg
b0184848_11395835.jpg

さて、これで当初の目標のうち、「赤」と「黄色」はめでたくゲット\(^o^)/。残るは「青」だ、明日も頑張るぞ。

こちらにアトリがいます^^

by granpatoshi | 2012-01-24 11:49 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 01月 22日
北関東野鳥遠征記 その1
鳥撮りの友人からのお誘いで、北関東方面に2泊3日で遠征に行って参りました^^。目標は“冬の三原色”。
日頃、地元の公園ではやれ鳥が少ないだの、冬鳥が来ないなどと嘆き節を連発している身としてはその鳥影
の濃さに感動し、目の前に広がる自然の景観に思わず我を忘れるなど、驚きと興奮の三日間でした。

初日、午後からフィールドに入ります。
大きな自然公園内のあちこちに点在する谷戸。夏は湿地帯になるこの場所も今の時期は落ち葉で埋まり、
立ち枯れした葦や茅の穂が鳥たちの格好のエサ場になっています。機材を担いで歩いていると、あちこち
から鳥の声が聞こえてきます。
まず最初はホオジロとカシラダカ。マイフィールドの緑地公園ではまずお目に掛かれない鳥ですが、ここでは
普通に目の前でエサを啄んでいます。茅の群生の中で何やらガサガサと音がするのでしばらく待っていると、
出てきたのはなんとベニマシコ。「ヤッタ~、まず赤をゲット^^」。顔から胸元にかけてえんじ色が鮮やかなオス。
谷戸をさらに奥に進んでいくと、地元のバーダーがカメラを構えています。どうやら定番のベニマシコ・ポイントの
ようで、2羽のオスと1羽のメスが仲良く食事中。静かな谷戸にカメラのシャッター音だけが響きます。この間、
ジョウビタキやアオジなども出現し、飽きることがありません。やがて満腹になったのかベニマシコは飛び去り、
こちらも満腹になるほど撮影して第一日目は無事終了しました。
b0184848_14385498.jpg
b0184848_1439385.jpg
b0184848_14391234.jpg
b0184848_14391936.jpg
b0184848_14392752.jpg
b0184848_14393631.jpg


by granpatoshi | 2012-01-22 14:42 | 野鳥 | Comments(6)
2012年 01月 18日
う~ん、イマイチ^^;
二日連続でカワセミの飛びモノに挑戦して来ました。ホバリングは夕方に近い時間だったせいでSSが上がらず、絵的には
どうもイマイチ(と、言い訳^^;)。カワちゃんお気に入りの、枝の先端に止まるシーンは置きピンでの撮影(これは簡単^^)。
水面からの飛び出しは昼間の明るい時間だったので、高速シャッターが切れて何とか止めることが出来ました。\(^O^)/
ま、何れにしても500ミリレンズを自在に振り回してカワセミの動きを追うには、更なる修行が必要と痛感した次第です。
b0184848_175840100.jpg
b0184848_17584841.jpg
b0184848_17585733.jpg
b0184848_1759567.jpg

b0184848_1843315.jpg

b0184848_185407.jpg

b0184848_182186.jpg

b0184848_175934100.jpg


by granpatoshi | 2012-01-18 18:14 | カワセミ | Comments(4)
2012年 01月 16日
て、手がかじかんで ^^;
と、いきなり言い訳から始まるのも情けないですが、風が冷たいのでポケットに手を突っ込んで見ている時に
限って動きます^^;。めぼしい冬鳥も出てこないし、ひとつカワセミの飛びモノでも撮るかと、マイフィールドの
緑地公園へ。
しかし、このところの冷え込みで池の表面にはうっすらと氷が張り、シャーベット状に・・・(((((´д`)))))。
これじゃあさすがのカワちゃんも飛び込まんだろうと思いきや、ホバリングはするはダイブはするはと、寒さに
震え上がっている人間どもを尻目に、派手なパフォーマンスを披露してくれます。しかし折角の大サービスも、
寒さで体は強ばり手はかじかんで、数少ないチャンスを何度逃したことか。
寒いなどと縮こまっていないで、何が何でも撮るという気概が必要なんでしょうね。
b0184848_10271640.jpg
b0184848_10273057.jpg
b0184848_10273860.jpg
b0184848_10274524.jpg
b0184848_10275346.jpg
b0184848_102815.jpg
b0184848_1028915.jpg
b0184848_10281672.jpg


by granpatoshi | 2012-01-16 10:32 | カワセミ | Comments(6)
2012年 01月 14日
MM21
横浜で用事を済ませた後、ベイエリアにある「横浜みなとみらい21」へ行ってきました。
まずは定番の「横浜赤レンガ倉庫」。平日、しかもこの冬一番の寒気に見舞われた寒い日だったこともあり、人影もまばら。
冬の夕日を浴びた赤レンガは妖しいまでのワインレッドに染まり、この一角だけは異国情緒の雰囲気たっぷり^^。対岸の
大桟橋には豪華客船「飛鳥Ⅱ」が停泊し、純白の船体からの反射光が海面を眩しく照らしています。
b0184848_10131883.jpg
b0184848_10132446.jpg
b0184848_10133433.jpg
b0184848_10134135.jpg

次のスポットはまさに横浜を代表するランドマーク、「ランドマークタワー」。
69階の展望フロアは高さ273メートル、ここからの眺望は絶景です^^。日没とともに眼下の光が輝きを増していき、
しばし時間の経つのを忘れて眺めていました。気がつくと、ちょうど「飛鳥Ⅱ」が静かに桟橋を離れて出港していくところ。
横浜ならではの景観が醸し出す港町の風情、フォトジェニックな街です^^。
b0184848_1018843.jpg
b0184848_10181646.jpg


飛鳥Ⅱの出港シーンはこちら

by granpatoshi | 2012-01-14 10:27 | 風景 | Comments(8)
2012年 01月 12日
Guy In Back
米軍では複座戦闘機の後席搭乗員は、空軍ではWSO(wizo):Weapon System Officer、海軍では
RIO(rio):Radar Intercept Officerが正式の呼び名ですが、一般にはGIB:Guy In Backと呼ばれて
います。基本的には前席が操縦を担当し、後席は兵装システム操作を担当するというふうに役割分担して
います。因みに操縦士は空軍ではパイロット、海軍ではエビエイター(Aviator)と呼びます。

海軍機F/A-18Fスーパーホーネットの着陸を見ていると、操縦士は右手でコントロールスティック、左手で
スロットルレバーを握っているので両手が塞がっていますが、RIOは着陸時の強い衝撃に備えて計器板に
ついている取っ手を握りしめています。そして当然ですが、操縦士は前方を凝視していますが、RIOは外の
景色を眺めて(?)いたり、地上で撮影している我々に手を振ったりしています^^。
真剣な表情で着陸操作を行っている操縦士と悠然と構えているRIO、両者の態度の違いが好対照をなす
着陸シーンは面白いです^^。
b0184848_10413080.jpg
b0184848_1041512.jpg
b0184848_10414720.jpg
b0184848_1042648.jpg
b0184848_1042148.jpg


by granpatoshi | 2012-01-12 10:20 | 飛行機 | Comments(2)