<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 02月 28日
痛恨の露出ミス(>_<)
茨城県霞ヶ浦の近くで鳥を撮っていると、背後からジェットエンジンの音が聞こえてきました。
南の方角を見ると、キャセイのB747フレーターが右旋回中^^。ベアメタルの機体は太陽光をキラキラ反射させながら、
東の空に消えていきました。その後、30分の間にチャイナ、NCA、大韓航空の747が立て続けに3機上がってきました。
成田空港ではジャンボ機がまだ現役バリバリで頑張っているんですね^^。
b0184848_9462236.jpg
b0184848_9463223.jpg
b0184848_946423.jpg
b0184848_946495.jpg

そして極めつけがこのアントノフAn-124ルスラン。
飛行経路からみて、恐らくA滑走路から上がってきたものと思われますが、頭上で大きくゆっくりと右旋回しながら上昇していきました。
b0184848_9485233.jpg

しか~し、鳥の飛翔撮影のために露出をかなりプラス側に設定していたため、白飛びしてあえなく撃沈。
DPPをいじくり回して何とかここまでもってきましたが、これが限度。せっかくの初物だったのに、もったいないことをしました。

by granpatoshi | 2012-02-28 09:53 | 飛行機 | Comments(12)
2012年 02月 26日
東京新ランドマーク
東京を代表するランドマークといえば、何と言っても「東京タワー」が絶対的な存在感を放っていましたが、ついにその地位が
危うくなってきました。
b0184848_011671.jpg

まずは2月に開通した「東京ゲートブリッジ」。ベイエリアの交通の混雑を緩和するために作られた全長2.6キロの海上橋で、
羽田空港第2ターミナル展望デッキからもよく見えます^^。橋の中央部には歩道もあるそうなので、飛行機の撮影ポイントと
しても期待出来そうです。
b0184848_013988.jpg

b0184848_015633.jpg

そして本命が「東京スカイツリー」。開業は5月ですが、すでに予約が殺到しているそうです。こちらも2タミデッキからよく見え、
RW34Rを離陸した飛行機がスカイツリーと絡むシーンは羽田空港ならではの光景です^^。
b0184848_021230.jpg
b0184848_022015.jpg


by granpatoshi | 2012-02-26 00:07 | 飛行機 | Comments(6)
2012年 02月 24日
君はどっちだ?
お気に入りの木の枝でポーズを取るルリビタキ^^。

  君はメス?それともオスの若?

     側頭線がうっすらと見えるので、

        私はオス若と判定しました。違っていたら m(_ _)m。
b0184848_16172654.jpg
b0184848_16173459.jpg
b0184848_16174072.jpg
b0184848_16174622.jpg
b0184848_16175235.jpg


by granpatoshi | 2012-02-24 16:18 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 02月 22日
空中の大乱闘 チョウゲンボウ
午前中、飛びモノの練習相手をしてくれたチョウゲンボウ^^。
羽をヒラヒラさせながら、空中の一点で静止するホバリングの名手です。しかし縄張り意識が強いのか、
他のチョウゲンボウが自分のテリトリーに侵入してくると猛然とアタックをかけます。目の前で二羽の
チョウゲンボウがくんずほぐれつの空中バトルを展開、両者は組み合ったまま地上に落下(?)しました。
しばらく草むらの陰で鳴いていましたが、やがて何事もなかったように二羽とも飛び去って行きました。
猛禽類の中では比較的よく目にするポピュラーな鳥ですが、こんな激しいバトルを行うとは知りません
でした。爪が最大の武器なんでしょうが、7枚目の地上落下寸前のカットでは、相手に噛みついている
ようにも見えますが、そんなことはないか^^;。
b0184848_1023556.jpg
b0184848_10231443.jpg
b0184848_10232252.jpg
b0184848_10233113.jpg
b0184848_10233984.jpg
b0184848_10234952.jpg
b0184848_1024096.jpg
b0184848_1024786.jpg

因みに、この時は鳥までの距離を稼ぐため500ミリに7Dを装着したのですが、1Dに比べて連写速度が
遅く、しかもバッファも落ちていたので上の乱闘シーンでは秒間6コマしかシャッターが切れませんでした。
動きモノの時は1Dにすべきでした(>_<)。

by granpatoshi | 2012-02-22 10:25 | 野鳥 | Comments(6)
2012年 02月 20日
休耕田の忍者 コミミズク
友人からのお誘いで関東北部の休耕田まで、コミミズクとハイイロチュウヒ狙いでミニ遠征してきました。
快晴、無風で絶好のコミミ日和です^^。午前8時に現地に着くとすでにご同業の人たちの車がズラリ。何となく今日は
大漁の予感がします。地元の常連さんの話では、コミミは午後2時半頃から5時位までが勝負とのこと。結果的には
まさにその通りで、午前中は主にチョウゲンボウの独り舞台。チョウゲン坊やが飛びモノのいい練習台になってくれて、
午後からの本命登場に備えます。

そして常連さんの予言通り、午後2時半を回った頃からコミミとハイチュウの舞台が始まりました^^。
低空を飛行しながら草むらに隠れているノネズミを探し、一気に急降下して捕まえます。コミミは風切り羽の前縁が
ノコギリ状になっていて、これが音を消す効果を生み、ほとんど無音で飛行することが出来るそうです。この原理を
応用して、500系新幹線のパンタグラフの騒音防止策が考案されたというのは有名な話ですね。上空から無音で
獲物に近づき、脚の爪で獲物をガッチリ掴んで飛び上がる・・・まさに忍者の手法です。コミミの捕食の瞬間は撮れ
ませんでしたが、あのヒョウキンな顔つきからは想像できない獰猛さが、飛び姿から伝わってきました。
小型の野鳥も面白いと思いますが、やはり猛禽類は迫力が違いますね^^。
b0184848_11161564.jpg
b0184848_11162317.jpg
b0184848_11163120.jpg
b0184848_11163961.jpg
b0184848_11164910.jpg
b0184848_11165719.jpg
b0184848_111764.jpg
b0184848_11171319.jpg
b0184848_11172028.jpg


by granpatoshi | 2012-02-20 11:19 | 野鳥 | Comments(12)
2012年 02月 17日
ホットアングル 伊丹スカイパーク 最終回
伊丹スカイパークの素晴らしいところ、それは
  飛行機までの距離が近い
  滑走路に沿って配置されているので撮影ポイントがたくさんある
  丘の上に立てば邪魔なフェンスがクリアできる
  屋根付きベンチがあるので雨天でも撮影可能
  飛行機の出発、到着をモニターで確認できる
などなど、羽田空港周辺の撮影ポイントとは比べものにならない位、恵まれた環境が整備されていることでしょう。
飛行機を楽しんでもらうという、伊丹市の基本姿勢がエライ^^。

私の場合、なるべく機体の正面寄りに撮りたいので、着陸を狙うなら南側、離陸を狙うなら北側に位置取りして
撮影します。大砲レンズでどアップで抜くもよし、中距離レンズで機体全体を納めるもよし、思いのままに絵作りが
出来るのが嬉しいです。
今回は時間や天候の都合でスカイパークだけでしたが、周辺でも撮影名所が沢山あってそれらを一カ所ずつ攻めて
いく楽しみもあります。さあて、次はいつ行こうかな^^。
b0184848_174604.jpg
b0184848_1746667.jpg
b0184848_17461388.jpg
b0184848_17461951.jpg
b0184848_17462761.jpg
b0184848_17463393.jpg
b0184848_17463993.jpg
b0184848_17464577.jpg
b0184848_17465242.jpg


by granpatoshi | 2012-02-17 17:51 | 飛行機 | Comments(4)
2012年 02月 15日
飛行機独り占め 伊丹スカイパーク その2
伊丹は今日も朝から雨。
天候が回復すれば、離陸を正面から狙える土手に行くつもりでしたが、この天気では
また全身ずぶ濡れになるので作戦変更し、再び伊丹スカイパークへ。
今日はズームレンズを使っての手持ち撮影です。滑走路に沿って南から北まで、
屋根付きベンチを転々としながらベストアングルを探っていきます。散歩の人と公園の
管理人以外誰もいないスカイパーク。
飛行機を独り占めした気分で嬉しくなりました^^。

伊丹のキャラクター「ヒコまる」君^^
b0184848_15392294.jpg

「japan air one one zero, cleared for takeoff」
b0184848_15393142.jpg

グルグルベーパー、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!
b0184848_15393825.jpg

小粒でも水しぶきはイッチョマエ^^
b0184848_1539474.jpg

翼端のストロボライトがヒット
b0184848_15395564.jpg

以下の3機、薄いながらも翼端からベーパーを引いてテイクオフ
b0184848_1540348.jpg
b0184848_15401588.jpg
b0184848_15402334.jpg


by granpatoshi | 2012-02-15 15:58 | 飛行機 | Comments(6)
2012年 02月 14日
雨中の格闘 伊丹スカイパーク その1
北九州の実家から自宅へ戻る途中、広島で一泊。翌日目指すは大阪伊丹空港です。
新たに羽田~伊丹線に就航したANAの新型旅客機ボーイング787の雄姿を撮影するのが
目的です。3時間の行程を見込んでホテルを出発したのに山陽道が雪と雨で速度が出ず、
結局伊丹スカイパークに到着したのは午後1時半、しかも雨。結局787の第1便の到着には
間に合わず、第2便の到着を待ちます。愛車ステージアのテールゲートを跳ね上げて雨除けを
作り、三脚をセットします。しかし、雨脚が強くて斜めから降ってくる水滴にはほとんど効果が
なく、仕方なく自分はずぶ濡れになりながら機材に傘をさしての臨戦態勢です。

隣の車の人が車内で無線を聞いていて、飛行機が近づいてくると車外に出てスタンバイするので
それを頼りに500ミリレンズを南の方向に向けて待っていると、ハイ見えてきました787の
ランディングライト^^。ファインダーで覗いていると、あの特徴ある翼端をしならせ、アンチ
コリジョンライトをゆっくり点滅させながら進入してきます。もう全身ずぶ濡れですが、そんな
ことに構っている場合ではなく、左手で傘を持ち右手でカメラを操作します。タッチダウンと
同時にスラストリバーサが作動し、猛烈な水しぶきが吹き上がります。「お~、これこれ」これを
狙っていたのです。

迫力ある離着陸の瞬間が、グランドレベルで撮れるのがこの伊丹スカイパークの素晴らしいところ。
次は羽田への戻り便の離陸を狙います。離陸滑走を開始すると同時に派手な水しぶきがあがり、
猛然とダッシュしてテイクオフ。雨天で雲底が低いため、離陸してすぐに機体は雨雲の中に突入、
ジェットエンジンの音だけを残して飛び去っていきました。
b0184848_0255265.jpg
b0184848_026748.jpg
b0184848_0262167.jpg
b0184848_0264226.jpg
b0184848_0265318.jpg
b0184848_027637.jpg
b0184848_027203.jpg
b0184848_0273378.jpg

晴天の撮影もいいですが、雨の中、傘を差しながらの飛行機撮影も捨てたものじゃありません(と、
負け惜しみ^^;)。伊丹だからこそで、羽田だったら雨に濡れながらの撮影、絶対やりません(T_T)

by granpatoshi | 2012-02-14 00:33 | 飛行機 | Comments(12)
2012年 02月 10日
世が世なら、今頃は・・・orz
父を車に乗せて、関門海峡までドライブに行ってきました。「海を見て、行き交う船を眺めていると
気持ちが落ち着いて心が広くなる」というのが父の口癖です。関門海峡は潮の流れが速いので
有名で干満の差により一日4回、潮の流れが東向きと西向きに替わります。いつもは九州側の
最北端、門司の港から関門橋や対岸の下関の町を眺めているので、今日は関門国道トンネルを
通って下関市に渡りました。全長3461メートルの海底トンネルです。目指すは「海峡ゆめタワー」。
地上30階の展望フロアからは眼下に関門海峡、東は壇ノ浦から周防灘、西は北九州市小倉北区、
北は玄界灘、そして日本海が一望です^^。

実は私、こう見えても平家の末裔(だそうです^^;)。
壇ノ浦の合戦で源氏に敗れ、一門は西へ西へと逃げます。私の祖先は遠く長崎県の離島まで落ち
延びた一族、というのが父の自慢で関門海峡を見るたびにその話をします。ということはですよ、
歴史にifはありませんが、もし壇ノ浦の合戦で平家が勝っていれば、今ごろ私は京の都で優雅な
お公家さんの生活をしていたかもしれないし、もしかしたらNHKの大河ドラマの主人公にもなって
いたかもしれません。惜しいことをしたものです、ご先祖様は^^;。

故郷に帰って自分の足許を見つめなおす、というのもたまにはいいものです。
ご先祖様の話はともかく親、兄弟、親戚との繋がりを実感するのもこんな機会だからでしょうか。

手前が下関、関門橋の向こうが壇ノ浦、そして周防灘。対岸は門司の港
b0184848_20441844.jpg

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島
b0184848_20443145.jpg

下関駅や周辺の街並み。遠景は北九州市小倉北区、そして玄界灘
b0184848_2044435.jpg

関門橋。これを渡れば家へ帰れるヽ(^。^)ノ
b0184848_2044564.jpg

門司の港から見た「海峡ゆめタワー」
b0184848_2045845.jpg


by granpatoshi | 2012-02-10 20:57 | 風景 | Comments(8)
2012年 02月 07日
心の感度
母の一周忌の法要の最後に、例によってお坊さんが法話をします。うちは禅宗の曹洞宗なので、
法話も中国の故事からとることが多いのですが、今回は宋の時代の詩人「戴益」の漢詩『探春』
からの引用です。山里に隠遁する老人が春を探して山中を歩きますが、なかなか春の兆しが
みつからない。くたびれ果てて庵に戻り、ふと庭先の梅の木を見ると蕾がかすかに膨らんでいる。
なんと、自分の足許に春は来ているではないか。
何事も心眼を見開いてしっかり見つめれば、それまで見えなかったものも見えてくる。「心の感度」を
高めることで、求めていた春(=幸せ)は遠くまで探しに行かなくても、すぐ身近にあることに気が
付くものだ、とまあこういうことだそうです。

凡人の私、まだまだ修行不足で煩悩や欲が多く、そういった境地に到達するのは至難の技^^;。
「心の感度」を高める・・・含蓄に富んだ言葉です^^。
b0184848_126272.jpg

庭に来た鳥です^^
b0184848_1114664.jpg
b0184848_111578.jpg

庭の裏山の木にオオタカハイタカが止まっていましたヽ(^。^)ノ
b0184848_1282249.jpg


by granpatoshi | 2012-02-07 11:13 | Comments(12)