<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 30日
今季初撮り ホトトギス
「東京特許許可局、東京特許許可局」と鳴きながら飛んでいるのはホトトギス。
半月前、渡りの途中のサンコウチョウに翻弄されながら森の中を彷徨っていた時、遠くで鳴いているのを確認。
サンコウチョウ祭りも一段落したので、スイッチをホトトギスモードに切り替えました。第1日目、高い木の入り組んだ
枝の中に入り込んで、声はすれども姿はまったく見えず。2日目は姿すら見せてくれず、完全に撃沈されました。
そして本日、友人から今日は撮れる場所に来ているという連絡があり、朝食もそこそこにスクランブル発進。現場に
到着して間もなく、クヌギの大木の見通しの良い場所に飛んで来ましたホトトギス。遠くインド方面から繁殖のために
遙々日本まで渡って来るそうです。ユニークなのはその育児方法。ウグイスの巣に産卵して、「あとはヨロシクね~」。
手抜きというか、合理的というか、要領の良さも自然界で生き抜くための智恵の一つなんでしょうね^^。
b0184848_18343611.jpg
b0184848_18344541.jpg
b0184848_18345390.jpg
b0184848_183505.jpg
b0184848_1835723.jpg
b0184848_18351531.jpg


by granpatoshi | 2012-05-30 18:35 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 05月 28日
森の愛嬌者 コゲラ
脳震盪を起こすのではないかと心配になるほど、一心不乱に木の幹をつつくコゲラ君。
街中の公園でもよく見かけるポピュラーな野鳥ですが、繁殖期を迎えたこの季節は活動がもっとも活発になる
時期なので、いろいろ面白いシーンが撮れます。その姿や動作には愛嬌があって、なかなか愛すべき鳥です^^。
虫をいっぱいくわえて巣に戻ってきたコゲラ君。どうやら巣穴の中にヒナがいるようです。そろそろ巣立ちも近いと
思われます。
b0184848_16564558.jpg
b0184848_16565646.jpg
b0184848_1657588.jpg
b0184848_16571324.jpg
b0184848_16571921.jpg


by granpatoshi | 2012-05-28 16:58 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 05月 26日
オタカラ写真発掘^^ その1
自宅をリフォームするために部屋の整理をしていて、貴重な写真を発掘しました^^。
今から26年前、1986年8月に撮影した羽田空港B滑走路に着陸する懐かしい機体の数々です。
当時はまだデジタル一眼レフカメラはなく、フィルムカメラのキヤノンF-1を使って撮影したもので、
撮影場所は京浜島海浜公園。広々とした景色が広がっている背景からして、恐らく新ターミナル建設中と
思われます。
このまま眠らせておくのはもったいないので、ラボに出してデジタル化してもらいました。

懐かしいモヒカン塗装のANAクラシックジャンボ。この塗装を残り少ないダッシュ400に復活してほしいなぁ
b0184848_18452118.jpg

“ウィスパージェット”というキャッチコピーで一世を風靡したロッキードL-1011トライスター
b0184848_18453562.jpg

濃紺と赤のストライプ塗装が懐かしいJALのダグラスDC10
b0184848_18454476.jpg

今はなきTDA東亜国内航空の新鋭機エアバスA300
b0184848_18455293.jpg


by granpatoshi | 2012-05-26 18:49 | 飛行機 | Comments(2)
2012年 05月 24日
厚木スカイパーク^^
空母ジョージ・ワシントンが整備の都合で出航を3日間延期し、その間厚木基地でNLPを行うという発表がありました。
ということは、次の帰港までホーネットを撮影できる最後のチャンスというわけで、早速出撃して参りました厚木基地^^。
天候は概ね晴れ、しかし気温、湿度ともに高め。こんな日は滑走路のアスファルトから発生するメラメラで、飛行機撮影
にはちょっと厳しい条件です。必然的に本日の狙い目は翼端から発生するベーパー。
午前中はE-2CホークアイやC-2Aグレイハウンドなどのプロペラ機がブンブン飛び回って前座を務めてくれました。
本命のホーネットは昼過ぎから飛び始め、さかんにタッチアンドゴーを繰り返しますが、期待していたベーパーはほとんど
出ません。ようやく1時を過ぎる頃から、翼端から白い水蒸気の糸を引きながらフライパスする機体が出始めます。
恐らく気温が上がって湿度も高くなってきたのでしょう。また離陸上昇する際の、機体のピッチ角の大小によっても違いが
あるようで派手にベーパーを曳く機体もあれば、ほんの申し訳程度にうっすら出している機体もあり、ベーパーファンと
してはやや不満の残る飛びっぷりではありました。
しかし、最近は静かな森の中で野鳥と対峙していることが多いので、久しぶりにお腹にズシンとくるジェット戦闘機の轟音を
聞いてスカッとした気分になりました^^。
b0184848_23585019.jpg
b0184848_2359273.jpg
b0184848_23591122.jpg
b0184848_23592229.jpg
b0184848_23593124.jpg
b0184848_23594149.jpg
b0184848_23595057.jpg
b0184848_00083.jpg


by granpatoshi | 2012-05-24 23:56 | 飛行機 | Comments(2)
2012年 05月 23日
日食サングラス^^
世紀の天文ショーも無事終了、日食のピーク時はクラウドフィルターのお陰で綺麗な金環日食が撮影できました。
月と日(太陽)、星が重なるという奇跡、素晴らしかったです。ん?ツキ、ヒ、ホシ?あ、これサンコウチョウ(三光鳥)の
鳴き声じゃないですか(かなり強引^^;)。というわけで日食終了後、マイフィールドの公園にサンコウチョウを探しに
行ってきました。
前日は鳴き声を聞き、一瞬姿も見たのですが撮影には至らず。もう一度コバルトブルーのアイリングを撮影したいと、
あっちの山、こっちの森と広い公園内を彷徨いますが見つかりません。諦めて駐車場へ向かう小径で発見したのは
ガビチョウ。こいつはサンコウチョウの鳴き真似をするのでよく騙されます。枝に止まった2羽、つがいなのか片方が
もう1羽の羽繕いをしています。顔に似合わず仲が良いので、それにほだされて撮影してみました。
この2羽、よほど気に入ったのか金環日食が終わってもまだ日食サングラスをかけていました^^;。
b0184848_16204143.jpg
b0184848_16205192.jpg
b0184848_162058100.jpg

〈おまけ写真〉ヒヨドリが舌を出して笑っていました^^;
b0184848_16243149.jpg


by granpatoshi | 2012-05-23 16:24 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 05月 21日
金環日食
b0184848_1821579.jpg

“世紀の天文ショー”金環日食。関東地方は朝から厚い雲に覆われ、こりゃダメだと半ば諦めていましたが、上空を吹く強い風の影響で
雲の切れ間から見事な金環日食が現れました。そしてその雲がフィルターの役目を果たしてくれたおかげで、フィルターなしでの撮影に
成功\(^ ^)/。関東では173年ぶりの金環日食とのこと、中天に浮かぶ見事な宇宙のリングをこの目で見ることが出来て感激しました。

では、壮大な宇宙のリングが出来るまでをご覧ください^^。
b0184848_184214.jpg
b0184848_1842951.jpg
b0184848_1843950.jpg
b0184848_1844773.jpg
b0184848_1845578.jpg
b0184848_185293.jpg


by granpatoshi | 2012-05-21 18:09 | 風景 | Comments(18)
2012年 05月 20日
なりは小さくとも声はデカイぞ ミソサザイ
コマドリ舞台のすぐ傍、小さな流れの石の隙間にミソッチが頻繁に出入りしています。
倒木に付いているコケをむしっては巣に運んでいるところから、どうやら営巣の準備をしているようです。
体長10センチほどの小さな鳥ですが、その囀り声のけたたましさと複雑さは他を圧倒します。羽の色は
地味ですが、声の大きさと動きの速さで存在感を主張しているかのようです。
見ていると、コケを嘴いっぱいに頬張って巣の入り口で羽をパタパタさせています。
これは恐らくメスに対する求愛のディスプレーではないかと思われます。エネルギッシュに飛び回って
巣材を集め、「準備が出来たよ」とメスに呼びかけているのでしょうか^^。
b0184848_1630492.jpg
b0184848_16305614.jpg
b0184848_16311133.jpg
b0184848_16311956.jpg
b0184848_16312615.jpg

写真はすべてノートリミングです^^。

羽パタパタはこちら^^

by granpatoshi | 2012-05-20 16:35 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 05月 18日
コルリに一票^^
同じ青い鳥でもオオルリとコルリどちらが好きかと問われれば、迷うことなくコルリ君に一票を投じるものであります。
確かにオオルリのあの素晴らしい鳴き声は、聴いていて惚れ惚れするほど美しい。しかし、あの顔回りの配色は
如何なものか。背中は瑠璃色なれど、顔は黒に近い紺色。そして脚が短い。それに比べてコルリは咽元からお腹に
かけて白。この瑠璃色と白のコントラストがとても美しいのであります。鳴き声はコマドリに似ていて、顔に気品がある^^。
スラリと長く伸びた脚もチャーミング。撮るのもコルリの方が断然難しい。クマザサなどの下生えの中にいることが多く、
枝先に出てくることは希。それだけに、目の前にポンと出てきたときはドキッとしました。
一瞬のチャンスでしたが、撮れて良かった^^。
b0184848_992483.jpg
b0184848_993238.jpg
b0184848_994011.jpg

こちらは昨年、お山でゲットしたメスです^^。
b0184848_995632.jpg


by granpatoshi | 2012-05-18 09:12 | 野鳥 | Comments(6)
2012年 05月 16日
痛恨のミスショット・・・orz
「夢よもう一度」と、再びサンコウチョウの森へ出撃です。
ポイントに到着すると、先着の友人から30分ほど前に撮影したという嬉しい報告を聞き、三脚を据えてお出ましを
待ちます。しかし待てど暮らせどお姿は見えず。やがて昼が過ぎ、時計の針は2時を回りますが鳴き声もしなければ
姿も見えず。「このままノーシャッターで引き下がるのも悔しいなぁ」と、お土産代わりにキビタキを撮っていると、
バードウオッチャーの人から「さっき向こうの山の階段のところで鳴いていて、姿もしっかり見ました」という話を聞き、
さっそく「向こうの山」に移動します。

山へ登る階段に近づくと、聞こえてきましたよ「ホイホイホイ」が^^。
梢の間をヒラヒラ飛ぶ姿を捉え、ようやくシャッターを切ることが出来ました。しかし動きが速い。ファインダーに入れた
次の瞬間、もう飛んでいる。これを何度か繰り返すうち、ついに抜けの良い素晴らしい場所に止まってくれました。
私のこれまでのサンコウチョウ撮影歴(といっても2回ですが^^;)の中でも一、二を争うベストポジション。背景良し、
アングル良し。長い尾羽がスッと伸びて、お顔もハッキリ。一気に連写、連写です。
と、ここまでは良かったのですが、「さて結果や如何に」とモニターで確認すると、何とピントが来ていない。焦って
ピントが来る前にシャッターを押してしまったようです。修行不足を痛感、まさに「急いては事をし損じる」を絵に描いた
ような大失敗の巻でした。

手前の幹が邪魔。尻尾が切れちまった
b0184848_198145.jpg

葉っぱ被りを強引に撮影しました^^;
b0184848_198989.jpg

リベンジしたいけど、明日もいるかなぁ。

by granpatoshi | 2012-05-16 19:13 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 05月 14日
コバルトブルーのアイリングがいいね、サンチャン^^
駐車場に車を入れて機材をセットしていると、鳥友から電話。「サンコウチョウいますよ」。「えっ、そりゃ大変だ」と坂道を
喘ぎながら登っていくと、先着の友人が指さす方向にいました、サンコウチョウのオス^^。昨年も同時期にこの近くの森に
飛来したのですが、その日はお山方面に出掛けていて私だけが撮り損なうという大失態を演じてしまい、苦い記憶がある
だけに今回は必死でリベンジです^^;。
梢の先端付近をヒラヒラ飛び回り、時々フライングキャッチで虫を捕っていますが、いかんせん遠い。しかも動きが速い^^;。
それでもコバルトブルーのアイリング、体長の3倍はあろうかという長い尾羽・・・ファインダーを通して見るそのお姿の美しい
こと。遙々ボルネオ方面から渡ってきてくれました。この森は営巣場所ではないので、束の間の休息でしょう。しばらく滞在
してくれると嬉しいなぁ、サンチャン^^。
b0184848_1849927.jpg
b0184848_18491836.jpg
b0184848_18492954.jpg
b0184848_18493765.jpg
b0184848_18494857.jpg
b0184848_18495850.jpg
b0184848_185054.jpg
b0184848_18501244.jpg


by granpatoshi | 2012-05-14 18:53 | 野鳥 | Comments(6)