<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 30日
鳥納め^^
年末は天気が崩れるとの予報に、急きょ予定を変更して地元の公園に撮り納めに行って参りました。
水場ではアオジ、クロジ、ヒガラ、ジョウビタキ、シメなどの冬鳥たちがオールスターキャストで暮れのご挨拶。
そして大トリはキクイタダキ。日本一小さい鳥が大トリを取るという面白い趣向で、一年間の幕を閉じました^^。
b0184848_10295877.jpg
b0184848_10294761.jpg
b0184848_10301463.jpg
b0184848_1030186.jpg
b0184848_10302792.jpg
b0184848_10301383.jpg

さて、今年も残すところあと二日。
私の拙いブログを応援して下さった皆様、フィールドでご一緒させていただいた方々、飲み会でワイワイガヤガヤと
楽しい時間を共有させてもらったお仲間の諸兄、一年間お世話になり、ありがとうございましたm(・_・)m。
皆様からの温かいコメントに励まされ、また素晴らしい写真から刺激を受け、下手は下手なりに楽しい「写真生活」を
送ることができました。来年はさらに精進して写真の腕を磨きたいと存じますので、宜しくご指導ご鞭撻のほどお願い
申し上げます。
それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください (^_^)/~~~。

by granpatoshi | 2012-12-30 10:43 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 12月 28日
日本最小
全長10センチ、体重は5グラムほどの大きさで、日本に生息する野鳥の中では
最小の部類に入るそうです、キクイタダキ。頭頂部の黄色い冠羽が菊の花びらに
似ているところから、「菊を戴く」でこの名がつきました。
マイフィールドの公園でも何度か姿を見たことはありましたが、小さいうえに動きが
速く、しかも鳥までの距離も遠いので撮影は半ば諦めていました。何となくモヤモヤ
していたところに友人からお誘いをいただき、別のフィールドまで足を延ばして撮りに
行ってきました。大の男がこんな小さな鳥を追いかけ回してと自分でも思いますが、
相手が日本一小さい鳥と聞けば、俄然ファイトも湧いてくるというものです^^。
至近距離だと10メートル位の枝先に来て愛嬌を振りまいてくれるので、これまでの
鬱憤を晴らすかのように連射しまくりました^^。写真はすべてノートリミングです。
b0184848_2344723.jpg
b0184848_23441566.jpg
b0184848_23442556.jpg
b0184848_23443471.jpg
b0184848_23444221.jpg
b0184848_23445022.jpg
b0184848_23445977.jpg
b0184848_2345732.jpg
b0184848_23451587.jpg
b0184848_23452292.jpg


by granpatoshi | 2012-12-28 00:02 | 野鳥 | Comments(10)
2012年 12月 26日
朝の光の中で
森に朝の柔らかい太陽光が差し込んで、光が十分に回ってきました。
常緑樹の葉や落ち葉が程よいレフ板となって、光を優しく反射させます。
湧き水には光の粒が踊り、静かな森の中で聞こえてくるのは鳥の声のみ。
朝の透明な空気感を感じながら、野鳥と静かに向き合いました。どの鳥も
毅然としていて、風格が漲っています^^。
b0184848_025652.jpg
b0184848_03522.jpg
b0184848_031267.jpg
b0184848_032173.jpg
b0184848_032793.jpg
b0184848_033472.jpg
b0184848_034042.jpg
b0184848_034850.jpg
b0184848_035763.jpg


by granpatoshi | 2012-12-26 00:06 | 野鳥 | Comments(6)
2012年 12月 25日
寒さにめげました^^;
年の暮れは家事や年賀状作成など何かと忙しいので、鳥撮りはほどほどにと手控えて
おりましたが、鳥友から昨日はアカウソが撮りやすい場所に来たとのメールをもらい、
年賀状書きをほっぽり出してフィールドに行ってきました^^。
今年一番の寒さの中、冷たい風にさらされながらも紫陽花の種を啄むアカウソを撮影し、
取り敢えず本日のノルマは達成。これ以上長居してカゼでも引いた日には、カミさんに
怒られること必至なので早上がりを決心。最後にいつものルリビタキポイントに寄って、
地主さんにご挨拶。恒例のドアップを撮影させてもらい撤収しましたが、老骨には寒さが
堪える一日でした^^;。
b0184848_9433299.jpg
b0184848_944672.jpg
b0184848_9434714.jpg
b0184848_944199.jpg
b0184848_944057.jpg
b0184848_9443221.jpg

目のキャッチライトの中に撮影者の機材が写りこんでいます(多分^^;)
b0184848_9441259.jpg


by granpatoshi | 2012-12-25 09:47 | 野鳥 | Comments(6)
2012年 12月 23日
森の軽業師
定点撮影ポイントで鳥を待っていると、遠くから「ジュリジュリ」囀りながら近づいて
きたのはエナガの群れ。体長13センチほどの小さな野鳥です。街中の公園でも
よく見かけるポピュラーな鳥ですが、姿が愛らしいので見れば必ず撮ります。
枝に逆さにぶら下がったり木の幹と垂直に止まったり、いろんなパフォーマンスを
見せてくれました。
集団で飛んできて頭上でひとしきり騒いだ後、風のように飛び去っていきました。
b0184848_1012247.jpg
b0184848_10113899.jpg
b0184848_10121683.jpg
b0184848_10115083.jpg
b0184848_10122723.jpg
b0184848_1012177.jpg
b0184848_10123899.jpg
b0184848_10121248.jpg
b0184848_10124963.jpg
b0184848_10122426.jpg


by granpatoshi | 2012-12-23 10:15 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 12月 21日
日本画の風合い
野鳥を撮影していて、どうしても撮ってみたいイメージというのがあります。
小さな野鳥を大きく撮るために500ミリレンズで被写体に肉薄するのはいいのですが、
どうも図鑑風になって風情に欠ける。花鳥風月をモチーフとする日本画のような味わいが
出せないものか。
花鳥画の第一人者・上村淳之画伯は「己の気持ちを花に語らせ、鳥に語らせるのが花鳥画。
花も鳥も人間も・・・同じ目線で出会い、心を通わせる日本人の感性だからこそ描ける世界」と
述べています。

そこで自分なりに考えた日本画的な野鳥写真には、

全体の色合いは「日本の伝統色」
背景は淡い色調
主題が引き立つような余白と背景
花や木の実と鳥を絡ませる
季節感

など、幾つかの要素が必要ではないか。

しかし相手は鳥ですから、このような条件を満たした場所にそうそう来るわけもなく、道のりは
遠いというのが実感ですね。
b0184848_23525100.jpg
b0184848_23514391.jpg
b0184848_23522039.jpg
b0184848_23515898.jpg
b0184848_2352333.jpg
b0184848_23521027.jpg
b0184848_23524318.jpg


by granpatoshi | 2012-12-21 00:03 | 野鳥 | Comments(12)
2012年 12月 19日
カードがいっぱいです!
何としても、スッキリ抜けた場所に止まったミヤマホオジロが撮りたいという願いが
通じたのか、ようやく絶好のポジションに来てくれました。背景に煩わしい小枝や、
葉っぱ被りのないホットコーナー(^^)/。
もう我を忘れてフルバースト、16GBのCFカードがアッという間にフルになりました。
b0184848_2350922.jpg
b0184848_23494954.jpg
b0184848_23502229.jpg
b0184848_2350379.jpg
b0184848_235041100.jpg
b0184848_23502390.jpg
b0184848_23505510.jpg
b0184848_23503687.jpg

それにしてもこのミヤホ君のヘアスタイル、某みんなの党の代表に似ているのは気のせいかなぁ^^;。

by granpatoshi | 2012-12-19 00:01 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 12月 17日
背景ゴチャゴチャ^^;
数年ぶりにやって来たVIP鳥ミヤマホオジロ。
今はとにかく写すことが先決と、枝被りだろうが草被りだろうが背景には
お構いなしで撮っているので、どうもスッキリ抜けた写真になりません。
下草の中で無心にエサを啄んでいる姿も可愛いですが、やはり枝止まりの
ショットが撮りたい。挑戦は続きます^^。写真はすべてノートリミングです。
b0184848_950439.jpg
b0184848_9501237.jpg
b0184848_9501828.jpg
b0184848_9502493.jpg
b0184848_9503047.jpg
b0184848_9503687.jpg


by granpatoshi | 2012-12-17 09:52 | 野鳥 | Comments(12)
2012年 12月 15日
カケスに睨まれる^^;
警戒心が強く、大抵は込み入った枝の中で飛び回っているカケス。
この時はどういう風の吹き回しか、いきなり目の前の木、しかも目線の高さに下りてきました。
シャッター音が気に障ったのか、ギョロ目で睨みつけられましたが、軽く会釈して撮影の許可を
もらいました^^。
頭頂部は白と黒のまだらで胡麻塩頭ですが、全体の羽の色はとてもカラスの仲間とは思えない
美しさ。特に翼端部分のブルーの羽が綺麗です^^。写真はすべてノートリミングです。
b0184848_1243727.jpg
b0184848_1244465.jpg
b0184848_124507.jpg
b0184848_125228.jpg
b0184848_1251043.jpg
b0184848_1251774.jpg


by granpatoshi | 2012-12-15 12:07 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 12月 14日
冬の大三元^^
青、赤、黄色。交通信号みたいですが、冬に見られる色付き鳥の人気度ベストスリー。
一般的に青はルリビタキ、赤はベニマシコ、黄色はミヤマホオジロでしょうが、私としては
色の好みと綺麗さを優先したいので、赤い鳥はアカウソでいきます。
今回アップした3枚の写真は、いずれもここ一週間以内で撮影したもの。短期間に3色を
撮影できるとは夢にも思いませんでした。麻雀でいえば、役満を上がったような気分です^^。
b0184848_23545750.jpg
b0184848_23552314.jpg
b0184848_23551153.jpg


by granpatoshi | 2012-12-14 00:04 | 野鳥 | Comments(10)