<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2013年 11月 30日
富士山
3週間以上も安静状態だったこともあり、右足首関節の症状もだいぶやわらいできたようです。
ということで、気分転換に富士河口湖方面にドライブに行ってきました^^。

裾野から見上げる富士山は優美な形をしていますが、標高1300メートル付近の御坂峠から頂上部を切り撮ると、とても
富士山とは思えない荒々しい姿をしています。強い西風にさらされて六合目付近から上は積雪がアイスバーン状態。
稜線の風下側は気流が雲に変わり、本格的な冬山の様相を呈していました。

御坂峠といえば天下茶屋。天下茶屋といえば太宰治。太宰の小説『富嶽百景』にはこの天下茶屋が登場しますね。
太宰が眺めた同じ場所から霊峰を愛で、そして太宰も食した甲州名物ほうとう鍋を私も食べました。

はやり富士山はいつ見ても、神々しいお姿をしています^^。
b0184848_1405927.jpg

b0184848_13594448.jpg

b0184848_134627.jpg
b0184848_1346862.jpg

昭和9年創業の天下茶屋
b0184848_13461440.jpg

太宰治と同じ景色を見る
b0184848_1346196.jpg

風は身を切るように冷たかった^^;
b0184848_13462598.jpg

「きのこほうとう」鍋、1370円也(^^)/
b0184848_13463135.jpg

河口湖北岸の「もみじ回廊」
b0184848_13463744.jpg

富士には、枯れた葦がよく似合う^^
b0184848_13464369.jpg


by granpatoshi | 2013-11-30 13:56 | 風景 | Comments(10)
2013年 11月 25日
今年の冬は・・・
b0184848_1326857.jpg

今日の関東地方は肌寒い天候ですが、最近はうららかな小春日和が続いています。
もうかれこれ3週間近くも撮影に行っていません。検査入院から退院はしたものの、さらに別の検査などが控えて
いるし、歩くのもちょっとおぼつかない足取りなので、撮影再開にはもうしばらく時間がかかりそうです・・・orz。
それにしても、自宅にいると厚木基地の方角からは戦闘機の轟音が聞こえてくるし、友人からは「どこどこに何と
いう鳥が来た」などのメールが来たりと、寝た子を起こすような情報が頻繁に入ってきます^^。

撮影記録を見てみると、ちょうど一年前の今日、地元の緑地公園でルリビタキのオスを撮影していました。
昨年の冬はルリビタキ以外にもアカゲラ、マミチャジナイ、アカウソ、ミヤマホオジロ、キクイタダキなど、カラフルな
冬鳥たちがマイフィールドにも飛来して鳥屋さん達を喜ばせてくれたものでしたが、果たして今年はどうでしょうか。
いやその前に自分がどうなるのか、それが問題ですが・・・。(2012年11月25日撮影)

by granpatoshi | 2013-11-25 13:31 | 野鳥 | Comments(10)
2013年 11月 20日
元気をもらう
公園の木々の紅葉も一段と深くなり、晩秋の気配が濃厚です。
これまでなら、こんなに天気の良い日に家にいるなんていうことはまずなかったのですが、さすがに
今はまだ機材を担いで歩く気にはなれません。

近所の公園で歩行訓練をしていると、羽田空港を離陸して西の方へ飛んでいく飛行機のエンジン音が
聞こえてきました。やっぱりいいなぁ、飛行機^^。飛行機を見ると元気が出ます。寒くなるにしたがって
空気も澄んでくるので、これからが絶好の飛行機撮影シーズン。
「よ~し、動けるようになったら必ず撮りに行くぞ」と、飛び去る飛行機を見送りながら固く決心したのでした。

真夏の暑い盛り、羽田空港RW22に着陸する飛行機を城南島でインターセプトした時の写真です。

懐かしいモヒカン塗装のANAボーイング767型機
b0184848_1074926.jpg

通年定期運行で国内最長路線の石垣~羽田線を飛ぶJTAボーイング737型機
b0184848_1075584.jpg

777のアンチコリジョン・ライト(衝突防止灯)がシャッターとシンクロしました
b0184848_108030.jpg

日本の航空会社は所有していない上海航空のボーイング757型機
b0184848_10863.jpg

767型機のウィングレット機(レアです^^)
b0184848_1081257.jpg

one world塗装のボーイング777型機
b0184848_1081729.jpg

今年度中に全機リタイアするジャンボジェット機
b0184848_1082338.jpg


by granpatoshi | 2013-11-20 10:14 | 飛行機 | Comments(4)
2013年 11月 16日
いざ手術
b0184848_13331760.jpg

昨日、検査入院が終わり5日ぶりでシャバヘ戻って参りました^^。
入院中に生体検査手術を受けました。生検とは病気の診断や治療方針を確定させるために、組織の一部を切り取って
検査するのだそうです。全身麻酔だったので、事前の準備は結構大変でした。

〈手術前日〉
午後6時夕食。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく調理され、思いのほか美味しい。夜9時以降は絶飲絶食になるので、
心して食べました。全身麻酔の場合、呼吸機能が低下するので喉に気管挿入しますが、口髭があると気管を固定しにくく
なるので剃るように指示され、シェーバーでジョリジョリ^^;。

〈手術当日〉
朝6時起床。尾籠な話で恐縮ですが、前日までに飲食したものはすべて体外に出す必要があり、浣腸で排出。
そして水分補給のため、電解質溶液の点滴開始。空腹に耐えながらも病棟内を探検したり、応接コーナーで本を読んだりと、
まだ余裕です^^。
午後2時半、手術室入室。手術台に横になると麻酔医が傍に控え、「もうすぐ麻酔が効いてきますよ・・・」。そして午後6時過ぎ、
遠くで「○○さん、手術終わりましたよ」。この間、まったく記憶なし。
病室に戻り、術後のケアを受けている頃から麻酔が切れてきて、切開した部分の痛みがジワッと寄せてきます。
しかし、まだ何となくボンヤリした状態なので、苦痛はありません。自発呼吸機能が下がっているので口には酸素マスクが
装着され、呼吸を助けてくれます。

〈手術翌日〉
朝6時起床。というか夜中はほとんど寝られなかったので、起床というのも違うなぁ^^。
朝8時朝食。5分粥に味の薄い味噌汁、タマネギ入り。38時間ぶりの食事。胃をビックリさせないよう、少しずつゆっくり
食べます。段々、麻酔の影響も薄らいできましたが、まだ起き上がるのは危ないので一日中ベッドに横たわって過ごします。
手術して一番困るのはトイレの問題です。ずっと絶食だったので便意はありませんが、点滴の影響で尿意はあります。
私の場合は尿道カテーテルではなかったので、ベッドの上で溲瓶を使いました。

〈退院まで〉
術後3日目から歩行訓練開始。松葉杖を使って病棟内を歩く訓練です。看護師から「上手いですね、初めてとは思えませんよ」と
褒められてもなぁ^^; 食事も徐々に普通食に戻り、トイレも車椅子を使って行くことが出来るようになりました。退院前日には
シャンプーをしてもらい、身も心もスッキリ^^。そして入院5日目、めでたく退院の運びとなりました。検査結果は来週金曜日に出ます。

by granpatoshi | 2013-11-16 13:38 | 生活 | Comments(10)
2013年 11月 10日
検査入院
b0184848_16153116.jpg

先にブログで報告しましたが、明日から都内の大学病院に検査入院します。
右足首の関節に腫瘍が出来ていて、これは薬の服用や放射線治療では治らないので、手術で腫瘍を除去するしか
ないそうです。その腫瘍除去手術を受ける前に、まず組織を切り取って検査するための手術を受けます。
検査入院に先立ってレントゲン撮影や血液検査、心電図や肺機能なども検査。その結果を踏まえて麻酔専門医による
問診とガイダンスを受けました。検査のための手術とはいえ、全身麻酔なので麻酔医が立ち会うのだそうです。
金曜日に、整形外科医の診察および手術に関する説明を受けてきました。いわゆるインフォームド・コンセントです。
そして最後に、病棟スタッフが患者の情報を共有するためのヒアリングを受けて手続きは完了。
入院するというのは、本人もさることながら受け入れる側の病院も然るべき準備を整える必要があり、大変なことなんだと
実感した次第です。
と言うわけで明日から数日間、音信不通になります。

by granpatoshi | 2013-11-10 16:24 | 生活
2013年 11月 07日
てふてふ
天気も良いので何か鳥がいないかと、足をかばいながらゴーヨンを担いで公園を散策。
しかし、さすがに秋の渡りも終わったのか、鳥がいません。ベンチに腰掛けてお昼を食べていると、
一匹のアサギマダラがヒラヒラ飛んできました。このチョウも渡りをすることで有名で、個体によっては
2千キロ以上も飛翔するそうです。
ふと、安西冬衛の詩を思い出しました。「てふてふが一匹 韃靼海峡を渡っていった」。
この短詩は一切の修飾語を排し、ただ事象だけを、まるで放り出すような強引さで一行に収束させて
います。読む人の想像を無限にかき立てる凄さを感じます。
鳥はいなかったけど、鮮やかに色づいた木々の紅葉を愛で、海を渡る「てふてふ」に思いを馳せながら、
秋の日差しを浴びてきました^^。
b0184848_9494399.jpg
b0184848_9495161.jpg
b0184848_950021.jpg
b0184848_95077.jpg
b0184848_9501397.jpg


by granpatoshi | 2013-11-07 09:51 | 風景 | Comments(6)
2013年 11月 05日
種飛ばし大会 in 緑地公園^^
夏になると全国各地のスイカの産地で「スイカの種飛ばし大会」が開かれますが、マイフィールドでも季節外れの
「ミズキの種飛ばし大会」が行われました。参加者はエゾビタキ君1名。
ミズキの木の先端に陣取って種を飛ばします。飛距離は大したことはなかったけど、垂直距離は約10メートル位
でしょうか。みごと優勝を果たしました^^。
それにしても、大方の仲間は南の島へ旅立ったというのに、一体いつまで居るつもりなのかエゾビタキ。もたもた
していると、すぐに寒くなるぞ^^。
b0184848_1704145.jpg
b0184848_1704724.jpg
b0184848_170522.jpg

上の3枚をコンポジット合成してみました^^
b0184848_170588.jpg
b0184848_171329.jpg
b0184848_1711341.jpg
b0184848_171192.jpg

キビ子ちゃんもまだ頑張っています
b0184848_1712423.jpg


by granpatoshi | 2013-11-05 00:05 | 野鳥 | Comments(10)
2013年 11月 03日
フォトジェニック・バード 黄鶲
せっかくの色付き鳥ですから、綺麗に撮ってあげたい。
天候、背景、仕草・・・この3点セットは鳥撮りには欠かせないアイテムです。
〈天候〉ピーカンだとコントラストが強くなりすぎるので、理想は高曇りでしょうか。
〈背景〉バックに花や緑が入ると主役が映えますね。なかでも紅葉バックは綺麗です。
〈仕草〉鳥はじっと止まっているように見えても、振り返ったり見上げたり。可愛いです。

キビタキの好物、ミズキの木にオスがやってきました。
順光で光線状態も良好。緑の葉を背景に、鮮やかな黄色と黒の羽が程良いコントラストで
浮かび上がり、ミズキの黒い実がアクセントを添えます。ベストコンディションで撮影できて
良かったです^^。
b0184848_1153144.jpg
b0184848_1153827.jpg
b0184848_1154495.jpg
b0184848_1155088.jpg
b0184848_1155571.jpg

オスに比べて色合いが地味なメスですが、つぶらな瞳がキュートです^^
b0184848_116487.jpg
b0184848_116938.jpg
b0184848_1161495.jpg


by granpatoshi | 2013-11-03 01:17 | 野鳥 | Comments(6)
2013年 11月 01日
マイフィールドで撮るキビタキ
昨日はちょっと足を伸ばして地元の公園とは別の場所にキビタキを撮りに行きましたが、やはり慣れ親しんだ
マイフィールドのキビタキを撮りたい。足をかばいながら、ゆっくり尾根道を目指します。
撮影ポイントのミズキの木にはまだ少し実が残っています。この実は野鳥の好物とみえてアオゲラやコゲラ、
メジロなども来て啄んでいきます。と、そこにやって来たのは何とエゾビタキ。もう抜けて居なくなったと思っていた
だけに、こりゃ儲けものです(^^)/。
キビメスは頻繁に来ますが、肝心のキビオスは来ても距離が遠く、500ミリレンズでも豆粒写真。強引にトリミング
してみましたが、これ以上拡大すると画像が荒れるのでこれが限界。やはり“天然もの”のキビオスはそう簡単には
撮らせてくれません。
b0184848_18194095.jpg
b0184848_18195124.jpg
b0184848_18195780.jpg
b0184848_1820257.jpg
b0184848_182078.jpg
b0184848_18201398.jpg
b0184848_18201821.jpg
b0184848_18202331.jpg
b0184848_18202943.jpg
b0184848_18203593.jpg


by granpatoshi | 2013-11-01 00:17 | 野鳥 | Comments(6)