<   2013年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 29日
寸暇を惜しんで野鳥撮影
今年も残すところあと僅か。元旦に町内の神社で引いたお神籤は「大吉」(^^)/。
幸先の良い年明けに期待も高まりましたが、結果的には厳しい一年となりました。右足首の関節に炎症が起き、
秋以降は検査入院やMRI 検査、血液検査など病院通いで年が暮れました。
そして先週末、医師から炎症が依然収まっていないし、軟骨にも炎症が広がっている恐れがあるので、手術して
患部を切除した方がいいと言われました。万事休す・・・orz。結局、年明けの1月6日に入院し、手術を受けることに
なりました。

暮れの慌ただしい生活の中、予定のない日が出来たので今のうちに撮影に行っておこうと、地元の公園を探索。
木道伝いに公園の奥へ進むと藪の中でウグイスが動き回り、メジロが名残の柿を啄み、上空ではノスリとカラスが
バトルを繰り広げていました。
最後にルリビタキのポイントに戻り、ご機嫌を伺って公園を後にしました^^。
b0184848_1235142.jpg
b0184848_1235784.jpg
b0184848_124389.jpg
b0184848_124842.jpg
b0184848_1241445.jpg
b0184848_1242069.jpg
b0184848_1242510.jpg
b0184848_1243088.jpg


by granpatoshi | 2013-12-29 12:08 | 野鳥 | Comments(6)
2013年 12月 27日
田園の貴婦人 タゲリ
この鳥は警戒心が強く、近くで撮るのは至難の業。居場所がわかったら車の中から撮るか、そっと車外に
出てカメラを構え、ジッと動かず向こうから近寄ってくるのを待ちます。
順光で撮ると、背中の羽がメタリックカラーに発色して美しいです。そしてもう一つの特徴が後頭部から
伸びている冠羽。遠目には3本に見えますが、近くで見ると複雑に枝分かれしています。美しく輝く羽の色、
優雅に風になびく冠羽・・・田園の貴婦人と呼ばれるのも分かりますね^^。
b0184848_11582497.jpg
b0184848_11583158.jpg
b0184848_11583610.jpg
b0184848_11584256.jpg
b0184848_11585074.jpg
b0184848_11585570.jpg
b0184848_1159041.jpg
b0184848_115957.jpg


by granpatoshi | 2013-12-27 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 12月 25日
白いチョウゲンボウ
県央の田園地帯に白いチョウゲンボウがいるとのことで、遅ればせながら友人に案内してもらい撮影に行って
来ました。チョウセンチョウゲンボウという種類らしいですが、なるほど確かにノーマルチョウゲンボウと比べて
頭からお腹の辺りが白い。腹部の縦斑も細くて、なかなか気品のある姿をしています。猛禽類というと獰猛な
イメージですが、顔付きも優しくて可愛い印象です^^。
上空にはオオタカやノスリなども遊弋していましたが、猛禽類の堂々たる飛びっぷりはさすが鳥の王様です。
b0184848_934416.jpg
b0184848_9341126.jpg
b0184848_9341736.jpg
b0184848_9342595.jpg
b0184848_9343269.jpg
b0184848_9343716.jpg
b0184848_9344275.jpg
b0184848_9344954.jpg
b0184848_9345481.jpg

こちらはノーマルチョウゲンボウ^^。全体がピンクがかっています
b0184848_935065.jpg


by granpatoshi | 2013-12-25 09:37 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 12月 22日
効率の良い撮影 ルリビタキ
いつもは公園の東のエリアでルリビタキを撮影していましたが、最近どうも出が悪いようなので、今回は西のエリアに
別個体を探しに行ってみました。鳥友の話では、谷底の遊歩道を境に西の斜面はオス、東の斜面はメスのテリトリーの
ようです。
まず最初に現れたのはメス。話の通り、東側の斜面にいました。取りあえず姿は見たので、オスを探しにさらに谷を
下ります。撮影実績のあるポイントで待っていると、期待に違わずオスがお出まし^^。背中の瑠璃色がやや薄いので、
まだ若のようですが活発に動き回り、なかなか元気な個体です。滞在2時間ほどで200ショット超、比較的短時間で
効率よく撮影ができました。
谷底のポイントは午後も2時を回るとオスの縄張りの西斜面は完全逆光になり、くわえて日差しも傾いてきたので
早上がりしましたが、オスの別個体を撮るという目的は達成できました。

まずは瑠璃子さんにご挨拶^^
b0184848_17231914.jpg

若オスは大胆。頭上に飛んで来ました
b0184848_17232592.jpg
b0184848_17233134.jpg
b0184848_17233648.jpg
b0184848_17234359.jpg

5日前の早朝、同じポイントで撮影した同一個体(多分?)
b0184848_17235183.jpg
b0184848_1723562.jpg
b0184848_1724269.jpg
b0184848_1724873.jpg
b0184848_17241361.jpg


by granpatoshi | 2013-12-22 17:29 | 野鳥 | Comments(6)
2013年 12月 19日
PEANUTS
あ、いえ、双子の姉妹歌手のことではありません^^。
チャールス・M・シュルツ描くマンガのタイトルです。チャーリー・ブラウンと妹サリー、愛犬スヌーピー、ルーシー、
ライナス、リランの3兄弟をはじめ、ペパーミント・パティ、シュローダー、ピッグペンなど、個性あふれる子どもたち。
携帯電話やゲーム機のない時代、彼らの遊びや会話、日常の生活場面などを通して、古き良き時代のアメリカの
息吹が伝わってきます。
私が好きなキャラクターはチャーリー・ブラウンとライナス。チャーリー・ブラウンはお人好しで、何をやっても失敗
ばかり。そして天才ライナスは子どもらしく空想逞しい性格で、ときには哲学的で深遠な言葉を吐いて周囲を煙に
巻いたりします。

40数年前、まだ大学生だった時分に初めてペーバーバック版『PEANUTS』を手にして、こんな素晴らしいマンガが
あるんだと、いたく感動しすっかりハマってしまいました。日本語対訳のついていない輸入書ですが、値段も手頃
だったのでかなりの数を揃えました。
大学の原書講読の授業はチンプンカンプンでしたが、この英語マンガは私でも理解できました。今でも私の大切な
蔵書となっています^^。

六本木の森アーツセンターギャラリーで「Ever and Never:the art of PEANUTS」開催中!
50年来の愛読者としては、展覧会の日本語タイトルが「スヌーピー展」というのは残念。
ここはやはり「チャーリー・ブラウン」を前面に出して欲しかったなぁ。チャーリー・ブラウンやライナスたちが交わす
会話の中にこそ、このマンガの神髄があると思うんだけどなぁ。
b0184848_1024414.jpg
b0184848_1024935.jpg
b0184848_1025489.jpg

記念にチャーリー・ブラウンのフィギュアを買いました^^
b0184848_10306.jpg

私の大切な蔵書の一部です
b0184848_103596.jpg


by granpatoshi | 2013-12-19 10:10 | 生活 | Comments(4)
2013年 12月 17日
お腹いっぱい、厚木基地^^
3ヶ月ぶりの戦闘機撮影となると、やはり気持ちが昂ぶります^^。
「よし、今日は朝イチの上がりから最後の降りまで、全部撮る!」と、まなじりを決して出撃しました。まずは南側の
公園へ車を走らせ、開店準備。やがて駐機場に人の動きが出て来て、いよいよフライトが始まるようです。最初の
上がりは〈シャドーホークス〉のグラウラーが2機、続いて〈ダイヤモンドバックス〉のスーパーホーネット。通常は
1機ずつの離陸ですが、今日はフォーメーション・テイクオフで2機同時に離陸。轟音も2倍で迫力満点^^。

基地へ戻ってくるのは大体1時間半後。ひととおり離陸を撮り終え、今度は着陸を撮るため北側の公園へ急ぎます。
ポイントに到着し機材をセットするのとほぼ時を同じくして、最初に上がったグラウラーが4機編隊で戻ってきました。
おぉ、間に合った~ (^^)v。
午後もP3Cのタッチ&ゴーや、用務飛行で厚木に飛来する自衛隊機などを撮影して時間を過ごします。午前中は
パラパラの上がりでしたが、午後は続々と訓練に飛び立ち、最後の上がりは午後2時半で戻りは3時50分。
大トリを勤めたのは〈ダイヤモンドバックス〉のスパホ110番。強い西日に機体を赤く染めながらの着陸でした。
16GBのCFカードを2枚消費してしまいましたが、満足感に浸りながら撤収しました。
b0184848_22521195.jpg
b0184848_22522154.jpg
b0184848_22522894.jpg
b0184848_22523742.jpg
b0184848_22525377.jpg
b0184848_22525941.jpg
b0184848_2253578.jpg
b0184848_2253115.jpg
b0184848_2253159.jpg
b0184848_22532069.jpg
b0184848_22532736.jpg
b0184848_22533269.jpg


by granpatoshi | 2013-12-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 12月 15日
一日楽しい厚木基地^^
朝の太陽を真正面に受けてテイクオフしていく飛行機。
順光で撮影するとディテールまでクッキリ写りますが、敢えて逆光気味で撮ったので機体の表面がとろけるような
風合いになりました。
b0184848_2214140.jpg
b0184848_2214779.jpg
b0184848_2215351.jpg
b0184848_2215978.jpg
b0184848_222530.jpg

夕方、強い西日を受けながら着陸進入してくる飛行機を正面寄りで撮ります。
機体右側面はやや赤みを帯び反対側は影になりますが、その分コントラストが強調されて立体感が出ました。
b0184848_2224429.jpg
b0184848_2225041.jpg
b0184848_2225618.jpg
b0184848_223167.jpg
b0184848_223732.jpg

朝から夕方まで、太陽の位置と格闘しながらの飛行機撮影も楽しいものです^^。

by granpatoshi | 2013-12-15 06:00 | 飛行機 | Comments(4)
2013年 12月 13日
激撮!厚木基地
3ヶ月の航海を終えて艦載機が厚木に戻ってきました(^^)/。
自宅に居ても戦闘機の爆音が聞こえてきます。あの音を聴くと、もういてもたってもいられず、早朝から車を
基地に走らせました。南風運用なので、まずは基地南側の公園でひととおり離陸を撮影したあと、次に着陸を
撮影するため北側の公園に移動します。

着陸は基地の北側からオーバーヘッド・アプローチで進入し、基地上空で右にブレイク。基地の西側を旋回
しながら着陸してきます。今日の狙いはこの右ブレイクの瞬間を撮影することですが、ブレイク・ポイントが
遠すぎると飛行機は豆粒になってしまいます。
ちょうど帰投時間帯は海上自衛隊のP3Cオライオンが2機、タッチ&ゴーの訓練を行っていてさすがに戦闘機と
いえども強引に割り込むことは出来ず遙か彼方でブレイクし、おまけに進入高度も高くて思い通りのイメージに
なりません。それでもオライオンのタッチ&ゴーの合間を縫っていいアングルで降りてくる機体もあり、久しぶりで
戦闘機の豪快な機動を堪能することが出来ました。
このポイントは午後からは逆光で撮影には厳しいですが、太陽と機体の位置関係を確認しながらの撮影は、
それはそれで楽しかったです^^。
b0184848_20533326.jpg
b0184848_20534064.jpg
b0184848_20534581.jpg
b0184848_20535287.jpg
b0184848_20535846.jpg
b0184848_2054498.jpg
b0184848_2054956.jpg
b0184848_2054144.jpg


by granpatoshi | 2013-12-13 00:05 | 飛行機 | Comments(2)
2013年 12月 11日
亭主元気で留守がいい^^
今日、66回目の誕生日を迎えました067.gif。最近つくづく「健康」こそが唯一最大の財産ということを実感しています。
今年後半は、思ってもみなかった足の関節の異変に見舞われ、不自由な生活を強いられました。趣味の飛行機や
野鳥の撮影にも出かけられず、検査入院したり自宅で安静にしていましたが、これは精神衛生上もよろしくない。
家族にも心配をかけ、平穏な生活のペースが乱れました。家庭の平和は「亭主元気で留守がいい」・・・これに尽きます^^

近頃、足の病気も回復の兆しが見えてきた(ような気がする)ので、今日も森へ。
ポイントに到着と同時に、「ヒッ、ヒッ」という鳴き声が聞こえてきました。例によって、近いと5メートルほどの距離まで
寄ってきてポーズを取ってくれます。やっぱりいいなぁ、ルリビタキ (^^)/。写真はノートリミングです。

♪この~実なんの実、気になる実~、名前も知らない実ですから~♪・・・真っ赤に熟れて美味しそうですが、鳥が
食べた形跡がありません

この赤い実は「ヒヨドリジョウゴ」という野草だそうです。坂の上の蜘蛛さん、奥様、どうもありがとうございましたm(_ _)m。
b0184848_19215947.jpg

ムラサキシキブ・・・いろんな野鳥が食べに来ます 
b0184848_1922824.jpg
b0184848_19221417.jpg
b0184848_19221993.jpg
b0184848_19222441.jpg
b0184848_19222950.jpg
b0184848_1922348.jpg


by granpatoshi | 2013-12-11 00:20 | 野鳥 | Comments(14)
2013年 12月 09日
ルリビタキには、山茶花がよく似合う^^
毎度“何とかのひとつ覚え”のようにルリビタキの写真ばかりで、恐縮です^^;。
でもそこに行けば、なにがしか写真が撮れるというのは有り難いことです。という訳で、またまた懲りずに
ルリビタキのポイントに行って来ました。高曇りだったので光がよく回り、ギラつきもなく程良いコントラストで
背中の瑠璃色も綺麗に発色。
とくに山茶花の枝止まりはこの時期ならではの、季節感のある写真になりました^^。
b0184848_1593320.jpg
b0184848_1593911.jpg
b0184848_1594444.jpg
b0184848_1595025.jpg
b0184848_1595584.jpg
b0184848_151011.jpg
b0184848_1510684.jpg
b0184848_15101288.jpg
b0184848_15101780.jpg


by granpatoshi | 2013-12-09 15:11 | 野鳥 | Comments(4)