<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2014年 06月 29日
君はオスだったのか、サンちゃん^^
前回の撮影はやや消化不良気味だったサンコウチョウ。もっと近くの枝止まりを期待して再度チャレンジ
してきました。「ホイホイホイ」の鳴き声とともに飛んで来たのは長い尾羽がないメス? そのうちオスも
やって来ましたが、オスはメス(?)を追いかけ回し、やがてそれぞれが別方向に飛び去っていきます。
このパターンが何度かあり、「はて今は抱卵中の筈なのに、オスとメスが同時に出てくるのかなぁ」と
不思議に思っておりました。

帰宅後に友人から、これはメスではなくオスではないのかとの連絡があり、あらためて画像を見てみると、
確かにアイリングが太くてクッキリ。メスはアイリングが細くて顔の部分の色味が地味ですが、この個体は
顔立ちがハッキリしています。てっきりメスだと思って撮影していたサンちゃん、実はオスだった^^;。
これで2羽の不思議な行動の謎が解けました。

調べてみると、サンちゃんのオスには尾羽の短いタイプもいるとか。同じオスでなぜそのような個体差が
出るのか、不思議な鳥ですサンコウチョウ^^。
b0184848_21102161.jpg

b0184848_21102817.jpg
b0184848_21104533.jpg

鳥も木から落ちる!?
b0184848_21105283.jpg
b0184848_21105953.jpg
b0184848_2111640.jpg
b0184848_21111297.jpg
b0184848_21111967.jpg

こちらは正統派のオス^^
b0184848_21112579.jpg
b0184848_21113257.jpg


by granpatoshi | 2014-06-29 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 06月 26日
田園風景が似合う鳥
田植えの終わった水田でコサギの群れがエサを啄んでいます。
その中に混じって数羽のアマサギ。首から上と背中の一部が亜麻色、それ以外は純白の羽に覆われた
美しいサギです。動きもゆっくりで、なかなか優雅な身のこなしです^^。
b0184848_1624368.jpg

b0184848_16241312.jpg
b0184848_16242110.jpg
b0184848_16242764.jpg
b0184848_16243246.jpg
b0184848_16243939.jpg


別の田んぼにはヨシゴイ。整然と植えられたイネの間から姿を現しました。
ハスの茎に掴まって魚を狙っているポーズも面白いですが、エサを探しながら「抜き足、差し足、忍び足」で
歩く姿もどこか愛嬌があって、隅に置けない鳥ですね^^。
b0184848_16251494.jpg
b0184848_16252381.jpg
b0184848_16252825.jpg
b0184848_162535100.jpg
b0184848_16254064.jpg
b0184848_16254693.jpg


by granpatoshi | 2014-06-26 06:00 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 06月 24日
山奥のサンコウチョウとカワガラスの親子
先日撮り損ねたサンコウチョウ。何としてでも撮影したいと思い、再び山奥に行って来ました。
林の中に入ると早速サンちゃんが鳴いています^^。「こりゃ幸先がいいわい(^^)/」と喜んだはいいものの、
動きが速い。あちこち飛び回った挙げ句、枝止まりは一瞬。右と思えばもう左、翻弄されながらも何とか証拠
写真は撮れました。お昼を回ると鳴き声もピタッと止んで、サンちゃんもお休みタイム。
そう簡単に撮らせてもらえる鳥ではないので、次週の再会を約束して次のポイントへ移動しました。
b0184848_913677.jpg
b0184848_9131219.jpg
b0184848_913185.jpg
b0184848_9132416.jpg
b0184848_9133064.jpg
b0184848_9133644.jpg


さて移動した先で沢の上流へ向かうと、堰の下を動く黒い影が。カワガラスのヒナです。
とそこに親鳥が飛んできて、ヒナに給餌。本来ならもうとっくに巣立ちしている筈なので、もしかしたら2番子かも
しれません。ヒナは体を震わせ、口を開けてエサをねだります。給餌の後、親子2羽で下流へ飛んでいきました。
人知れず、山奥の沢でも小さなドラマがありました^^。
b0184848_9141559.jpg

b0184848_9142653.jpg
b0184848_914334.jpg


by granpatoshi | 2014-06-24 09:16 | 野鳥 | Comments(6)
2014年 06月 22日
厚木基地のハリアー
今日は南風なので、久しぶりで城南島へでも行ってみるかと準備を整え、家を出る前に念のためにメールを
チェックしてみると、知り合いの方から「厚木にハリアーが2機来ていますよ」との情報が^^。急きょ行き先を
変更し、厚木基地へ向かいます。
取りあえず上がりを狙って、南の公園に行ってみるも誰もいない。南で上がりを撮る時のポイントはちょっと
別の場所でした。よし、では降りに賭けようと、北の公園へ急ぎます。間もなくハリアーのエンジンに火が入り、
受信機にクリアランスの交信が入って来ました。離陸を見届けてから機材をセットし、迎撃準備完了^^。

待つことしばし。ハリアーから「もうすぐ基地」との無線が入り、ほどなく北の空に2機の機影が見えてきました。
オーバーヘッド・アプローチで上空を通過。さて撮影はここからが勝負。右旋回の時に派手にーパーを出して
くれるのを期待するも、割と緩やかな旋回でベーパーも迫力なし。垂直離着陸機なので、アプローチ速度は
遅めで撮りやすい。しかし、真上を通過する時のエンジン音はスーパーホーネットの比ではなく、鼓膜にビリビリ
来ます。わずか3分間のショータイムはアッという間に終了しました。Nさん、情報ありがとうございました^^。
b0184848_215311.jpg

b0184848_215978.jpg
b0184848_2151691.jpg

b0184848_2154720.jpg
b0184848_215539.jpg
b0184848_216135.jpg
b0184848_216958.jpg
b0184848_216165.jpg
b0184848_2162295.jpg
b0184848_2162960.jpg


by granpatoshi | 2014-06-22 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2014年 06月 20日
彩の国~奥多摩の旅
梅雨の晴れ間に一泊の小旅行に行って来ました。
まず目指したのは埼玉県の西部、東秩父村にある秩父高原牧場。標高500メートルの高原に乳牛や肉用牛、ヒツジなどが
放牧されています。そしてこの季節、牧場の売り物が天空を彩るポピーの群生。最盛期は過ぎていたものの、なだらかな斜面を
埋め尽くすポピーの花園は見事というしかありません。
ノンビリと草を食む牛の群れ、高原を吹き渡る爽やかな風・・・わずか3時間ほどのドライブで、天国へ行った気分になりました^^。
b0184848_23143096.jpg
b0184848_23143980.jpg
b0184848_23144516.jpg
b0184848_23145184.jpg
b0184848_23145963.jpg

さて旅の二日目。奥秩父の象徴・武甲山の東に位置する横瀬町から山伏峠へ向かい、小沢峠を経て都県境を越え、
奥多摩・御岳渓谷へ。多摩川の源流域であり、素晴らしい渓谷美が続く絶景ポイントです。
数日前の雨の影響で水量が増え、エメラルドグリーンの水が滔々と流れ下る多摩川。普段目にする下流域の様相とは
まったく違います。渓谷沿いを散策すれば釣り人が糸を垂れ、急流でラフティングやカヌーに興じる若者たちの歓声が
聞こえてきます。まさに一服の清涼剤でした^^。
b0184848_23211283.jpg

b0184848_2321263.jpg

b0184848_2322245.jpg
b0184848_23221214.jpg

b0184848_23241912.jpg

b0184848_23223383.jpg
b0184848_23224360.jpg

全行程300キロの小旅行でしたが、“こころの洗濯”で心身ともにリフレッシュしました。

by granpatoshi | 2014-06-20 06:30 | 風景 | Comments(4)
2014年 06月 18日
紫陽花
神奈川県西部に位置する開成町は、あじさいの里として有名です。
毎年恒例の「あじさい祭り」が開かれているので、行ってきました。紫陽花は雨が似合う花ですから、敢えて雨の日に
行ってみました。田植えが終わったばかりの田んぼを結ぶ農道に、紫陽花が今を盛りと咲いています。丹沢山系から
湧き出る豊富な地下水が田畑を潤し、そのあぜ道を彩る紫陽花・・・日本の原風景といった趣です^^。
b0184848_9314465.jpg
b0184848_93151100.jpg
b0184848_9315790.jpg
b0184848_932426.jpg
b0184848_932103.jpg
b0184848_9321668.jpg
b0184848_932281.jpg

地元婦人会の皆さんによるリズム体操。曲は『恋のバカンス』^^;
b0184848_932343.jpg


by granpatoshi | 2014-06-18 09:34 | 花・生き物・ペット | Comments(6)
2014年 06月 15日
カワセミの兄弟
半月ほど前に巣立ちしたカワセミの兄弟、もう親からは完全に独立しています。
今はまだ兄弟2羽が共存していますが、それほど広い池ではないので、やがて1羽はこの池を
出て行くことになるでしょう。自然界の掟とは厳しいものです。
b0184848_1221215.jpg

b0184848_12213039.jpg
b0184848_12214032.jpg
b0184848_12214663.jpg
b0184848_12215273.jpg
b0184848_12215726.jpg

弟カワセミ。兄に比べて、少し痩せています
b0184848_122223.jpg
b0184848_1222838.jpg
b0184848_12221355.jpg


by granpatoshi | 2014-06-15 12:26 | カワセミ | Comments(2)
2014年 06月 12日
キビタキに慰められる
梅雨入り直前のある日、山の方へ鳥を探しに行ってみました。
しかし待てど暮らせど、目当ての鳥は現れない。このまま引き下がるのも悔しいし、ボウズだけは何と
してでも避けたい。あそこなら何か撮れるのではないかと、当たりを付けた場所に移動します。
車を止めて様子を見ていると、キビタキの鳴き声が^^。地元の公園や遠征先でもさんざん撮っている
キビタキですが、場所が変われば写真の雰囲気も変わります。柔らかい光の中、胸元のオレンジが
鮮やかに浮かび上がりました^^。

お、クロツグミが鳴きだした^^。おぉ、こんどはサンコウチョウの鳴き声。近い^^。目の前の込み入った
木立の中から「ホイホイホイ」が聞こえて来ます。どこだ?見えない。その時、友人が絶叫しながら
指さしたのは私の背後、僅か数メートルの桜の枝。オスのサンコウチョウが一瞬止まったそうです。
クロツグミもサンコウチョウも難敵、そう簡単には撮らせてもらえません。お相手をしてくれたキビタキに
感謝です^^。
b0184848_10255221.jpg

b0184848_1026182.jpg
b0184848_1026647.jpg
b0184848_10261193.jpg
b0184848_10261785.jpg
b0184848_10262238.jpg
b0184848_10262747.jpg
b0184848_10263419.jpg


by granpatoshi | 2014-06-12 10:28 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 06月 10日
エラー01
カワセミを撮影している最中、AFボタンを押すと500ミリレンズのUSM(超音波モーター)が変な音を出しています。
一度電源を落として再度入れ直すと、音は止まり正常に撮影できました。しかしその後、今度はAFが効かなくなり
Err 01 カメラとレンズの通信不良です。レンズの接点を清掃してください」とのエラーメッセージが出たので撮影は
中止。
b0184848_18245366.jpg

家に戻り、レンズとカメラの接点を拭いて様子を見るも、状況は変わらない。別のカメラにレンズを装着して試して
みても、結果は同じ。「こりゃあ、ン万円の出費かなぁ」と一時は覚悟を決めましたが、ネットで調べてみるとどうも
救済策がありそう。ETSUMI社製の『NANOCARBON PEN』というお助けグッズがあるではありませんか^^。
b0184848_18254251.jpg

レンズとカメラの電気接点にこれを塗布すると接点表面の凹凸を埋め、接触不良を治してくれるらしい。
コジマ電気に問い合わせると在庫があるとのこと、すっ飛んで行きました。678円。「ナノカーボンペン」を
接点に塗布し、しばらく置いてから試してみると問題なく作動します。
良かった~、ン万円が678円で済んだ(^^)/。

さてエラーの原因ですが、思うに二日連続で雨の中をハナショウブの写真を撮りに行ったことくらいしか
思い当たらない。しかし東屋からの撮影だし、一応は雨よけにナイロン製の布で全体をカバーしていました。
加えてカメラもレンズも防塵防滴仕様なのに・・・。恐らく湿気を吸ったのが原因でしょう。
家に戻ってから、ドライヤーでレンズとカメラを乾かして湿気は取ったつもりでしたが、接点の乾燥までは
気が回りませんでした。レインカバーを使っていても、湿気の進入は防げません。
皆さん、雨中での撮影後はくれぐれもメンテナンスを怠りなく^^。

by granpatoshi | 2014-06-10 07:30 | カメラ・機材 | Comments(4)
2014年 06月 08日
Raindrop
関東も梅雨入りし、鬱陶しい季節になりました。
この雨ではさすがに屋外での撮影は厳しいですが、「いや、雨なら雨なりの被写体もあるではないか」と思い直し、
見頃を迎えたハナショウブを撮りに地元の公園へ。時折雨が激しく降りかかりますが、東屋の中からの撮影なので
ノープロブレム^^。大輪の花びらから水滴が滴り落ちる瞬間を、500ミリレンズで切り撮るという算段です。

まずは花選びから。花と花が重なると背景がうるさいし、水滴も目立たない。一輪だけ離れて咲いている花を選び、
スタンバイ。ファインダーで見ていて、しずくが大きくなってきたらシャッターを連写しますが、タイミングが早すぎたり
遅すぎたり、意外と難しいものです。試行錯誤を繰り返すうちにだんだん要領が掴めてきて、イメージ通りの写真が
撮れました。雨に濡れそぼるハナショウブ、風情があります^^。(写真をクリックすると大きくなります)
b0184848_10184672.jpg
b0184848_10185784.jpg
b0184848_1019676.jpg
b0184848_10191435.jpg
b0184848_10192733.jpg
b0184848_1019325.jpg

そぼ降る雨を写しこんでみる^^
b0184848_10193865.jpg
b0184848_10194547.jpg

近くまで来るも、ハナショウブには絡まず^^;
b0184848_10195133.jpg
b0184848_10195852.jpg


by granpatoshi | 2014-06-08 10:49 | 花・生き物・ペット | Comments(2)