<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2014年 08月 31日
南西航空の思ひ出
日本トランスオーシャン航空(JTA)のボーイング737-400。
新石垣空港開港を記念して、かつての南西航空時代の塗装を施しています。現在は日本航空系列になってるので
基本は“白塗り”ですが、やはり昔の塗装の方が味があって好きです。
b0184848_154241.jpg

b0184848_154317.jpg
b0184848_1543715.jpg

この南西航空に関しては、とても思い出深いものがあります^^。
今を去ること約30年前、国内の東西南北端にある空港を一度の旅行で制覇するという、無謀なことを計画しました。
最北端は稚内空港、最東端は根室中標津空港、最西端は与那国空港、最南端は波照間空港。もちろん4空港を直接
結ぶ路線なんてありませんから、北は千歳を起点に行ったり来たり。南は那覇を起点に行ったり来たり。細かいことは
忘れましたが、所要日数は確か羽田を出発して4、5日かかることが判明。それもさることながら、航空運賃が莫大な
ものになることもあって、敢えなく挫折^^;。
で次なる計画として浮かんだのが、定期運航の国内最長路線に搭乗するというプラン。当時、JALの千歳~那覇
というのがありましたが、これは冬期限定なのでボツ。そこで出て来たのが南西航空の羽田~石垣線。路線距離
2171キロ、所要時間3時間。「おぉ、これだ^^」と、喜び勇んで航空券を予約しました。

羽田からの飛行は順調で、石垣島に着いてからレンタカーで島内を巡ったり、海を眺めたりと、幸せな旅のスタート
でした。しかし翌日、問題が発生。実は羽田を出発する前日、フィリピン東方海上に台風が発生していたのですが、
関東に住んでいる感覚から台風が接近するのに1週間位はかかるだろうと、甘く見ていたのです。
石垣滞在2日目、島は朝から暴風雨に見舞われ、飛行機は全便欠航。台風の位置から石垣までの距離は僅か
数百キロだったのです。当然ホテルに缶詰。この日予定していた、宮古島への便も欠航。大嵐の中、石垣空港へ
出向いてチケットのキャンセルと予約の取り直しを行い、台風の過ぎるのを待ちます。
ホテルから会社に「かくかくしかじかの理由で、休暇を3日ほど延長します」と連絡。家に電話すると、家内が「あなた、
声が笑っているわよ」。正直、嬉し楽しの台風騒動ではありました^^。
当初は羽田→石垣→宮古(下地島)→那覇→羽田というプランでしたが、結局羽田→石垣→羽田という、ホントに
ただ飛行機に乗りに行っただけという結果に終わったわけですが、それはそれで楽しかった。ただただ飛行機に
乗りたいという、ヒコーキオタクのお粗末な一席でした^^。

レガシー塗装といえば、ANAのボーイング767モヒカンジェット。残念ながら、この機体もノーマル塗装に戻りました。
b0184848_15185873.jpg

b0184848_1519890.jpg


by granpatoshi | 2014-08-31 15:20 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 08月 29日
晩夏の海
こ何日か、さしもの猛暑も勢力が衰え、めっきり秋色が濃くなってきました。
まだ暑い盛りに計画した、伊豆でのシュノーケリング旅行に行ってきました。自宅を出る時は小雨模様だった
空も、伊豆半島を南下するにつれて晴れ間がのぞくようになり、家内の「わたしは晴れ女だから大丈夫よ」との
ご託宣が的中したようです。
目指すは南伊豆・中木の「ヒリゾ浜」。この浜は陸伝いには行けない、周囲を断崖絶壁に囲まれたゴロタ石と
砂混じりの浜。沖を黒潮が流れているので海水の入れ替わりも早く、透明度が高くてシュノーケリングには絶好の
場所。浜へは中木港から瀬渡し船で行くしかありませんが、快速船で航程約5分。3~5分毎に港と浜を往復
しているので、不便は感じません。浜には人工物は一切なく、もちろんトイレもなし。何か必要が生じた時は、
この船を使って港へ戻ります。コバルトブルーや黄色、縦縞や横縞模様など色とりどりの熱帯魚が泳ぎ回り、
それらを見ているだけで時間が経つのも忘れてしまうほどです^^。

この船でヒリゾ浜へ渡ります
b0184848_12494311.jpg

かなり潮が引いています
b0184848_12495097.jpg
b0184848_12495516.jpg

石廊崎巡りの遊覧船も入ってきます
b0184848_1250448.jpg

船から見たヒリゾ浜
b0184848_12513684.jpg

港へ戻ります
b0184848_1251356.jpg

シュノーケリングを楽しんだ後、宿にチェックイン。ひと風呂浴びてから、日没直前の砂浜に波を撮りに海岸へ。
金波銀波の波が寄せては返し、残照が海面を金色に染めています。ざわめきの消えた砂浜には、秋の気配が
漂っていました。
b0184848_12534246.jpg
b0184848_12534716.jpg
b0184848_12535219.jpg

この船、なかなか味がありますね^^
b0184848_1254225.jpg


by granpatoshi | 2014-08-29 13:00 | 風景 | Comments(2)
2014年 08月 25日
厚木の暴れん坊
まだ物珍しさも手伝って何度かオスプレイを追いかけましたが、撮っていてどうも満足感がない。
考えて見れば所詮は輸送機ですから、戦闘機のような派手なパフォーマンスをするわけでもなく、ましてや
国内ではデリケートな立場なので、機動も抑え気味なのでしょう。それに比べて、スパホ組は相変わらずの
“暴れん坊”ぶりを発揮^^;。
訓練を終えて戻ってきた蜂の群れが基地上空で右旋回。トラフィックパターンに沿って次々と着陸してきますが、
豪快にヒネったりタッチ&ゴーを何度も繰り返すなど、戦闘機ならではの軽快な機動を見せつけてくれます。
まさに戦闘機撮影の醍醐味を感じる瞬間ですね^^。
b0184848_14154088.jpg
b0184848_14154560.jpg
b0184848_14155127.jpg
b0184848_14155718.jpg
b0184848_1416262.jpg
b0184848_1416842.jpg
b0184848_1416137.jpg
b0184848_14162118.jpg
b0184848_14162747.jpg
b0184848_14163216.jpg


by granpatoshi | 2014-08-25 14:17 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 08月 23日
暑さでギブアップ 厚木基地
スパホの低い上がりを期待して「南の公園」へ出勤です。
自分の撮影スタイルからいえば、超望遠レンズを使って被写体に「グワッ」と寄って撮るのが好みですが、
たまには軽装備で撮るのも良かろうと、ズームレンズだけ。立ち位置を選ぶため、動き回るのも楽だしね^^。
で肝心のスパホの上がりですが、いや高いのなんの。滑走路の中間地点でエアボーン。
しかも順光になる西側に立ったのが失敗で、比較的低めの上がりをしてくれた「Taron」の307番が思いっきり
左ヒネリ(つまりお腹写真)。返す刀で右にグイッとヒネるかと思いきや、水平に戻してそのまま上昇。今日は
ギャラリーが少なかったので、向こうさんもイマイチ“ノリ”が悪かったのかなぁ。
あまりの暑さに、3時間ほどの視察で業務を終了させました^^;。

タンカー仕様の「D-Back112」
b0184848_14563618.jpg

同じくタンカー仕様の「Chippy401」
b0184848_14571781.jpg

左翼端にイナート弾(訓練用)装着の「Taron307」
b0184848_14572454.jpg

「Chippy411」アンコリがシンクロ。右翼端にイナート弾装着
b0184848_14573083.jpg

「D-Back」の隊長機。増槽1本だけの軽装
b0184848_14573781.jpg

相変わらず吊り下げモノ満載の「Outlaw」の隊長機
b0184848_1457431.jpg

09が北富士演習場に向けて単機で離陸
b0184848_14574860.jpg
b0184848_14575363.jpg

マリンコのC-130 オスプレイ支援のために来たのでしょう
b0184848_14575980.jpg


by granpatoshi | 2014-08-23 15:04 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 08月 21日
オスプレイ狂想曲
さて、オスプレイ。撮影プランは次の通りです。
4機が一定の間隔で次々と着陸してくると想定し、まずは500ミリレンズで複数機が1カットに収められる
よう、ほぼ正面寄りの立ち位置で撮影する。次に、ズームレンズで単機を斜め前方、横位置、後追いで
撮るべく、最初の位置から少し西側に走って移動する・・・一応こんなストーリーを作ってスタンバイです。

午後2時57分、ようやく北の空にオスプレイが姿を現しました。しかし想定した、4機が続いて降りてくる
気配ははなく、各機がかなりセパレーションを取ってのアプローチ。1番機(09)が着陸した後、後続機が
来ません。10分後に1機のスーパーホーネットが着艦フックを下ろして降りてきました。機体にトラブルが
発生したのでしょう、この後ランウェイクローズ。
そのため、2番機(11)は基地の遙か東を南下して行きます。さらに30分後、3番機(08)が到着。
そして5分後、先ほど航過して行った11が戻って来て着陸。その15分後にようやく4番機(01)が着陸、
全機の着陸までに1時間かかりました。

この1時間、強烈な西日に晒されて頭はクラクラ。しかもこの間、オスプレイが見えているのに、訓練に
飛び立ったスパホが想定よりも早く続々と帰投。オスプレイは近づくし、スパホは頭上で急旋回するしで、
レンズをあちこちに振ったりシャッター速度をクルクル変えたりと、私はもう混乱の極み。午前中に想定
した撮影手順なんてすっかり忘れていました^^;。
怒濤のような1時間が過ぎて、これ以上撮影を続ける気力も失せ、ヘトヘトに疲れて家路につきました。
b0184848_15502735.jpg

b0184848_15503433.jpg
b0184848_15504093.jpg
b0184848_15504589.jpg

手を振ってご挨拶^^
b0184848_15505243.jpg
b0184848_15505770.jpg
b0184848_1551355.jpg
b0184848_1551889.jpg
b0184848_15511391.jpg
b0184848_15512013.jpg
b0184848_1551254.jpg
b0184848_15513182.jpg


by granpatoshi | 2014-08-21 15:55 | 飛行機 | Comments(2)
2014年 08月 19日
厚木基地の長い一日
午前7時25分、厚木基地北の公園に到着。すでに駐車場の開門待ちの車が8台。私も最後尾に並び、公園敷地内の
駐車スペースを確保。この日、オスプレイが4機飛来するとのことなので、馳せ参じた次第です。しかし到着時間は不明。
午前中に飛来することはなかろうと推測し、機材も出さず同業の方々と雑談を交わしたり、情報交換などをして時間を
つぶします。そうこうするうちに、艦載機の通常訓練が始まったのを機に機材をセット。晴天、しかも湿度が高いので
盛大にベーパーを引きながら飛び回る、スパホやホークアイ。実は先週、このベーパーを狙って2回出動するも、目的を
果たせずスゴスゴと退散した経緯があるので、やる気満開でシャッターを連写連写^^。しかし、それにしても暑い^^;。
じりじり照りつける夏の太陽が肌を焼きます。午後も艦載機が訓練に飛び立ち、これまでの鬱憤を晴らすかの如く
シャッターを切りまくります。

日もだいぶ傾きかけてきた午後3時過ぎ、ようやく主役の登場です。朝の7時半から待つこと8時間。北の公園には
200人以上が集まったでしょうか。全員、あちこちキョロキョロ見回しては機影を探します。やがて北の空に姿を
現したオスプレイ、GCAで進入してきますが、すでにヘリコプターモードに転換しているので接近速度が遅い。
2機目が着陸態勢に入る寸前、スパホのエマージェンシー・ランディングのためランウェイクローズがあり、2機目は
ブレイク。結局、4機目の着陸は午後4時を回っていました。
いや~、暑くて長~い一日でしたが、ようやく任務完了。グッタリしてRTBしました。
オスプレイの写真は次回です^^。
b0184848_17273715.jpg

b0184848_17274333.jpg
b0184848_1727495.jpg
b0184848_17275441.jpg

何かトラブルがあったようで、着艦フックを下げて降りてきました
b0184848_1728668.jpg
b0184848_17281133.jpg
b0184848_17281718.jpg
b0184848_17282277.jpg
b0184848_1728281.jpg
b0184848_17283469.jpg


by granpatoshi | 2014-08-19 17:40 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 08月 17日
ホークアイ
まあ、このどえりゃ~派手な飛行機を見てください、早期警戒管制機E-2Cホークアイ^^;。
第115警戒管制飛行隊の隊長機ですが、垂直尾翼に描かれた日章旗がはためきすぎてボロボロになって
いるという、妙にリアルなペイントが笑えます^^。背中に背負った大きな円盤型のレドーム、4枚の垂直尾・・・
遠目にもひと目で分かります。
本来、飛行機は流線形で余計な突起物がない方が、空気抵抗が少なくて性能が良くなるはずですが、この
飛行機は別。機体全体が複雑な形状をしていて、さぞかし空気抵抗も大きいだろうと思いますが、それでも
さすが艦載機だけあって機動性は抜群。“キュイーン”という感じで旋回します。頭上を低空で通過する時、
8枚ブレードのプロペラが空気を切り裂く「パタパタパタ」という独特の音は凄みがあります^^。
b0184848_10461192.jpg
b0184848_10462154.jpg
b0184848_10463224.jpg
b0184848_10464013.jpg
b0184848_10464884.jpg
b0184848_10465662.jpg
b0184848_1047235.jpg
b0184848_104794.jpg
b0184848_10471953.jpg
b0184848_10472563.jpg


by granpatoshi | 2014-08-17 10:49 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 08月 14日
久しぶりの戦闘機 厚木基地
長期のパトロール任務から戻って来た艦載機たち。長旅の疲れも癒えたのか、本格的な訓練が
再開されたようです。ちょっと出遅れたけど北側の公園に駆けつけ、午前の部の着陸に途中から
参戦。湿度が高かったので派手なベーパーを期待するも思ったほどでもなく、しかも午後からは
雲が広がってきて光量不足、シャキッとした画像になりませんでした(言い訳がましい^^;)。
しかし、3ヶ月ぶりでスパホの飛びっぷりを堪能出来ただけでも、今日のところは良しとしましょう。
b0184848_22215444.jpg
b0184848_22215942.jpg
b0184848_222264.jpg
b0184848_22221189.jpg
b0184848_22221745.jpg
b0184848_22222430.jpg
b0184848_22222950.jpg
b0184848_22223477.jpg


by granpatoshi | 2014-08-14 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2014年 08月 12日
Super Moon
2014年8月11日午前2時43分、今年の中で月がもっとも地球に接近した時間です。
その26分後の午前3時9分、満月を迎えました。満月と近地点通過が重なる「Super Moon」現象です。
『ナショナルジオグラフィク』によると、この瞬間の地球と月の距離は35万6896キロ。その結果、見かけの
大きさは最も小さい時よりも14%大きく、30%明るい満月を見ることが出来るとのことです。

この瞬間を撮ろうと計画していましたが、あいにく台風11号の接近で撮影は不可。残念。
しかし満月から18時間経過した午後9時、空が晴れて雲も切れてきました。厳密に言えば満月からはほんの
少し欠けた月ということになりますが、まあ素人が撮る写真ですからそこは自分に甘く、一応“満月”という解釈^^。
撮影した画像をPCで見て、「う~む、いつもより大きいと言われれば大きい(ように感じる)」。納得するには、
過去に撮影した満月写真との比較が手っ取り早い方法。で、我が「満月アーカイブ」から選んだ今年6月13日の
満月と比較してみると、「おぉ、確かに大きい^^」。壮大な天体の運行を直接感じることが出来た瞬間でした。
b0184848_1136162.jpg

b0184848_11363110.jpg

どうです?右側の月の方が大きく見えません?
b0184848_11363994.jpg

二つを重ね合わせるとよくわかりますね^^
b0184848_11364491.jpg


by granpatoshi | 2014-08-12 11:41 | 風景 | Comments(2)
2014年 08月 11日
台風一過・・・
猛暑がぶり返してきました。
b0184848_9374087.jpg
b0184848_9374793.jpg
b0184848_9375438.jpg

今回はグダグダと余計なことは書かず、写真だけです^^

by granpatoshi | 2014-08-11 09:39 | 風景 | Comments(0)