<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 31日
カワセミに遊ばれる
水面の一点を凝視するカワセミ
飛ぶか・・・飛ばない
向きを変え、再び水面を凝視
今度は行くか・・・う~、行かない

この状態が5分も続くと、カメラのグリップを握っている右の手のひらは汗でジットリ
フッと気を抜いた瞬間、奴は飛んだ・・・orz
もう後の祭り

仕切り直してもう一度挑戦
飛んだ!慌ててレンズを振り、飛び込んだ水面に向けて連写

シャッタースピード1/2000秒で6コマ連写。しかしドンピシャのタイミングの筈が、シャッターが切れるタイミングとカワセミの
動きがシンクロせず、フレームの真ん中で捉えることは出来ませんでした。カワセミはこちらの焦りを知ってか知らずか、今度は
目の前4メートルの至近距離にダイブ。レンズの最短合焦距離よりも手前なので、手の打ちようがありません。
枝に戻ったカワちゃん、一瞬ニヤッと笑ったような気がしました^^;。
b0184848_16421668.jpg
b0184848_16422234.jpg

カワセミは水中にいます^^
b0184848_16422889.jpg
b0184848_16423485.jpg
b0184848_16423830.jpg
b0184848_1642441.jpg
b0184848_16424991.jpg
b0184848_16425463.jpg

水面に映った枝止まりのカワセミです^^
b0184848_16425991.jpg


by granpatoshi | 2015-01-31 07:00 | カワセミ | Comments(0)
2015年 01月 29日
第4の矢
アベノミクスには第1の矢、第2の矢、第3の矢があって、それで日本経済の立て直しを図っているそうですが、我が家ではその
恩恵に浴しているという実感がありません^^;。かくなるうえは、自分で何とかせにゃならんと思いつつも名案が浮かばない。
そこで、はたと思いついたのがこれ。“黒字”という名前の鳥がいるではありませんか(^^)/。この鳥の写真をたくさん撮って
我が家に福を呼び込むことで、劇的なV字回復を果たそうという算段です^^。撮影難易度が割と高い鳥ですが、幸いにも最近
何度か撮影に成功しています。これで我が家の家計もクロジに転換できるかな^^;。
b0184848_16153129.jpg

b0184848_16154061.jpg
b0184848_1615508.jpg
b0184848_16155952.jpg
b0184848_1616630.jpg
b0184848_16162168.jpg
b0184848_16162778.jpg
b0184848_16163237.jpg

こちらは親戚のアオジ。羽の色が緑で良かったね、赤だったらシャレにならないよ^^;。
b0184848_16165662.jpg
b0184848_1617139.jpg
b0184848_1617733.jpg


by granpatoshi | 2015-01-29 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 27日
顔に似合わず・・・
曇天の早朝・・・光量が少なくメリハリに欠ける写真ですが、今季初モノなので取りあえずは良しとしましょう。
歌舞伎役者の隈取りを思わせる強面の顔をしていますが警戒心が強く、寄生木に来ても実を啄み始める
前に地上の人影が動くと、すぐに逃げられてしまいます。漢字では雀が連なる(連雀)と書くくらいですから、
大群で飛来すると壮観ですがこの日はわずか4羽の小集団でした。
b0184848_20534620.jpg

b0184848_20535384.jpg
b0184848_20535920.jpg
b0184848_2054431.jpg
b0184848_20541173.jpg
b0184848_20541853.jpg
b0184848_20542567.jpg
b0184848_20543277.jpg


by granpatoshi | 2015-01-27 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2015年 01月 25日
カワセミは裏切らない
「二度あることは三度ある」のか、それとも「三度目の正直」となるのか・・・当然、後者に賭けて公園へ。
一応姿は見たものの、とても写真になるような場所ではなく、眺めているうちに飛び去ってしまいました。
2時間待っても戻って来ないので、諦めて別の公園へ移動。

いつものポイントへ行くと、待っていてくれましたカワちゃん^^。
「どうしたの、そんなしょぼくれた顔して」
「いや、実はカクカクシカジカで・・・」
「そうなんだよ、あいつらホント気まぐれだからね。じゃあオレがサービスしてやるか」
「いつもスミマセン^^」
と、挨拶もそこそこにパフォーマンスしてくれます。

朝から夕方まで、一日待っても来ない気まぐれ鳥に比べて、なんとサービスの良いカワちゃんでしょうか。
他に人はいないし、独占生中継でタップリ楽しませていただきました v(^^)/。
b0184848_1854362.jpg
b0184848_18544821.jpg
b0184848_1854542.jpg
b0184848_1855185.jpg
b0184848_1855790.jpg
b0184848_18551346.jpg
b0184848_18551986.jpg
b0184848_18552318.jpg
b0184848_18552929.jpg


by granpatoshi | 2015-01-25 07:00 | カワセミ | Comments(2)
2015年 01月 23日
贅沢な悩み^^;
今季はルリビタキが豊作で、マイフィールドでもオスは少なくとも5羽確認しています。
メス(もしくはメスタイプ)まで含めると10羽は居るでしょう。最初のうちは大喜びで撮影していましたが、そのうち
ブログに出すタイミングを失うほど大量の在庫を抱えてしまいました。季節の鳥は撮れる時に撮っておくというのが
私の持論ですが、これだけ撮れると失礼ながらちょっと食傷気味。しかし、身近な場所で綺麗な鳥が撮影できると
いうのは幸せなこと、贅沢言ったらバチが当たりますね^^;。
b0184848_1692159.jpg

b0184848_169276.jpg
b0184848_1693343.jpg
b0184848_1693934.jpg
b0184848_1694571.jpg
b0184848_1695112.jpg
b0184848_1695729.jpg

b0184848_1758820.jpg

b0184848_1610270.jpg


by granpatoshi | 2015-01-23 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 21日
いざ、空へ
飛行訓練に出るスーパーホーネットがランプエリアからタキシング。
管制塔から「・・・hold short of runway 01」の指示で、待機地点に続々と集まってきます。タクシーウェイから
ランウェイに入る際、操縦士が左右を見て安全を確認する姿がコックピット越しに見えます。見ている当方も思わず
「left side clear , right side clear」と安全確認^^。
「・・・cleared for takeoff runway 01」のコールでスロットル全開、アフターバーナーを炊きながら離陸滑走開始。
ズシンと腹に来る轟音を残してスパホは飛び立ちました。

飛行機の地上走行をオタク業界では“転がり”と呼びます。飛んでナンボの飛行機ではありますが、地上の風景と
絡めるのも面白いと思います^^。
b0184848_111971.jpg
b0184848_1111529.jpg
b0184848_1112126.jpg
b0184848_1112660.jpg
b0184848_111316.jpg
b0184848_1113741.jpg
b0184848_1114378.jpg
b0184848_1115035.jpg

でもやっぱり飛んでいる姿はカッコいいっす^^
b0184848_1121613.jpg
b0184848_112236.jpg
b0184848_1122713.jpg


by granpatoshi | 2015-01-21 11:04 | 飛行機 | Comments(0)
2015年 01月 19日
寒中修行の厚木基地
午前中からそこそこの数が上がり、色付きはメースの200番とチッピーの400番。
しかし30分後に400番が戻って来ました。エマージェンシー・ランディングのようで、随伴機を伴ってGCAで
降りてきました。そして200番はちょっとお出かけ。
訓練が終了して次々と戻って来た艦載機たちも、低速機のタッチ&ゴーや地上支援設備不調による滑走路の
一時閉鎖などが重なり、いつものオーバーヘッド・アプローチではなく直線進入。基地を通り過ぎて遙か遠くで
緩旋回する機体が多く、豪快なブレーク狙いのチャンスはわずか3回のみ。どうやら間の悪い日に当たった
みたいです。
まあ好きでやっている事とはいえ、長時間冷たい北風に晒されながらの屋外作業は体にこたえました。でもまた
直ぐに行くんだけどね^^;。
b0184848_16583262.jpg
b0184848_16583997.jpg
b0184848_16584456.jpg
b0184848_16585034.jpg
b0184848_16585687.jpg
b0184848_1659241.jpg
b0184848_1659712.jpg
b0184848_16591384.jpg


by granpatoshi | 2015-01-19 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2015年 01月 17日
ありがたい名前の鳥(^^)/
水場で待っていると、いきなり飛び込んで来た鳥はその名もクロジ。
会社の社長が聞いたら泣いて喜びそうな名前じゃないですか^^。親戚にアオジという鳥もいますが、クロジは
かなり貴重。色は灰色がかった淡いブルーで、日本の色でいえば「紺鼠(こんねず)」でしょうか、とてもシックな
色合いです。そして何よりも名前の響きがいい^^。ぜひ我が家にもご来臨賜りたい野鳥です^^。この鳥を撮影
したらお金持ちになれる、なぁんて言い伝えはないのかなあ。
b0184848_19404621.jpg
b0184848_19405279.jpg
b0184848_19405839.jpg
b0184848_1941536.jpg
b0184848_19411399.jpg
b0184848_19412174.jpg
b0184848_19412786.jpg
b0184848_19413286.jpg


by granpatoshi | 2015-01-17 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 01月 15日
ウソを綺麗に撮るには
頭は真っ黒、首回りはピンク、下半身はライトブルー・・・進化の過程で必然的にこうなったのか、偶然獲得した色
なのかわかりませんが、ウソのオスは不思議な配色です。
それにしてもこの鳥、色は綺麗でも食事の作法がちょっとね^^;。常に口をモグモグさせ、食べかすを嘴にいっぱい
くっつけて、お行儀はよろしくない。この鳥を綺麗に撮るなら、枝に止まって食べ始める前か水場で口をすすいでいる
時がチャンスですよ^^。
b0184848_1714113.jpg

b0184848_1714892.jpg
b0184848_17141299.jpg
b0184848_17141740.jpg
b0184848_17142262.jpg
b0184848_17142726.jpg
b0184848_1714324.jpg
b0184848_17143846.jpg
b0184848_17144222.jpg
b0184848_17144888.jpg


by granpatoshi | 2015-01-15 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 13日
至近距離のカワセミ飛びモノ 
カワセミまでの距離8メートル。散歩の人が携帯で撮っている横で500ミリレンズを構えている滑稽さに、我ながら苦笑です^^;。
これ位の近さだと止まりモノは綺麗に撮れるけれど、飛びモノ撮影は厳しいです。カワちゃんは枝から右方向に2~3メートル
ダイブして水面に突入しますが、飛翔距離が短いので画角の狭い500ミリでは追い切れません。飛び込む位置を予測して
そこからの飛び出しを狙いますが、水深が浅いので飛び込んだ次の瞬間にはもう空中を飛んでいます。
滞空時間が短いのでアッという間に勝負がつき、尻尾だけの写真や飛び出した後の水しぶき写真などを量産しました。
カワセミの俊敏さにほとほと手を焼きましたが、7D2のゾーンAFと高速連写性能に助けられて、ドアップの飛びモノを撮る
ことができました^^。大きく撮ればいいってものでもないのですが、写真はすべてノートリミングです。
b0184848_22574454.jpg

b0184848_20504611.jpg
b0184848_20505146.jpg
b0184848_20505736.jpg
b0184848_2051352.jpg
b0184848_2051818.jpg
b0184848_20511590.jpg
b0184848_20512238.jpg
b0184848_20512874.jpg
b0184848_20513338.jpg


by granpatoshi | 2015-01-13 07:00 | カワセミ | Comments(2)