<   2015年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 30日
気分爽快!コアジサシの飛びモノ
日差しを遮るもののない川原は気温30度を超えています^^;。熱中症予防のため、ペットボトルを2本用意してコアジサシの
飛びモノを狙います。以前に比べて数がだいぶ減っていて、見渡す限りではざっと十数羽が川面を飛び交っています。
ホバリングから垂直急降下、水面にダイブしてアユを捕まえると低空飛行で対岸方向へ飛び去ります。高速で飛翔する
コアジサシを夢中で追いかけていると、しばし暑さを忘れます^^。
b0184848_2154984.jpg

b0184848_2053373.jpg
b0184848_20534399.jpg
b0184848_20534831.jpg
b0184848_20535370.jpg
b0184848_20535950.jpg
b0184848_2054439.jpg
b0184848_205499.jpg
b0184848_20541514.jpg
b0184848_20542446.jpg
b0184848_20542944.jpg

アオサギをモビングする様は、さしずめ重爆撃機を追撃する戦闘機のようです^^。
b0184848_20543455.jpg


by granpatoshi | 2015-06-30 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 06月 28日
梅雨の彩り
「何を好きこのんで雨の中を撮影に出掛けるか」と言われそうですが、雨には雨の風情というのがあります。
特に花の撮影は晴天だと余計な陰が出たり、花の色が飛んでしまうので曇天や雨天の日がベスト。なかでも
この時期に咲くハナショウブは花びらが大きいので、写真にすると見映えがします。
大きな花弁に雨が降りかかり、無数の水玉ができている様は如何にも梅雨の風情です。そぼ降る雨の下、
誰も居ない公園でハナショウブと静かに対話を楽しんできました^^。
b0184848_2285921.jpg
b0184848_229582.jpg
b0184848_2291034.jpg
b0184848_2291629.jpg
b0184848_2292196.jpg
b0184848_2292761.jpg


by granpatoshi | 2015-06-28 07:00 | 花・生き物・ペット | Comments(2)
2015年 06月 26日
メリハリが欲しい
AIR DO機を撮っていていつも感じるのは、機体の塗装デザインにもっとパンチが欲しいということ。北海道に本拠を
置くエアラインなので、白い部分は冬の雪がイメージできますが、気になるのはパステルカラーのブルーとイエロー。
これらはいわゆる膨張色なので、見た目がどうもピリッとしないのです。夏の北海道のイメージは、どこまでも広がる
緑の大地。であれば、グリーンを基調にした色使いの方がふさわしいように思えるのです。機首から垂直尾翼にかけて
鮮やかに伸びるグリーンのライン、いいと思うんだけどなぁ。
b0184848_16155426.jpg
b0184848_16155973.jpg
b0184848_1616438.jpg
b0184848_1616916.jpg
b0184848_1616146.jpg
b0184848_1616199.jpg


by granpatoshi | 2015-06-26 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2015年 06月 24日
羽田空港あれこれ
JTA(日本トランスオーシャン航空)が飛ばしているボーイング737-400型機の胴体にジンベエザメを描いた
「ジンベエジェット」。ジンベエは「青」バージョンと「赤」バージョンの2匹いて、青はめったに東京湾には回遊して
来ません。ある日、珍しく赤の「さくらジンベエ」がやって来るというので、京浜島で迎撃してきました。しかし、この
機体を撮るならやはり春でしょうね。
b0184848_19432472.jpg
b0184848_19433013.jpg
b0184848_19433511.jpg

さて京浜島でスタンバイしていると、JALのボーイング777型機がB滑走路RW22にアプローチしてきました。
充分引き寄せてシャッターを切る寸前、いきなりエンジン音が高くなり、エンジンから真っ黒い排気を出しながら
急上昇を始めました。ゴーアラウンド、着陸のやり直しです。飛行機が空中に浮いていて接地寸前の状態から
上昇をするので、これは迫力があります。
b0184848_1945171.jpg
b0184848_19452438.jpg
b0184848_1945298.jpg

京浜島と羽田空港の間には運河があり、コアジサシが飛び回っています。飛行機の着陸の合間を縫ってコアジサシを
狙います。ちょっと距離があるのが残念ですが、飛行機と鳥が一度に撮れるので得をした気分です^^。
b0184848_19461276.jpg
b0184848_19461872.jpg
b0184848_19462376.jpg


by granpatoshi | 2015-06-24 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2015年 06月 22日
梅雨の晴れ間のコアジサシ
4日ぶりに太陽が顔を出したので、コアジサシを撮りに川原へ^^。
悪天候や猛禽類の出没などで数が減ったり増えたりですが、今日は十数羽が川面を飛び交っていました。それにしても、
実に気持ち良さそうに飛び回ります。川下の中州ではもうヒナが孵っているようですが、デジスコの距離なので専ら親鳥の
飛びモノを狙います。ホバリングからダイブ、そして水面突入までの動きはかなり速いので、モタモタしているとアッという
間にフレームアウトしてしまいます。小魚をゲットすると一目散に堰の方へ飛んでいくけどヒナは川下だし、求愛のため?
それとも自分の食事?
鬱陶しい日が続いたので、川風に吹かれながらのコアジサシ撮影で気持ちもスッキリしました^^。
b0184848_10134330.jpg
b0184848_10134833.jpg
b0184848_10135317.jpg
b0184848_10135877.jpg
b0184848_1014386.jpg
b0184848_1014814.jpg
b0184848_10141412.jpg
b0184848_10142079.jpg
b0184848_10142580.jpg

おっとっと・・・水の流れに脚をすくわれ、あやうくコケそうに^^;
b0184848_10143128.jpg


by granpatoshi | 2015-06-22 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 06月 20日
森に生きる
春の遅い山奥の森も木々の葉が茂り、野鳥たちが生き生きと活動しています。
平地の森ではまず見られないコルリがよく鳴いています。オスは残念ながら撮れなかったけれど、メスはよく出て来ます。
お気に入りのモミジの枝に止まってポーズをつけてくれました^^。
別の森ではオオルリが子育ての真っ最中。枯れ沢の対岸で営巣中のようで、頻繁に出入りしています。クロツグミも
鳴いていて、下生えの笹藪の中を出たり入ったり。枯れ沢に水たまりがあり、どうやらそこで水浴びをしているようです。
様子を窺っていると、沢に張り出した枝にメスが一瞬止まって水場に直行。直後に、同じ枝にオスが止まり、やはり沢に
降りましたが水場は岩の向こう側。かろうじて3カットだけでしたが、クロツグミのオスの枝止まりが撮れました^^。
b0184848_1572452.jpg
b0184848_1573055.jpg
b0184848_1573628.jpg
b0184848_1574136.jpg
b0184848_1574759.jpg
b0184848_1575287.jpg
b0184848_1575814.jpg
b0184848_158380.jpg


by granpatoshi | 2015-06-20 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 06月 18日
憧れのアカショウビンを撮る
美しい広葉樹の森の中にひっそり横たわる小さな沼。聞こえてくるのはコルリやキビタキの囀り、アカゲラのドラミングなど
自然の音のみ。と、そこに遠くで「キョロロ~」。アカショウビンの鳴き声です^^。鳴き声が止んでしばらく待っていると、
沼を囲むブナの枝にポツンと止まるアカショウビンの姿がありました。緑の背景の中、赤褐色の羽色が鮮やかに浮かんで
います。長年撮りたいと思っていたアカショウビンが今、目の前にいると思うと興奮を抑えきれません。
夢中でシャッターを押し続け、念願を達成できた喜びに浸りました。
b0184848_22562944.jpg
b0184848_22563574.jpg
b0184848_22564117.jpg
b0184848_22564634.jpg
b0184848_22565129.jpg
b0184848_22565683.jpg
b0184848_2257289.jpg
b0184848_2257771.jpg

白い泡のようなものはモリアオガエルの卵です
b0184848_22571244.jpg

b0184848_22571859.jpg
b0184848_22572379.jpg
b0184848_22572865.jpg


by granpatoshi | 2015-06-18 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2015年 06月 16日
羨ましい人々
空港で働く人たちを見ていると、「好きな飛行機の傍に居られて、しかもお給料がもらえる」なんて、こんな幸せなことは
ないじゃないかと、ついノー天気なことを思ってしまいます。一般の人は立ち入ることの出来ない、制限エリアで働く人たちが
羨ましい。しかし、夏はコンクリートの照り返しで炎熱地獄、冬は吹き抜ける寒風に身を晒し、日夜を問わず航空機の
安全運航に携わるのは楽ではないでしょう。しかも厳しい国家試験や社内検定に合格しないとそういった職には就けない
わけで、現実は決して甘くはない。ここはやはりデッキの上から見ているだけの方が気は楽ですね^^。

トーイングカーを操るには無線の資格も必要です
b0184848_13345397.jpg
b0184848_133501.jpg

出発前の機体点検はパイロットの重要な職務です
b0184848_1335496.jpg

スポットインと同時に飛行機に取り付いて、何やかやと
b0184848_1335967.jpg

飛行機を駐機場へ誘導するマーシャラー。一度でいいからやってみたい
b0184848_13351548.jpg

最近は女性も増えてきました
b0184848_13352013.jpg

b0184848_13352657.jpg

恐らくシューカツ中の学生さん向けの職場説明会でしょう
b0184848_13353140.jpg


by granpatoshi | 2015-06-16 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2015年 06月 14日
使用前、使用後
水浴びする前はどの鳥も羽が美しく姿もシャキッとしているのですが、一旦水を浴びるともう羽はグショグショ^^;。
何とか水に入る前の枝止まりを撮ろうと待ち構えますが、一瞬の枝止まりから水場に直行するので、濡れネズミの
写真ばかり。とくにカラ類は羽の油脂分が少ないのか、ハッキリ言ってふた目と見られぬ情けない姿に変わります。
まあ、可愛いといえば可愛いけれど、せっかくの容姿も台無し。今回はズブ濡れになる前に何とか撮れた写真です^^。

キビタキ・メス
b0184848_1261481.jpg

コサメビタキ
b0184848_1262193.jpg

ノジコ
b0184848_1262627.jpg

キセキレイ
b0184848_1263286.jpg

コガラ
b0184848_1263745.jpg

ゴジュウカラ
b0184848_1264311.jpg

キビタキ・オス
b0184848_1264888.jpg

キビタキ・メス
b0184848_1265422.jpg

今日から3日間、北の方へ遠征します^^。

by granpatoshi | 2015-06-14 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 06月 12日
水場にて
前日降った雨のせいか、水場に出入りする鳥の数が少ない。ヒガラやコガラなどのカラ類は割と頻繁に来るものの、狙っている
大物は鳴き声すら聞こえず。ようやく動きが出て来たのは昼過ぎ。遠くでクロツグミやコルリの鳴き声が聞こえてきました。しかし
水場へ近づいてくる気配はなく、代役の鳥たちを撮っていると突然声もなく飛び込んで来たのは、まだ翼端に茶色が残っている
コルリの若オス^^。それまでの鬱憤を晴らすかの如く連写しますが、シャッター速度が1/125なので被写体ブレ写真を量産
してしまいました。
次にやって来たのはクロツグミのメス。こちらは的が大きいので目視で動きを追いながら水場に入るのを待って連写。クロメスは
お腹の白と黒の羽のコントラスト差が大きいので、暗い水場でもフォーカスし易いですね。
この時期、平地の森では見られなくなったキビタキも水場の常連さん。オスの成鳥と若者、メスが入れ替わり立ち替わりで
水浴びにやって来ます。水浴びは鳥にとっては欠かすことの出来ない、大切な日課なのです。
b0184848_14449.jpg
b0184848_1441014.jpg
b0184848_1441573.jpg
b0184848_1442057.jpg
b0184848_1442534.jpg
b0184848_1443151.jpg
b0184848_144364.jpg
b0184848_1444194.jpg
b0184848_1444616.jpg
b0184848_1445250.jpg


by granpatoshi | 2015-06-12 07:00 | 野鳥 | Comments(2)