<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 30日
懐かしの国鉄色
JR西日本で走っていた最後の国鉄色485系特急電車が10月末で引退するとのことです。
JR九州でも最後の国鉄色485系が10月18日にラストランを行い、その使命を終えました。
車体を彩るクリーム色と赤のツートンカラーは、旧国鉄時代を彷彿とさせる懐かしい配色です。
「じぇいあーる」よりも「こくてつ」という音の響きの方がしっくりくるのは歳のせいでしょうか^^。
まさに「嗚呼、昭和は遠くなりにけり」です。

以前、鉄道DVDのロケで湖西線、北陸本線沿いを移動しながら、485系国鉄色特急「雷鳥」を
追いかけたことがありました。今回はその時に撮影した国鉄色車両の写真を紹介します^^。

北陸本線・南条駅付近を通過する「雷鳥」
b0184848_12192314.jpg

湖西線・近江高島駅(だったと思います)を通過する「雷鳥」
b0184848_12193064.jpg

北陸トンネルから出てきた「雷鳥」
b0184848_1219366.jpg

北陸本線のどこか
b0184848_12194261.jpg

湖西線のどこか
b0184848_12194714.jpg

京都総合運転所で交番検査中の「雷鳥」
b0184848_12195254.jpg

未明の倶利伽羅峠を上がってきたボンネット型の489系夜行急行「能登」
b0184848_12195883.jpg

北陸本線・生地~西入善間を走る475系
b0184848_1220316.jpg


by granpatoshi | 2015-10-30 07:00 | 鉄道 | Comments(10)
2015年 10月 28日
寛ぐ鳥^^
サメビタキが枝先でリラックスしてストレッチング^^。
鳥は種類にかかわらず、どれもこのような動作をしますね。尾羽を広げ、翼を伸ばす。よく見ると脚も伸ばして
います。人間もそうですが、体を伸ばすととても気持ちがいい。鳥も同じなのでしょうか。
お腹は一杯、天気はいい、近くに天敵の気配はない・・・「あぁ幸せ」とでも言っているような表情に見えます^^。
b0184848_12185739.jpg

b0184848_1219362.jpg
b0184848_1219815.jpg
b0184848_12191464.jpg
b0184848_12192030.jpg
b0184848_12192636.jpg
b0184848_12193188.jpg
b0184848_12193610.jpg


by granpatoshi | 2015-10-28 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 10月 26日
キビタキは裏切らない^^
我が村の《ヒタキ祭り》は終わりましたが、それでも出遅れ組がまだいるかもしれないと、淡い期待を抱きつつ山の頂きへ。
案の定ヒタキたちの姿はなく、ヒヨドリの甲高い鳴き声だけが響き渡っています。と、ここで諦めては男が廃るのであります。
定点ポイントで待つこと1時間、サクラの梢が一瞬揺れて、顔を見せてくれたのはキビオス、本命です^^。ヒタキたちは
早々に旅立ったようですが、毎年キビタキはレイトチェックアウトなのです。カメラマンはほかに誰もいなくて、私だけの
独占取材となりました(^^)/。毎度のことながら、込み入った小枝と葉っぱの間を抜かないと撮れない。このキビオスには
苦労させられます^^;。
b0184848_21542689.jpg

b0184848_21543247.jpg
b0184848_21543821.jpg
b0184848_21544555.jpg
b0184848_2154517.jpg
b0184848_21545725.jpg
b0184848_215527.jpg
b0184848_2155850.jpg


by granpatoshi | 2015-10-26 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2015年 10月 24日
撃沈^^;
どうしても“ある物”が撮りたくて、京浜島へGo!
昼過ぎから南風の予報を信じて、B滑走路が目の前のお立ち台でスタンバイ。しかし風は北風のままで、おまけに
羽田空港名物のヘイズが低層域を覆っているので見通しも悪く、コンディションは劣悪。予定時刻が近づいても
相変わらず北風運用で、ついに時間切れ。滞在1時間でそそくさと撤収いたしました。

787はこのアングルが一番カッコいいです。それにしても、見事なまでに濁った空です^^;
b0184848_1453156.jpg

機体の全長が長過ぎて、全身を入れるにはかなりヒネった後でないと撮れません
b0184848_14532287.jpg
b0184848_14532898.jpg

予定の時間を過ぎても、風向きは東のまま
b0184848_14533389.jpg

b0184848_14533829.jpg
b0184848_14534434.jpg
b0184848_14534835.jpg
b0184848_1453537.jpg

「え、何を撮りに行ったのか」ですって?それは撮れたらあらためて報告いたします^^。


by granpatoshi | 2015-10-24 07:30 | 飛行機 | Comments(2)
2015年 10月 22日
鳶、頑張る^^
今季初のミサゴ狙いで川の上流へ。
河原に着くと既にターゲットはいましたが、悲しいかな電線止まり。対岸の枯れ木に移動するも、1時間まったく動かず。
どうも下流で魚を捕って食べたらしく、ここはお休み処のようです。その後、別個体も含めて3回ほど上空を旋回するも
飛び込む気配はなく、そのまま下流へ飛び去りました。今日の狩り場はここではなかったようです。
なかなか戻ってこないミサゴに代わって、トビが水面に何度もダイブ。「なんだ、トンビか」とバカにしちゃあいけません。
完全に主役を食っていて、上空を通過するミサゴよりも目の前の水面にダイブするトビ君の方が、よほど撮り応えが
ありました^^;。
b0184848_17524959.jpg
b0184848_17525571.jpg
b0184848_1753066.jpg
b0184848_1753876.jpg
b0184848_17531362.jpg
b0184848_17531972.jpg

あぁ、これがミサゴだったら・・・ちょっとトビに失礼かな^^;
b0184848_17532527.jpg

急降下から・・・
b0184848_17533763.jpg

反転急旋回
b0184848_17534141.jpg

飛び姿、立派です^^
b0184848_17534720.jpg


by granpatoshi | 2015-10-22 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 10月 20日
那須高原の秋
紅葉が見頃を迎えた那須高原へ行ってまいりました。
高速を下りて那須街道沿いの蕎麦やさんで腹ごしらえの後、道の駅で明日の買い物の事前調査。地元産の新鮮野菜や
新米が安い^^。明日は大量に買い込むことになりそうです。次に向かったのは御用邸の近くにあるステンドグラス美術館。
英国風の石造りの建物が周囲の森に溶け込んで、一瞬英国にいるのかと錯覚しそうです。家内と義母が見学する間、
私は周辺を野鳥探索してみましたが、いたのはカラ類のみで拍子抜け。レンズも出さず仕舞いでした。

旅の友をパチリ^^
b0184848_18105078.jpg

ステンドグラス美術館
b0184848_18105880.jpg

さて翌日。夜半から降り出した雨は上がりましたが、雲が低く垂れ込めて肌寒い天気。
まずは昨日下見した道の駅で恒例のお買い物。車のラゲッジスペース満載となりました。旅のハイライト、那須岳の
ロープウェイを目指して山道を進むと、標高1000メートルを超えるあたりから紅葉が真っ盛り^^。しかし山の上は雲の中
なのでロープウェイに乗るのは諦めて引き返し、《ツツジ吊橋》へ向かいます。苦戸川にかかる全長130メートル、
高さ38メートルの吊り橋は中央部付近ではかなり揺れて、下を見ると背中がゾワゾワ^^;。周囲の山々は赤や黄色に
色づき、まさに絶景です^^。

下に見える街並みは那須湯元の温泉街
b0184848_181257.jpg

紅葉に彩られた遊歩道を進んで行くと・・・
b0184848_22371967.jpg

「ツツジ吊橋」が見えてきます
b0184848_18121838.jpg

那須岳は雲に隠れています
b0184848_22363075.jpg

意を決して真下を撮る。自分でも完全に腰が引けているのが分かりました^^;
b0184848_18123483.jpg

最後に、今回の旅の目的の一つでもある那須温泉の元湯「鹿の湯」へ。
ホテルの温泉も快適でしたが、やはり那須の温泉といえば白濁した硫黄泉です。湯殿の中には2メートル四方の湯船が
六つ。源泉の温度は68度とかなり高温です。41度、42度、43度、44度、46度、48度と6段階の湯温の湯船があり、
低い方から順に浸かっていきますが、私は頑張っても44度まで。浴客は地元のおいちゃん6割、旅の者4割といった
ところでしょうか。ベテランの人は自前の砂時計で時間を計りながらの入浴です。お肌スベスベ、効能豊かな温泉ですが、
帰りの車内には硫黄の匂いが充満しておりました^^。

開湯から1380年、昔ながらの湯治場の風情が漂っています
b0184848_22383736.jpg

湯守りの人が着用する半纏
b0184848_22385612.jpg

キツネの道案内
b0184848_2239858.jpg

紅葉と温泉・・・日本の秋を満喫してきました^^。

by granpatoshi | 2015-10-20 07:00 | 風景 | Comments(4)
2015年 10月 18日
エゾ若ちゃん^^
撮っている最中は気が付きませんでしたが、パソコンで見ると尾羽が短い、体形がやや丸みを帯びている、
後頭部に白い斑点の名残がある、表情が幼い(!?)などの特徴からして、この個体はエゾビタキの若では
ないか。春に大陸方面で生まれ、成鳥の群れと一緒に南の島へ渡る途中、この森へ立ち寄ってくれたようです。
これまでもエゾビタキの写真はたくさん撮りましたが、若は初撮り。この春に生まれた渡り鳥の若が見られるのは
今の季節のみなので、貴重なショットかも。来年の秋には逞しく成長した姿を見せて欲しいものです。
b0184848_16404353.jpg
b0184848_16404899.jpg
b0184848_16405560.jpg

ウンチをしました^^;
b0184848_1641277.jpg
b0184848_1641711.jpg
b0184848_16411288.jpg

因みに、こちらが成鳥。若に比べて全体のシルエットがほっそりしていますね
b0184848_16411924.jpg


by granpatoshi | 2015-10-18 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2015年 10月 16日
キビタキオスに難儀する
笹藪の向こうから出て来てミズキの木に入り、枝に止まったと思った次の瞬間飛び去る。
このポイントのキビオスはこれの繰り返しで、じっくり撮らせてくれません。「落ち着きのないやっちゃなぁ」と
ぼやきながら、チャンスを待ちます。ようやく撮れそうな枝に止まっても、気の強いキビメスに蹴散らされて
どこかへすっ飛んで行ってしまいます。
この2日間でヒタキ3兄弟の写真は数百カットは撮っているのに、キビオスに関してはわずか30カット足らず。
こうなると写真を選ぶもへったくれもありません^^;。
b0184848_1133335.jpg

b0184848_1133916.jpg
b0184848_1134499.jpg
b0184848_1134964.jpg
b0184848_1135581.jpg
b0184848_114065.jpg
b0184848_114592.jpg
b0184848_1141110.jpg


by granpatoshi | 2015-10-16 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 10月 14日
♪あなたな~らどうする~♫
北風運用なので北で上がりを撮るか、南で降りを狙うか・・・迷った末、終日南の降り側でスタンバイ。
南のエンドで見ていると、かなり低い上がりで左にヒネる機体もあって「やっぱり北に行けば良かったかなぁ」と少し後悔。
でも午後の斜光を受けて、機体のディテールがしっかり出たので、これで良かったのだと自らを納得させました^^。
b0184848_1763678.jpg
b0184848_1764236.jpg
b0184848_1764625.jpg
b0184848_1765197.jpg
b0184848_176571.jpg
b0184848_17729.jpg
b0184848_177718.jpg
b0184848_1771264.jpg


by granpatoshi | 2015-10-14 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2015年 10月 12日
ようやく撮れたツツドリ^^
いつもの公園でヒタキを撮っていると、別の公園にツツドリが居るとの情報が入り、急きょ駆けつけました。
居るにはいたけど随分高い枝で、60度以上もレンズを上に向けないとファインダーに入りません。四苦八苦して
いるのを見兼ねたのか、見通しの良い木に移動してくれたので、階段を駆け上がってほぼ目線の位置で撮ることが
出来ました^^。今年はツツドリが豊作のようで、あちこちの公園で撮影されていますが、ようやく私も今季初撮りに
成功いたしました^^。
b0184848_10402191.jpg
b0184848_10402781.jpg
b0184848_10403341.jpg
b0184848_10403856.jpg
b0184848_10404473.jpg
b0184848_10405050.jpg
b0184848_10405534.jpg
b0184848_1043564.jpg
b0184848_1044256.jpg
b0184848_1044715.jpg
b0184848_1044137.jpg
b0184848_1044193.jpg

ツツドリといえば、忘れられない光景があります。
2年前の夏の夕方、奥日光・湯の湖のほとりで鳥を探していた時のこと。川岸の護岸の上を何か黒い塊がゴソゴソ
動いているのを発見。そっと近づいて撮影したのですが、これが何の鳥か判らず、後で何人かの友人にデータを
送って調べてもらい、どうやらツツドリの幼鳥ではないかとのこと。巣立ち直後のヒナにしてはまだ体が小さいので、
おそらく巣から落鳥したのではないかと思われます。
すぐに後ろの藪の中に消えていきましたが、あの辺は野生動物がたくさん生息しているので、果たして無事に育ったのか
今でも気になっています。
b0184848_10452057.jpg


by granpatoshi | 2015-10-12 07:00 | 野鳥 | Comments(4)