<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 31日
輝く金の鱗
「よし、今日は絶対に撮る!」と固い決意でフィールドへ。
広い園内の散策路を行ったり来たりしながら探しますが、目指すターゲットは見つからず。「やっぱり今日もダメか」と
半ば諦めつつ、ダメ元で最後にもう一度散策路を逆戻り。水路の近くまで来た時、草地の奥からいきなり飛び出して
きて一瞬の枝止まり。居たぁトラツグミ
湿地に降りたのを確認して臨戦態勢に入ります。しかし、あまりにも近すぎて目にピントを合わせると尾羽の方は
ボケボケ。おまけに小刻みに体を揺する“トラダンス”のせいでブレブレ。いや実のところ、今季初撮りなので嬉しさの
あまり手が震えていたのかもしれません。鱗模様の羽が午後の斜光を受けて金色に輝いています。トラちゃんに
独占取材の許可をいただき、心ゆくまで撮影を楽しむことができました^^。※写真はすべてノートリミングです。

b0184848_10484318.jpg
b0184848_10484979.jpg
b0184848_1048544.jpg
b0184848_10485951.jpg
b0184848_1049479.jpg
b0184848_1049969.jpg
b0184848_10491530.jpg
b0184848_10492184.jpg
b0184848_10492642.jpg
b0184848_10493232.jpg


by granpatoshi | 2016-01-31 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2016年 01月 29日
プロペラは止めるな
ヘリを撮影するときはシャッター速度をかなり低速にしないと、メインローターが止まってプラモデルのようになります。
写真のMH-60Sナイトホークはメインローターの回転数が285RPMとかなり低速。1秒間に4.75回転なので、
これをSS1/500で撮影すると約0.0095回転となり、ほぼ止まって見えます。ここはやはり1/200秒以下で
撮りたいところです。かといってSSをあまり落とし過ぎると、機体そのものは動いているので被写体ブレを起こして
しまいます。機体はしっかり止まってローターが少しブレている、というのが理想ですね。

SS1/250 テイルローターにもう少しブレが欲しいところです
b0184848_20152612.jpg
b0184848_20153368.jpg

SS1/200 だいぶ良くなってきました
b0184848_2015376.jpg
b0184848_20154295.jpg

SS1/160 メインローター、テイルローターともにいい感じのブレ具合です
b0184848_20154746.jpg
b0184848_20155364.jpg

SS1/200 プロベラの回転速度がヘリよりも速いので、ちょうど良い感じです
b0184848_2040076.jpg
b0184848_2040772.jpg


by granpatoshi | 2016-01-29 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 01月 27日
ルート4デパーチャー
北風運用なので離陸狙いで北の公園へ。
「ルート4デパーチャー」という離陸方式だと、エアボーンしてすぐに左にヒネリながら上昇していきます。
大胆なパイロットは機体の背中が見えるほどヒネルので、厚木の達人の方々はこの瞬間を狙います。
本日一番の見せ場を作ったのは「Shadow Hawks」の503番。超低空で木立の向こうから飛び出して
きたので、電線や立木が被りまくり。久々にど迫力の離陸シーンを堪能しました^^。
b0184848_21253333.jpg

b0184848_2125391.jpg
b0184848_21254534.jpg
b0184848_21255135.jpg
b0184848_21255670.jpg
b0184848_2126282.jpg
b0184848_2126815.jpg
b0184848_21261616.jpg
b0184848_2126286.jpg
b0184848_21263821.jpg


by granpatoshi | 2016-01-27 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 01月 25日
こころ変わり
野鳥を撮り始めて間もない頃は「もう何が何でもカワセミ」と、まるで熱に浮かされたようにあちこちに出向いては
カワセミを撮っていました。思えば私を底なしの“機材沼”に引きずり込んだのもカワちゃん^^;。もちろん今でも
居れば撮りますが、近頃はいたって冷静に対応しています。
本当は別の鳥を探しに行ったのですが見当たらず、池のほとりにひっそりといたカワセミをパシャパシャ。むしろ
水浴びに来たメジロを撮った枚数の方が多いくらいでした。
b0184848_1051999.jpg

b0184848_10511482.jpg
b0184848_10511954.jpg
b0184848_10512563.jpg
b0184848_10513153.jpg
b0184848_10513786.jpg
b0184848_10514572.jpg
b0184848_10515042.jpg
b0184848_10515647.jpg
b0184848_1052110.jpg


by granpatoshi | 2016-01-25 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2016年 01月 23日
Diamondbacks
厚木基地にはスーパーホーネットの飛行隊が4個あり、各飛行隊の隊長機は派手なペイントが施されています。
なかでも私の好みは、複座型のF/A-18Fを飛ばす第102戦闘攻撃飛行隊Diamondbacksの100番^^。
キャノピー後方から垂直尾翼にかけて深紅に塗装され、背中にダイヤのマークを背負っています。ラダーの
テールコード「NF」をバンブー文字で書いてところが愛嬌です。
b0184848_1642330.jpg
b0184848_164281.jpg
b0184848_1643354.jpg
b0184848_1643969.jpg
b0184848_1644596.jpg
b0184848_1645232.jpg
b0184848_1645748.jpg
b0184848_165243.jpg


by granpatoshi | 2016-01-23 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 01月 21日
逆光ギラリ^^
南風運用のとき、西日本方面からの到着機はB滑走路に降りてきます。
正面からの撮影は順光ですが、後ろを振り返ると完全逆光。午後1時半頃はまだ太陽の位置も高く、滑走路手前の
海面は反射光でギラギラ。そこを飛行機が通過すると、海面からの照り返しで機体のジュラルミンが一瞬「キラッ」。
「おぉ、これだ!」とレンズを180度逆に向けて構えます。光の当たり具合によっては金属の地肌がツヤツヤ、ヌメヌメと
妖しく輝き、ちょっと面白い写真になりました。自分で言うのもナンですが、ヒコーキマニアというのはこんなことに
喜んだりするんですよねぇ^^。

ANAボーイング787
b0184848_15524375.jpg

JALボーイング787
b0184848_15524816.jpg

ANAボーイング767
b0184848_15525351.jpg

ANAエアバスA320
b0184848_15525878.jpg

ANAボーイング737
b0184848_1553321.jpg

JALボーイング767
b0184848_1553866.jpg

中国南方航空エアバスA330
b0184848_15531338.jpg

ANAボーイング787
b0184848_15531969.jpg

ANAボーイング787
b0184848_15532446.jpg

ANAボーイング787
b0184848_15532937.jpg


by granpatoshi | 2016-01-21 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2016年 01月 19日
優先順位に悩む
「チチッ、チチッ」という地鳴きの声とともに出て来たのはミソサザイ。
暗い林のへりを転々と移動するので、ファインダーに捉えるのが大変です。お仲間に助けられて何とか
今季初撮りすることができました^^。
ミソッチがチョロチョロしている近くの池にはカワちゃん。皆さん、カワセミそっちのけでミソサザイに集中
しているので、独り私がお相手を務めさせていただきました^^。

ミソサザイが鳴きだしたので近くにいる、でもカワセミは目の前にいる・・・こんな状況、困りますねぇ^^。
でもプライオリティーが高いのはやはりミソッチですね。
b0184848_15104024.jpg
b0184848_15104690.jpg
b0184848_15105133.jpg
b0184848_15105647.jpg
b0184848_1511195.jpg
b0184848_1511615.jpg
b0184848_15111169.jpg
b0184848_15111621.jpg


by granpatoshi | 2016-01-19 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 01月 17日
さして珍しくもありませんが・・・
マイフィールドでも冬鳥たちの面子がだいぶ揃ってきました^^。
さして珍しい野鳥ではないけれど、この季節ならではのメンバーが顔を見せてくれます。
もちろん色付き鳥の方がいいに決まっているけれど、行き当たりばったりで遭遇する鳥にも
それなりに風情はあるというものです。
b0184848_16315129.jpg
b0184848_16315745.jpg
b0184848_163225.jpg
b0184848_1632777.jpg
b0184848_16321310.jpg
b0184848_16321888.jpg
b0184848_16322335.jpg
b0184848_16322849.jpg


by granpatoshi | 2016-01-17 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 01月 15日
MOZU
といえば、主演の西島秀俊がやたらタバコをプカプカ吹かすハードボイルド・ドラマがありましたが、回を重ねる
ごとに内容が複雑かつ荒唐無稽になって、「何なんだ、これ」という印象でした^^;。

さて野鳥のモズは嘴の先端がカギ形になっているので小型の猛禽類と思われがちですが、分類ではスズメ目。
モズといえば「早贄」ですが、これは彼らのエサの食べ方に起因するのだそうです。モズは脚があまり発達して
いなくて、猛禽類のように捕獲したエサを脚で押さえることが出来ず、一度木の枝などに刺して啄むのだとか。
前述のドラマでも、たしか早贄のイラストがタイトルバックに使われていましたね。
また江戸時代には、夜にモズが鳴くと不吉なことが起きるという言い伝えがあったそうで、あまり良いイメージでは
ないのが気の毒です。
b0184848_1542929.jpg

b0184848_15421583.jpg
b0184848_15422079.jpg
b0184848_154225100.jpg
b0184848_1542309.jpg
b0184848_15423651.jpg
b0184848_15424179.jpg
b0184848_15424644.jpg
b0184848_15425189.jpg

“パニオン立ち” してます^^
b0184848_15425716.jpg


by granpatoshi | 2016-01-15 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 01月 13日
城南島ヒネリ
飛行機が旋回する瞬間・・・私は何度撮っても飽きないです^^。
左の主翼がグイッと持ち上がり、右主翼の上面までしっかり見える瞬間、たまりません^^。
なかでも翼の全長が長いボーイング787のヒネリは、翼端が反り返ってカッコいいっす。
戦闘機ほどではないにしても、旅客機だって場所をうまく選べば面白いシーンが撮れます。
b0184848_17244212.jpg

b0184848_1724484.jpg
b0184848_17245338.jpg
b0184848_17245936.jpg
b0184848_1725451.jpg
b0184848_1725948.jpg
b0184848_17251746.jpg
b0184848_17252130.jpg

真下を通過中のEVERGREENのコンテナ船が写りこみました^^
b0184848_17252689.jpg

今回は昨年暮れに衝動買いした、500ミリレンズ用のPLフィルターの試し撮りも兼ねていました。
機体の白い部分の反射は押さえることが出来ますが、光線の具合によっては全体に青味が増しますね。
飛行機の後ろに白い雲があると偏光フィルターの効果がハッキリ出たのでしょうが、この日は残念ながら
雲ひとつないピーカンでした^^;。

by granpatoshi | 2016-01-13 07:00 | 飛行機 | Comments(0)