<   2017年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2017年 09月 29日
ヒタキ祭り 第三幕「3兄弟揃う」の巻
ヒタキ祭りの会場、だいぶ活況を呈して参りました^^。
重い機材を担いで山登りしてきたので息を整えようと三脚を地面に置いたとたん、エゾビタキが目の前の枝に
飛び込んで来ました。まずは挨拶代わりに何枚か撮影。周囲を見回すとあちこちでヒタキ類が飛び回っている
ので、こちらも負けずにレンズを振り回して連写です。
ひと段落ついたところでモニター画面をチェックしてみると、嬉しいことにサメビタキが写っていました。
エゾビタキは体が大きく腹部に縦斑があり、コサメビタキは腹部全体が白く、サメビタキは腹部が汚れたような
羽色で、個体数も少ないような気がします。会場に着いてすぐに出くわしたのでファインダーではサメかどうか
判別する余裕もなく、まずはシャッターを切ることに必死でした。
今年もヒタキ3兄弟が揃い踏みで、ヒタキ祭りもいよいよ佳境に入ってきたことを実感しました。

エゾビタキ
b0184848_10262449.jpg
b0184848_10263121.jpg
b0184848_1026362.jpg
b0184848_10264230.jpg

サメビタキ
b0184848_10264784.jpg
b0184848_10265252.jpg
b0184848_10265897.jpg
b0184848_10272100.jpg

コサメビタキ
b0184848_1027953.jpg
b0184848_10271522.jpg
b0184848_10272071.jpg
b0184848_10272459.jpg


by granpatoshi | 2017-09-29 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 09月 27日
山梨の秘境を訪ねてみた
山梨県の南西部、身延山の西側斜面、標高500メートルの高地に赤沢宿はあります。
日蓮宗の総本山身延山久遠寺と法華経の聖地、七面山を結ぶ身延往還の宿場町として栄えた赤沢宿。
江戸時代中期には身延山や周辺の霊場を集団で参詣する「講」が発達し、この赤沢宿はその宿場として
おおいに賑わったそうです。

急峻な斜面にへばり付くように家々が立ち並び、集落の入り口から石畳の小径が上へ上へと、ほぼ直登に
近い斜度で伸びています。自家消費のための野菜畑以外にはほとんど耕作地がなく、厳しい山村の生活が
偲ばれます。集落には当時の繁栄を物語る大きな旅籠の建物が今も数多く残っていますが、そのほとんどは
廃業。唯一、旅館として営業している旅籠とゲストハウスとして蘇った旅籠の2軒が宿泊可能とのこと。
平成5年、国から「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受け、住民による集落の景観保全活動が続けられ
ているそうです。

近頃では鄙びた山村の生活を体験したくて訪れる外国人も多いとか。集落へ直接乗り入れる路線バスはなく、
車でない場合のアクセスは最寄りのバス停から4、50分山道を歩くしかないとのこと。都会では経験できない
巡礼の道を歩き、やっと辿り着いた山深い宿場で何を感じるのでしょうか。

赤沢宿の底。ここから上へキツイ坂道が続きます
b0184848_16591244.jpg

ゲストハウス大阪屋
b0184848_1659195.jpg

旅館江戸屋
b0184848_16592465.jpg

廃業した旅籠
b0184848_16592860.jpg
b0184848_16593591.jpg

この登りはそうとうキツイです
b0184848_16593943.jpg
b0184848_16594652.jpg

講中札
b0184848_16595297.jpg
b0184848_16595633.jpg

旅籠の屋号札
b0184848_170227.jpg


by granpatoshi | 2017-09-27 07:00 | 風景 | Comments(2)
2017年 09月 25日
ヒタキ祭り 第二幕「飛び入り大歓迎^^」の巻
エゾビタキを追いかけてあっち行ったりこっち行ったり、疲れました。
鳥友さんから「こっちに居るよ」との連絡をもらい、駆けつけるとミズキの木の中で何羽かが飛び回っています。
まずキビメスをゲット。激しく飛び回っていて、どうやら2羽でバトルをしているようです。とそこに突然キビオスが
登場、今季初撮りです。しかし飛び回るメスやコゲラに蹴散らされて飛び去りました。
エゾビタキに加えてキビタキのオスとメス、だいぶ役者が揃ってきました。森の木々も少し色づいてきたようで、
背景にいろんな色が混じるようになりました。いよいよ本格的な秋の野鳥シーズンになりました。
b0184848_12312156.jpg

b0184848_12312968.jpg
b0184848_12313443.jpg
b0184848_12314020.jpg
b0184848_12314511.jpg
b0184848_12314964.jpg
b0184848_12315578.jpg
b0184848_1232343.jpg
b0184848_12321024.jpg

b0184848_12334291.jpg

b0184848_12322161.jpg
b0184848_12322882.jpg


by granpatoshi | 2017-09-25 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 09月 23日
ヒタキ祭り 第一幕「エゾビタキ独演会」の巻
台風が去り、ヒタキ祭りの会場にも少しずつですがメンバーが揃いつつあるようです。
まず先陣を切って到着したエゾビタキ、数日前は1羽でしたが今日は3羽確認。好物のミズキの実もだいぶ
熟れてきたけれどまだ食べ頃ではないのか、桜の木の周辺でフライングキャッチをしては虫を補食していました。
後続のコサメビタキやサメビタキが到着するまでの間、独演会で頑張ってもらいましょう^^。
b0184848_1182975.jpg

b0184848_10133426.jpg
b0184848_10133912.jpg
b0184848_10134579.jpg
b0184848_10135088.jpg
b0184848_10135714.jpg
b0184848_1014473.jpg
b0184848_10141030.jpg
b0184848_10141534.jpg
b0184848_10142322.jpg


by granpatoshi | 2017-09-23 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 09月 21日
「残り者」には福がある ^^)v
サンちゃんのショータイムも昼前には終了。あちこち引っ張り回されて疲れました。
エゾビタキが1羽、たま~に遠くの枯れ枝に止まりますがどうもイマイチ。お仲間たちも一人減り、二人帰りとついには独り
残されてしまいました。鳥撮りギョーカイには「誰かが帰るといいことがある」というジンクスがありますが、それに期待して
粘ります^^。しかし30分待っても鳥の声すら聞こえてきません。

ここらが潮時かと重い機材を担いで歩き始めてすぐ、後ろから頭上を追い越してクヌギの枝に止まった少し大きめの鳥。
急いでフォーカスすると何とツツドリではありませんか。ファインダーに捉えた瞬間の興奮と喜びで思わずガッツポーズ。
もう独りお祭り状態で、場所を少しずつ変えながら撮りまくりました。光線の具合や背景の抜けなど、これ以上望むべくも
ないベストポジションでした。鳥の神様の粋な計らいでしょうか、それまでの疲れが一気に吹き飛びました。

それにしてもドンピシャのタイミングでツツドリと遭遇するとは、まさに鳥撮りは ”運次第” というのを実感した日でした。
b0184848_10491257.jpg
b0184848_10491966.jpg
b0184848_10492566.jpg
b0184848_10493086.jpg
b0184848_10493781.jpg
b0184848_10494166.jpg
b0184848_10494635.jpg
b0184848_10495279.jpg
b0184848_1050064.jpg
b0184848_1050519.jpg
b0184848_10501197.jpg
b0184848_10501729.jpg


by granpatoshi | 2017-09-21 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 09月 19日
サンコウチョウに振り回される
サンちゃんハンティングで再び森へ。
今日は混群には混じっておらず、単独で行動しているようです。混群の中にいると他の鳥の動きに惑わされて
標的を見失うことがありますが、今回その点は楽。とはいうものの、動きの速さには参ります。
あちこち振り回されますが、三脚にゴーヨンを乗せているので機動性という点では手持ち撮影にはかないません。
四苦八苦しながらも何とか追いかけていましたが、結局最後は小さな混群に引っ張られて遠くへ飛び去りました。
b0184848_109574.jpg

b0184848_1091214.jpg
b0184848_1091736.jpg
b0184848_1092567.jpg
b0184848_1093090.jpg
b0184848_1093641.jpg
b0184848_1094159.jpg
b0184848_109462.jpg

本日のベストショット・・・目の前20メートル、ほぼ目線の高さ、バックの抜け良し。
「うわっ、目の前だ!」慌ててフォーカスさせるも、ファインダーの中には飛び去った後の揺れる小枝だけ・・・悔しい~。
脳内スクリーンにはしっかりインプットしましたが。

by granpatoshi | 2017-09-19 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 09月 17日
遠いエゾビタキ
最後尾にサンコウチョウがいた混群、先導役はエナガ。ジュリジュリと騒がしく飛び回っては枝から枝へ
渡っていきます。サンちゃん混じりの混群が去って静かになったので、次はヒタキ類の出待ちです。
少し離れた場所にある枯れ木の先端にエゾビタキがいると教えてもらい、駆けつけます。
お~、居ました居ました、エゾビタキ。こちらも今季お初です。いや~遠い。しかも直射日光が当たって
ギラギラ。しかし遠かろうがギラギラだろうが、まずは証拠固めの画像をゲットせねばと連写連写。
シーズンたけなわになればもう少し撮り易い場所に下りてくると思うので、まずは初モノをいただいて
撤収と相成りました。
b0184848_1393594.jpg

b0184848_1394286.jpg
b0184848_1394699.jpg
b0184848_1395390.jpg
b0184848_1395971.jpg

ヒタキ類の好物であるミズキの実もそろそろ食べ頃なんですが・・・
b0184848_1310318.jpg
b0184848_13101081.jpg
b0184848_13101669.jpg
b0184848_13102184.jpg

b0184848_1316479.jpg

b0184848_13103398.jpg

ヒガンバナも今が盛り
b0184848_13103847.jpg


by granpatoshi | 2017-09-17 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 09月 15日
今季お初のサンちゃん
少しずつ秋の気配も濃くなってきたので、そろそろ秋の野鳥も来ているだろうと森を探索。
頭上をエナガやメジロ、シジュウカラなどの混群が飛び回っています。「よ~し、きっとこの中に居るぞ」と
目をこらして探していると、やや大きめの茶色の鳥が居るではありませんか。BINGO!サンコウチョウです。
初夏から夏にかけて子育てが終わり、これからボルネオ方面へ帰る途中、この森に立ち寄ってくれたようです。
しかし動きが速い。本格的な野鳥撮影は久しぶりなので動きを追うのに四苦八苦です。ピン甘や露出ミスなど
失敗作を量産するも、何とか今季お初のサンちゃんが撮れたので嬉しかったです。
b0184848_16182248.jpg

b0184848_16183223.jpg

b0184848_16185082.jpg
b0184848_16185816.jpg
b0184848_1619948.jpg
b0184848_16191912.jpg
b0184848_16192763.jpg
b0184848_16193440.jpg


by granpatoshi | 2017-09-15 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 09月 13日
艦隊の眼
早期警戒機E-2Dアドバンスドホークアイ。空母の前方百キロ以上も進出して前方警戒を行います。
背中に背負っている巨大なレーダーの探知距離は300キロから500キロにも及ぶそうで、強力な探知能力は
まさに鷹の眼。艦隊防御の要として重要な役割を担っているのです。
近づいてくると8翅プロペラのブレードが空気を切り裂く「パタパタパタ」という独特の音が迫力を感じさせます。
あちこち出っ張った機体の割には機動も軽快で、背中が全部見えるほどヒネってくれました。
b0184848_15425888.jpg
b0184848_1543586.jpg
b0184848_1543975.jpg
b0184848_15431684.jpg
b0184848_15432032.jpg
b0184848_15432639.jpg
b0184848_1543311.jpg
b0184848_15433818.jpg
b0184848_15434423.jpg
b0184848_15435039.jpg
b0184848_15435655.jpg
b0184848_1544142.jpg


by granpatoshi | 2017-09-13 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 09月 11日
臨場感
エアバンドラジオからクリアランスデリバリーの交信が聞こえて来ます。
パイロットが部隊名、機番、行き先などを送信すると、折り返し管制官からは滑走路の向きや無線周波数、
各種気象条件などが返信され、問題がなければ離陸許可が出ます。
普段は遠い存在の軍用機ですが、目の前で“ナマの声”で行われる無線交信はもう臨場感たっぷり。無線を
聞きながら撮影していると、こちらもいっぱしの関係者になったような気分になって気持ちが昂ぶりました。
b0184848_1731589.jpg

b0184848_1732014.jpg
b0184848_1732783.jpg
b0184848_1733365.jpg
b0184848_1733783.jpg
b0184848_1734459.jpg
b0184848_1735055.jpg
b0184848_1735497.jpg
b0184848_174094.jpg
b0184848_174694.jpg


by granpatoshi | 2017-09-11 07:00 | 飛行機 | Comments(0)