<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2017年 10月 31日
♪そらは広いな、大きいな~♪
国際線の飛行機を見ていると思わず口ずさんでしまいます^^。
お、デルタが来た、ロサンジェルス行きか。今度はエーフラ、パリ行き。お次はルフトのフランクフルト行きの
ジャンボ機だ。いいなぁ、海外旅行。遠い異国(ちょっと表現が古いっすね^^:)に出発する時のあの高揚感、
たまりませんね。出国手続きを終えて搭乗ゲートへ向かう頃には日頃の何もかも忘れて、気分はもうエトランゼ。

かつてバブル華やかりし頃、海外出張はビジネスクラスでした^^。ヒコーキマニアとしては「飛行機の中で寝る
なんてとんでもない」と頑張って起きていたら、スッチーいやCAさんが来て
「GranpaToshiさま、どこかご気分でもお悪いのでしょうか」
「あ、いや私、飛行機が好きで乗ると寝ないんです」
「そうでしたか、安心しました。何かお飲みものをお持ちしましょうか」
「ではジャックダニエルのソーダ割をお願いします」
お替わり2杯飲んだら気を失っていました^^;。
b0184848_10472877.jpg

b0184848_1047426.jpg

b0184848_10475064.jpg
b0184848_10475659.jpg
b0184848_104819.jpg
b0184848_1048678.jpg
b0184848_10481210.jpg
b0184848_10481822.jpg
b0184848_10482412.jpg
b0184848_10483239.jpg
b0184848_10483719.jpg
b0184848_10484473.jpg

♪~行ってみたいなよそのくに~♪

by granpatoshi | 2017-10-31 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2017年 10月 29日
トリトンブルー
一週間ぶりの青空とくれば、これはもう行くしかないっしょ、京浜島^^。
ANAのトリトンブルーの機体が青空に映えます。トリトンブルーはANAの広報資料によれば、航行の安全を司る
ギリシャ神話の海神トリトンとANAのコーポレートカラーであるブルーを組み合わせたものだとか。
機体のブルーラインは2色の組み合わせで、濃いトリトンブルーと薄いモヒカンブルーのツートンカラー。見た目の
印象もメリハリがあってよろしい。そういえば何年か前までモヒカン塗装の767が飛んでいましたが、復活させる
予定はないとのこと。同じ特別塗装機でも突飛な『STAR WARS』塗装よりもレトロ感があってよかったのですが、
残念です。

ボーイング767-300ER 貨物専用機です。後部胴体に「OKINAWA」の文字とクロネコヤマトのロゴマーク。
ヤマト運輸専用のチャーター機でしょうか。
b0184848_1742180.jpg

b0184848_1742875.jpg
b0184848_17421446.jpg
b0184848_17422022.jpg

b0184848_17523551.jpg

b0184848_1742277.jpg
b0184848_17423450.jpg
b0184848_17424097.jpg
b0184848_17424543.jpg
b0184848_17425019.jpg


by granpatoshi | 2017-10-29 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 10月 27日
会津の旅 その3 会津から下野へ
旅の最終行程は裏磐梯から磐梯吾妻レークライン、福島を経て栃木県奥塩原の秘湯へ向かいます。
レークラインは標高が上がるにつれて紅葉も美しくなりますが、季節外れの大型台風21号の影響で雨が降り続き、
フォグランプを点灯しての走行。中間地点にある標高1600メートルの浄土平は紅葉の名所ですが、ガスっていて
視界はほぼゼロ。散策は諦めて福島へ向かいます。

途中、谷底まで80メートルの高さがある不動沢(通称「つばくろ谷」)にかかっている不動沢橋を通過。晴れていれば
福島盆地が見渡せる絶景ポイントですが、残念ながら風雨が強く傘を差してもしっかり濡れました。東北自動車道の
福島西ICへ向かう途中、たわわに実ったリンゴ畑の前で停車。リンゴを販売していたので試食させてもらったところ、
とても美味しかったので大量に購入しました^^。
b0184848_1832117.jpg
b0184848_1832613.jpg
b0184848_18321333.jpg
b0184848_1832206.jpg
b0184848_18322625.jpg


東北自動車道・西那須塩原ICで降り、塩原温泉を経由して今夜の宿へ向かいます。
「日塩もみじライン」から分岐して細い山道を進むこと15分、「秘湯の宿 元泉館」がありました。実は今から10年前、
温泉の取材でこの旅館を訪ねたことがありますが、当時とまったく変わらない佇まいで、大女将もお元気でした。
泉質の異なる三つの源泉があり、すべて掛け流しで旅の疲れを癒やすのに最適の温泉でした。翌朝起きて部屋の
カーテンを開けると目の前に紅葉。布団にくるまって紅葉を眺めるなんて最高の贅沢でした。
b0184848_18334395.jpg

b0184848_18335131.jpg
b0184848_18335760.jpg
b0184848_1834373.jpg
b0184848_1834923.jpg

4日間の走行距離988キロ、運転手も同乗者も高齢に加えて車も高年式。トラブルもなく快適にドライブ旅行が
出来ました。我がオールドステージアに感謝です^^。

by granpatoshi | 2017-10-27 07:00 | 風景 | Comments(4)
2017年 10月 25日
会津の旅 その2 柳津を訪ねる
今回の旅の一番の目的は柳津町(やないづ)を訪ねること。家内が前々から行きたがっていた斎藤清美術館が
あります。斎藤清は独学で木版画の技法を習得、冬の会津をテーマにした版画作品を数多く残しています。
出身は隣町の坂下(ばんげ)ですが、最晩年の10年はこの柳津に居を構えて版画の制作に励みました。

柳津の町を歩いてみると急傾斜の屋根が軒を連ね、いかにも雪国の農村といった風情があちこちに見られます。
郷土玩具「赤べこ」発祥の地でもあります。斎藤清の版画作品もさることながら、私が感動したのはゆったりと
たゆとう只見川。左岸の河岸段丘に作られた段々畑、そして右岸には田んぼが広がりまさに日本の原風景の
ような景色でした。そして臨済宗の古刹・圓蔵寺。このお寺は只見川を見下ろす山腹に立っていて、境内からは
只見川と町のシンボルの赤い橋、柳津の町が見下ろせます。本堂の背後には大きな庫裏が控え、荒積みの
石垣の上を板壁が囲っていて、禅寺の雰囲気が漂っていました。

わずか半日ほどの滞在でしたが、美術館、田園風景、古寺を巡り、会津を堪能しました。皆さんも機会があったら
ぜひ「寄ってがんしょ、柳津」^^。
b0184848_17494843.jpg

b0184848_17495480.jpg
b0184848_175008.jpg
b0184848_1750659.jpg
b0184848_17501318.jpg
b0184848_17501854.jpg
b0184848_17502453.jpg
b0184848_17503114.jpg
b0184848_1750372.jpg
b0184848_17504264.jpg
b0184848_17504938.jpg
b0184848_17505598.jpg
b0184848_1751169.jpg


by granpatoshi | 2017-10-25 07:00 | 風景 | Comments(0)
2017年 10月 23日
会津の旅 その1 五色沼散策
秋の会津を楽しもうと裏磐梯を目指して出発、5時間半のドライブで裏磐梯ビジターセンターに到着です。
支度を調え、五色沼散策に出発します。最初の毘沙門沼は自然探勝路の入り口にあるので、観光バスで
訪れた大勢の観光客で大賑わい。

毘沙門沼を過ぎると本格的な森の中の散策コースになります。植生保護のためか探勝路と池の間の草木は
ほとんど伐採されず、また池に近寄ることも出来ません。コース全体は比較的アップダウンは少ないものの、
道に岩が露出して滑りやすく歩きにくい場所も。しかし日が差してコバルトブルーに輝く水面が見えると、思わず
見とれて歩みが止まります。コース途中に点在する赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼を縫いながら
自然探勝路は続き、終点の柳沼まで約4キロ。まだ紅葉の最盛期ではなかったものの、ツルウメモドキやズミ、
ナナカマドなどの真っ赤な実がいかにも秋の風情を感じさせてくれました。
b0184848_153131.jpg
b0184848_15311014.jpg
b0184848_15311642.jpg
b0184848_15312223.jpg
b0184848_15312846.jpg
b0184848_15313415.jpg
b0184848_15314012.jpg
b0184848_15314679.jpg
b0184848_15315237.jpg
b0184848_1531593.jpg
b0184848_1532596.jpg
b0184848_15321153.jpg


by granpatoshi | 2017-10-23 07:00 | 風景 | Comments(8)
2017年 10月 17日
上がりも降りも
城南島海浜公園の東端、ボードウォークが途切れるあたりが私の定点ポイント。
敢えて逆光で撮ったり太陽を背にして順光で撮ったりと、好みのアングルで楽しめます。背景に良さげな
雲でもあれば尚良しですが、こればっかりは計算できません。
太陽の位置や雲の広がり方によって空の明るさも違ってくるので、カメラの設定も変えなければならず、
結構忙しいです。北風の時はC滑走路34Rからの離陸を、南風の時はB滑走路22への着陸と、風向きを
選ばずに撮影出来るのが城南島の楽しいところでしょうね。

※明日から会津方面への旅に出ますので、ブログの更新は少し休みます

b0184848_1536661.jpg

b0184848_15361458.jpg
b0184848_15361838.jpg
b0184848_15362475.jpg
b0184848_15363153.jpg
b0184848_15363793.jpg
b0184848_15364456.jpg
b0184848_15365075.jpg


by granpatoshi | 2017-10-17 07:00 | 飛行機
2017年 10月 15日
ヒコーキとジューキ
飛行機と重機。本来、飛行機の着陸エリアには何もないのが当たり前ですが、どうですこの重機の群れ。
2020年に向けて羽田空港の改修が行われていて、駐機場の拡張工事がピークに達しています。飛行機写真
としては邪魔なものが大量に写りこんでいて、主題が絞り込めていない印象ですが、今回は敢えてそこを狙って
みました。この日は祝日で稼働している重機はいつもの半分以下でしたが、それでも何とか工事現場の雰囲気は
出せたかなと。重機のオペレーターで飛行機マニアの人がいたら、これはもう仕事にならんでしょうね^^
b0184848_10461081.jpg
b0184848_10461746.jpg
b0184848_10462495.jpg
b0184848_1046307.jpg
b0184848_10463626.jpg
b0184848_10464252.jpg
b0184848_10464885.jpg
b0184848_1046549.jpg
b0184848_1047029.jpg
b0184848_104754.jpg


by granpatoshi | 2017-10-15 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 10月 13日
猛禽の狩り場
自宅から車で約30分の田園地帯でノビタキ探しです。
最初のポイント、カメラマンが一人もいない。しばらく様子を見るも全然気配なし。第2、第3のポイントもダメ。
例年、ノビタキが2、3羽はいたのに今年はどうしたのだろうか。最後のポイントも稲刈りの終わった田んぼで
落ち穂拾いをしているスズメの大群が飛び回っているだけ。
諦めて機材を仕舞いドアに手をかけたその時、畦道の木にチョウゲンボウが飛びこんできました。慌てて
機材を組み直し、そっと近づいて一気に連写です。そうか、こんな場所は猛禽の格好の狩り場なんだと納得。
お目当てのノビタキにはボウズを喰らいましたが、望外のチョウゲンボウが撮れて気持ち良く撤収しました。
b0184848_15573482.jpg

b0184848_15574342.jpg
b0184848_15575039.jpg
b0184848_15575659.jpg
b0184848_1558145.jpg
b0184848_155879.jpg
b0184848_15581329.jpg
b0184848_15581872.jpg
b0184848_15582492.jpg
b0184848_15583022.jpg
b0184848_15583662.jpg

ショウリョウバッタを捕まえて戻ってきた
b0184848_15584185.jpg


by granpatoshi | 2017-10-13 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 10月 11日
ルフトのジャンボ
3連休最終日、城南島は家族連れで大賑わい。
飛行機撮りの人はほとんどいません。そんな場所にゴーヨンを持ち出すのもどこか場違いな感じがして、
ズームレンズ一本勝負です。5、6機も上がったところでランチェン。南風でB滑走路22への着陸です。
「やっぱりゴーヨン出そうかなぁ」と迷っている時、ルフトハンザのボーイング747-8iが視界に入って
きました。南風運用の時、東から接近してくる着陸機はD滑走路に降りるのが原則ですが、欧米系の
エアラインはしばしばB滑走路22に降りてきます。B滑走路の突き当たりが国際線ターミナルなので、
こっちに降りたい気持ちはよく分かります。Dだと遠すぎて写真にならないのでマニアとしてもBへの
着陸は大歓迎^^。幸先良くジャンボ機が撮れたので気を良くして京浜島へ転戦したのでした。
b0184848_13392815.jpg
b0184848_13393491.jpg
b0184848_13393963.jpg
b0184848_13394447.jpg
b0184848_1339524.jpg
b0184848_1339571.jpg
b0184848_1340876.jpg

b0184848_1518721.jpg


by granpatoshi | 2017-10-11 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 10月 09日
アオゲラとご対面^^
出の悪いヒタキたちを待っていても仕方がないので周辺を探索。
するとクヌギの枝にいたのはアオゲラ。久しぶりのご対面だったのでシャッター連写。
しかし敵も然る者、幹の反対側に隠れたり葉っぱ被りだったりと、なかなかいい場所に
出てくれません。少しずつ間合いを詰めて近づいていくとこちらの気配を察したのか、
一気に遠くへ飛ばれました。しばらくすると森の奥からまるで勝ち誇るかのような
ドラミングの音だけが聞こえてきました。
b0184848_168139.jpg
b0184848_168838.jpg
b0184848_168142.jpg
b0184848_1682065.jpg
b0184848_1682610.jpg
b0184848_1683184.jpg
b0184848_1683761.jpg
b0184848_1684318.jpg


by granpatoshi | 2017-10-09 07:00 | 野鳥 | Comments(6)