2017年 12月 17日
遠距離撮影
京浜島のお立ち台からA滑走路への着陸接地点まで、距離はおよそ3500メートルはあるでしょうか。
APS-Cのカメラに500ミリレンズを装着して撮影しているので、800ミリ相当。気温が高いと望遠レンズの
圧縮効果でメラメラが強調され、機体の輪郭線はグニャッとして解像しません。この日、午後2時を過ぎると
気温が下がりはじめ、加えて強めの東風が低空の淀んだ空気を飛ばしてくれたので、遠距離でも何とか解像
するようになりました。飛行機の後方に見える山並みは東京湾を挟んだ対岸の千葉県木更津方面。
これからの季節、強い風が吹いて寒くなればなるほどクリアな写真が撮れるようになります。吹きっさらしの
お立ち台からの眺めも上々です^^。

SQのエアバスA350。距離は4000メートル近いでしょう
b0184848_11433220.jpg
b0184848_11433872.jpg

JALのワンワールド塗装のトリプル7
b0184848_1143453.jpg
b0184848_11435224.jpg

A滑走路への最終旋回を終えたANAの787。後続はJALの737
b0184848_11435997.jpg

b0184848_1144831.jpg
b0184848_11441812.jpg
b0184848_11442559.jpg

タッチダウンまで10秒ほど
b0184848_11443217.jpg

まだノーズギアは接地していません
b0184848_11443942.jpg


# by granpatoshi | 2017-12-17 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 12月 15日
ルリビタキと友達になる^^
今日も懲りずにルリビタキ撮影です。
このルリオス君、来たての頃は警戒心が強くてなかなか低い位置には下りてきませんでしたが、ようやく
この場所に慣れたのか地面に降りてエサを探すようになりました。カメラマンは私一人だけなので静かに
していると、向こうさんも安心したのかかなり近くまで寄ってきていろんなポーズで応えてくれました。
姿を見失うと「ゲゲッ、ゲゲッ」という地鳴きで居場所を教えてくれたりしてとてもフレンドリー。こちらの顔を
覚えてくれたのかなぁ^^。
b0184848_17191129.jpg
b0184848_17191924.jpg
b0184848_1719247.jpg
b0184848_17193158.jpg
b0184848_17193621.jpg
b0184848_17194491.jpg
b0184848_17195063.jpg
b0184848_17195738.jpg
b0184848_1720277.jpg
b0184848_1720869.jpg
b0184848_17201584.jpg
b0184848_17202047.jpg


# by granpatoshi | 2017-12-15 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 13日
森のルリビタキ
重い機材を担いで急坂を歩くこと15分、途中で2回ほど休んで呼吸を整えます。今度は急階段を下り、ようやく
ルリビタキのポイントに到着。ここのルリビタキのオスは背中の瑠璃色が濃くてとてもフォトジェニックな個体。
明るい森なので抜けの良い枝に止まってくれれば、これはもう願ったりかなったりの野鳥写真になります。
冬鳥の中でもダントツの人気を誇るルリビタキですから、しっかり撮れると嬉しくなります^^。
b0184848_10202690.jpg
b0184848_10203323.jpg
b0184848_10203980.jpg
b0184848_10204644.jpg
b0184848_10205149.jpg
b0184848_1020581.jpg
b0184848_1021393.jpg
b0184848_1021979.jpg
b0184848_10211412.jpg
b0184848_10212080.jpg


# by granpatoshi | 2017-12-13 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
2017年 12月 11日
スペシャルマーキング
ルフトハンザのフランクフルト~羽田線に特別塗装の飛行機が来ました。
機種は従来通りボーイング747-8ですが、前部胴体に「5 Starhansa」の文字とゴールドの5つ星が誇らしげに
ペイントされています。この「5 Star」はエアラインの運行において“5つ星レベル”のサービスを提供していると
認定されたエアラインに贈る称号だそうで、因みに我が国ではANAが認定されているのだとか。ルフトハンザは
ノーマル塗装以外にも、レトロ塗装やサッカーワールドカップに因んだ特別塗装を施したりと、なかなか見せて
くれます。撮り甲斐のあるエアラインだと思います。
b0184848_114910.jpg
b0184848_1141894.jpg
b0184848_1144423.jpg
b0184848_1145135.jpg
b0184848_1145510.jpg
b0184848_115269.jpg
b0184848_115860.jpg
b0184848_1151347.jpg


# by granpatoshi | 2017-12-11 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 12月 09日
水場のルリビタキ
鳴き声もなくヤマハゼの枝先に飛んで来たルリビタキ。しかし逆光空抜け。
この状態は鳥撮りには最悪のシチュエーションです。順光側に回っている間に逃げられたことが何度もあったので、
ここは我慢で低い枝に降りて来るのを待ちます。一旦地面に降りたものの、フォーカスする間もなく茂みの奥に姿を
消しました。
しかし天は我を見捨てなかった^^。いきなり水場に出て来ました。これこれ、このシーンが撮りたかったのです。
水の流れと岩苔、落葉した木々の葉っぱなどがいい雰囲気を出してくれます。枝止まりはこちらに背景を選択する
余地はありませんが、ここは狭い水場なので狙い通りシットリ感のある写真が撮れました。
b0184848_16413649.jpg

b0184848_16414370.jpg
b0184848_16414944.jpg
b0184848_16415655.jpg
b0184848_1642429.jpg
b0184848_1642976.jpg
b0184848_16421448.jpg


# by granpatoshi | 2017-12-09 07:00 | 野鳥 | Comments(4)