2017年 10月 07日
そろそろ閉幕か
ヒタキ諸兄のご機嫌伺いで5日ぶりに山登り。
ところがです。今日はエゾビタキが2羽だけで、コサメもサメもまったく姿が見えず。
いつもならミズキの木の中で飛び回っているキビメスもサッパリ。一族は早々に移動して
しまったのだろうか。まだ散発的にヒタキたちはやって来るとは思いますが、ヒタキ祭りも
そろそろ閉幕が近いのかもしれません。
b0184848_17451021.jpg

b0184848_17451597.jpg
b0184848_17452190.jpg
b0184848_17452681.jpg
b0184848_17453466.jpg
b0184848_17453956.jpg
b0184848_17454437.jpg
b0184848_17454996.jpg


# by granpatoshi | 2017-10-07 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 10月 05日
デザインいろいろ 
白会社や青会社の飛行機が幅を利かす羽田空港ですが、近頃では海外エアライナーの飛行機もたくさん
飛んで来ます。どんな人がどんな目的で飛行機に乗っているのか、興味は尽きません。飛んでくる飛行機も
いろんな種類があり、塗装デザインを眺めているだけでも楽しいです。
なかでも垂直尾翼は国旗や国花をモチーフにしたもの、オリジナルデザインのものなどさまざまで、航空会社を
印象づける最大のポイント。ここはやはりデザイナーの腕の見せ所でしょうね。
b0184848_15225718.jpg

b0184848_1523426.jpg
b0184848_1523981.jpg
b0184848_15231444.jpg
b0184848_15232085.jpg
b0184848_15232563.jpg
b0184848_15232970.jpg
b0184848_1523364.jpg


# by granpatoshi | 2017-10-05 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 10月 03日
キビメスは強い
キビタキのメスは気が強い。縄張り意識も強いとみえて、ミズキの木の中で2羽が激しいバトルを
繰り返していました。
どこかおっとりした印象のヒタキ類の中で、キビメスは別格。たとえ同類といえども他者を寄せ付けない、
激しい気性の持ち主のようです^^。
b0184848_13125642.jpg
b0184848_1313237.jpg
b0184848_1313847.jpg
b0184848_13131370.jpg
b0184848_13132091.jpg
b0184848_13132416.jpg
b0184848_13133055.jpg
b0184848_1313388.jpg


# by granpatoshi | 2017-10-03 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 10月 01日
素人の考えですが・・・
今日もゴーヨン担いで山登り^^;。
朝のうちはヒタキたちも元気に飛び回っていましたが、お昼近くになるとピタッと動きが止まりました。
野鳥撮影ではよくあることですが、不思議に昼頃から鳥の姿が見えなくなります。
釣りで「朝まずめ」「夕まずめ」という言葉があり、この時間帯は食いが立つのと同じように野鳥も朝と
夕方に集中してエサを食べ、昼間はあまり動かないのでしょうか。
素人考えですが、もしかしたらこれは彼らの体内時計(=太陽の位置?)が関係しているのではないか。
太陽の位置が高くなるにつれて体の活性が低くなり、安全な場所で休息をとっているのかなぁ。
b0184848_21453174.jpg
b0184848_21453828.jpg
b0184848_21454288.jpg
b0184848_21454877.jpg
b0184848_21455486.jpg
b0184848_2146143.jpg
b0184848_2146716.jpg
b0184848_21461134.jpg
b0184848_21461810.jpg
b0184848_21462243.jpg

もう一つ、太陽の高度が高くなる→気温が上がる→上昇気流が発生する→猛禽類が遊弋する・・・本能的に危険を察知しているのかも。

# by granpatoshi | 2017-10-01 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 09月 29日
ヒタキ祭り 第三幕「3兄弟揃う」の巻
ヒタキ祭りの会場、だいぶ活況を呈して参りました^^。
重い機材を担いで山登りしてきたので息を整えようと三脚を地面に置いたとたん、エゾビタキが目の前の枝に
飛び込んで来ました。まずは挨拶代わりに何枚か撮影。周囲を見回すとあちこちでヒタキ類が飛び回っている
ので、こちらも負けずにレンズを振り回して連写です。
ひと段落ついたところでモニター画面をチェックしてみると、嬉しいことにサメビタキが写っていました。
エゾビタキは体が大きく腹部に縦斑があり、コサメビタキは腹部全体が白く、サメビタキは腹部が汚れたような
羽色で、個体数も少ないような気がします。会場に着いてすぐに出くわしたのでファインダーではサメかどうか
判別する余裕もなく、まずはシャッターを切ることに必死でした。
今年もヒタキ3兄弟が揃い踏みで、ヒタキ祭りもいよいよ佳境に入ってきたことを実感しました。

エゾビタキ
b0184848_10262449.jpg
b0184848_10263121.jpg
b0184848_1026362.jpg
b0184848_10264230.jpg

サメビタキ
b0184848_10264784.jpg
b0184848_10265252.jpg
b0184848_10265897.jpg
b0184848_10272100.jpg

コサメビタキ
b0184848_1027953.jpg
b0184848_10271522.jpg
b0184848_10272071.jpg
b0184848_10272459.jpg


# by granpatoshi | 2017-09-29 07:00 | 野鳥 | Comments(2)