2009年 08月 22日
キクイタダキ
標高2000メートルの雲上の水場へ行ってきました。
この水場、平地では冬鳥として観察されるルリビタキやウソなどが
次から次へと水浴びにやってきます。
キクイタダキ、初見初撮りです。その名の通り、頭頂部にちょこんと
乗っている菊の花びらのような黄色い羽が特徴です。
いやその体の小さいこと、国内では最も小さい鳥だそうです。
動きも活発で、すばしっこい。小粒ならが存在感十分な野鳥でした。

b0184848_9351870.jpg
b0184848_9352838.jpg
b0184848_9353875.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-22 09:36 | 野鳥 | Comments(12)
2009年 08月 20日
三脚届きました^^
待ち焦がれていたGT3330LS、昨日ようやく届きました^^。
GITZOのロゴマークが神々しい。早速雲台を取り付けようとして、ここで
大問題が発生。いま使っているSLIKにマンフロットを乗せるため、太ネジを
細ネジに変換するアダプターのネジを噛ませている。このネジを取らないと
三脚に雲台がセット出来ない。

ところがこのネジがっちりと食い込んでいて、どうやっても緩まない・・・orz。
10円硬貨を使ってネジを緩めようとしても、硬貨が曲がるだけ。結局20円の
損失^^;。閉店直前のホームセンターに駆け込んで、マイナスドライバーの
大きいヤツを探すが、ピッタリのものがない。この日は泣く泣く諦めました。
そして今朝、ボーゲンイメージングに電話して状況を説明すると、サービスセンターを
紹介された。幸いなことに会社から近い。会議も上の空で聞き流して(^^;)
おっとりがたなで駆けつける。待つこと1分、無事取れました^^。

さて、帰宅してから三脚に雲台とカメラをセットしてみます。
お~、なかなか良い具合です^^。上から押してみる。しならない(当ったり前)。
三脚ケースにもピタリと収まる。計算通り^^。
重さはどうか?いま使っているSLIKより約500グラム重い。う~む、この差が
フィールドでどう出るか・・・老体にムチ打って頑張るしかないな。
撮影機材はいっちょ前に揃ってきました。しかし、これでヘボ写真の言い訳が
出来なくなりました^^;。
週末はこれを担いで鳥撮りに行くか、はたまた京浜島か・・・嬉しい悩みです^^。

以前の記事で三脚購入の経緯を書いたところ、多くの方から温かいコメントを
いただきましたので、ここに謹んでご報告申し上げます^^。

b0184848_21472016.jpg
b0184848_21473547.jpg
b0184848_21474877.jpg
b0184848_21475882.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-20 21:57 | カメラ・機材 | Comments(8)
2009年 08月 19日
ピンぼけ?
気温31度。滑走路の温度は地表からの輻射熱で恐らく40度を超えているだろう。
遠くから見ると、陽炎がユラユラ立ちのぼっている。撮影ポイントからRW34Lの接地点までの
距離は約3000メートル。焦点距離は500×1.4×1.3=35ミリ換算910ミリ。
これだけの距離だと、望遠レンズの圧縮効果が強くなり、陽炎はユラユラどころか、メラメラという感じだ。

画像をチェックしてみると、どうもピントが来ていないように見える。
とくに接地寸前の画像はひどいピンボケ状態。炎天下、3000メートル先の飛行機を910ミリの焦点距離で
撮影しているので、陽炎もかなり圧縮されるのだろう。
本当は接地の瞬間にタイヤからパッと上がる煙を入れて撮りたかった・・・。

b0184848_1151213.jpg
b0184848_11512015.jpg
b0184848_11513362.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-19 11:52 | 飛行機 | Comments(10)
2009年 08月 18日
巣立ち
先週行ったときはまだヒナが3羽いたこの池。
情報によると、すでに1番子は巣立って行って、いま残っているのは
2番子の一羽のみらしい。そう言えば、この写真を撮った時はヒナが
盛んにお立ち台の周りを飛び回っては、親鳥から威嚇されていました。
巣立ちの準備ということでしょうか。

自然界の掟は厳しいです^^;。
親子といえども自分のテリトリーを侵犯する相手に対しては、容赦ない
追い出しをかけます。まだ幼鳥の特徴が残っているヒナの悲しげな表情が
印象的でした。

巣立ったヒナたちはどこに行ったんだろうか?元気で居るのだろうか?
エサ探しで近くに来たら、ぜひこの池にも立ち寄ってね~。
b0184848_11372883.jpg
b0184848_11374963.jpg
b0184848_11381670.jpg
b0184848_11383251.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-18 11:39 | カワセミ | Comments(8)
2009年 08月 17日
一度やってみたいマーシャラー
飛行機に乗るときは早めに空港に行きます。
その理由は二つ。一つは空港の雰囲気を楽しむため。写真を撮ったり、
ウィンドウショッピングをしたり、スカイショップで飛行機グッズをチェックしたりと、
一時間位はすぐに経ちます。
そして二つめ。私にはこれが大事なんですが、空港で働く地上職員の人たちの
仕事ぶりを眺める事なんです。
   
なかでも私の注目はマーシャラー。
シャモジのお化けのようなパドルを操り、飛行機を誘導する人ですね。
場所によっては、まだ飛行機が視界に入ってくる前から動作に入っている。
両手に持ったパドルを、下からすくい上げるようにして頭の後方まで持ってくる。
パイロットはこの動作を見ながら飛行機を前進させます。
マーシャラーが頭上でパドルを交差させて停止の合図。駐機スポットの停止線に
ピタリと止めます。この一連の動作、流れをみているとまさに飛行機をコントロール
しているという実感が涌いてきます。カッコいいなぁ・・・。
オーケストラの指揮者をやってみたいという人がいますが、私は絶対これ。
一度でいいから、あのお立ち台に立ってマーシャリングをやってみたい。
b0184848_11572126.jpg
b0184848_11573694.jpg
b0184848_11575053.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-17 11:59 | 飛行機 | Comments(14)