2009年 07月 22日
二羽の関係は?
明るい池公園でカワセミの飛びモノに挑戦しました。
この池にはカワセミが止まるポイントが4カ所ほどありますが、一番利用頻度の高いのが
池の中のお立ち台。この日は一羽が止まると、もう一羽がちょっかいを出すような感じで
傍まで飛んでいっては戻ってくる、ということを何回か繰り返していました。

この二羽、親子?兄弟?それとも番?
それによって接近の意味合いも違ってくるんじゃないかなぁ^^;
b0184848_23423283.jpg
b0184848_23424661.jpg
b0184848_23425814.jpg


# by granpatoshi | 2009-07-22 23:44 | カワセミ | Comments(8)
2009年 07月 21日
ひと皮むけたか?
カワセミネタの連続で恐縮です^^;
地元公園でのカワセミ特訓で、止まりモノはそれなりに撮れるようになりましたが、
やはり究極の目標は飛びモノですね。飛びモノにチャレンジしようにもこの公園、
「(距離が)近すぎる」「暗すぎる」「人が多すぎる」の「3大過ぎる問題」があって、
ずっとスランプ状態でした。
そこで友人の薦めで思い切ってフィールド・チェンジ。いや撮れる撮れる^^。
適度な距離感、池が広いので明るい、カワセミの動きも活発。Cマンはそこそこ
居ますが、ギャラリーは少ない。これで撮れなければ「何やってんの」です。

ダイブの瞬間は難しいです。
水中に飛び込むスピードは相当なもので、私のウデではとても追い切れません^^;
そこで今回は水中からの飛び出しを狙ってみました。飛び込む場所を予め予測して
そこに置きピンで待ちます(これがよく外れます)。
飛び込んだ瞬間、ひと呼吸おいてからシャッターを切り始めます。
あとはバシャバシャバシャ・・・それまで私の隣で声高にカワセミ撮影の極意なんぞを
開陳していたオジサン、私の連射音を聞いてから急に静かになりました。

レンズの解像度が低いのはこの際目をつぶってご覧ください(“恐怖のレンズ沼”が
口をパックリ開けて待ってます)。ピントはMFです(なのでピンが甘い^^;)。

入水の瞬間(偶然撮れました^^)
b0184848_14351134.jpg

b0184848_14353785.jpg

b0184848_14361624.jpg

b0184848_14405044.jpg


# by granpatoshi | 2009-07-21 14:45 | カワセミ | Comments(10)
2009年 07月 20日
とっ、撮れました^^ ホバリング!
ついにやりました、あこがれのホバリング^^
連休初日、仲間の人たちといつもの公園でカワセミ・ワークショップを開催。
午前の部は惨敗でしたが、午後からフィールドをチェンジしてそこで猛特訓^^;

そして今日、単独で挑戦。猛特訓の甲斐あって、初めてまともな(?)ホバリングを撮ることが出来ました。
時間は午後4時頃、空は曇天でSSが上がらないため、思い切ってISO感度を上げました。
b0184848_21181831.jpg

b0184848_21183886.jpg

b0184848_21185959.jpg

b0184848_21195434.jpg

b0184848_21201275.jpg


画質の悪さ、ピントの甘さ、背景処理の拙さは自分でも十分承知しています。でもホバリング・シーンを
まともに撮れただけでも嬉しいです^^。
これからも更に上を目指して修行を積んでいきたいと思っています。

# by granpatoshi | 2009-07-20 21:30 | カワセミ | Comments(6)
2009年 07月 18日
何とか飛びモノが・・・^^
今日もいつものカワセミ公園に仲間と出撃。連休初日の割に人出は少なく、
絶好のカワセミ日和。しかし暗い、相変わらずこの公園は暗い。
カワセミのサービスも良く、頻繁にホバリングやダイビングを披露してくれるが
SSが上がらず、飛びモノはあえなく撃沈・・・orz。

意を決して午後は場所替え。車で40分移動して初めてのフィールドに向かう。
ここは広めの池で上が開けているため明るい。これならSSもかなり稼げる。
しかもカメラマンは我々を含めて7人とほぼ貸し切り状態。

という訳で、初めてカワセミの飛びモノを満喫しました^^
日頃の癖でISO感度を上げすぎて画像がざらついていたり、シャッターのタイミングが
合わなかったりと反省点は多々ありますが、まだ今はご愛敬ということで^^;
さらに修行を重ねて参ります。
b0184848_2093720.jpg

b0184848_2010147.jpg

b0184848_20252153.jpg


# by granpatoshi | 2009-07-18 20:11 | カワセミ | Comments(14)
2009年 07月 17日
肥薩線・山線
肥薩線シリーズ第2弾は山線のご紹介です。
肥薩線八代~隼人間のうち、人吉~吉松間を別名“山線”と呼びます。
山線は峠越えをするため、スイッチバックやループ線、トンネルが連続し、鉄道マニアに
大人気の山岳路線。
ここを走る観光列車「いさぶろう・しんぺい」は、古い気動車をアコモデートした車両で、
内装外装ともに一見の価値があります。
列車が大畑(おこば)駅のスイッチバックに差し掛かると、乗り合わせたオバチャンたちの一団が
「アッ、進行方向が変わった」と大はしゃぎ。車内を行き来する運転士を撮影したり、運転席に
駆け寄ったりと、にわかテッチャンに早変わり。
オバチャンたちも興奮する山線は、日本三大車窓の一つもあって、鉄道旅の愉しさが満喫できる
お薦め路線です^^。

吉松駅に鹿児島中央から特急「はやとの風」が到着。ここで「いさぶろう・しんぺい」号に乗り換える
b0184848_1133367.jpg

「いさぶろう・しんぺい」号のエンブレム。スッキリしたいいデザイン
b0184848_11355980.jpg

真幸(まさき)駅のホームで「幸せの鐘」をつく
b0184848_11372487.jpg

トンネルの先には何があるのだろうか
b0184848_11375693.jpg


# by granpatoshi | 2009-07-17 11:40 | 鉄道 | Comments(0)