2009年 08月 08日
SNAはアットホームだ^^
鹿児島出張が決まったのが一週間前。
急いでネットで空席状況をチェック。JもAも空席はあるものの、この時期の
料金はすべて正規運賃。HND~KOJ片道41200円、往復82400円・・・orz。
早割運賃に慣れた身にはこたえる金額です^^;。
ヒコーキオタクとしてはここが頑張り処ですね。次なる手はスカイマークで
福岡まで行き、そこでJACに乗り換える。便を選んでSAAB機に乗れば、以前の
“窓なしフライト”のリベンジも出来ると考えて早速リサーチするが、この方法でも
38300円。う~む、やっぱり高い。と言うことで、最終兵器スカイネットアジア航空に
全てを賭ける。運賃は片道26600円、往復でも53200円。最高値と最安値では
29200円もの差が出る。これは大きい。速攻でWEB予約しました^^。

さてSNA75便に搭乗です。
機材はB737-400。シートバックにモニターはない。天井からも降りてこない。
なので、緊急時の救命胴着の着脱説明はCAが身振り手振りでナマ実演。
羽田発着の便では久しぶりの経験で、とても新鮮でしたね^^。
そして機内アナウンスがこれまたいい^^。
CAを紹介するアナウンスでは「串カツやおでん、食パン、何にでもミソを塗って
食べるのが大好きな名古屋出身の○○です・・・」には笑いました^^。
また子ども向けには「良い子の皆さん、このジェット機は間もなく離陸します。
ジェットコースターに乗る時のように、シートベルトはしっかり締めてくださいね~♪」。
そして鹿児島空港に到着すると「良い子の皆さん、この飛行機は鹿児島空港に到着
しました。皆さん、夏休みの宿題がたくさんあると思いますが、早く宿題を済ませて、
お友達と沢山遊んだり、お父さんやお母さんと一緒に旅行にお出かけしてくださいね」
「では宿題、頑張ってくださいね~、さようなら・・・」。
JやAのようなクールでソフィスティケートされた接客ぶりもいいですが、
SNAのファミリアーな雰囲気、癒されました^^。

そして帰りの84便。
搭乗すると、キャビンクルーは往きの75便とまったく同じメンバー。コクピットクルー
2名も同じ。なんか親近感が涌いてきましたねぇ^^。それを「ミソおでんCA」に伝えると、
コーヒーカップにキャンディを山盛りにして持ってきてくれました^^;。

一度ぜひともSNAへのご搭乗をお勧めします^^。

b0184848_17444014.jpg

b0184848_17445911.jpg

b0184848_17451471.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-08 17:53 | 飛行機 | Comments(8)
2009年 08月 07日
桜島の火山灰を浴びる
鹿児島で九州新幹線を撮ってきました^^。
沖縄の西方で発生した台風8号の影響で、鹿児島県地方は曇り後雨という
予報を裏切るかのように夏空がひろがっていました。これだけ日差しが強いと、
関東地方の軟弱な天気に慣れた体には結構キツイものがありましたが、
男らしい夏空とでもいうんでしょうか、ある意味爽やかな暑さを感じました^^。

トンネルや高架区間の多い九州新幹線、撮るのに苦労します^^;。
ようやく見つけた撮影ポイントで列車がくるのを待ちます。
と、それまで真っ青な空にカンカン照りの太陽だったのが、一転にわかに
かき曇り、何やら妖しい雲が空を覆い始めてきたではありませんか。
雲の色が見慣れた灰色の雨雲と違う。妙に茶色っぽい。
その茶色い雲がだんだん空一面に広がってきた。「あ~、雨が降り出す前に
もうひと編成撮りたいなあ」なんて思っていると突然、「シャー」というか
「ザー」というか、いや何とも表現できない非常に小さな音とともに
小粒の砂みたいなものが降ってきた。色は白っぽいグレーや薄茶色。
一粒の大きさは0.5ミリ以下。瞬く間に全身に降りかかる。首筋にも
入ってきた。頭にも降りかかる。カメラ2台でスタンバイしていた私は
大あわてで車に逃げ込みました。
車は茶色のレンタカー。フロントガラス、天井、ボンネットは見る間に
真っ白になりました^^;。

この不気味な雲の正体はなんと、桜島の噴火で吹き上げられた火山灰の
雲だったのです。この場所は桜島の北東約50キロ。
強い南風に乗ってここまで飛んできたという訳ですね。時間にしたら
わずか15分位で流れ去っていきましたが、始めての経験だけに本音を
言うと実は恐怖すら感じました^^;。

線路に積もった火山灰をまき散らしながら疾走するポケモン新幹線
b0184848_1334829.jpg

車のボンネットもみるみるうちに真っ白
b0184848_134211.jpg

肥薩オレンジ鉄道の車両も火山灰に巻き込まれた
b0184848_1343529.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-07 01:39 | 鉄道 | Comments(10)
2009年 08月 04日
暑中お見舞い申し上げます^^
関東地方は確か7月半ばに「梅雨明けしたと思われる」宣言が出ましたが、その後はずっと
鬱陶しい天気が続いています。スカッと晴れた夏空は一体どこへ行ったのでしょうね。
写真を撮るのに、ピーカンだとコントラストが上がりすぎるので、むしろ曇天気味の方が光が
回っていい雰囲気にはなるのですが、やはり強烈な夏の太陽もたまにはほしいですね。

明日から一泊二日で鹿児島に出張します。
天気が気になりますが、鹿児島地方、明日は曇り、明後日は曇り後雨の予報。
「晴れ男」の異名をほしいままにする私ですので、何とか回復してくれることを信じつつ
行ってきます^^。

一瞬なりとも納涼気分を味わっていただければ・・・^^
b0184848_1765173.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-04 17:11 | 風景 | Comments(12)
2009年 08月 03日
アポロ11号
夕食を終えた後、ベランダに出てボンヤリしていました。
ふと気がつくと南東の空に月。満月ではなく、左の方が少し欠けている。
部屋から急いで撮影道具一式を取り出し、さっそく月面撮影に取り掛かる。
撮影したあとも月を眺めていて、そういえば1969年7月16日、
アポロ11号が人類初の月面着陸に成功したことを思い出しました。
今から40年前の出来事なんですねぇ(わたしゃまだ大学3年生^^;)。

無事地球に帰還したあと、ニール・アームストロング船長、マイケル・コリンズ、
バズ・オルドリンの3宇宙飛行士が来日、銀座をオープンカーでパレードしました。
見に行きましたよ、私も。カッコ良かったな~^^。
空中に浮かんでいるモノは何でも撮りたがる癖で、飛行機、カワセミ以外にも
月を狙ってみました^^。

新兵器GOYON+1.4EXTENDERです。色の補正が難しそうなのであまりいじっていません。
b0184848_21535213.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-03 21:59 | 風景 | Comments(6)
2009年 08月 03日
飛びモノに挑戦
カワセミ撮影の醍醐味として、飛びモノ撮影があります。
その飛びモノにもホバリング、ダイブ、飛び上がり、横っ飛びなど、いくつかの
パターンがあります。

ホバリング撮影の場合、照準器が是非モノです。
長焦点レンズは画角が狭いので一度ファインダーを外すと捕まえるのは至難の技
(というより無理)です。
照準器を付けていればホバリング中のカワセミに赤いドットを合わせるだけ。
シャッターを押す前にファインダーで確認して、あとはシャッターを押します。

私が最も苦手なのがダイブ撮影です。
以前、ブログにも書きましたが、ファインダーを覗きながら飛び出す瞬間を
今か今かと待ちますが、これがなかなか飛び出さない。
自分なりのタイミングで動き出すほんの一瞬前と思う瞬間から連写でシャッターを
切ります(実はこれまで的中したことなし^^;。私のシャッター音に反応して周りの人が
シャッターを切ったりします)。
待ちくたびれて気を抜いた瞬間にダイブしたりして、結構遊ばれます。
横っ飛びも大体同じ傾向にありますので省略^^;。

一番撮りやすいのは水中からの飛び出しです。
水の抵抗に抗って水面に出てきて、そこから重力に逆らって空中に飛び出すので
上昇速度はかなり遅い。飛び込んだ水面に照準器のドットを素早く向けて一気に
連写します(ですので、あまり技術は必要ないです^^;)。
b0184848_1222287.jpg

b0184848_1222485.jpg

b0184848_12245245.jpg


# by granpatoshi | 2009-08-03 12:28 | カワセミ | Comments(12)