2009年 10月 08日
心に沁みる風景
昨年のちょうど今頃、九州・肥薩線(山線)を旅しました。
海沿いを走る肥薩オレンジ鉄道や九州新幹線よりも内陸部を走っていて
トンネル、スイッチバック、ループなどが連なる日本屈指の絶景路線です。

無人の木造駅舎も多く、なかには百年以上経過した駅舎もあります。
集落の人たちが毎日きれいに清掃を行い、古い待合室には花瓶替わりの
空き瓶に山野草がさりげなく飾られていたりして、沿線の人たちの鉄道に
対する暖かい想いが伝わって来ます。
途中下車した駅で、誰もいないホームから線路に脚を下ろして駅弁を
食べましたがその美味しかったこと、「生きていて良かった~^^」。
次の列車が来るまで3時間余り。人口音は一切なく、聞こえてくるのは
野鳥のさえずりのみ。日頃のストレスは吹っ飛んでしまいました^^。

鉄道と花は良く似合う
b0184848_12391633.jpg

田んぼの神様「たのかんさあ」が旅人を見守る
b0184848_12401479.jpg

誰もいない駅はいい
b0184848_12404711.jpg


# by granpatoshi | 2009-10-08 12:42 | 鉄道 | Comments(6)
2009年 10月 07日
湖西線
京都と福井を結ぶ湖西線は、山科で東海道本線と別れると左に比叡山や比良山、
右に琵琶湖を見ながら進みます。高架区間で踏み切りがないので、特急列車は
時速130キロですっ飛ばします。
琵琶湖の北端を過ぎるとやがて北陸本線と合流しますが、その先には北陸トンネル、
デッドセクション、敦賀の大ループといったテッチャンにとってはワクワク・ドキドキの
鉄道設備が待っています^^。
琵琶湖西岸を走る湖西線、東岸を走る北陸本線、いずれも歴史が息づく古い街並みが
続く絶景路線です^^。

683系「サンダーバード」大阪行
b0184848_13183022.jpg

113系
b0184848_1318569.jpg

117系
b0184848_13191384.jpg

485系「雷鳥」金沢行
b0184848_13192764.jpg


# by granpatoshi | 2009-10-07 13:23 | 鉄道 | Comments(2)
2009年 10月 06日
究極の流し撮り
出張帰りの新幹線の車中でボンヤリ外を眺めていると、綺麗な夕焼けが
広がっていた。早速網棚のカメラバッグから愛機を取り出して、ガラス窓に
カメラのレンズを密着させる。SSを遅めに設定し、流し撮りを試みる。

お~、きれいに流れている^^。しかし、手持ちなのでぶれている^^;。
列車の振動や横揺れが影響してイメージ通りの絵にならない・・・orz。
本当は床に三脚を立てて固定すれば良かったのかも知れないが、まさか
満席の車内で三脚立てるだけの勇気はないし、隣の席の人が胡散臭そうに
チラチラ目線を送ってくるので、ほどほどで諦めました。う~む、残念^^;。
b0184848_14531234.jpg
b0184848_14532599.jpg


# by granpatoshi | 2009-10-06 14:56 | 風景 | Comments(8)
2009年 10月 04日
サメビタキ
先週はエゾビタキの群れで賑わっていたこの森も、今日はまったく
姿を見せない。彼らはすでにもう南の国に旅だったのだろう。
そのかわりに居たのがこの一羽のサメビタキ。明るい森の2カ所の
枝を行ったり来たり。これから待ち受けているであろう苦難の旅に
備えて体力を作っているのだろうか、さかんに昆虫を食べていた。
元気に、そして無事に渡りを終えてほしいものだ。

b0184848_2145405.jpg
b0184848_21455195.jpg
b0184848_214651.jpg
b0184848_2146195.jpg
b0184848_21463166.jpg
b0184848_21464222.jpg


# by granpatoshi | 2009-10-04 21:50 | 野鳥 | Comments(12)
2009年 10月 02日
1タミ、チョイ撮り
月曜日から水曜日まで西日本方面に出張してきました。
往きは支援活動の一環として、JALで福岡まで^^。
戻りは、今回の仕事がJR絡みだったため500系と300系を乗り継いで帰ってきました。

さて往きのHND。例によって早めにチェックインした後、搭乗開始までの一時間を有効に
使うため足早に第1ターミナルの展望デッキへ向かいます。本日のユージングランウェイ、
ランディングは34L、デパーチャーは34R。展望デッキ南端のフェンスにへばりついて
着陸機を狙います。
何機か撮った後、ふと房総半島の方角を見ると34Lへの進入コースではなく、34Rへの
コースを降りてくる機体のランディング・ライトを発見。着陸機が集中している時間帯でも
ないのに、離陸の合間を縫うようにANAの777が悠然と34Rに降りてきました。
一瞬ランチェンかと思いましたが、この時間帯に34Rに降りたのはこの一機のみ。
34RはANAが占拠する(?)第2ターミナルに近いので、こんなこともあるのかなぁ?
b0184848_11414228.jpg
b0184848_1142180.jpg
b0184848_11422166.jpg
b0184848_11424247.jpg
b0184848_11425626.jpg


# by granpatoshi | 2009-10-02 11:44 | 飛行機 | Comments(6)