2017年 02月 25日
不満の残る厚木基地
強い北風が吹きすさぶ中、3時間待たされてようやくタロン3機とチッピー2機が離陸。
地上のタキシングはメラメラで解像せず、見事に撃沈です。あとは戻りの際のオーバーヘッドアプローチからの
強烈な左ヒネリに期待です。1時間後、まずタロン編隊が戻って来ましたが、これが何ともゆる~い旋回。
にもかかわらずブレークの瞬間はファインダーからロストしてしまいました(下手くそです)。しかもこんな時に
限って全機タッチ&ゴーを2回も。ヒネリ狙いの場所だったので滑走路は見えず、残念なことをしました。
強風に煽られ、メラメラに泣き、自分としては何とも納得のいかない撮影となりました。
せめてもの慰めはタロンの色付き隊長機300番が飛んだくらいで、意気込んで出かけた割には得るものの
少ない厚木基地でした。

メラメラが強くて解像していません
b0184848_1653065.jpg

ブレークポイントは遠かった
b0184848_16538100.jpg
b0184848_16531324.jpg
b0184848_165319100.jpg
b0184848_16532418.jpg
b0184848_16533139.jpg
b0184848_1653367.jpg

チッピー部隊の隊長機も色無しになってしまった
b0184848_1653417.jpg
b0184848_16534732.jpg

南の島から出張してきた哨戒機P-8ポセイドン
b0184848_16535377.jpg


# by granpatoshi | 2017-02-25 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 02月 23日
女性は強し^^
カケスとアトリで道草を食ってしまい、ようやくルリ場に到着。
最初にやって来たのはメス。ここはどうもメスの縄張りのようで、頻繁に出て来ます。ようやく出て来てくれたオスの
滞在時間はわずか1分ほど。あっと言う間に飛び去りました。

最近やたら「America first」だの「都民ファースト」という言葉を耳にしますので、ここはひとつオーソドックスに
「Lady first」でいきたいと思います。ということでまずはルリ子さんから。白いアイリング、潤んだような黒い瞳が
チャーミングですが、いかにも気の強そうな面構えですね。
b0184848_16293880.jpg

b0184848_16294410.jpg
b0184848_16294922.jpg
b0184848_16295614.jpg
b0184848_1630277.jpg

メスに比べてオスはどこかおっとりした印象。このオスはまだ若い個体のようで、背中の瑠璃色にうっすらと
茶色が残っています。
b0184848_16303490.jpg

b0184848_16304020.jpg
b0184848_16304678.jpg
b0184848_16305191.jpg
b0184848_16305613.jpg


# by granpatoshi | 2017-02-23 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 02月 21日
つれないカケスとフレンドリーなアトリ
森の小径を歩いていると頭上からカケスに呼び止められました^^。
人を呼び止めた割にはあまりいい場所ではなく、小枝が邪魔しています。数カット撮らせてくれただけで飛び去り、
後を追うも込み入った木立の中で写真にはなりませんでした。
諦めてルリビタキのポイントへ向かう途中、出くわしたのは数羽のアトリ。地面に降りて草の実を啄んだり枝で休憩
したりと、暖かい日差しのもとでのんびり過ごしているようです。止まる枝も地上から2メートル位、ほぼ目線の高さで
撮れるのがありがたいです。
b0184848_13422566.jpg

b0184848_13423128.jpg
b0184848_13423852.jpg
b0184848_13424425.jpg
b0184848_13425047.jpg
b0184848_13425749.jpg
b0184848_1343261.jpg
b0184848_1343922.jpg
b0184848_134315100.jpg
b0184848_13432137.jpg

アトリで道草を食っていると、少し先の方で「ヒッヒッ」というルリビタキの鳴き声が聞こえてきたので先を急ぎます(この項つづく)

# by granpatoshi | 2017-02-21 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 02月 19日
ミソッチに翻弄される
今日もミソサザイを撮りに公園へ。
ミソッチがいる雑木林の縁は暗く、ISOを上げ露出もプラス側に補正してスタンバイ。出て来たのは光の
当たり具合が微妙な場所。動きが速いので露出を修正する余裕もなく、露出オーバーの画像を量産して
しまいました。
次の舞台は狭い水路の中。組石の数センチの隙間に入ったり、水路の壁に取り付いたりして動き回ります。
距離は近いとほんの5、6メートル位でしょうか、近すぎて500ミリで追うのは至難の業。それでもどうにか
こうにか杭の上や明るい水際でキャッチすることが出来ました^^。
b0184848_15101849.jpg

b0184848_15102479.jpg
b0184848_15103086.jpg
b0184848_15103682.jpg
b0184848_15104161.jpg
b0184848_15104726.jpg
b0184848_15105340.jpg
b0184848_15105997.jpg
b0184848_151149.jpg
b0184848_15111054.jpg


# by granpatoshi | 2017-02-19 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 02月 17日
梅メジロ
メジロが紅梅の蜜を吸いにやってきました。
本当は「ウメにウグイス」がベストな組み合わせですが、まあ世の中そんなに甘くはないわけでして、
メジロが来てくれただけでも御の字でしょう。ありふれた野鳥ですが、花が絡むと季節を感じます。
ところで花札に描かれている「梅に鶯」、あれはメジロですね^^。
b0184848_17171055.jpg
b0184848_17171710.jpg
b0184848_17172398.jpg
b0184848_17172959.jpg
b0184848_17173558.jpg
b0184848_17174166.jpg
b0184848_17174621.jpg

カケスが飛び回っていましたが、かろうじて撮れたのがこれ
b0184848_17175269.jpg


# by granpatoshi | 2017-02-17 07:00 | 野鳥 | Comments(2)