2017年 07月 08日
信州の旅1 北向観音
信州上田の街から車で30分、別所温泉の小高い山の中腹に北向観音があります。
隣接する天台宗常楽寺の伽藍のひとつとして、平安初期に建立された由緒ある霊場です。善光寺が南向きに建立
された阿弥陀如来をご本尊とするのに対し、北向観音はその名の通り北向きに建立され、ご本尊は千手観音菩薩。
両方をお詣りすることで現世利益と未来往生を成就できるのだそうです。
境内の中でひときわ目を引くのが温泉薬師瑠璃殿。温泉の効能によってさまざまな病を治すという、温泉薬師信仰に
由来するものだとか。現在の建物は文化6(1809)年に再建されたもので、木組みの柱に支えられた舞台造りのお堂は
堂々としています。
周囲には芭蕉や北原白秋、歌舞伎の花柳章太郎などの句碑が立ち、昔から文人墨客に愛されてきたのがわかります。
華やかな温泉街に隣接していながら静かな佇まいを見せる北向観音、人々の信心の深さを感じさせるひとときでした。
b0184848_12253074.jpg

b0184848_12253687.jpg
b0184848_12254238.jpg
b0184848_1225487.jpg
b0184848_12255429.jpg
b0184848_1226059.jpg
b0184848_1226589.jpg
b0184848_12261047.jpg

上田電鉄別所線を走る1000系電車。親会社の東急電鉄から譲り受けたもので、ちょっと懐かしい気がしました。丸窓が特徴です。
b0184848_1226162.jpg
b0184848_12262210.jpg


# by granpatoshi | 2017-07-08 07:00 | 生活 | Comments(2)
2017年 07月 06日
出たとこ勝負の京浜島
飛行機撮影に欠かせないアイテムとしてエアバンドレシーバーがありますが、私は羽田周辺での撮影では使いません。
特に海外エアラインの撮影には、紙に印刷した国際線時刻表とスマホのアプリ「Flightradar 24」があれば十分。
スマホで今どのあたりにいるかを確認すればそれでよし。
D滑走路に降りるはずがBに来たり、特別塗装機やビジネスジェットが飛んで来たりと、事前には予測できない飛行機が
来るとシメシメです。計算通りのこともあればそうでないこともあって、何が飛んでくるか分からないという楽しさが味わえる
京浜島です。

珍しくエアカナダ機がB滑走路に降りてきました
b0184848_10205366.jpg

トリプル7-300ER 飛行機自体は好きな機種ですが、どうもこのデザインが・・・
b0184848_10205996.jpg

南風に煽られて機体が右に傾いています
b0184848_1021535.jpg

吹き流しがほぼ真横に流れているので、強い西風が吹いているのが分かります
b0184848_10211119.jpg

ガルフストリーム 登録番号のBは国籍を表します。中国です
b0184848_10211618.jpg

ウィルミントン・トラスト・カンパニー社のガルフストリームG450。国籍記号Nはアメリカです
b0184848_10212786.jpg

デルタの006便ロサンジェルス行きがC滑走路に向けて目の前をタキシング
b0184848_10213610.jpg

相変わらずトリプル7のジェット排気は強烈です
b0184848_10214172.jpg


# by granpatoshi | 2017-07-06 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 07月 04日
城南島詣で
前日の雨で湿度がやや高めなので、離陸して右ヒネリの際にベーパーを出す機体があるだろうと読んで城南島へ。
しかし天気が回復し、気温も上がってきたので比較的ベーパーが出やすいエアバスA330やボーイング777-300ERも
期待外れ。内陸部の成田と違って沿岸部にある羽田は、気象条件が適していても地理的にベーパーが出にくいのでしょう。
梅雨の時期はベーパーが出やすいので、空模様を睨みながらせっせと通うしかないようです。
b0184848_1446526.jpg
b0184848_14461310.jpg

城南島の東端から撮ると、エアボーン地点まで距離は2000メートル以上。
メラメラが強いとまったく写真になりませんが、この時は何とか解像してくれました
b0184848_1446187.jpg
b0184848_14462333.jpg
b0184848_14462997.jpg
b0184848_1446348.jpg

南風の城南島といえばこのアングル。短いレンズで全体を入れるもよし、
望遠レンズで切り撮ってクローズアップで迫るもよし
b0184848_14463977.jpg
b0184848_14464547.jpg


# by granpatoshi | 2017-07-04 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 07月 02日
グラハン
展望デッキからの飛行機撮影も楽しいですが、一般人が入れない空港の制限区域で働く人たちを眺めるのも
お楽しみの一つです。グランドハンドリング、通称“グラハン”は飛行機を安全かつ定時に運行させるために
地上スタッフが実施するさまざまな作業です。
国内線の場合、飛行機の到着から次の出発までの時間はだいたい1時間。この間、燃料補給、乗客の荷物や
ケータリング材料の積みおろし、機内清掃などスタッフは目の回る忙しさでしょう。定時運航率ではJALもANAも
世界屈指のエアラインですが、それもひとえに「グラハンさん」たちの努力の賜と言っても過言ではないでしょう。

ボーイング777-300。主翼の撓りがいいですねぇ
b0184848_10381.jpg

急上昇するボーイング767。マニアの間では「ドッカン上がり」と呼ばれます
b0184848_1031488.jpg

ボーイング777-300。主翼前縁から細い水蒸気の流れが出ています
b0184848_1032157.jpg

ルフトハンザ715便、エアバスA340がミュンヘンへ向けてご出発
b0184848_10329100.jpg

機長によるプリフライトインスペクション 時計回りで機体を一周して目視で点検します
b0184848_1033538.jpg

コックピットに戻って、今度はプリフライトチェック
b0184848_1034136.jpg

プッシュバック完了。トゥバーを外します
b0184848_1034783.jpg

沖止めの飛行機への搭乗が始まりました
b0184848_1035313.jpg

いろんな特殊車両が機体に取り付いて手際よく作業を進めます
b0184848_1035985.jpg

マーシャラーが駐機場所へ誘導します
b0184848_1041010.jpg

明日から信州方面へ旅に出ますが、ブログの更新は予約投稿で続けます。

# by granpatoshi | 2017-07-02 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 06月 30日
Welcome to Japan
近年とみにアジア方面からのインバウンドが増えているようで、東南アジアの各地と羽田を結ぶ路線が元気です。
キャセイパシフィックとフィリピン航空はトリプル7-300ER、ベトナム航空とシンガポール航空はエアバス社の
最新鋭機A350-900を投入して多くの訪日客を運んでいます。なかでもベトナム航空が最新鋭機を羽田線に
投入してくるとは、ちょっと意外でした。それだけ日本との関係を強化したいという気持ちの表れでしょうか。
LCCが隆盛の一途を辿っていますが、羽田はフルサービスキャリアのみで機材も大型化しています。国内線の
牙城でアジアから飛来する飛行機はひときわ輝いているように見えます。

香港発CX548便 ボーイング777-300ER
b0184848_10583462.jpg
b0184848_10584145.jpg

マニラ発PR422便 ボーイング777-300ER
b0184848_10584793.jpg
b0184848_10585367.jpg

ハノイ発VN384便 エアバスA350-900
b0184848_1059051.jpg
b0184848_1059683.jpg

シンガポール発SQ632便 エアバスA350-900
b0184848_10591195.jpg
b0184848_10591733.jpg


# by granpatoshi | 2017-06-30 07:00 | 飛行機 | Comments(0)