タグ:エアカナダ ( 2 ) タグの人気記事

2016年 05月 10日
♪ Love Letter from Canada ♪
いきなり古くさい楽曲名を出して恐縮です。この飛行機を見て、つい思い出したものですから^^;。
エアカナダのトロント便、ボーイング787-8型機。ライトブルーの機体、垂直尾翼に描かれた赤いメープルリーフが
印象的です。

南風運用の時、東日本方面からアプローチしてくる飛行機は本来はD滑走路に着陸ですが、この日はB滑走路。
Dに降ろされると、国際線ターミナルまで延々とタキシングしなければならず、またA滑走路を横断するのでターミナル
到着まで時間がかかります。Bに降りればランウェイエンドの目の前が国際線ターミナルなので、ルフトハンザの
フランクフルト便ボーイング747-8Iも時たまBに降りてきます。B滑走路のトラフィックが少ない、後方乱流の影響を
受けやすい小型機が後続にいない、などの条件が合えば管制官もリクエストに応えてくれるようです。

エアカナダ機は2時間のステイで再びトロントへ向けて飛び立ちます。
b0184848_1392351.jpg
b0184848_139296.jpg
b0184848_1393567.jpg
b0184848_1394094.jpg
b0184848_1394789.jpg
b0184848_1395297.jpg
b0184848_1395858.jpg
b0184848_1310348.jpg


by granpatoshi | 2016-05-10 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2015年 07月 16日
エアカナダ機の離陸
重役出勤で午後から羽田空港へ。第1ターミナル展望デッキに上がると、台風の前触れの強烈な南風が吹き荒れて
います。両脇をグッと締めて上半身を固定しても、レンズが振られてファインダーの中に飛行機がとらえられないほどの
強風。這々の体で第2ターミナルへ移動します。展望デッキの構造の違いなのか2タミデッキは風もそれほどもなく、
ようやく落ち着いて撮影に取りかかることができました。
今日の目的はエアカナダ機の離陸シーンを撮影すること。定刻より10分遅れでスポットを離れたトロント行き6便が
C滑走路RW16Lに姿を現しました。おもむろに離陸滑走を開始した機体は、3360メートルの滑走路をほぼいっぱいに
使ってエアボーン。飛行距離は1万キロを超えるため、燃料も満載でいかにも重そうです。垂直尾翼に真っ赤な
メープルリーフを描いたライトブルーの機体は、夕闇迫る東の空へゆっくりと消えていきました。
b0184848_22153143.jpg
b0184848_22153616.jpg
b0184848_22154146.jpg
b0184848_22154723.jpg
b0184848_22155328.jpg
b0184848_22155983.jpg
b0184848_2216475.jpg
b0184848_22161143.jpg


by granpatoshi | 2015-07-16 07:30 | 飛行機 | Comments(2)