タグ:カワセミ ( 73 ) タグの人気記事

2016年 07月 31日
カワセミの給餌
ハス池のカワセミの幼鳥、1番子はもう自分で魚を捕ることが出来ますが、2番子はまだ親から魚をもらっています。
しかし親は子どもの自立を促すかのように、口元まで魚を持っていくも離しません。子どもはじれてバタバタしますが、
ただ見せるだけ。この場面は2、3分も続いたでしょうか、ようやく親は魚を与えると飛び去りました。これから先、
給餌の回数はだんだん減ってきて、ついには自分で魚を捕るように仕向けているのでしょう。
b0184848_1055925.jpg
b0184848_1055154.jpg
b0184848_10552190.jpg
b0184848_10552777.jpg
b0184848_10553330.jpg
b0184848_10554011.jpg
b0184848_1055487.jpg
b0184848_10555366.jpg
b0184848_10555844.jpg
b0184848_1056220.jpg


by granpatoshi | 2016-07-31 07:00 | カワセミ | Comments(6)
2016年 07月 29日
ハスカワ^^
野鳥の撮影では鳥と花の絡み、なかでもカワセミの花絡みがいいですね。
この季節だとやはりハスの花に止まる「ハスカワ」でしょう。友人から情報をいただき、早速行って参りました。
朝7時、ハス池に到着すると既に20人ほどの同業者の方々がレンズを向けています。「花に止まった!」と
いう叫び声でカメラマンは一斉に移動。シャッターの連射音が響き渡ります^^。止まっているのは、まだ胸元の
羽が黒い2番子。なぜか親鳥は咲いている花には止まらず、止まるのは花の終わった“シャワーヘッド”ばかり。
しかし子どもでも花にとまってくれればこれはもう御の字、贅沢は言っていられません。何とか目的を達成する
ことが出来て気持ちが軽くなりました^^。(つづく)
b0184848_18112440.jpg
b0184848_18113096.jpg
b0184848_18113542.jpg
b0184848_1811401.jpg
b0184848_18114745.jpg
b0184848_18115399.jpg

一番子はもう自分でエサを獲れるようになりました^^
b0184848_18115833.jpg
b0184848_1812495.jpg
b0184848_1812998.jpg

“シャワーヘッド”に止まる親鳥。ずいぶん羽が傷んでいて、子育ての苦労が偲ばれます
b0184848_18121494.jpg


by granpatoshi | 2016-07-29 07:00 | カワセミ | Comments(4)
2016年 06月 07日
想定外のカワセミ
小高い山のハイキングコース脇にある池の畔で夏鳥の気配を探っていると、やってきたのはエナガの親子^^。
ネムノキの周囲を飛び回ってエサを探していました。と、そこに飛んで来たのは羽が美しいメスのカワセミ成鳥。
数百メートル離れた所を大きな川が流れているので、そちらが本拠地と思われます。川と山の中の小さな池を
行き来しているのでしょう。サンコウチョウやオオルリを探しに山に行って、カワセミを撮影するとは思っても
みませんでした。
b0184848_1621222.jpg
b0184848_1621284.jpg
b0184848_16213345.jpg
b0184848_16213828.jpg
b0184848_16214349.jpg
b0184848_16214865.jpg
b0184848_16215324.jpg
b0184848_16215882.jpg
b0184848_1622361.jpg
b0184848_1622984.jpg


by granpatoshi | 2016-06-07 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 04月 20日
肩の力を抜いて撮る
夏鳥が到着するまでの繋ぎで、多摩川の岸辺を探索してきました。
いつもの場所でいつものカワセミがお出迎えしてくれます^^。公園のカワちゃんと違って人慣れしていないので、
そ~っと近づいてパシャパシャ。糸を垂れる釣り人のそばではオオバンやカイツブリがのんびり遊弋し、上空では
ミサゴがゆったりとソアリングしていました。
とりたてて大騒ぎするような鳥ではないので、撮る方も気持ちを楽にして撮影できます。鳥たちが見せてくれる
何気ない仕草、さまざまな表情・・・それだけで充分にフォトジェニックです^^。
b0184848_1822203.jpg
b0184848_18222512.jpg
b0184848_18223082.jpg
b0184848_18223518.jpg
b0184848_1822407.jpg
b0184848_18224555.jpg
b0184848_18225091.jpg
b0184848_18225555.jpg
b0184848_18225924.jpg
b0184848_1823496.jpg


by granpatoshi | 2016-04-20 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 03月 13日
修行不足
レンズの鼻先9メートルにカワセミ^^。
気持ちを集中させ、飛び出しを狙います。1分経過、微動だにせず。2分経過、まだ動かない。グリップを
握る手のひらが汗でジットリ。ハンカチを出そうと右手を離した瞬間、ポチャン・・・後の祭・・・orz。
慌ててレンズを振るも、撮れたのは突入した直後の水柱と頭が出てくるところだけ^^;。まだまだ修行が
足りませぬ。
b0184848_11225464.jpg
b0184848_1123037.jpg
b0184848_1123954.jpg
b0184848_11231520.jpg
b0184848_11232060.jpg
b0184848_11232619.jpg
b0184848_1123313.jpg
b0184848_1123365.jpg


by granpatoshi | 2016-03-13 07:00 | カワセミ | Comments(2)
2016年 02月 26日
経験不足
枝に止まって鋭い目付きで水面を睨むカワちゃん

飛んだ!

水中から飛び出してきた時にくわえていたのは、底に沈んでいる落ち葉

おいおい、それは違うだろ^^;

獲物と勘違いしたのか、あるいは目測を誤ったのか・・・

「トライアル&エラー」を繰り返しながら、狩りの技術を習得していくのでしょう
b0184848_2028483.jpg
b0184848_20281135.jpg
b0184848_20281514.jpg
b0184848_20282040.jpg
b0184848_20282549.jpg
b0184848_20283121.jpg
b0184848_20283628.jpg
b0184848_20284185.jpg


by granpatoshi | 2016-02-26 07:00 | カワセミ | Comments(4)
2016年 02月 18日
眼前ホバリング
いやはや、目の前8メートルの距離でホバリングをされた日にはたまりません^^;。
人慣れしているカワちゃん、これでもかと言わんばかりにダイブを繰り返しますが、500ミリでは近すぎて
とてもじゃないけど追い切れない。後ろへ下がると岩などの障害物があってケラレるので、ポジション取りが
難しい。1D4にすればよかったと反省しきり。※写真はすべてノートリミングです^^
b0184848_10255173.jpg

b0184848_10255613.jpg
b0184848_1026116.jpg
b0184848_1026746.jpg
b0184848_10261248.jpg
b0184848_10261776.jpg
b0184848_10262291.jpg
b0184848_10262731.jpg
b0184848_1026329.jpg
b0184848_10263660.jpg


by granpatoshi | 2016-02-18 07:00 | カワセミ | Comments(10)
2016年 01月 25日
こころ変わり
野鳥を撮り始めて間もない頃は「もう何が何でもカワセミ」と、まるで熱に浮かされたようにあちこちに出向いては
カワセミを撮っていました。思えば私を底なしの“機材沼”に引きずり込んだのもカワちゃん^^;。もちろん今でも
居れば撮りますが、近頃はいたって冷静に対応しています。
本当は別の鳥を探しに行ったのですが見当たらず、池のほとりにひっそりといたカワセミをパシャパシャ。むしろ
水浴びに来たメジロを撮った枚数の方が多いくらいでした。
b0184848_1051999.jpg

b0184848_10511482.jpg
b0184848_10511954.jpg
b0184848_10512563.jpg
b0184848_10513153.jpg
b0184848_10513786.jpg
b0184848_10514572.jpg
b0184848_10515042.jpg
b0184848_10515647.jpg
b0184848_1052110.jpg


by granpatoshi | 2016-01-25 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2016年 01月 19日
優先順位に悩む
「チチッ、チチッ」という地鳴きの声とともに出て来たのはミソサザイ。
暗い林のへりを転々と移動するので、ファインダーに捉えるのが大変です。お仲間に助けられて何とか
今季初撮りすることができました^^。
ミソッチがチョロチョロしている近くの池にはカワちゃん。皆さん、カワセミそっちのけでミソサザイに集中
しているので、独り私がお相手を務めさせていただきました^^。

ミソサザイが鳴きだしたので近くにいる、でもカワセミは目の前にいる・・・こんな状況、困りますねぇ^^。
でもプライオリティーが高いのはやはりミソッチですね。
b0184848_15104024.jpg
b0184848_15104690.jpg
b0184848_15105133.jpg
b0184848_15105647.jpg
b0184848_1511195.jpg
b0184848_1511615.jpg
b0184848_15111169.jpg
b0184848_15111621.jpg


by granpatoshi | 2016-01-19 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 09月 10日
鋭い目付きは親譲り
当歳の若オスクンです。まだ体つきに幼さが残っていますが、眼光の鋭さはイッチョマエ。
そして近くを人が歩いても動じないところは立派^^。曇って日差しがないのでカワセミ独特の構造色は発色が
弱く、背中のコバルトブルーも輝きがイマイチ。朝食にヌマエビと小魚を食べて、何処かへ飛び去りました。
b0184848_12402036.jpg

b0184848_12402544.jpg
b0184848_12403033.jpg
b0184848_12403548.jpg
b0184848_12404189.jpg
b0184848_12404932.jpg
b0184848_1240553.jpg
b0184848_1241287.jpg


〈おまけの写真〉
雨台風の18号が日本海へ抜け、夕方には青空が広がってきました。
西の空はピーカンなのに、自宅周辺は横殴りの強い雨。その雨が止むと、南東の空に大きな虹が出現^^。
空気中に大量の雨粒があるため、色の濃い鮮やかな虹でした。しかし、夜には再び本降りとなりました。
b0184848_17564549.jpg

b0184848_17565266.jpg

二筋の虹です
b0184848_1757467.jpg

太陽の位置が変わると、虹の位置も動きます
b0184848_17571189.jpg


by granpatoshi | 2015-09-10 07:00 | カワセミ | Comments(2)