タグ:キクイタダキ ( 8 ) タグの人気記事

2017年 02月 15日
逃した鳥は大きい
b0184848_18332184.jpg

朝食後、日課のウォーキングに行く途中、自宅マンションの裏の公園を歩いていてふと上を見上げると、桜の枝の
先端付近で2羽の鳥がホバリングを繰り返しています。どう見てもあれはキクイタダキ。まさかこんな処にと最初は
目を疑いましたが、特徴ある羽の模様も確認できたので間違いなくキクイタダキです。しばらく見ていると杉の木の
中に隠れたのでその場を離れてウォーキングを続けました。30分後に公園に戻り、先ほどと同じ場所を見ると何と
まだ居るではありませんか。
「こりゃいかん」と、慌てて自宅に戻り三脚に500ミリをセットして公園に急行。この間わずか数分。息せき切って
駆けつけるも鳥影なし。戻って来ることを願ってその場で30分ほど待ちましたが再び姿を見ることはありません
でした。ウォーキングに行っていた30分の間同じ場所にいたのに、わずか数分の差で撮り逃がしてしまった。
その後も何度か見に行きましたが、ついぞ姿を見ることはありませんでした。「逃した魚は大きい」といいますが、
「逃した日本一小さい鳥」は大きな獲物だったのに、残念無念。悔しい~。
お断り:あまりにも悔しいので、以前撮影したおキクさんの写真をアップいたします。

by granpatoshi | 2017-02-15 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
2016年 03月 03日
葉っぱの裏からコンニチハ^^
「今日は何か鳥が居るかな?」ではなく、たとえルリビタキが呼ぼうがイカルが手招きしようが「今日はキクイタダキを撮る!」と、
固く決意して森へ。ポイントへ行くと、すでに2羽が杉の木立を出たり入ったり。しかし大体が杉の葉の裏側ばかりで、なかなか
全身を撮らせてもらえません。「ここと思えば、またあちら」で三脚を抱えて右往左往^^;。
「小さい、高い、速い」の三重苦に喘ぎながらも、ようやく全身を撮ることが出来た時は思わず「はぁ~」と、ため息。2時間近くに
わたってバトルを繰り広げたことで疲労困憊。まったくもって難儀な鳥です、おキクさん。
b0184848_22304172.jpg

b0184848_2230482.jpg
b0184848_2230555.jpg
b0184848_2231363.jpg

やっと全身を見せてくれました(背中だけど^^)
b0184848_22311032.jpg
b0184848_22311534.jpg
b0184848_22312399.jpg
b0184848_22313659.jpg
b0184848_22314172.jpg
b0184848_22314796.jpg


by granpatoshi | 2016-03-03 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 02月 28日
歩留まり率4%
日本に生息する野鳥の中ではもっとも小さいキクイタダキ、体長は10センチほどです。
小さいうえにまあ動きの速いこと、まともに撮らせてもらえません。杉の木立を出たり入ったりしているところを
肉眼で追いながらファインダーに捉えたと思った次の瞬間、もうそこにはいない。シャッター連写するも空撃ち
ばかりで、歯が立ちません。250ショットほどシャッターを切って、何とか残せそうな画像は僅か10カット程度。
惨憺たる結果で話になりません。では、貴重な証拠写真をどぞっ^^;。
b0184848_10351289.jpg

b0184848_10351980.jpg
b0184848_10352439.jpg
b0184848_10353060.jpg
b0184848_10353662.jpg
b0184848_10354291.jpg
b0184848_10354739.jpg

あれぇ、いつの間にかウグイスに替わってる^^:
b0184848_10355224.jpg


by granpatoshi | 2016-02-28 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 01月 24日
雪レフの効果絶大なり、キクイタダキ^^
日本最小の野鳥キクイタダキは単独で行動することは少なく、大抵はエナガやヒガラの群れに
混じっています。ヒガラだって十分小さいのに、キクちゃんはそれを上回る小ささ。いやもう動きが
速いのなんの、画角が狭い500ミリレンズだと直ぐにフレームアウトしてしまいます。
まずファインダーから顔を離して両眼でターゲットを確認、素早く位置を確認しながらファインダーで
捉えた(と思った)瞬間、AFボタンを押し込みながら一気にバースト連射します、と書けば簡単そう
ですがこれがなかなかどうして^^;。
先週の撮影でしたのでまだ木の根元に雪が残っていて、雪レフ効果でシャッター速度が上がり、
何とか写し止めることが出来ました(^.^)/。
b0184848_9523055.jpg
b0184848_9523766.jpg
b0184848_9524375.jpg
b0184848_9525059.jpg
b0184848_9525632.jpg
b0184848_953153.jpg
b0184848_953891.jpg


by granpatoshi | 2013-01-24 09:54 | 野鳥 | Comments(10)
2013年 01月 10日
お手軽キクイタダキ撮影^^
家内が美術館に絵を見に行ったので、お迎えがてら都内の公園へ軽装備で出撃して
まいりました。春は桜の名所のこの公園も、厳寒期の今は散策する人影もまばら。
ポイントに到着すると、地元の常連さんお二人がさかんに大砲を連射しています。
見ると、2羽のキクイタダキが杉の木の中でホバリング中^^。挨拶をしてさっそく戦列に
加わります。今回は100-400ズームレンズの手持ち勝負。
立ち位置を自由に変えられるし、直進式ズームレンズなので標的を捉えるのは割と
容易です。しかし、相手は名にし負うおチビさん。動きが速くてあちこち飛び回るので、
アッという間にフレームアウト。30分ほど格闘して、200ショットほど撮影しましたが、
ピン抜けや被写体ブレ画像を量産、残せる画像は一割以下でした。
次は長玉を持ち込んで再度チャレンジしたいと思います。
b0184848_23415540.jpg
b0184848_2342571.jpg
b0184848_23421066.jpg
b0184848_23421747.jpg
b0184848_23422355.jpg


公園の中央部、桜の枝に止まっていたのはワカケホンセイインコ。飼育されていた
ものが篭脱けして繁殖したとのことです。ある大学構内にねぐらがあって、夕方に
なると1000羽を超えるワカケホンセイインコが集結するそうです。
b0184848_2343550.jpg


by granpatoshi | 2013-01-10 23:59 | 野鳥 | Comments(6)
2012年 12月 30日
鳥納め^^
年末は天気が崩れるとの予報に、急きょ予定を変更して地元の公園に撮り納めに行って参りました。
水場ではアオジ、クロジ、ヒガラ、ジョウビタキ、シメなどの冬鳥たちがオールスターキャストで暮れのご挨拶。
そして大トリはキクイタダキ。日本一小さい鳥が大トリを取るという面白い趣向で、一年間の幕を閉じました^^。
b0184848_10295877.jpg
b0184848_10294761.jpg
b0184848_10301463.jpg
b0184848_1030186.jpg
b0184848_10302792.jpg
b0184848_10301383.jpg

さて、今年も残すところあと二日。
私の拙いブログを応援して下さった皆様、フィールドでご一緒させていただいた方々、飲み会でワイワイガヤガヤと
楽しい時間を共有させてもらったお仲間の諸兄、一年間お世話になり、ありがとうございましたm(・_・)m。
皆様からの温かいコメントに励まされ、また素晴らしい写真から刺激を受け、下手は下手なりに楽しい「写真生活」を
送ることができました。来年はさらに精進して写真の腕を磨きたいと存じますので、宜しくご指導ご鞭撻のほどお願い
申し上げます。
それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください (^_^)/~~~。

by granpatoshi | 2012-12-30 10:43 | 野鳥 | Comments(8)
2012年 12月 28日
日本最小
全長10センチ、体重は5グラムほどの大きさで、日本に生息する野鳥の中では
最小の部類に入るそうです、キクイタダキ。頭頂部の黄色い冠羽が菊の花びらに
似ているところから、「菊を戴く」でこの名がつきました。
マイフィールドの公園でも何度か姿を見たことはありましたが、小さいうえに動きが
速く、しかも鳥までの距離も遠いので撮影は半ば諦めていました。何となくモヤモヤ
していたところに友人からお誘いをいただき、別のフィールドまで足を延ばして撮りに
行ってきました。大の男がこんな小さな鳥を追いかけ回してと自分でも思いますが、
相手が日本一小さい鳥と聞けば、俄然ファイトも湧いてくるというものです^^。
至近距離だと10メートル位の枝先に来て愛嬌を振りまいてくれるので、これまでの
鬱憤を晴らすかのように連射しまくりました^^。写真はすべてノートリミングです。
b0184848_2344723.jpg
b0184848_23441566.jpg
b0184848_23442556.jpg
b0184848_23443471.jpg
b0184848_23444221.jpg
b0184848_23445022.jpg
b0184848_23445977.jpg
b0184848_2345732.jpg
b0184848_23451587.jpg
b0184848_23452292.jpg


by granpatoshi | 2012-12-28 00:02 | 野鳥 | Comments(10)
2010年 06月 18日
♪ 富士山はきょうも晴れだった ♪
梅雨の晴れ間で朝から日差しが強い。こんな日はお山に登るに限ります。
富士山スカイライン経由で五合目を目指します。標高1500メートルの水ゲ塚駐車場は
絶好の富士山展望ポイント。車から降りると空気はヒンヤリ、目の前に富士山がドーンと
そびえています^^。五合目付近に宝永火口が大きな口を広げているので、富士山の形が
ちょっといびつ。
次の休憩ポイントは標高1600メートル、2合目の高鉢駐車場。駐車場といっても原生林の
中にあって、路面はアスファルトではなく、砂利を固めて敷き詰めています。ここでちょっと
コーヒーブレイク。バーナーでお湯を沸かしコーヒーパックに注ぐと、あたりに芳醇な香りが
漂います。野鳥の声を聞きながら飲むコーヒーの美味しいこと、まさに天国です^^。
しばし休憩の後、五合目に向かいます。高度が上がるにつれ、空の青さが濃くなっていく
のがわかります。五合目の駐車場で待っているとルリビタキのメスとキクイタダキが挨拶に
来てくれました。いつ来ても富士山は気持ちのいいところです^^。
b0184848_12154124.jpg
b0184848_12155249.jpg
b0184848_1216446.jpg
b0184848_12161571.jpg
b0184848_12162665.jpg


by granpatoshi | 2010-06-18 12:18 | 風景 | Comments(10)