タグ:コアジサシ ( 21 ) タグの人気記事

2017年 06月 22日
コアジサシになめられる
京浜島のお立ち台で飛行機を撮っていると、目の前の運河をコアジサシが2羽。
強烈な南風が吹いていて、追い風に乗るとアッという間に飛び抜けますが、風に抗って飛んでいる時はかなり
スロースピード。よし、チャンスだ!とレンズを向けた瞬間、急降下。とてもじゃないけど追い切れません。
近いとレンズの鼻先数メートルのところでホバリングをするじゃありませんか。ところがこっちは飛行機撮影用に
レンズのフォーカスリミッターを10m~∞に設定しているので合焦せず。シャッター速度も遅めに設定していた
のでブレブレ写真を連発します。
強風下での飛びモノ撮影は難しい。「ほれ、近くへ行ってやるから撮ってみろ」と言われてもねぇ。
b0184848_12193539.jpg

b0184848_12194290.jpg
b0184848_12194781.jpg
b0184848_12195378.jpg
b0184848_12195967.jpg
b0184848_1220682.jpg
b0184848_12201332.jpg
b0184848_12201822.jpg


by granpatoshi | 2017-06-22 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 06月 08日
城南島でのお楽しみ
城南島といえば飛行機だけではありません、船と水鳥。
東京港に出入りする船を見ているだけでも楽しいし、水鳥も立派な被写体になります。東京都港湾局の統計によれば、
東京港に入港する船の数は大小合わせて年間約2万5千隻にもなるそうです。船は物流の担い手として大きな役割を
果たしているのだということを実感しますね。

上海の海運会社が運行している「NEW MINGZHOU 16」
b0184848_15315998.jpg

Pan Ocean社のコンテナ船「POS TOKYO」日本と韓国を結んでいます
b0184848_1532663.jpg

大型船の入出港には欠かせないタグボート「おおい」。出力は3600馬力もあるそうです
b0184848_15321369.jpg

Orient Overseas Container Limited社のコンテナ船「OOCL AUSTRALIA」がタグボート「おおい」にエスコートされて入港
b0184848_15322965.jpg

高輪消防署所属の消防艇「ありあけ」 4丁の放水銃がカッコいいです
b0184848_15323652.jpg

東海汽船のジェットフォイル「セブンアイランド大漁」大漁旗のデザインです。飛行機でおなじみボーイング社製です
b0184848_15324539.jpg


そして水鳥といえば、いまの時期はコアジサシ。
飛行機撮影の合間にコアジサシ狙いでレンズを海に向けます。この日は潮の加減かエサになる小魚がかなり沖合に
いたようで、あまり近くには寄ってこなかったですが、それでもたまに目の前でホバリングをしてくれるコアジサシもいて、
楽しめました。
b0184848_15473622.jpg

b0184848_15474468.jpg
b0184848_15474995.jpg
b0184848_15475470.jpg


by granpatoshi | 2017-06-08 07:00 | 乗り物 | Comments(2)
2017年 05月 30日
復帰第一戦《コアジサシ飛翔編》
再入院騒ぎで前回の《水絡み編》の続きが遅くなりました。今回の舞台は空です。

コアジサシは飛翔速度が速いので、特に横方向の移動はだいたい振り切られます。またファインダーに捉えながら
動きを追っていて、もう少し接近してきたらシャッターを切るつもりでいると次の瞬間、急に方向を変えて急降下で
フレームアウト。かと思うと、目の前を悠然と横切る輩もいて、もう必死でシャッター切りまくり。こっちが病み上がり
なのを察知してサービスしてくれたのでしょうか、ありがたいことです^^。
b0184848_1625988.jpg
b0184848_163684.jpg
b0184848_1631291.jpg
b0184848_1631947.jpg
b0184848_1632462.jpg
b0184848_1633047.jpg
b0184848_1641176.jpg

《コアジサシ空中バトル編》
おぉ、2羽が空中で接近。てっきりオスが求愛のため空中で給餌をしているのかと思いきや、画像をチェックしてみると
魚を持っていません。ということは、どうもオス同志がバトルをしているようです。ちょっと遠いのが残念ですが、珍しい
シーンを見せてくれました。
b0184848_1661917.jpg

b0184848_1662969.jpg
b0184848_1663749.jpg
b0184848_1664320.jpg
b0184848_1664893.jpg


by granpatoshi | 2017-05-30 16:09 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 05月 17日
復帰第一戦《コアジサシ水絡み編》
体調もだいぶ回復してきたので、待ちに待った復帰第一戦です。
とは言え、まだ重い機材を担いで森の中を探鳥するのは自信がないので、比較的歩きの少ない多摩川の
コアジサシ狙いです。

昨年はほとんど姿を見せなかったコアジサシですが、今年は約20羽ほどが元気に飛び回っては、遡上して
きた稚鮎を狙ってダイブを繰り返します。空中では動きが速くて追い切れずにフレームアウトすること多々。
水面から飛び上がってくるところは多少動きも遅く、何とか追えました。梅雨入り前の天気の良い日に再度
チャレンジしたいと思います。まだ本調子ではないので午前中3時間ほどで切り上げましたが、久しぶりで
500ミリレンズを振り回して気持ちがスッキリしました^^。この項つづく
b0184848_1837521.jpg

b0184848_18371219.jpg

右に写っているのはコイの背びれです
b0184848_18373325.jpg
b0184848_18374011.jpg
b0184848_1837477.jpg
b0184848_18375342.jpg
b0184848_18375964.jpg
b0184848_1838667.jpg
b0184848_18381329.jpg
b0184848_18381951.jpg
b0184848_1838268.jpg

アッ、落とした^^
b0184848_18383212.jpg


by granpatoshi | 2017-05-17 07:00 | 野鳥 | Comments(14)
2016年 06月 11日
鳥と飛行機
それにしても何のヒネリもない、ベタなタイトルですね^^;。

天気も良いし、ひとつ飛行機でも撮りに行くかと出掛けたのは良かったけれど、いつも車を止めていた場所が閉鎖
されていて万事休す。仕方がないので取りあえず城南島へ向かいます。しかし毎度お馴染みのアングルなので、
どの機体を撮っても新鮮味に欠けます。
と、そこに救いの神あらわる。コアジサシです。今季、多摩川のコアジサシは絶不調ですが、空港周辺は数は少ない
ものの、目の前で撮れるのが有り難い。飛行機そっちのけでコアジサシの飛翔に集中したのでした。
この後京浜島に移動し、ルフトのフランクフルト便ボーイング747-8Iの離陸を撮っていると、ここでもコアジサシが
乱舞。結局、飛行機よりもコアジサシの方が撮影枚数が多かったという、ちょっと複雑な心境の一日でした。
b0184848_1012451.jpg
b0184848_1013053.jpg
b0184848_1013442.jpg
b0184848_1014053.jpg
b0184848_1014574.jpg
b0184848_1015078.jpg
b0184848_1015587.jpg
b0184848_102034.jpg
b0184848_102549.jpg
b0184848_1021053.jpg


by granpatoshi | 2016-06-11 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 05月 28日
あっけない幕切れ
朝7時半、河原到着
「い、いない」
たくさんの群れが川面を飛び交っている場面を想像しながら行ったのに、1羽もいない
せっかく早起きして来たのに一体どこへ行ったんだ、コアジサシ
茫然と立ち尽くして途方に暮れているところに、ようやく川下から3羽のコアジサシ登場
「えっ、たったの3羽かよ」とボヤキながら機材をセット、戦闘開始です

堰の下には遡上してきたアユの稚魚が群れていて、そこを目がけてダイブを繰り返します
スイスイと飛び回る姿を撮影してこちらも調子が出て来た矢先、ショータイムは何の前触れもなく突然閉幕、
無情にも3羽は川下に飛び去って行ったのであります。
b0184848_1075364.jpg
b0184848_1075961.jpg
b0184848_108432.jpg
b0184848_108941.jpg
b0184848_1081551.jpg
b0184848_1082054.jpg
b0184848_1082443.jpg
b0184848_1083023.jpg

それにしても、昨日は昼頃からテレビに釘付けになりました。
午後0時半過ぎ、羽田空港で大韓航空機のエンジン火災、2時頃からは東京都知事の記者会見、その後は
サミット関連ニュースや米国大統領の広島訪問と続き、ザッピングしながらテレビの前に座り続けました。
一つひとつがとても重大なニュースなのに、それが半日のうちに起きてしまい、メディア関係者はさぞかし
大変だったろうと思いました。

by granpatoshi | 2016-05-28 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 05月 12日
飛行機がダメなら・・・
メイストームが吹き荒れた翌日、再び京浜島へ。
しかし想像以上に陽炎の影響が大きく、機体の輪郭線はまるでとろけたような画像ばかりで写真になりません。
ということで、メインターゲットをコアジサシに変更します。この運河は多摩川と違って個体数は少ないものの、
下手をすると目の前を飛びます。しかし、フォーカスリミッターを最短にして対処するも、近すぎて追い切れず
フレームアウトすること多々。隣で飛行機を撮っていた人は、私がまったく別の方向にレンズを向けているのを
怪訝そうに見ていました^^。
b0184848_1451995.jpg
b0184848_14511599.jpg
b0184848_1451201.jpg

「海上プロポーズ」3連写
b0184848_14512535.jpg
b0184848_14513177.jpg
b0184848_14513654.jpg

管制塔からの飛行許可は得ていないと思います^^
b0184848_1451416.jpg

バードストライク予防の空砲に驚いて、一斉に飛び出したハマシギ キョウジョシギの群れ
b0184848_14514629.jpg


by granpatoshi | 2016-05-12 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 05月 08日
コアジサシに振り回される
着陸してくる飛行機を撮っていると、レンズの鼻先を横切る“無礼者”が出現^^。
コアジサシです。しかしいくら目の前で飛ばれても、カメラの設定を着陸する飛行機に合わせているので即座には
対応できません。ならばこの際、飛行機はちょっと置いといてコアジサシに専念です。

飛行機はカメラの方向に向かって飛んでくるので視線速度は比較的遅いですが、コアジサシは勝手気ままに高速で
飛び回り、しかも急に方向を変えたりするのでレンズを追随させるのは至難の業。コアジサシを追いながらも次に
進入してくる飛行機を確認し、機種によっては撮影の設定を飛行機仕様に戻したりと、もうトタバタです。しかし
四苦八苦しながらの撮影もまた楽しいものです^^。
b0184848_10332644.jpg
b0184848_10333128.jpg
b0184848_10333764.jpg
b0184848_10334297.jpg
b0184848_10334970.jpg
b0184848_10335643.jpg
b0184848_1034378.jpg
b0184848_1034936.jpg
b0184848_10341565.jpg
b0184848_10342119.jpg


by granpatoshi | 2016-05-08 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2015年 06月 30日
気分爽快!コアジサシの飛びモノ
日差しを遮るもののない川原は気温30度を超えています^^;。熱中症予防のため、ペットボトルを2本用意してコアジサシの
飛びモノを狙います。以前に比べて数がだいぶ減っていて、見渡す限りではざっと十数羽が川面を飛び交っています。
ホバリングから垂直急降下、水面にダイブしてアユを捕まえると低空飛行で対岸方向へ飛び去ります。高速で飛翔する
コアジサシを夢中で追いかけていると、しばし暑さを忘れます^^。
b0184848_2154984.jpg

b0184848_2053373.jpg
b0184848_20534399.jpg
b0184848_20534831.jpg
b0184848_20535370.jpg
b0184848_20535950.jpg
b0184848_2054439.jpg
b0184848_205499.jpg
b0184848_20541514.jpg
b0184848_20542446.jpg
b0184848_20542944.jpg

アオサギをモビングする様は、さしずめ重爆撃機を追撃する戦闘機のようです^^。
b0184848_20543455.jpg


by granpatoshi | 2015-06-30 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 06月 22日
梅雨の晴れ間のコアジサシ
4日ぶりに太陽が顔を出したので、コアジサシを撮りに川原へ^^。
悪天候や猛禽類の出没などで数が減ったり増えたりですが、今日は十数羽が川面を飛び交っていました。それにしても、
実に気持ち良さそうに飛び回ります。川下の中州ではもうヒナが孵っているようですが、デジスコの距離なので専ら親鳥の
飛びモノを狙います。ホバリングからダイブ、そして水面突入までの動きはかなり速いので、モタモタしているとアッという
間にフレームアウトしてしまいます。小魚をゲットすると一目散に堰の方へ飛んでいくけどヒナは川下だし、求愛のため?
それとも自分の食事?
鬱陶しい日が続いたので、川風に吹かれながらのコアジサシ撮影で気持ちもスッキリしました^^。
b0184848_10134330.jpg
b0184848_10134833.jpg
b0184848_10135317.jpg
b0184848_10135877.jpg
b0184848_1014386.jpg
b0184848_1014814.jpg
b0184848_10141412.jpg
b0184848_10142079.jpg
b0184848_10142580.jpg

おっとっと・・・水の流れに脚をすくわれ、あやうくコケそうに^^;
b0184848_10143128.jpg


by granpatoshi | 2015-06-22 07:00 | 野鳥 | Comments(2)