タグ:スターフライヤー ( 9 ) タグの人気記事

2016年 01月 07日
Flying orca
我が故郷、北九州をホームベースにするスターフライヤー。3月には就航10周年を迎えます。
旅客機としては珍しいマットブラック塗装は、空港ではひときわ異彩を放っています。黒と白に塗り分けられた機体は
獰猛さで知られるシャチを連想させますが、スタフラはいたって穏やか^^。全席革張りのシートはピッチも広く、足を
組んでも充分余裕があります。フルサービスキャリアと比べても遜色ない機内サービスで、コーヒーを頼むとタリーズの
オリジナルブレンドコーヒーにビターチョコレートを添えて提供してくれます。
北九州線の昼間の便はJALとのダブルトラックですが、ついスタフラを選んでしまいますね^^。
b0184848_15204130.jpg
b0184848_15204633.jpg

垂直尾翼の右舷側は白、左舷側は黒です
b0184848_15205231.jpg
b0184848_15205847.jpg

主翼端のシャークレット、通常左舷側は黒ですがJA23MCは白
b0184848_1521415.jpg
b0184848_1521930.jpg
b0184848_15211661.jpg
b0184848_15212114.jpg

余談ですが、昨年末で有効期限が切れるスタフラのマイレージがあったので、「セレクト・アイテム」と交換しました。
でもって届いたのが「タリーズコーヒー・オリジナルブレンドセット」。機内でも提供されているタリーズのコーヒーと、
タリーズのロゴ入りステンレスミニボトル。保温性抜群なので、冬場の撮影行には欠かせないアイテムです^^。
b0184848_15254547.jpg


by granpatoshi | 2016-01-07 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 10月 06日
台風と追いかけっこ
昨年秋に他界した父の一周忌の法要を営むため、一泊で北九州の実家へ。往復とも、もちろん“オラが村”のスターフライヤー^^。

さて出発当日。二日前に発生した台風18号が南大東島付近を北上中。本土にまで張り出した雨雲の影響で関東は朝から豪雨。
出発20分前に搭乗ゲートに行くと、出発は25分ディレイ。悪天候により、羽田周辺に着陸機が集中しているので、それを先に
下ろすための措置だという。ようやく30分遅れで出発した我がSFJ075便、離陸のためD滑走路へタキシング中、いきなり停止。
キャプテンからアナウンスがあり、D滑走路の先を大型船が通過中で、高度制限に引っかかるので管制塔からの指示で離陸を
7分間待つという。窓から見ると前に4機、飛行機がターンする時に後ろを見ると後続が8機、都合13機の出発機が延々と
連なっていて、なかなか壮観な眺めでした。しかも先行4機のうち3機がトリプル7。大型機なので離陸間隔も大きくなり、結局離陸
したのは出発予定時刻の1時間後。法事に遅刻するのではないかと、施主としてはひやひやモノでしたが何とか間に合って面子を
保つことができました^^;。

そして翌日の戻り便は080便。懸念していた台風の進路が本州に近づいていて、下手をすると午前中の便は全便欠航の恐れも
出て来ました。キャンセルして新幹線にするか、成り行きで対応するか、運を天に任せて後者を選択します。夜、ネットで確認すると
何と、朝6時30分発の初便から私が予約した便の一つ前の便まで、計5便の欠航が決定。我が080便から運航されるというでは
ありませんか(^^)/。もう天にも昇る心地でしたね。往路は台風の接近よりも早い到着を願い、復路は台風が早く遠ざかるのを
祈りながらの帰省と相成りました。

お~い、早く乗せてくれぃ
b0184848_1833685.jpg

岡山を過ぎると降下に入ります
b0184848_1834220.jpg

非情な文字が連なります。5分遅れで出発のJALは欠航
b0184848_1834737.jpg

北九州は台風一過、天候が回復しています
b0184848_1835277.jpg

水平線の出し方、失敗しますた
b0184848_1835863.jpg

エアボーンするとすぐに右90度旋回
b0184848_184477.jpg

大島・三原山にかかる雲
b0184848_1841013.jpg

D滑走路を横目にRW34Lに着陸
b0184848_1841576.jpg


by granpatoshi | 2014-10-06 18:06 | 飛行機 | Comments(2)
2013年 08月 04日
迎撃成功(^^)/ スターフライヤー・シャークレット機
シークレット機ではありません、シャークレット機^^。
オラが故郷のエアライン、スターフライヤー(SFJ)はエアバスA320型機を飛ばしていますが、6月末に
新型機を導入。機種は同じA320ですが、両翼端にシャークレットと呼ばれるフェンスを装着しています。
これにより、燃費が4%改善されるそうです。
国内ではSFJとLCCのジェットスタージャパンがシャークレット機を導入していますが、羽田空港で見る
ことが出来るのはまだSFJのJA20MC一機だけ。一見するとボーイング737-800型機に似ていますが、
こちらのフェンスの方がやや小振り。SFJが今後導入する機材はすべてシャークレット機になるとのこと。
従来のウィングチップ機よりも機影が一段とスマートでシャープになりました^^。
b0184848_17353019.jpg
b0184848_1735381.jpg
b0184848_17354349.jpg
b0184848_17355079.jpg
b0184848_17355570.jpg

こちらが従来のウィングチップ装着機
b0184848_17361100.jpg


by granpatoshi | 2013-08-04 17:38 | 飛行機 | Comments(2)
2013年 07月 29日
フライト・ドキュメント「嵐の中の着陸」
b0184848_12554595.jpg

定刻より15分遅れて北九州空港を離陸したスターフライヤー88便は、一路羽田空港に向けて順調に
飛行を続けています。高度9千メートルから見下ろすと、下はべったりと雲に覆われ、あちこちで積乱雲が
発達中。紀伊半島を越えて遠州灘に入ると、飛行機は徐々に高度を下げ始めます。
羽田空港に北と南からの到着便が集中する時間帯だと飛行機の間隔調整のため、西日本からの便は
御前崎付近で南に変針させられ、極端な場合は伊豆七島の南まで南下してから北上することもありますが、
今日はほぼ直線飛行で羽田に向けて降下していきます。

伊豆半島下田の上空を経て相模湾に入ると、陸地側の空に厚く張り付いている雲の塊からさかんに
稲光が発生し、夜目にも雲の形がハッキリ見えます。座席モニターで航跡を見ると、飛行機は館山付近から
房総半島を縦断しながら北上。このまま進めば、今日の着陸はB滑走RW22のようです。
さらに北上を続け、千葉市付近まで来てそろそろ左へ変針だなと思っていた矢先、エンジン音が急に高まり
上昇しながら右旋回。静かな客室に甲高いエンジン音が響きます。

雲の中に入ったので地上の明かりはまったく見えません。飛行機は千葉県四街道付近で右180度旋回、
今度は南下します。「操縦室からの連絡では、羽田空港の天候急変により、着陸滑走路が変更になりました。
皆様のご到着が遅れますことをお詫び申し上げます」と機内アナウンス。旅を急いでいる人には申し訳ない
けれど、私は内心ニッコリ^^。このまま天候不良が続いた場合、もしかしたら成田空港へダイバートするかも
しれないと、不謹慎な期待が頭をもたげます^^;。

九十九里の海岸線を左に見ながら更に南下を続け、房総半島中央部で右に変針。木更津を経由して最終
着陸コースに乗ります。高度300メートルまで降下してもまだ雲の中で、地上の明かりは見えません。
機体は上下に小刻みに揺れ続け、気流の激しさが伝わってきます。コックピットは緊張の連続でしょう。
飛行機が東京湾にさしかかるとようやく雲の切れ間から地上の明かりが見え始め、同時に機体を打つ雨の
音が激しさを増してきました。
少々の雨であれば、機体に降り注ぐ雨は気流に押し流されて窓にかかることはありませんが、今日は激しい
水流が窓を覆っています。やがて左斜め前方に京浜工業地帯の工場の明かりが見え始め、ついに滑走路端
を通過。スターフライヤー88便は羽田空港C滑走路RW34Rに無事着陸しました。

成田空港へのダイバートは夢と消えましたが、滝のようなゲリラ豪雨の中での着陸は初めての経験。
予定時間よりも20分遅れての到着でしたが、私には「20分長く飛行機に乗れて良かった(^^)/」という、
いかにも“ヒコーキ・オタク”っぽい余韻にひたりながら空港を後にしたのでした^^。

これがその時の飛行経路です
b0184848_137268.jpg


by granpatoshi | 2013-07-29 13:17 | 飛行機 | Comments(8)
2012年 06月 28日
ブラックバード
民間航空では珍しく機体をブラック塗装したスターフライヤー。
使用機材はエアバスA320-200。コードシェアしている全日空でも使用している
飛行機ですが、全日空のトリトンブルーよりもキリッと引き締まった印象です^^。
垂直尾翼と翼端のウィングチップは左舷側が黒、右舷側は白に塗り分けられていて、
塗装デザインもなかなかオシャレ。
機内のシートも黒の革張りで全席モニター付き。料金はフルサービスキャリアよりも
低めに設定されていますが、サービス・コンセプトは「ホスピタリティ」というだけあって
機内サービスは大手2社と比較しても遜色ありません。
最近では福岡~羽田線を開設し、7月には初の国際線として北九州~韓国プサン線も
開設するそうで、我が郷土の翼はますます大きく羽ばたいています^^。
b0184848_10182079.jpg
b0184848_10183318.jpg
b0184848_10184359.jpg
b0184848_10185525.jpg
b0184848_10191523.jpg
b0184848_10193261.jpg
b0184848_10194146.jpg


by granpatoshi | 2012-06-28 10:20 | 飛行機 | Comments(4)
2011年 04月 28日
City of Kitakyushu
オラが町の飛行機STARFLYER^^。
グッドデザイン賞に輝くブラック&ホワイトの機体塗装が一際目を引きます。翼端ウィングチップと垂直尾翼も
ポートサイドはブラック、スターボードサイドはホワイトに塗り分けられていてベリーナイス^^。そして機体後部
には「City of Kitakyushu」の文字が誇らしげにペイントされています。
インテリアも黒で統一され、シートは本革。座席のピッチも十分ゆとりがあるので、脚を組んでも大丈夫。
国内線では珍しい男性フライトアテンダントも乗務していて、キリッとしたサービスは気持ちがいい。外国人
パイロットも多く、北九州空港に着陸する際の豪快な右ヒネリは何度乗ってもワクワクします。乗って良し、
撮って良し、ユニークなエアラインです。
b0184848_0332976.jpg
b0184848_0333942.jpg
b0184848_0334912.jpg
b0184848_034071.jpg
b0184848_034951.jpg


by granpatoshi | 2011-04-28 00:30 | 飛行機 | Comments(2)
2011年 03月 25日
スタフラ減便・・・orz
東北・関東大震災の影響が、被災地から遠く離れたここ北九州でも出ています。
まず単一乾電池が店頭から消えました。被災地や計画停電を実施している東電管内の地域に送るため、
問屋さんが店頭在庫を一斉に回収したそうです。計画停電が長引きそうなので、実はこちらで乾電池の
予備を買っておこうと思って量販店やホームセンターを回りましたが、考えが甘かった^^;。

そして意外だったのが、我がスターフライヤーが減便していること。スタフラのパイロットは外国人が多く、
休暇で帰国したパイロットに対して、母国が日本への再入国自粛を勧告しているとのことです。新聞報道に
よれば、減便は4月から実施とのことでしたが、本日北九州空港に突撃取材したところ、もうすでに減便は
始まっていました。運航の間隔調整のためでしょうか出発時間も大幅にディレイ、チェックインカウンターは
てんやわんやでした。
被災された方々のご苦労を思えば、乾電池が無いだの、多少飛行機が遅れる位のことは我慢しなければと、
肝に銘じた次第です。
b0184848_2232789.jpg
b0184848_2234169.jpg
b0184848_2235336.jpg
b0184848_224388.jpg


by granpatoshi | 2011-03-25 22:12 | 飛行機 | Comments(8)
2011年 01月 08日
老老介護
私事で恐縮ですが、元日早々北九州の実家で大事件が発生しました。
86歳の母が自宅で転倒して右大腿骨を骨折、救急搬送され緊急入院という大騒ぎ。
押っ取り刀で駆けつけ、病院関係のこまごました用事をこなしたり、自宅に残っている父の面倒見や
介護ヘルパーの手配など、おかげで正月気分は一気に吹っ飛んでしまいました。母は2年前にも
やはり転倒して左大腿骨を骨折、二ヶ月入院したことがありこれで二度目の大ケガです。
幸いにして術後の経過は良好で既にリハビリ訓練も始まりましたが、なんせ高齢ですから回復も遅い
だろうし、また余病を併発する危険性もあって予断を許しません。という訳で当分の間、自宅と実家を
行き来する状況が続きそうで、初撮りはいつになることやら・・・orz。
b0184848_18501882.jpg

b0184848_18503850.jpg
b0184848_18505041.jpg

なお写真と本文は関係ありません^^;。

by granpatoshi | 2011-01-08 18:52 | Comments(10)
2010年 03月 28日
STARFLYER
毎週土曜日の夜11時半から放映されているBSジャパンの飛行機番組「翼の時間」、今回は
SFJでした。実はSFJと私は同郷なんです^^。ですから、たまに帰省するときはSFJを使います。
初めて乗ったときのあの感動は今も忘れられません。全席本革シート、ユッタリした座席ピッチ、
雲の上でいただくタリーズ・コーヒーと森永のビターチョコ・・・CAやパーサーの振る舞いもどこか
キビキビしていて、好感が持てます。
そして世界のエアラインでも例を見ないあの黒い塗装。垂直尾翼と翼端のウィングチップの塗装が
左舷は黒でロゴマークは白ヌキ、右舷は白でロゴマークは黒字。内も外もオシャレな飛行機です。
使用機材はA320というナロウボディの機体ですが、大きからず小さからず、座席に座っていても
狭さや窮屈さを感じさせない快適な旅客機です。
他のエアラインにはないユニークな存在感を示すスターフライヤー、ぜひご搭乗ください^^。
b0184848_1159515.jpg
b0184848_11592177.jpg
b0184848_11593246.jpg


by granpatoshi | 2010-03-28 12:01 | 飛行機 | Comments(8)