タグ:ミサゴ ( 18 ) タグの人気記事

2017年 01月 23日
飛び方いろいろ
鳥ですから空を飛ぶのは当たり前ですが、その飛び方にもいろいろあります。

雁行
カモ類やツル類でよく見られる飛び方で、群れの先頭が羽ばたくと翼端から空気の流れが斜め後方に伸び、
後続はその流れ乗って飛ぶことであまり羽ばたかなくても飛翔できる。これの繰り返しで編隊が左右斜め後方に
伸びていくのがいわゆる雁行です。
b0184848_1841572.jpg

b0184848_1842483.jpg
b0184848_1842921.jpg

見事な雁行です^^
b0184848_18421640.jpg


単独飛翔
本来の習性として単独で生活する鳥や、群れで生活する鳥でも単独で飛ぶ場合があります。

ミサゴ
b0184848_18425468.jpg

オオバン
b0184848_184309.jpg

オナガガモ
b0184848_18435100.jpg
b0184848_18431018.jpg


by granpatoshi | 2017-01-23 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 01月 03日
酉年に因んで
京浜島といえばB滑走路への着陸機やC滑走路からの離陸機を撮る絶好のスポット。
ここで撮影する人は飛行機にレンズを向けているのが普通ですが、なかに明後日の方向にレンズを向けている
男が一人。飛行機の動向を気にしながらも、水面を連写したり明後日の空を連写するなど、奇異な行動をとって
います。そう、空港と京浜島を隔てる運河にいる水鳥や運河の上を飛ぶミサゴを狙っているのです。
今日の本命はミサゴ。実は飛行機に集中していて、気がついたときにはミサゴは通過した後で後ろ姿。ようやく
4回目の航過で目の前を横切る姿を捉えることが出来ました。一瞬、運河にダイブする気配を見せるも途中で
反転上昇。悠然と西の空へ飛び去りました。

ミサゴ
b0184848_1139435.jpg

b0184848_11395151.jpg
b0184848_11395829.jpg

カンムリカイツブリがボラをゲット
b0184848_1140687.jpg

ハジロカイツブリ
b0184848_11401192.jpg

オオバンの若鳥
b0184848_11401636.jpg

ユリカモメが水面で休憩
b0184848_11402267.jpg

漁船の後を追うユリカモメの群れ
b0184848_11403124.jpg


by granpatoshi | 2017-01-03 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 04月 22日
VIPな外道
「外道」などと言ったらミサゴに怒られそうですが、この時の狙いはコアジサシ。
しかしコアジサシはまだ群れが小さく、しかも飛ぶのは対岸側ばかり。これではいくら大砲レンズでも如何とも
しがたく、手を拱いているところに救世主として現れたのがこのミサゴ^^。本命ではないという意味では確かに
外道ですが、外道というわりには大物すぎて嬉しいお土産。目の前でホバリングも見せてくれましたが、食欲を
満たしてくれるような大きな獲物はいなかったようで、悠然と下流の方へ飛び去りました。
b0184848_18295797.jpg

b0184848_1830255.jpg
b0184848_1830733.jpg
b0184848_18301149.jpg
b0184848_18301750.jpg
b0184848_18302578.jpg
b0184848_18303376.jpg
b0184848_18303856.jpg
b0184848_18304357.jpg
b0184848_18304745.jpg


by granpatoshi | 2016-04-22 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 11月 09日
美味しい話^^
京浜島で飛行機を撮っていた時のことです。
運河の上をお腹の白い鳥がゆっくり旋回しています。どうせカモメだろうと最初は無視していたのですが、気になって
ファインダーで覗いてみると何とこれがミサゴ(^^)/。少しずつ高度を下げてきて、一瞬ダイブの姿勢になりかけるも
再び上昇、西の方に飛び去りました。いやぁ俄然スイッチが入りましたが、残念ながら後が続かず。しかし飛行機を
撮りながらミサゴも撮れる・・・こんな美味しい話は滅多にありません^^。
b0184848_14105630.jpg

b0184848_1411264.jpg
b0184848_1411735.jpg
b0184848_1411127.jpg
b0184848_14111888.jpg

飛行機も撮ったしミサゴも撮った・・・気を良くして撤収準備。車に戻りかけたその時です。なんと今度はチョウゲンボウが
目の前でソアリングしているではありませんか。慌てて機材を取り出して何とか手持ちで撮りましたが、如何せん夕方で
光量不足、しかも強風でレンズが煽られて納得のいく写真は撮れませんでした。
悔しいので後日リベンジに行きましたが、ミサゴはついぞ姿を見せず、チョウゲンボウも一度飛んだだけ。まあ、美味しい
話がそうそう続く訳もないかと、納得したのでした^^。
b0184848_14164084.jpg

b0184848_1413336.jpg

b0184848_14131074.jpg
b0184848_1413164.jpg
b0184848_14132137.jpg

逆光で見難いですが、多分これはキアシシギ。波打ち際の岩に乗って、エサを探していました。
b0184848_14135410.jpg
b0184848_1414181.jpg


by granpatoshi | 2015-11-09 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 10月 22日
鳶、頑張る^^
今季初のミサゴ狙いで川の上流へ。
河原に着くと既にターゲットはいましたが、悲しいかな電線止まり。対岸の枯れ木に移動するも、1時間まったく動かず。
どうも下流で魚を捕って食べたらしく、ここはお休み処のようです。その後、別個体も含めて3回ほど上空を旋回するも
飛び込む気配はなく、そのまま下流へ飛び去りました。今日の狩り場はここではなかったようです。
なかなか戻ってこないミサゴに代わって、トビが水面に何度もダイブ。「なんだ、トンビか」とバカにしちゃあいけません。
完全に主役を食っていて、上空を通過するミサゴよりも目の前の水面にダイブするトビ君の方が、よほど撮り応えが
ありました^^;。
b0184848_17524959.jpg
b0184848_17525571.jpg
b0184848_1753066.jpg
b0184848_1753876.jpg
b0184848_17531362.jpg
b0184848_17531972.jpg

あぁ、これがミサゴだったら・・・ちょっとトビに失礼かな^^;
b0184848_17532527.jpg

急降下から・・・
b0184848_17533763.jpg

反転急旋回
b0184848_17534141.jpg

飛び姿、立派です^^
b0184848_17534720.jpg


by granpatoshi | 2015-10-22 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 11月 15日
ミサゴのホバリング
久しぶりでミサゴのご機嫌伺いに行って参りました^^。
現場に到着寸前、すでに主役は川面の上を滑空中。大急ぎで機材をセットして、次の舞台に備えます。
やがて川下方向から飛んできたのはいいけれど上空を通過、遙か彼方の堰の下でダイブ。風が強く
水面にはさざ波が立っていて、上空からでは魚影が見えないのではないかと懸念されます。案の定、
次の飛来では中州の向こう側、穏やかな水面に向かってダイブ。派手に上がる水しぶきだけが見えます。
結局ホバリングは撮れたものの、視界の範囲内でのダイブは撮れず、ハンティングのシーンは次回の
お楽しみということで撤収いたしました^^。
b0184848_17195620.jpg
b0184848_1720213.jpg
b0184848_17201464.jpg
b0184848_17203331.jpg
b0184848_17203985.jpg
b0184848_17204514.jpg
b0184848_17205030.jpg
b0184848_17205697.jpg

30メートル先の対岸ではカワちゃんも頑張っていました^^。
b0184848_17211629.jpg
b0184848_17212277.jpg


by granpatoshi | 2014-11-15 08:00 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 10月 23日
ミサゴにロックオン
一年ぶりにミサゴ狙いで河原へ。
ミサゴは上空をゆっくり旋回しながら水面を睨み、獲物を見つけると一気にダイブします。通常、AFのフォーカスポイントは
センター1点で撮っていますが、それではミサゴの速い動きに追随できずピントが抜けることもあるので、今回はゾーンAFで
チャレンジです。
飛来してきたミサゴが魚を見つけたようで、ホバリングから身を翻しながら一気に急降下。AFボタンを押しながらレンズを
追随させますが、ピントはしっかり来ています^^。しかし水に入った瞬間、盛大に飛び散る水しぶきにミサゴの体は隠れて
しまい、ピントが抜けました。シャッターを切るタイミングやタイムラグも関係しているのかもしれません。そして、魚を掴んで
水面から飛び出してきたところはしっかりピントを掴んでいます。測距エリアを広く使えるゾーンAFは飛びモノに有効ですね。
b0184848_100366.jpg

b0184848_100824.jpg
b0184848_1001339.jpg
b0184848_1001886.jpg
b0184848_1002333.jpg
b0184848_1002854.jpg
b0184848_1003326.jpg
b0184848_1003872.jpg
b0184848_1004362.jpg
b0184848_1004888.jpg


by granpatoshi | 2014-10-23 10:02 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 09月 28日
今日の獲物はアユとボラ ミサゴの狩り
前回は上空通過、または中州の反対側でダイブされて不完全燃焼だった多摩川のミサゴ。
満を持しての再チャレンジです。午前中は遙か上空を旋回して飛び去り、また今日もダメかといや~な予感。
「よし、今日はダメ元で夕方まで粘るぞ」と自分に言い聞かせ、長期戦に備えます。

待つこと4時間、ようやくミサゴが姿を現しました。かなりの高度を旋回しながら徐々に近づいてきます。
次第に高度を下げながら、水面を凝視して魚を探しています。ミサゴはファインダーにしっかり捉えている。
よし、そのまま行け!と思った瞬間、堰の下の浅瀬に豪快にダイブ。左脚でアユを掴んで飛び上がりました。
そして堰を飛び越え、台風の置き土産の流木のてっぺんに止まって獲物を食べ始めました。
これまで捕獲した魚を掴んで遠くへ飛び去る場面は何度も撮影しましたが、目の前で食べる姿を見るのは
初めて。興奮しながらシャッターを押し続けました^^。

話はこれで終わりではなく、引き続き第2回戦へと続きます^^。
獲物が小さくて満腹にならなかったのか、ミサゴは再び狩り場へ。しかし今度は中州の向こう側でダイブ。姿が
消えたと思ったら今度は大きなボラを掴んで飛び出してきました。下流方向に旋回しながら次第に高度を上げて
いきます。こっちへ来い!という願いも空しく、ミサゴはボラをぶら下げたまま塒の方へと飛び去って行きました。
ふう~、何とか前回の雪辱を果たすことが出来ましたぁ^^。
b0184848_20345426.jpg
b0184848_2035136.jpg
b0184848_2035798.jpg
b0184848_20351268.jpg
b0184848_20351751.jpg
b0184848_20352271.jpg
b0184848_20352778.jpg
b0184848_20353211.jpg
b0184848_20353744.jpg
b0184848_20354178.jpg
b0184848_20354771.jpg
b0184848_2035513.jpg


by granpatoshi | 2013-09-28 00:10 | 野鳥 | Comments(8)
2013年 09月 26日
ミサゴ、飛ぶ
多摩川中流域の堰にミサゴが飛来しているとの情報を聞き、早速撮影に行って参りました。
河原について機材をセット、ほどなくして飛んできましたオスプレイ^^。がしかし、ずっと下流の方でダイブを繰り返すので、
遠すぎて500ミリでも画像が解像しません。その後何度か飛来しては水に飛び込みますが中州の反対側で、こちらからは
派手な水しぶきが上がるのが見えるだけ。前日は岸の近くで何回もダイブしたそうですが、今日はあのダイナミックな狩りの
シーンを撮ること能わず。やがて小雨がパラついて来たのを機に、やむなく撤収と相成りました。
結局今日はタイトル通り、ただミサゴが飛んだだけ。今年のミサゴ初戦はあえなく敗退いたしました^^;。要リベンジです。
b0184848_19231442.jpg
b0184848_19232285.jpg
b0184848_19233058.jpg
b0184848_1923367.jpg
b0184848_19234265.jpg
b0184848_19234873.jpg
b0184848_19235512.jpg

堰を流れ下る水の造形。ミサゴ待ちの合間に超高速シャッターで撮影してみました。
b0184848_19242094.jpg
b0184848_19242627.jpg

b0184848_1931553.jpg


by granpatoshi | 2013-09-26 00:20 | 野鳥 | Comments(6)
2011年 11月 26日
ミサゴ日和^^
先週、友人二人と連れだってミサゴの撮影に行ってきました。ホバリングからダイブ、そして水面への突入まで、ターゲットを
ファインダーのど真ん中に捉えて連写、連写^^。しかし画像をパソコンで拡大して見ると、どうもミサゴの飛びモノの画像が甘い。
原因をと考えていくうちに、ふと思いついたことがあってもしやと思いつつ確認してみると、案の定500ミリレンズのISスイッチが
オフになっていました。結局、この日撮影した画像はすべてボツにしました・・・orz。

そして昨日、リベンジのため再度出撃^^。今度は万全の態勢(と言っても、単にISのスイッチをオンにしただけですが^^;)で、
いつもの川岸に向かいました。快晴、無風。水面には沢山の水鳥たちが飛び交い、小魚を補食しています。舞台は整い、あとは
主役の登場を待つのみです。やがて下流からミサゴが飛来。2、3回上空を旋回した後、ホバリングからいきなりダイブ。豪快な
水しぶきを上げながら脚から水面に突入し、小型のボラをガッチリと掴んで飛び上がってきました。川岸に林立するカメラの集団に
向かって、まるで獲物を自慢するかのようにゆっくり旋回しながら遠ざかって行きました。今回はISもしっかり効いて、安心して
撮影することが出来ました^^。
b0184848_10344226.jpg
b0184848_10344928.jpg
b0184848_10345911.jpg
b0184848_1035762.jpg

こちらは若。水しぶきだけはイッチョ前ですが、見事に空振り^^;
b0184848_10351774.jpg


by granpatoshi | 2011-11-26 10:37 | 野鳥 | Comments(8)