タグ:ミソサザイ ( 17 ) タグの人気記事

2017年 03月 13日
それ以上近寄らないで^^
調子に乗ってミソッチの写真を量産してしまったので、再びアップします^^。
岩に絡みつくツタの間に潜り込んだかと思えばヒョコッと顔を出したりと、せわしなく動き回ります。
「うわっ、こっちに来た!」と慌てて後ろに下がろうにも木道の上なので如何ともし難く。
レンズのフォーカスリミッターの設定範囲よりも内側に来られるともうお手上げです^^;。
絞り開放で撮っているので、顔にフォーカスさせると尾羽はボケます。
b0184848_16172474.jpg
b0184848_16173028.jpg
b0184848_16173546.jpg
b0184848_16174027.jpg
b0184848_16174619.jpg
b0184848_16175387.jpg
b0184848_16175814.jpg
b0184848_1618490.jpg


by granpatoshi | 2017-03-13 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 03月 07日
苔岩が似合うミソサザイ
相変わらず元気に飛び回っているミソッチです^^。
ひと冬を過ごすうちにだいぶ人慣れしてきたのか、レンズの鼻先数メートルの水路を出たり入ったり。最初のうちは
こちらもバタバタしていましたが、向こうさんの行動パターンが少し読めてきたのでしばらく様子見。背景を選び、
ここぞと狙った場所に来た時に連写です。この鳥、やはり苔岩に乗ったところがいちばんフォトジェニックだと思います。
b0184848_17104559.jpg

b0184848_17105157.jpg
b0184848_17105771.jpg
b0184848_1711225.jpg
b0184848_1711888.jpg
b0184848_17111491.jpg
b0184848_17111992.jpg
b0184848_17112543.jpg


by granpatoshi | 2017-03-07 07:00 | 野鳥 | Comments(12)
2017年 02月 19日
ミソッチに翻弄される
今日もミソサザイを撮りに公園へ。
ミソッチがいる雑木林の縁は暗く、ISOを上げ露出もプラス側に補正してスタンバイ。出て来たのは光の
当たり具合が微妙な場所。動きが速いので露出を修正する余裕もなく、露出オーバーの画像を量産して
しまいました。
次の舞台は狭い水路の中。組石の数センチの隙間に入ったり、水路の壁に取り付いたりして動き回ります。
距離は近いとほんの5、6メートル位でしょうか、近すぎて500ミリで追うのは至難の業。それでもどうにか
こうにか杭の上や明るい水際でキャッチすることが出来ました^^。
b0184848_15101849.jpg

b0184848_15102479.jpg
b0184848_15103086.jpg
b0184848_15103682.jpg
b0184848_15104161.jpg
b0184848_15104726.jpg
b0184848_15105340.jpg
b0184848_15105997.jpg
b0184848_151149.jpg
b0184848_15111054.jpg


by granpatoshi | 2017-02-19 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 02月 13日
そんなところに行っちゃダメでしょ
狭い水路の中からヒョコッと顔を出した次の瞬間、苔岩の上に乗った!
しかし後ろ姿で、しかも慌ててシャッターを切ったためブレブレ。次の舞台は工事現場。整地のため掘った土の上で
虫を補食しています。挙げ句の果てに今度は鉄柵の上に止まるではありませんか。
どれもおよそミソサザイの舞台らしくない背景ですが、手ぶらで帰るよりはマシと、とにかく連写します。何とかボウズは
免れたものの、もう少し絵になる舞台で撮りたかったなぁ、ミソッチ。
b0184848_1554146.jpg
b0184848_15542189.jpg
b0184848_15542886.jpg
b0184848_15543657.jpg
b0184848_15544541.jpg
b0184848_15545496.jpg
b0184848_1555011.jpg

ルリ子さんが竹林を出たり入ったり
b0184848_1555668.jpg


by granpatoshi | 2017-02-13 07:00 | 野鳥 | Comments(10)
2017年 01月 15日
なりは小さくとも存在感タップリ
体長10センチほど、国内では最小の部類に入るミソサザイは小さな水路の際にいました。
雑木林のへりは薄暗く、羽色が朽ちた落ち葉とほとんど同じなので、よほど注意して探さないとまず
見つかりません。たまに「チチッ、チチッ」と鳴くので見当をつけて待っていると、枯れ木の束の陰から
ヒョッコリ姿を現しました。尾羽をピンと立てて周囲を見渡し、再び雑木林の中に消えて行きました。
b0184848_1016367.jpg
b0184848_10164257.jpg
b0184848_10164925.jpg
b0184848_10165556.jpg
b0184848_1017282.jpg
b0184848_10171010.jpg
b0184848_10171612.jpg
b0184848_10172135.jpg


by granpatoshi | 2017-01-15 07:00 | 野鳥 | Comments(10)
2016年 03月 31日
豆粒ミソッチ^^
川の瀬音に負けないくらい大きな声で囀りながらミソサザイが動き回っています。
時期的にはそろそろ営巣準備に入る頃ですが、ここではまだその気配はなし。対岸の岩の上を
行ったり来たりしますが、何せ相手は極小の鳥。ファインダーに納めるのにひと苦労。原寸では
豆粒なので強引にトリミングいたしました^^;。
b0184848_1755117.jpg
b0184848_1755777.jpg
b0184848_176342.jpg
b0184848_17699.jpg
b0184848_1761611.jpg
b0184848_176221.jpg
b0184848_1762856.jpg
b0184848_1763334.jpg


by granpatoshi | 2016-03-31 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 01月 19日
優先順位に悩む
「チチッ、チチッ」という地鳴きの声とともに出て来たのはミソサザイ。
暗い林のへりを転々と移動するので、ファインダーに捉えるのが大変です。お仲間に助けられて何とか
今季初撮りすることができました^^。
ミソッチがチョロチョロしている近くの池にはカワちゃん。皆さん、カワセミそっちのけでミソサザイに集中
しているので、独り私がお相手を務めさせていただきました^^。

ミソサザイが鳴きだしたので近くにいる、でもカワセミは目の前にいる・・・こんな状況、困りますねぇ^^。
でもプライオリティーが高いのはやはりミソッチですね。
b0184848_15104024.jpg
b0184848_15104690.jpg
b0184848_15105133.jpg
b0184848_15105647.jpg
b0184848_1511195.jpg
b0184848_1511615.jpg
b0184848_15111169.jpg
b0184848_15111621.jpg


by granpatoshi | 2016-01-19 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 05月 23日
コマドリ沢の珍客
人が容易に近づけないような崖の中腹に、特別天然記念物のニホンカモシカを発見(^^)/。
急斜面の草地を悠然と横切り、視界から消えていきました。30分後に険しい岩山の天辺に再び姿を現し、軽快な
足取りで駆け下りて先ほどの草地に移動、美味しそうに草を食んでいました。本物のカモシカを見た(=撮った)のは
初めてで、これは嬉しい出会いでした。
その後、夕方近くまでコマドリを撮影し、だいぶ光量も落ちてきたので撤収すべく歩いているとミソサザイに呼び止め
られました。さようならの挨拶代わりにパシャパシャッと撮って撮影は終了。心地よい疲労感とともに山を下りました^^。
b0184848_18362540.jpg
b0184848_18363173.jpg
b0184848_18363659.jpg
b0184848_18364136.jpg
b0184848_183646100.jpg
b0184848_18365163.jpg
b0184848_18365661.jpg
b0184848_1837128.jpg
b0184848_1837686.jpg
b0184848_18371294.jpg
b0184848_18371796.jpg
b0184848_18372225.jpg


by granpatoshi | 2015-05-23 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
2015年 05月 01日
輝く瑠璃色の背中
数日前、オオルリの大乱舞を目の当たりにして、“ 夢よもう一度 ”と再び山奥へ。
ポイントに着くと、杉木立の中からオオルリの囀りが聞こえてきます^^。「今日も宜しく頼むよ」とエールを送ってスタンバイ。
鳴き声が少しずつ近くなり、突然目の前の杉の枝に飛んで来ました。半日陰の光線に背中の瑠璃色が美しく輝いています。
沢の向こう側でも別の個体が鳴いていますが、残念ながら先日のような接近戦は見られませんでした。
ひとしきり撮影出来たので、別の沢筋へ移動。車を止めると真上で囀っています^^。このポイントではメスも確認できました。
まだ巣材を運ぶ様子は見られなかったけれど、そろそろ営巣の準備に入る頃ではないかと思います。
b0184848_1782816.jpg
b0184848_1783771.jpg
b0184848_1784496.jpg
b0184848_1785170.jpg
b0184848_179725.jpg
b0184848_1791570.jpg
b0184848_1792283.jpg
b0184848_1792887.jpg

「オレも撮ってくれ」と言わんばかりに大声で囀っていたミソッチ^^
b0184848_179333.jpg


by granpatoshi | 2015-05-01 08:00 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 04月 03日
営巣準備始まる
沢伝いに林道を遡行していくと、ミソサザイの囀りが聞こえてきました^^。
茶褐色の地味な鳥ですが、緑の苔岩や倒木に止まって囀ると絵になります。出発地点から約1キロほどの距離を
探鳥しながら往復しましたが、巣材の苔を運ぶなど営巣の準備を始めているペアもいました。ミソサザイは顔を上に
向けて囀ることが多いので、音が上に抜けて位置の特定が難しいですが、繁殖期の今は沢沿いをよく飛び回るので
シャッターチャンスは多いです。山奥の林道にもようやく春がやってきました^^。
b0184848_20514982.jpg
b0184848_20515526.jpg
b0184848_2052065.jpg
b0184848_2052585.jpg
b0184848_20521174.jpg
b0184848_20521619.jpg
b0184848_205221100.jpg
b0184848_20522764.jpg

絞りを開放にして撮っているので、鳥が水際に来るとバックの水面が玉ボケになり、写真にアクセントを添えてくれました。
b0184848_20523280.jpg
b0184848_20523859.jpg
b0184848_20524316.jpg
b0184848_2052501.jpg


by granpatoshi | 2015-04-03 07:00 | 野鳥 | Comments(4)