タグ:メジロ ( 12 ) タグの人気記事

2017年 02月 17日
梅メジロ
メジロが紅梅の蜜を吸いにやってきました。
本当は「ウメにウグイス」がベストな組み合わせですが、まあ世の中そんなに甘くはないわけでして、
メジロが来てくれただけでも御の字でしょう。ありふれた野鳥ですが、花が絡むと季節を感じます。
ところで花札に描かれている「梅に鶯」、あれはメジロですね^^。
b0184848_17171055.jpg
b0184848_17171710.jpg
b0184848_17172398.jpg
b0184848_17172959.jpg
b0184848_17173558.jpg
b0184848_17174166.jpg
b0184848_17174621.jpg

カケスが飛び回っていましたが、かろうじて撮れたのがこれ
b0184848_17175269.jpg


by granpatoshi | 2017-02-17 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 01月 25日
こころ変わり
野鳥を撮り始めて間もない頃は「もう何が何でもカワセミ」と、まるで熱に浮かされたようにあちこちに出向いては
カワセミを撮っていました。思えば私を底なしの“機材沼”に引きずり込んだのもカワちゃん^^;。もちろん今でも
居れば撮りますが、近頃はいたって冷静に対応しています。
本当は別の鳥を探しに行ったのですが見当たらず、池のほとりにひっそりといたカワセミをパシャパシャ。むしろ
水浴びに来たメジロを撮った枚数の方が多いくらいでした。
b0184848_1051999.jpg

b0184848_10511482.jpg
b0184848_10511954.jpg
b0184848_10512563.jpg
b0184848_10513153.jpg
b0184848_10513786.jpg
b0184848_10514572.jpg
b0184848_10515042.jpg
b0184848_10515647.jpg
b0184848_1052110.jpg


by granpatoshi | 2016-01-25 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2015年 12月 23日
山茶花メジロ
メジロが山茶花の花の蜜を吸いにやってきました。
普段はスルーすることの多いメジロですが、花に絡めば話は別^^。早春の「梅にメジロ」は鳥屋さんの間では
一つのモチーフですが、私の好みとしては「山茶花にメジロ」の方が、色彩に華があってよろしい^^。
メジロに「ウグイス色」というのもメジロには申し訳ないけれど、抹茶色というか萌黄色の羽はまさに日本の色。
あらためて眺めて見ると、メジロって案外美しい鳥ですね(今度会ったらこれまでの非礼を詫びねば^^)。
b0184848_11465596.jpg
b0184848_1147476.jpg
b0184848_1147946.jpg
b0184848_11471514.jpg
b0184848_11472085.jpg
b0184848_11472640.jpg
b0184848_11473136.jpg
b0184848_1147361.jpg
b0184848_11474257.jpg

地面にはアオジがいましたよ^^
b0184848_11474778.jpg


by granpatoshi | 2015-12-23 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 09月 26日
水場の睨み合い
水場にはいろんな野鳥がやってきます。混群の中でも二大勢力がシジュウカラ軍団とメジロ軍団。数の少ない
エゾビタキやキビタキなどは遠慮がちに水浴びです。

誰もいない時を見計らって水場に下りてきたキビオス君。そこに突っ込んできたのはシジュウカラ。一瞬、両者は
睨み合いましたがシジュウカラがバトルを仕掛け、キビオス君は水浴びすることなく飛び去りました。
b0184848_201713100.jpg
b0184848_2017211.jpg
b0184848_20172928.jpg

キビタキのメスとエゾビタキが同じ枝でお見合い^^。同じヒタキ類という仲間意識からなのか、特に争う様子もなく
フレンドリーな雰囲気でした。
b0184848_20181434.jpg
b0184848_20182330.jpg

メジロも案外気が強いです。2羽が水場に下りてきた直後、もう1羽が垂直降下。次の瞬間肩と肩がぶつかり、
一瞬緊張が走りましたが何事もなかったかのように水浴びをしておりました^^。
b0184848_20185996.jpg
b0184848_2019650.jpg

数ではエナガ軍団も負けていません。しかし水場に下りてきたのは1羽だけ。「君子危うきに近寄らず」でしょうか、
メジロ組とはちょっと距離を置いて水浴びしていました。
b0184848_20193693.jpg
b0184848_20194595.jpg


by granpatoshi | 2014-09-26 06:00 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 09月 22日
天辺と地面 
ヒタキ類はどうも高い梢の天辺が好きなようで、地上でオタオタしている人間どもを遙かな高見から見下ろして
います^^。遮るもののない梢の先端に止まっていると、猛禽類に襲われる可能性が高いと思うのですがねぇ。
b0184848_22204340.jpg
b0184848_22204811.jpg
b0184848_22205448.jpg
b0184848_22205990.jpg
b0184848_222155.jpg

地上では混群が水浴び中。最初に下りてきた1羽が安全を確認すると、続けてわらわらと群れで下りてきます。
被写界深度の浅い超望遠レンズでは、手前や奥にいる鳥にピントが来ません。しかし群れの雰囲気は出るので、
これはこれでいいかなと^^。
b0184848_22214289.jpg
b0184848_22214844.jpg
b0184848_22215414.jpg
b0184848_222219.jpg
b0184848_2222975.jpg


by granpatoshi | 2014-09-22 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2014年 03月 26日
そして誰も居なくなった・・・
知人から「桜カワセミ」の情報をいただき、押っ取り刀で駆けつけました。
午前10時過ぎにポイントに到着。すでに先客が何人かスタンバイ中。挨拶をして仲間に入れてもらい状況を聞くと、
朝一度来たけど一瞬桜に止まってすぐに飛び去ったとのこと。大寒桜は満開で、舞台装置はしっかり整っています^^。
「よ~し、期待できるぞ」と気合いを入れて待ちます。隣の人と雑談を交わしていると、「カワセミ、キタ~」。ところが
満開の桜には止まらず、枯れ枝に一瞬止まったもののすぐに飛び抜けてしまいました。その後、ヒヨドリの大群が
カメラマンを嘲笑うかのごとく、桜の花に絡みます^^;。私的には普段決して主役にはならないヒヨ君ですが、本命が
舞台に登場しないのであれば、不本意ながら“サクヒヨ”でお茶を濁すしかありません。カメラマンもそのうち1人去り、
2人帰りで、気がついたら私独りが取り残されていました。午後2時まで頑張りましたが、ついにカワちゃんは来ず。
結局、本日の舞台はサクヒヨ、サクジロウ、サクカラを撮ってお開きとなりましたとさ^^;。
b0184848_18151375.jpg

b0184848_18152160.jpg
b0184848_18152846.jpg
b0184848_18153411.jpg
b0184848_18154087.jpg
b0184848_18154713.jpg
b0184848_18155328.jpg
b0184848_18155996.jpg


by granpatoshi | 2014-03-26 18:23 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 01月 27日
春はいつ来るのか
リハビリの一環として、家の外に出て歩行訓練を始めました。
距離にしてたかだか3、400メートルですが、まだ右足が踏ん張れないのでビッコを引きながらの歩行で、これが
結構キツイ。家に戻ってくる頃には手術の傷跡が痛みだし、右足全体が重く感じられます。かといって、日がな一日
動かずにいるのも体に良くないし、やはり徐々に体を慣らしていくということなのでしょうね。
ここを乗り越えないと、カメラ機材を担いで出歩くことなんて出来ないぞと、自分に言い聞かせながらトレーニング
しています。
それにしても、厚木基地の方角からは戦闘機の轟音が聞こえてくるし、マンション横の公園からは野鳥の鳴き声も
聞こえてきて、ついソワソワしてしまいます。嗚呼、撮影に出られる日はいつ来るのか、まさに春を待つ気持ちです。

ベランダの鉢植えのツバキにメジロが蜜を吸いにやって来ます^^。
私が座る席の真正面、3メートル先ですがガラス窓があるせいか鳥も警戒心が薄いようです。
ガラス越しの撮影なので、解像が甘いのが残念です^^;。
b0184848_15281573.jpg
b0184848_1528224.jpg
b0184848_15282979.jpg


by granpatoshi | 2014-01-27 15:34 | 生活 | Comments(16)
2013年 12月 05日
ルリビタキに遊ばれる^^
鳥には好みの枝というのがあるようで、近くに寄ってくるとたいていこのアオキのゴチャゴチャの中に入ります。
距離約5メートル。こちらは不自由な足をかばいながら右往左往したり、しゃがんだり・・・しかしどう動いても全身が
撮れる場所がない。しかも悔しいことに、この込み入った枝の中から飛び出して地上数十センチの高さでホバリング。
完全に遊ばれています^^;。やはり森の中では、相手の方が一枚上手ですね^^。写真はすべてノートリミングです。
b0184848_16422554.jpg
b0184848_16423258.jpg
b0184848_16423929.jpg

せっかく山茶花の枝でポーズを取ってくれたのに、痛恨の露出ミス^^;
b0184848_16424555.jpg

エナガとメジロの軍団が乱入してきました
b0184848_16425680.jpg
b0184848_1643152.jpg


by granpatoshi | 2013-12-05 16:45 | 野鳥 | Comments(4)
2012年 03月 22日
桜メジロ
メジロと言えば梅に止まる「ウメメジロ」が代表的なパターンですが、桜に来るメジロもなかなか^^。
ざっと数えて20羽以上のメジロの群れが大島桜の花の蜜を求めて飛び交い、囀りの声が頭上からシャワーの
ように降り注いできました。
桜餅に使われる桜の葉はこの大島桜だそうで、樹の下に佇むと何とも言えないあの芳香が漂ってきました^^。
b0184848_9241911.jpg
b0184848_9242896.jpg
b0184848_9243447.jpg
b0184848_9244193.jpg
b0184848_9244939.jpg

トビも目線より下で撮るとなかなか美しいです
b0184848_9251780.jpg

ストレチア(極楽鳥花)は鳥の頭のような形をしています
b0184848_9253938.jpg


by granpatoshi | 2012-03-22 09:27 | 花・生き物・ペット | Comments(8)
2011年 12月 22日
メジロ
あらためて眺めてみるとメジロも美しい鳥です。全体が抹茶色で喉元が薄黄色と、色の取り合わせが日本人好み^^。
クッキリ浮かび上がる白いアイリングがチャームポイントでしょうか。民家の庭先や公園などどこでも見られるありふれた
野鳥ですが、満開の梅に止まったりホバリングしながら椿の花の蜜を吸ったりと、なかなか芸達者。背景を選べば、
しっかり絵になる鳥です。
b0184848_110273.jpg
b0184848_1103935.jpg
b0184848_1104873.jpg
b0184848_1105839.jpg


by granpatoshi | 2011-12-22 11:01 | 野鳥 | Comments(8)