タグ:京浜島 ( 78 ) タグの人気記事

2017年 08月 15日
パーフェクト^^)/
現在、北米の航空会社で昼間の時間帯に羽田に乗り入れているのはデルタ、ユナイテッド、アメリカン、エアカナダの4社5便。
南風運用の時、東から飛んでくる飛行機はD滑走路に降りるのが原則ですが、着陸しても国際線ターミナルまで距離があるので
到着までに時間がかかります。パイロットからB滑走路に降りたいとの要望が出されると、後続機との間隔に余裕があったり、
後続が小型機でなければ管制官も融通を利かせてくれるようです。
で、この日は大当たり。北米からの5便すべてがBに降りてきました。唯一残念だったのは、上空はたまに青空が見えたものの
地表付近は濁った空。せっかくの5便揃い踏みも背景の空の色がイマイチなのでした。

ミネアポリス発デルタ121便 
b0184848_1014171.jpg
b0184848_1014766.jpg

サンフランシスコ発ユナイテッド875便 
b0184848_1015379.jpg
b0184848_1015910.jpg

ロサンジェルス発アメリカン027便 
b0184848_102890.jpg
b0184848_1021947.jpg

トロント発エアカナダ005便 
b0184848_1022819.jpg
b0184848_1023586.jpg

ロサンジェルス発デルタ007便
b0184848_1024079.jpg
b0184848_1024660.jpg

それぞれの出発地でサンフランやロス、トロントは比較的馴染みのある地名ですが、ミネアポリスはどうもねぇ。
ミネアポリス・セントポールというツインシティでミネソタ州の州都。地図を見るとミネソタ州は北はカナダと国境を接し、
北東部は五大湖のひとつスペリオル湖に面しています。羽田への直行便を飛ばすからには、何かしら勝算あっての
ことなのでしょう。
「♪~コッコッコッコ コケッコ~私はミネソタの卵売り~♪」という出だしで始まる『ミネソタの卵売り』という歌を知っている人、
そうとう古いっす(私もですが^^;)。

by granpatoshi | 2017-08-15 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2017年 08月 13日
島から島へ
羽田空港は日本で最もトラフィックの多い空港ですから、撮るネタには事欠きません。
「さ~て次は何が来るかな」というのも愉しみのひとつです。

まずは城南島。狙っていた飛行機が視界に入ってきました。ファインダーの中でだんだん大きくなる機影、
自分が気に入っているアングルになるまで十分引き寄せてからカシャッ、カシャッ。
時には予期せぬ飛行機も飛んで来たりして楽しいです。そして次は京浜島へ。
b0184848_1254734.jpg

b0184848_12541476.jpg
b0184848_12542276.jpg
b0184848_12542781.jpg


京浜島のお立ち台からB滑走路までの距離はだいたい700メートル位。間に遮るものがないので全身が
スッキリ撮れます。以前あった土砂の小山も完全に姿を消し、見通しが良くなりました。いや実を言うと、
飛行機をあの土砂の小山と絡めるのも羽田らしくなくて気に入っていたのですが・・・。
b0184848_12551690.jpg

b0184848_12552294.jpg
b0184848_12552881.jpg
b0184848_12553293.jpg


by granpatoshi | 2017-08-13 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 07月 22日
テクニックを磨け
先日の朝刊に国土交通省の全面広告が掲載され、羽田空港国際線の新しい運用計画が示されました。
南風の時、着陸はB滑走路22とD滑走路23、離陸はA滑走路16RとC滑走路16Lを使用していますが、新方式では
着陸は都心方向から進入してA滑走路16RとC滑走路16L、離陸はA滑走路16RとC滑走路16Lに加えてB滑走路22も
使用するようです。
ということは南風運用の時、これまで京浜島ではB滑走路に着陸する機体しか撮影出来ませんでしたが、新方式では
離陸の撮影が出来るということ。B滑走路22からの離陸は、エアボーンすると多摩川を越えて川崎の工業地帯をかすめて
左に旋回しながら上昇していくということになります。
b0184848_18355316.jpg

写真はB滑走路に着陸進入してきたボーイング767がゴーアラウンドするシーン。これと同じような離陸シーンが
撮れるわけですが、午後からは完全逆光になるので写真的にはかなりのテクニックを要求されそうです。

明日から所用のため一週間ほど北九州に帰省しますので、ブログの更新はしばらくの間お休みいたします。

by granpatoshi | 2017-07-22 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 07月 18日
肩の力を抜いて撮る
休日の京浜島はBBQの人たちで賑わっています。
焼き肉の美味しそうな香りが漂ってくる中、独りコンビニのサンドイッチを頬張りながら気持ちを集中。
スペシャルマーキングの飛行機が来るとシメシメとシャッターを押す指に力が入ります。親子連れが
飛行機に一生懸命手を振り、「お帰り~」。何とも微笑ましい光景です^^。
がむしゃらに撮るのではなく、肩の力を抜いて子どもような素直な目で撮るのもありだな、と思いました。
b0184848_2041366.jpg
b0184848_20411062.jpg
b0184848_20411757.jpg
b0184848_20412296.jpg
b0184848_20412818.jpg
b0184848_20413424.jpg
b0184848_20414083.jpg
b0184848_20414641.jpg
b0184848_20415213.jpg
b0184848_20415980.jpg


by granpatoshi | 2017-07-18 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 07月 06日
出たとこ勝負の京浜島
飛行機撮影に欠かせないアイテムとしてエアバンドレシーバーがありますが、私は羽田周辺での撮影では使いません。
特に海外エアラインの撮影には、紙に印刷した国際線時刻表とスマホのアプリ「Flightradar 24」があれば十分。
スマホで今どのあたりにいるかを確認すればそれでよし。
D滑走路に降りるはずがBに来たり、特別塗装機やビジネスジェットが飛んで来たりと、事前には予測できない飛行機が
来るとシメシメです。計算通りのこともあればそうでないこともあって、何が飛んでくるか分からないという楽しさが味わえる
京浜島です。

珍しくエアカナダ機がB滑走路に降りてきました
b0184848_10205366.jpg

トリプル7-300ER 飛行機自体は好きな機種ですが、どうもこのデザインが・・・
b0184848_10205996.jpg

南風に煽られて機体が右に傾いています
b0184848_1021535.jpg

吹き流しがほぼ真横に流れているので、強い西風が吹いているのが分かります
b0184848_10211119.jpg

ガルフストリーム 登録番号のBは国籍を表します。中国です
b0184848_10211618.jpg

ウィルミントン・トラスト・カンパニー社のガルフストリームG450。国籍記号Nはアメリカです
b0184848_10212786.jpg

デルタの006便ロサンジェルス行きがC滑走路に向けて目の前をタキシング
b0184848_10213610.jpg

相変わらずトリプル7のジェット排気は強烈です
b0184848_10214172.jpg


by granpatoshi | 2017-07-06 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 06月 30日
Welcome to Japan
近年とみにアジア方面からのインバウンドが増えているようで、東南アジアの各地と羽田を結ぶ路線が元気です。
キャセイパシフィックとフィリピン航空はトリプル7-300ER、ベトナム航空とシンガポール航空はエアバス社の
最新鋭機A350-900を投入して多くの訪日客を運んでいます。なかでもベトナム航空が最新鋭機を羽田線に
投入してくるとは、ちょっと意外でした。それだけ日本との関係を強化したいという気持ちの表れでしょうか。
LCCが隆盛の一途を辿っていますが、羽田はフルサービスキャリアのみで機材も大型化しています。国内線の
牙城でアジアから飛来する飛行機はひときわ輝いているように見えます。

香港発CX548便 ボーイング777-300ER
b0184848_10583462.jpg
b0184848_10584145.jpg

マニラ発PR422便 ボーイング777-300ER
b0184848_10584793.jpg
b0184848_10585367.jpg

ハノイ発VN384便 エアバスA350-900
b0184848_1059051.jpg
b0184848_1059683.jpg

シンガポール発SQ632便 エアバスA350-900
b0184848_10591195.jpg
b0184848_10591733.jpg


by granpatoshi | 2017-06-30 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 06月 24日
たまには「引き」で撮ってみる
飛行機の写真は青空に抜くのが一般的ですが、何かが背景に来るとひと味違ったものになります。
特に京浜島からの撮影だと、機体がまだ空中にある時は空だけでやや面白みに欠けます。この日は千葉方面に雲が
モクモクと湧いていて、飛行機がB滑走路への最終進入に差し掛かるところでちょうど良い雲との絡みが撮れました。
私的には超望遠レンズでグワッと寄り気味に撮るのが好みですが、たまには引きで雲とのコラボレーションもいいかなと
思った次第です。
b0184848_1682938.jpg

b0184848_1683523.jpg
b0184848_1684244.jpg
b0184848_1684828.jpg
b0184848_1685685.jpg
b0184848_169433.jpg
b0184848_1691197.jpg
b0184848_1691652.jpg

写真の色味にかなりバラツキがありますが、午後も3時近くになると夕日の影響がかなり出て、全体が赤みを帯びてきます。
特に雲の色にそれが顕著に出ます。

by granpatoshi | 2017-06-24 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2017年 06月 22日
コアジサシになめられる
京浜島のお立ち台で飛行機を撮っていると、目の前の運河をコアジサシが2羽。
強烈な南風が吹いていて、追い風に乗るとアッという間に飛び抜けますが、風に抗って飛んでいる時はかなり
スロースピード。よし、チャンスだ!とレンズを向けた瞬間、急降下。とてもじゃないけど追い切れません。
近いとレンズの鼻先数メートルのところでホバリングをするじゃありませんか。ところがこっちは飛行機撮影用に
レンズのフォーカスリミッターを10m~∞に設定しているので合焦せず。シャッター速度も遅めに設定していた
のでブレブレ写真を連発します。
強風下での飛びモノ撮影は難しい。「ほれ、近くへ行ってやるから撮ってみろ」と言われてもねぇ。
b0184848_12193539.jpg

b0184848_12194290.jpg
b0184848_12194781.jpg
b0184848_12195378.jpg
b0184848_12195967.jpg
b0184848_1220682.jpg
b0184848_12201332.jpg
b0184848_12201822.jpg


by granpatoshi | 2017-06-22 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 06月 20日
パーフェクトならず
米国エアラインが昼間の時間帯に羽田を着発するようになって、撮影の楽しみが増えました。
南風運用の時、東から飛来する飛行機はD滑走路23に降りるのが原則なので、とくに京浜島からでは遠くて写真に
なりません。
しかしこの日は違っていました。まずユナイテッド875便、30分後にアメリカン027便がB滑走路22に降りてきました。
B22に降りると国際線ターミナルはすぐ目の前ですが、D23だと国際線ターミナルまで延々とタキシングしなければ
ならず、しかも途中A滑走路を横断するのでターミナル到着まで、へたをすると着陸から30分近く余計にかかります。
航空会社からすればBに降りたくなるのも当然ですね。
さてあとはデルタの121便と007便が果たしてどうか。このうち1便でもBに降りてくれれば撮影も3冠達成、期待が
高まります。しかし世の中、そんなに甘くはないのであります。残念ながらデルタの2便はDに持って行かれました。
南風の時は足繁く京浜島に通うしかありません。
b0184848_17325416.jpg
b0184848_1733088.jpg
b0184848_1733664.jpg
b0184848_17331237.jpg
b0184848_17331812.jpg
b0184848_17332926.jpg
b0184848_17333567.jpg
b0184848_17334257.jpg

b0184848_19501592.jpg

b0184848_17334864.jpg


JR西日本の豪華列車《瑞風》
私の高校時代の水泳部の後輩がなかなかいい写真を撮ります。
先日、運行を開始した瑞風。非電化区間なので邪魔な電柱や架線もなく、スッキリと
抜けた絵柄の写真です。本当は私も撮りに行きたいところですが、なんせ遠いので
撮影のチャンスがありません。
本人の了解を得て、彼が送ってきた写真を当ブログでご紹介させていただきます。
b0184848_16542135.jpg


by granpatoshi | 2017-06-20 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 04月 10日
空飛ぶ宣伝媒体
飛行機にはいろんな塗装が施されています。自社をアピールするものから何かのキャンペーンを表現するものまで、
実に多種多様。地上を走るラッピング電車などではそうとう派手なものもあって、飛行機よりは人目に付く時間は
長いのである程度の宣伝効果があるのかもしれませんが、飛行機は飛んでナンボ。地上にいる時間よりも空の上に
いる方が長く、広告宣伝媒体としてそれほど効果があるとも思えません。それでも特別塗装の飛行機は増えている
ので、航空会社としては“勝算あり”と踏んでいるのでしょう。

私、このデザインはどうも好きになれません(でもつい撮ってしまいますが)
b0184848_11222437.jpg
b0184848_11223037.jpg

キャラクターもの
b0184848_11223685.jpg

b0184848_11224215.jpg

エアライン・アライアンスのロゴ
b0184848_11224957.jpg

これはJALの傘下に入る前の昔のデザイン。レトロ感があってグッドです
b0184848_11225378.jpg

自社ロゴとマークだけのシンプルデザイン
b0184848_11225930.jpg
b0184848_1123584.jpg


by granpatoshi | 2017-04-10 07:00 | 飛行機 | Comments(12)