タグ:京浜島 ( 84 ) タグの人気記事

2017年 07月 06日
出たとこ勝負の京浜島
飛行機撮影に欠かせないアイテムとしてエアバンドレシーバーがありますが、私は羽田周辺での撮影では使いません。
特に海外エアラインの撮影には、紙に印刷した国際線時刻表とスマホのアプリ「Flightradar 24」があれば十分。
スマホで今どのあたりにいるかを確認すればそれでよし。
D滑走路に降りるはずがBに来たり、特別塗装機やビジネスジェットが飛んで来たりと、事前には予測できない飛行機が
来るとシメシメです。計算通りのこともあればそうでないこともあって、何が飛んでくるか分からないという楽しさが味わえる
京浜島です。

珍しくエアカナダ機がB滑走路に降りてきました
b0184848_10205366.jpg

トリプル7-300ER 飛行機自体は好きな機種ですが、どうもこのデザインが・・・
b0184848_10205996.jpg

南風に煽られて機体が右に傾いています
b0184848_1021535.jpg

吹き流しがほぼ真横に流れているので、強い西風が吹いているのが分かります
b0184848_10211119.jpg

ガルフストリーム 登録番号のBは国籍を表します。中国です
b0184848_10211618.jpg

ウィルミントン・トラスト・カンパニー社のガルフストリームG450。国籍記号Nはアメリカです
b0184848_10212786.jpg

デルタの006便ロサンジェルス行きがC滑走路に向けて目の前をタキシング
b0184848_10213610.jpg

相変わらずトリプル7のジェット排気は強烈です
b0184848_10214172.jpg


by granpatoshi | 2017-07-06 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 06月 30日
Welcome to Japan
近年とみにアジア方面からのインバウンドが増えているようで、東南アジアの各地と羽田を結ぶ路線が元気です。
キャセイパシフィックとフィリピン航空はトリプル7-300ER、ベトナム航空とシンガポール航空はエアバス社の
最新鋭機A350-900を投入して多くの訪日客を運んでいます。なかでもベトナム航空が最新鋭機を羽田線に
投入してくるとは、ちょっと意外でした。それだけ日本との関係を強化したいという気持ちの表れでしょうか。
LCCが隆盛の一途を辿っていますが、羽田はフルサービスキャリアのみで機材も大型化しています。国内線の
牙城でアジアから飛来する飛行機はひときわ輝いているように見えます。

香港発CX548便 ボーイング777-300ER
b0184848_10583462.jpg
b0184848_10584145.jpg

マニラ発PR422便 ボーイング777-300ER
b0184848_10584793.jpg
b0184848_10585367.jpg

ハノイ発VN384便 エアバスA350-900
b0184848_1059051.jpg
b0184848_1059683.jpg

シンガポール発SQ632便 エアバスA350-900
b0184848_10591195.jpg
b0184848_10591733.jpg


by granpatoshi | 2017-06-30 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 06月 24日
たまには「引き」で撮ってみる
飛行機の写真は青空に抜くのが一般的ですが、何かが背景に来るとひと味違ったものになります。
特に京浜島からの撮影だと、機体がまだ空中にある時は空だけでやや面白みに欠けます。この日は千葉方面に雲が
モクモクと湧いていて、飛行機がB滑走路への最終進入に差し掛かるところでちょうど良い雲との絡みが撮れました。
私的には超望遠レンズでグワッと寄り気味に撮るのが好みですが、たまには引きで雲とのコラボレーションもいいかなと
思った次第です。
b0184848_1682938.jpg

b0184848_1683523.jpg
b0184848_1684244.jpg
b0184848_1684828.jpg
b0184848_1685685.jpg
b0184848_169433.jpg
b0184848_1691197.jpg
b0184848_1691652.jpg

写真の色味にかなりバラツキがありますが、午後も3時近くになると夕日の影響がかなり出て、全体が赤みを帯びてきます。
特に雲の色にそれが顕著に出ます。

by granpatoshi | 2017-06-24 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2017年 06月 22日
コアジサシになめられる
京浜島のお立ち台で飛行機を撮っていると、目の前の運河をコアジサシが2羽。
強烈な南風が吹いていて、追い風に乗るとアッという間に飛び抜けますが、風に抗って飛んでいる時はかなり
スロースピード。よし、チャンスだ!とレンズを向けた瞬間、急降下。とてもじゃないけど追い切れません。
近いとレンズの鼻先数メートルのところでホバリングをするじゃありませんか。ところがこっちは飛行機撮影用に
レンズのフォーカスリミッターを10m~∞に設定しているので合焦せず。シャッター速度も遅めに設定していた
のでブレブレ写真を連発します。
強風下での飛びモノ撮影は難しい。「ほれ、近くへ行ってやるから撮ってみろ」と言われてもねぇ。
b0184848_12193539.jpg

b0184848_12194290.jpg
b0184848_12194781.jpg
b0184848_12195378.jpg
b0184848_12195967.jpg
b0184848_1220682.jpg
b0184848_12201332.jpg
b0184848_12201822.jpg


by granpatoshi | 2017-06-22 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 06月 20日
パーフェクトならず
米国エアラインが昼間の時間帯に羽田を着発するようになって、撮影の楽しみが増えました。
南風運用の時、東から飛来する飛行機はD滑走路23に降りるのが原則なので、とくに京浜島からでは遠くて写真に
なりません。
しかしこの日は違っていました。まずユナイテッド875便、30分後にアメリカン027便がB滑走路22に降りてきました。
B22に降りると国際線ターミナルはすぐ目の前ですが、D23だと国際線ターミナルまで延々とタキシングしなければ
ならず、しかも途中A滑走路を横断するのでターミナル到着まで、へたをすると着陸から30分近く余計にかかります。
航空会社からすればBに降りたくなるのも当然ですね。
さてあとはデルタの121便と007便が果たしてどうか。このうち1便でもBに降りてくれれば撮影も3冠達成、期待が
高まります。しかし世の中、そんなに甘くはないのであります。残念ながらデルタの2便はDに持って行かれました。
南風の時は足繁く京浜島に通うしかありません。
b0184848_17325416.jpg
b0184848_1733088.jpg
b0184848_1733664.jpg
b0184848_17331237.jpg
b0184848_17331812.jpg
b0184848_17332926.jpg
b0184848_17333567.jpg
b0184848_17334257.jpg

b0184848_19501592.jpg

b0184848_17334864.jpg


JR西日本の豪華列車《瑞風》
私の高校時代の水泳部の後輩がなかなかいい写真を撮ります。
先日、運行を開始した瑞風。非電化区間なので邪魔な電柱や架線もなく、スッキリと
抜けた絵柄の写真です。本当は私も撮りに行きたいところですが、なんせ遠いので
撮影のチャンスがありません。
本人の了解を得て、彼が送ってきた写真を当ブログでご紹介させていただきます。
b0184848_16542135.jpg


by granpatoshi | 2017-06-20 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2017年 04月 10日
空飛ぶ宣伝媒体
飛行機にはいろんな塗装が施されています。自社をアピールするものから何かのキャンペーンを表現するものまで、
実に多種多様。地上を走るラッピング電車などではそうとう派手なものもあって、飛行機よりは人目に付く時間は
長いのである程度の宣伝効果があるのかもしれませんが、飛行機は飛んでナンボ。地上にいる時間よりも空の上に
いる方が長く、広告宣伝媒体としてそれほど効果があるとも思えません。それでも特別塗装の飛行機は増えている
ので、航空会社としては“勝算あり”と踏んでいるのでしょう。

私、このデザインはどうも好きになれません(でもつい撮ってしまいますが)
b0184848_11222437.jpg
b0184848_11223037.jpg

キャラクターもの
b0184848_11223685.jpg

b0184848_11224215.jpg

エアライン・アライアンスのロゴ
b0184848_11224957.jpg

これはJALの傘下に入る前の昔のデザイン。レトロ感があってグッドです
b0184848_11225378.jpg

自社ロゴとマークだけのシンプルデザイン
b0184848_11225930.jpg
b0184848_1123584.jpg


by granpatoshi | 2017-04-10 07:00 | 飛行機 | Comments(12)
2017年 04月 04日
管制塔と絡めて撮る
空港を象徴する構造物といえば管制塔。羽田空港には新旧2本の管制塔が屹立していますが、京浜島から
撮影すると飛行機と管制塔を絡めて撮ることが出来ます。立ち位置を変えることで、タッチダウン寸前や直後の
シーンが目線の高さで撮れるのも京浜島ならでは。工事現場を入れたり管制塔を絡ませたり、バリエーションが
楽しめるのも京浜島の面白さではないかと思います。
b0184848_17332949.jpg
b0184848_17333524.jpg
b0184848_17334153.jpg
b0184848_1733475.jpg
b0184848_17335440.jpg
b0184848_1734126.jpg
b0184848_1734755.jpg
b0184848_17341287.jpg


by granpatoshi | 2017-04-04 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 04月 02日
一度で二度美味しいベトナム航空
ベトナムエアのハノイ~羽田線、これまで機材はエアバスA321で運航していましたが、3月下旬の夏ダイヤから
エアバスA350を投入してきました。これは撮らないわけにはいかないぞと、晴天南風を狙って京浜島へ。

定刻より30分早く姿を現しましたが、「ん?進入経路がちょっと変だなぁ」と思いながらファインダーで見ていると、
城南島の沖合あたりで右旋回。「うわぁ、ゴーアラウンドだ」と思わず声が出ました。本来なら城南島の東端を
かすめるようにしてB滑走路22に正対しながら降りてきますが、この時は滑走路中心線よりもかなり東寄りで
接近してきて、完全に中心線を外していました。

ゴーアラウンド(着陸復航)の場合、B滑走路に沿って上昇しながら多摩川を越えたあたりで右旋回しますが、
今回は滑走路のずいぶん手前で右旋回。フライトレーダー24で追跡すると、お台場から江東区、千葉県柏市を
経て印西市あたりで右旋回して南下、25分後に正常な進入経路でB滑走路に無事着陸しました。
初めてのベトナムエアのA350、張り切って出かけたわけですが着陸復航のお陰で2度も撮影出来るという、
何とも嬉しいお土産をいただきました^^。
b0184848_10185379.jpg
b0184848_1019068.jpg
b0184848_1019617.jpg
b0184848_1019137.jpg
b0184848_10191977.jpg
b0184848_10192514.jpg
b0184848_10193949.jpg
b0184848_10194632.jpg


2度目のノーマルランディングの様子はこちら

by granpatoshi | 2017-04-02 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 03月 29日
工事現場の上を飛ぶ
羽田空港北側で駐機場増設工事が行われていて、B滑走路に着陸する飛行機はその横を降りてきます。
京浜島から撮影していると、工事関係の重機や作業をする人が写りこみますが、それはそれで面白い光景
だと思います。しかし工事が完成するとこの場所に沖止めする飛行機と着陸機が被ってしまい、今のような
抜けた写真にはならないでしょう。
工事現場の上を飛ぶ飛行機というのも、羽田空港の歴史の一コマとし貴重ではないかなと思う次第です。
b0184848_15253911.jpg
b0184848_15254650.jpg
b0184848_15255278.jpg
b0184848_15255730.jpg
b0184848_1526454.jpg
b0184848_1526944.jpg
b0184848_15261589.jpg
b0184848_1526201.jpg


by granpatoshi | 2017-03-29 07:00 | 飛行機 | Comments(6)
2017年 03月 23日
セレブ御用達
羽田空港にはビジネスジェットも飛んできます。
世界を股にかけて飛び回るセレブリティにとっては欠かせないビジネスアイテムなのでしょう。価格は1機数十億円する
機体もあるようで、年間の維持費ももちろん億単位。それだったらエアラインのファーストクラスに乗った方がたぶん安く
すむだろうし、マイレージも貯まると思うけど、セレブはマイレージなんか関係ないんでしょうね、きっと^^。

バミューダのとある企業が所有するボンバルディアBD-700グローバルエクスプレス。ちょくちょく羽田に飛来します。
バミューダといえばタックスヘイブンで有名なので恐らく金融関係の企業でしょうか。
b0184848_18214921.jpg
b0184848_18215689.jpg
b0184848_1822291.jpg
b0184848_1822877.jpg

ウェルス・ファーゴバンクのガルフストリーム。3月上旬に羽田からパリ、その後ジュネーブからバルセロナ、そして
ドバイから成田を経て羽田へご到着。さすがビジネスジェットだけあって、世界を駆け巡っていますね。昔観た西部劇に
ウェルスファーゴの駅馬車が出てきたのを覚えています。
b0184848_18225836.jpg
b0184848_1823691.jpg
b0184848_18231133.jpg

小型機と簡単に言いますが、人と比べるとやはり大きいです
b0184848_18231664.jpg


by granpatoshi | 2017-03-23 07:00 | 飛行機 | Comments(0)