タグ:京浜島 ( 69 ) タグの人気記事

2016年 11月 06日
羽田で撮る米国機
10月30日の冬ダイヤから羽田と米国本土を結ぶ昼間の便が新設されたので、早速撮影に行って参りました。
デルタ、ユナイテッド、アメリカンの3社の飛行機がまだ明るい時間帯に羽田で撮れるというのはありがたいことです。
デルタ、ユナイテッドの各便はまだ日のある時間帯や日没前後に出発しますが、アメリカンのロサンジェルス便は
出発が夜の7時20分なのでこれは諦め。着陸後、国際線ターミナルへ向かうタキシング中の写真を撮りましたが、
垂直尾翼の星条旗をあしらった塗装はなかなか存在感がありました。
かつて成田と羽田で国際線と国内線の住み分けが厳しかった時代のことを思うと、昔日の感があります。

デルタ航空006便 ロサンジェルス行き
b0184848_17515229.jpg

アメリカン航空027便がロスから到着
b0184848_1751583.jpg

羽田でこんな光景が見られるとは・・・
b0184848_1752647.jpg

デルタ120便 ミネアポリス行き
b0184848_17521298.jpg
b0184848_17522083.jpg

ユナイテッド876便 サンフランシスコ行き
b0184848_17522748.jpg

ルフトハンザのミュンヘン行きとエールフランスのパリ行きは真っ昼間の出発です
b0184848_17523979.jpg
b0184848_17524639.jpg


by granpatoshi | 2016-11-06 07:00 | 飛行機 | Comments(8)
2016年 09月 27日
京浜島 晴れときどき曇り
一週間ぶりでお天道様が顔を見せてくれたので、迷わず京浜島へ直行です。空港に面したつばさ公園はBBQを楽しむ
人たちで大賑わい。美味しそうな炭火焼き肉の香りと煙に包まれて、ただ独り違和感を感じながら飛行機撮影^^;。
まだ空気中に湿った空気が残っているせいか、スッキリ抜けた青空にはなりませんでしたが、ここ何度か傘を差しながら
撮影したことを思えば実に有り難いことでした^^。

ルフトハンザのフランクフルト便、ボーイング747-8i 。貫禄の飛び姿です
b0184848_16273075.jpg

b0184848_1637171.jpg

b0184848_16275395.jpg

JAL「空のエコ」号。「三陸復興国立公園構想」、「国連生物多様性の10年」、「東北コットンプロジェクト」など、エコロジーに関するロゴマークが
てんこ盛りです
b0184848_1628150.jpg

「Japan Endless Discovery」・・・観光立国を目指すスローガンでしょうかね
b0184848_16281732.jpg

D滑走路を離陸した上海航空機とクロスしました
b0184848_16282794.jpg

エアチャイナのエアバスA330
b0184848_16283515.jpg

手前の怪しい雲をクリアして上昇するANAのボーイング777 
b0184848_1628449.jpg


by granpatoshi | 2016-09-27 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2016年 08月 26日
京浜島からの光景
南風運用なので京浜島からB滑走路22への着陸、C滑走路34LとA滑走路34Rからの離陸を狙います。
毎度お馴染みの機種ばかりですが、アングルや背景など撮り方を工夫することで多少はマンネリも打破
できるかなと。

背景にいい感じの雲が来た
b0184848_9532523.jpg

着陸間隔2分の過密ダイヤ
b0184848_9533115.jpg

ストロボライト点滅2連発
b0184848_9533656.jpg
b0184848_953412.jpg

AIR DOの新塗装
b0184848_953476.jpg

相変わらずトリプル7の排気は黒い
b0184848_9535182.jpg

SS1/70秒で流し撮りの真似事を試みる
b0184848_9535617.jpg

ヒコーキとジューキ
b0184848_954290.jpg


by granpatoshi | 2016-08-26 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2016年 08月 24日
空気を切り裂く
到着予定時刻の15分前、トロントからのエアカナダ5便が東京湾上空に姿を現しました。
ゲートブリッジ付近でB滑走路22に向けて左旋回、最終着陸態勢に入りました。京浜島から見ていると、5便の
背後に良さげな雲がポッカリ^^。
左旋回を終える頃、空気密度の高い場所を通過したのでしょう、右翼の後縁フラップ端が空気を切り裂く様子が
見えました。切り裂かれた空気の流れは波紋のように広がっていき、背後の雲の輪郭を浮かび上がらせました。
右翼の下、雲の一部が滲んだように見えるのがそれです。
この現象、戦闘機が高速で離陸する際によく見かけますが、比較的低速で着陸してくる旅客機では珍しいと
思います。台風9号の接近でネットリした空気に覆われ、もしかしたら何か面白いものが見られるかも、と期待
して出掛けた甲斐がありました。
b0184848_10515952.jpg
b0184848_1052657.jpg
b0184848_10521128.jpg
b0184848_10521598.jpg
b0184848_10522088.jpg
b0184848_10522586.jpg
b0184848_10523290.jpg
b0184848_10523892.jpg


by granpatoshi | 2016-08-24 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 07月 23日
視界良好、京浜島^^
羽田での撮影、少々マンネリ気味と思いながらも、近いのでつい行ってしまいます^^;。

羽田空港敷地内の北側エリアではエプロン拡張工事が進められていて、以前は高い土盛りが撮影の邪魔をしていましたが、
今はその土盛りも撤去されて見通しが良くなりました。お立ち台に上がるとフェンスも目線より下なので、足許までスッキリ
写せます。切り撮るアングルによっては、伊丹スカイパークに匹敵するロケーションと言っても過言ではないでしょう。
滑走路に近いここは、羽田空港周辺では貴重な撮影スポットではないかと思います。
b0184848_11381263.jpg
b0184848_11382217.jpg
b0184848_113826100.jpg
b0184848_11383159.jpg
b0184848_11383630.jpg
b0184848_11384139.jpg
b0184848_11384673.jpg
b0184848_11385139.jpg
b0184848_11385686.jpg
b0184848_113905.jpg


by granpatoshi | 2016-07-23 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 06月 11日
鳥と飛行機
それにしても何のヒネリもない、ベタなタイトルですね^^;。

天気も良いし、ひとつ飛行機でも撮りに行くかと出掛けたのは良かったけれど、いつも車を止めていた場所が閉鎖
されていて万事休す。仕方がないので取りあえず城南島へ向かいます。しかし毎度お馴染みのアングルなので、
どの機体を撮っても新鮮味に欠けます。
と、そこに救いの神あらわる。コアジサシです。今季、多摩川のコアジサシは絶不調ですが、空港周辺は数は少ない
ものの、目の前で撮れるのが有り難い。飛行機そっちのけでコアジサシの飛翔に集中したのでした。
この後京浜島に移動し、ルフトのフランクフルト便ボーイング747-8Iの離陸を撮っていると、ここでもコアジサシが
乱舞。結局、飛行機よりもコアジサシの方が撮影枚数が多かったという、ちょっと複雑な心境の一日でした。
b0184848_1012451.jpg
b0184848_1013053.jpg
b0184848_1013442.jpg
b0184848_1014053.jpg
b0184848_1014574.jpg
b0184848_1015078.jpg
b0184848_1015587.jpg
b0184848_102034.jpg
b0184848_102549.jpg
b0184848_1021053.jpg


by granpatoshi | 2016-06-11 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2016年 05月 10日
♪ Love Letter from Canada ♪
いきなり古くさい楽曲名を出して恐縮です。この飛行機を見て、つい思い出したものですから^^;。
エアカナダのトロント便、ボーイング787-8型機。ライトブルーの機体、垂直尾翼に描かれた赤いメープルリーフが
印象的です。

南風運用の時、東日本方面からアプローチしてくる飛行機は本来はD滑走路に着陸ですが、この日はB滑走路。
Dに降ろされると、国際線ターミナルまで延々とタキシングしなければならず、またA滑走路を横断するのでターミナル
到着まで時間がかかります。Bに降りればランウェイエンドの目の前が国際線ターミナルなので、ルフトハンザの
フランクフルト便ボーイング747-8Iも時たまBに降りてきます。B滑走路のトラフィックが少ない、後方乱流の影響を
受けやすい小型機が後続にいない、などの条件が合えば管制官もリクエストに応えてくれるようです。

エアカナダ機は2時間のステイで再びトロントへ向けて飛び立ちます。
b0184848_1392351.jpg
b0184848_139296.jpg
b0184848_1393567.jpg
b0184848_1394094.jpg
b0184848_1394789.jpg
b0184848_1395297.jpg
b0184848_1395858.jpg
b0184848_1310348.jpg


by granpatoshi | 2016-05-10 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2016年 05月 06日
Angle of Attack
「アタック」とは穏やかではありませんが、簡単にいえば主翼と空気の流れが成す角度のことで、日本語では
「迎え角(迎角とも)」といいます。
旅客機は滑走路の接地点に向かって3度の降下角で降りてきますが、機種によって機体の機首上げ姿勢が
違います。なかでもエアバスA330はボーイング社製の飛行機よりも迎え角が大きいように思います。機体の
構造や主翼形状の違いなどがその理由でしょうが、滑走路に接地するはるか前から機首を大きく上げて進入
降下してきます。迎え角が大きすぎると失速してしまうので、ここいらがパイロットの腕の見せ所でもあるので
しょう。
b0184848_1838133.jpg
b0184848_18382325.jpg
b0184848_18382842.jpg
b0184848_18383258.jpg
b0184848_18383766.jpg
b0184848_18384327.jpg

ボーイング社の飛行機の方が迎え角は小さいです
b0184848_18384970.jpg
b0184848_18385417.jpg
b0184848_18385943.jpg
b0184848_1839561.jpg


by granpatoshi | 2016-05-06 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2016年 05月 02日
がんばれ!ニッポン!
精密検査後の一週間の安静期間も無事乗り切り、いよいよ撮影再開です(^o^)/。

“自宅軟禁”中にネットでいろいろ情報を探っていると、スペシャルマーキングの飛行機が飛んでいるようなので、
行き先は京浜島に決定。風が強いものの晴天、南風とお日柄も良く、B滑走路に着陸する飛行機を撮影。しかし、
気温が高かいせいか地上付近はメラメラが発生、クリアな画像にはなりませんでした。これからの季節、飛行機
撮影は陽炎との戦いです^^。

まずはJALのボーイング777「がんばれ!ニッポン!」
b0184848_1325370.jpg

b0184848_13251198.jpg
b0184848_13251765.jpg

神戸空港を西の拠点としているスカイマークのボーイング737「タイガースジェット」
b0184848_13252298.jpg
b0184848_13252884.jpg

フィリピンエアのエアバスA330は「創立75周年」記念のスペシャルマーキング
b0184848_13253417.jpg
b0184848_13253920.jpg

ANAのボーイング787「R2-D2」は何度見ても違和感が拭えません
b0184848_13254549.jpg
b0184848_13255153.jpg

特別塗装ではないけれど、美しいカラーリングが印象的なベトナムエアのエアバスA321
b0184848_1325565.jpg


by granpatoshi | 2016-05-02 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2016年 03月 05日
タッチダウン
飛行機の着陸は最初に後輪を接地させますが、時速250㎞近い速度で接地するので、路面との摩擦でタイヤから
白煙が上がります。車輪は接地する寸前までまったく回転していないのが、接地した瞬間から時速200㎞以上の
高速で回り出すわけで、車輪にかかる衝撃は相当なものでしょう。車を運転する時のことを考えると分かりますが、
発進する際はアクセルをふかして徐々にスピードを上げていきますが、これがいきなり時速200㎞になったら車体は
壊れると思います。飛行機というのは頑丈に造られているんだなぁと、改めて思いますね。
b0184848_2234398.jpg

b0184848_2234993.jpg
b0184848_22341410.jpg
b0184848_22341955.jpg
b0184848_2234251.jpg
b0184848_22342983.jpg
b0184848_22343466.jpg
b0184848_22344049.jpg


by granpatoshi | 2016-03-05 07:00 | 飛行機 | Comments(2)