タグ:八ヶ岳 ( 4 ) タグの人気記事

2016年 11月 02日
宇宙観測最前線
前々から一度行ってみたいと思っていたのが国立天文台 野辺山宇宙電波観測所。
日本国内における電波天文学の最前線です。標高1350メートルの野辺山高原は湿度が低く、また周囲を
山に囲まれた地形で冬期は積雪が少ないなど、電波観測に最適な場所なのだそうです。
受付でどこから来たか(県名)と人数を申告するだけで、入場は無料。唯一の制限はスマホや携帯電話は
電源を切るか、機内モードにすること。あとは見学コースに沿って自由に歩けます。広い構内には巨大なもの
から小さなものまで、宇宙からやってくる微弱な電波を捉えるパラボラアンテナがあちこちにあって壮観です。

実は私、中高生の頃は天文学者に憧れていたこともあったのですが、悲しいかな超弩級の“文系アタマ”の
持ち主。数学や物理といった、数式が並ぶ教科にはまったく歯が立ちませんでした^^;。日夜ここで星の観測に
励む科学者の人たちの頭の中は、私の想像の域を遙かに超えていると思います。そんなことを考えながら、
立ち並ぶパラボラアンテナ群を見学したのでした。

ミリ波観測では世界最大級の45m電波望遠鏡
b0184848_12362459.jpg

ミリ波干渉計。現在は運用を終了していますが、その技術は南米チリのアルマ望遠鏡に受け継がれているそうです
b0184848_1236324.jpg
b0184848_12363857.jpg
b0184848_12364461.jpg
b0184848_12365133.jpg

名古屋大学が運用する電波へリオグラフ。太陽の画像を撮影する電波望遠鏡
b0184848_12365783.jpg

太陽電波強度偏波計。太陽から来る電波の強さと特性を測定する装置
b0184848_1237233.jpg

電波望遠鏡1号機(復元モデル)
b0184848_1237116.jpg

日時計。太陽観測の原点ともいえるモニュメントですね
b0184848_1237176.jpg

観測所の周囲にはこんな風景が広がっています。山並みは八ヶ岳連峰。逆光なのでハレーションを起こしています
b0184848_12372516.jpg


by granpatoshi | 2016-11-02 07:00 | 風景 | Comments(4)
2016年 10月 31日
錦秋の八ヶ岳
紅葉も見頃だろうと、八ヶ岳方面へドライブに行って参りました^^。

中央高速長坂ICで降りて最初に向かったのは三分一(さんぶいち)湧水。八ヶ岳山塊から湧き出る清冽な水は
「日本名水百選」にも選定されています。綺麗に色づいたモミジの紅葉を愛で、落ち葉を踏みしめながら森の
小径を歩くのは至福の時間です。

こんこんと湧き出る名水。湧出量は一日8500トンだそうです
b0184848_10205552.jpg

手前から流れていき、3方向に均等に分水するので「三分一」と名が付いたそうです
b0184848_1021274.jpg

心が洗われます
b0184848_1021899.jpg

次に訪れたのは俳優柳生博さんが主宰する「八ヶ岳倶楽部」。雑木林の中に生活雑貨ショップ、レストラン、
ギャラリーなどが点在し、平日にもかかわらず大勢の人で賑わっていました。この日は「日本野鳥の会」の
団体ツアーがあり、柳生さんがホストとして案内していました。因みに氏は「日本野鳥の会」の会長でもあります。
b0184848_10231180.jpg
b0184848_10232026.jpg
b0184848_10232621.jpg

山麓に沿って走る八ヶ岳高原ラインの中でもダントツの絶景ポイントが山梨県立八ヶ岳牧場と東沢大橋。
大型の観光バスも立ち寄る人気のエリアです。
b0184848_10244266.jpg

八ヶ岳連峰の主峰・赤岳(標高2899m)
b0184848_10245663.jpg

川俣川渓谷にかかる東沢大橋は“赤い橋”として人気のスポット
b0184848_1025194.jpg

山腹を彩るカラマツなどの黄葉
b0184848_1025758.jpg

さてこの後は本日のハイライト、野辺山へ向かいます。乞う、ご期待^^

by granpatoshi | 2016-10-31 07:00 | 風景 | Comments(6)
2014年 11月 05日
絶景! 八ヶ岳
秋晴れの一日、八ヶ岳周辺をドライブ^^。
中央高速・長坂インターチェンジから清里方面に向かいます。甲斐大泉駅を過ぎた少し先、八ヶ岳大橋に差し掛かると
左に八ヶ岳連峰が姿を現します。ここは八ヶ岳撮影の有名ポイント。すそ野はモミやカラマツなど針葉樹の黄葉が
ピークを迎え、ところどころに紅葉も混じってまさに錦秋。西の方角には南アルプス・甲斐駒ヶ岳の頂が顔をのぞかせ、
振り返れば富士山が霞をたなびかせています^^。これを絶景と言わずして、なにを絶景と言うべきか^^。
b0184848_1714317.jpg

b0184848_17141041.jpg
b0184848_17141674.jpg
b0184848_1714221.jpg
b0184848_17142830.jpg

さて次のポイントは清春芸術村。春、雪の残る甲斐駒をバックに、満開のソメイヨシノが咲き乱れる清春美術館がイチ押し
ですが、今の季節は赤く紅葉した桜の葉と美術館の取り合わせが絶妙^^。そして私のとっておきの場所が白州町にあります。
田んぼの中に真っ直ぐの一本道が南アルプスに向かって伸びるベルガ通り。真正面に甲斐駒を臨む、知る人ぞ知る絶景の
撮影ポイントです。周囲を山々に囲まれた山梨県でも、八ヶ岳周辺は屈指の観光スポットですね^^。
b0184848_1715377.jpg
b0184848_17154311.jpg
b0184848_17154938.jpg
b0184848_17155447.jpg
b0184848_1716020.jpg


by granpatoshi | 2014-11-05 17:20 | 風景 | Comments(4)
2010年 04月 26日
高原の春
土曜日から日曜日にかけて、山梨県小淵沢に行ってきました。
小淵沢は八ヶ岳の南側斜面に広がる高原地帯で、北に八ヶ岳連峰がそびえ、はるか東に
富士山を望み、南に目を転じると南アルプス屈指の名峰・甲斐駒ヶ岳が威容を誇ります。
なだらかな斜面には高原野菜を栽培する農家が点在し、モミやアカマツなどの針葉樹の
森が広がる絶景のリゾート地でもあります。
あぜ道の小川には雪解けの清冽な水が流れ、新緑の芽生えが始まった樹木の間を野鳥が
飛び交い、高原は今まさに春を迎えています。空はあくまで澄みわたり、キリリと冷え込んだ
空気は都会では味わえない、贅沢な空間が広がっています。

標高2967mの甲斐駒ヶ岳は花崗岩の塊
b0184848_12251783.jpg

白州町から遙かに望む八ヶ岳連峰。空が広い
b0184848_12262088.jpg

御坂峠の桜越しに富士山を眺める
b0184848_1226541.jpg

小淵沢を訪れた目的は果たして・・・この項、続きます^^。

by granpatoshi | 2010-04-26 12:28 | 風景 | Comments(12)