タグ:北九州空港 ( 5 ) タグの人気記事

2012年 06月 28日
ブラックバード
民間航空では珍しく機体をブラック塗装したスターフライヤー。
使用機材はエアバスA320-200。コードシェアしている全日空でも使用している
飛行機ですが、全日空のトリトンブルーよりもキリッと引き締まった印象です^^。
垂直尾翼と翼端のウィングチップは左舷側が黒、右舷側は白に塗り分けられていて、
塗装デザインもなかなかオシャレ。
機内のシートも黒の革張りで全席モニター付き。料金はフルサービスキャリアよりも
低めに設定されていますが、サービス・コンセプトは「ホスピタリティ」というだけあって
機内サービスは大手2社と比較しても遜色ありません。
最近では福岡~羽田線を開設し、7月には初の国際線として北九州~韓国プサン線も
開設するそうで、我が郷土の翼はますます大きく羽ばたいています^^。
b0184848_10182079.jpg
b0184848_10183318.jpg
b0184848_10184359.jpg
b0184848_10185525.jpg
b0184848_10191523.jpg
b0184848_10193261.jpg
b0184848_10194146.jpg


by granpatoshi | 2012-06-28 10:20 | 飛行機 | Comments(4)
2012年 06月 25日
飛行機を取り巻く人々
気分転換に北九州空港に飛行機を見に行ってきました。
送迎デッキに上がると、ちょうどJALの375便ボーイング737-800が東京から
到着するところでした。着陸した飛行機が376便として東京へ出発するのは40分後。
この間、10人ほどのグランドスタッフが燃料補給や機体の点検、荷物の積み降ろし
などの作業を、手際よく行っています。
また、通常は機内で行うコーパイと客室乗務員のブリーフィングを、ボーディングブリッジ
の中で行っているのが見えます。これはきっと、短い時間内に完了させないといけない
機内清掃の邪魔をしてはいけないという配慮なんでしょうね。
こうして多くのスタッフたちの精力的なバックアップを受けて、376便は東京へ向けて
飛び立って行きました^^。
b0184848_21295560.jpg
b0184848_2130887.jpg
b0184848_21301915.jpg
b0184848_21302922.jpg
b0184848_21304063.jpg
b0184848_21304968.jpg
b0184848_21305971.jpg
b0184848_21311116.jpg


by granpatoshi | 2012-06-25 21:43 | 飛行機 | Comments(4)
2011年 03月 25日
スタフラ減便・・・orz
東北・関東大震災の影響が、被災地から遠く離れたここ北九州でも出ています。
まず単一乾電池が店頭から消えました。被災地や計画停電を実施している東電管内の地域に送るため、
問屋さんが店頭在庫を一斉に回収したそうです。計画停電が長引きそうなので、実はこちらで乾電池の
予備を買っておこうと思って量販店やホームセンターを回りましたが、考えが甘かった^^;。

そして意外だったのが、我がスターフライヤーが減便していること。スタフラのパイロットは外国人が多く、
休暇で帰国したパイロットに対して、母国が日本への再入国自粛を勧告しているとのことです。新聞報道に
よれば、減便は4月から実施とのことでしたが、本日北九州空港に突撃取材したところ、もうすでに減便は
始まっていました。運航の間隔調整のためでしょうか出発時間も大幅にディレイ、チェックインカウンターは
てんやわんやでした。
被災された方々のご苦労を思えば、乾電池が無いだの、多少飛行機が遅れる位のことは我慢しなければと、
肝に銘じた次第です。
b0184848_2232789.jpg
b0184848_2234169.jpg
b0184848_2235336.jpg
b0184848_224388.jpg


by granpatoshi | 2011-03-25 22:12 | 飛行機 | Comments(8)
2010年 07月 22日
遠州灘上空でジャンボ機とすれ違う^^
北九州へ里帰りした復路は梅雨も明け、真っ青な夏空が広がっていました。
JL376便、機材は往路と同じB737-800(JA329J)、座席は29A。定刻より5分遅れてプッシュバック。
テイクオフ・ランウェイは36。離陸するとすぐに右旋回。上空には随所に積乱雲が湧き上がり、季節は一気に
夏になりました。エンルートは周防灘、松山、瀬戸内海、大阪を経て紀伊半島を横断。遠州灘から駿河湾、
伊豆半島を横断して相模湾に入り、大島上空から房総半島を横切って羽田へ向かうコースです。

上から眺めていると飛行場の多いこと。視認できたものだけでも山口宇部空港、岩国基地、神戸空港、伊丹
空港、セントレア、静浜基地、富士山静岡空港、大島空港と続きます。搭乗機がセントレア上空を通過し、
静浜基地が見えだしたその時です。いきなり日本航空のB747が左下をかすめて飛び去りました。
一瞬でしたが、尾翼のアークがハッキリ確認できました。それにしても飛び去るスピードの速いこと、すれ違う
2機の相対速度は時速1500キロ以上ですから、まさにアッという間のすれ違いでした。窓にへばり付き、
「写るんです」を常にスタンバイ状態にして外をウオッチしていた甲斐がありました^^。
そして羽田の着陸は希望通り16L。最後の左ヒネリの時、城南島が見えてきました。ファイナルで16Lに
タッチダウンする寸前、ちょうどいつも地上から見上げているポイントには何人かの人影が見えました。
いるんですねぇ、好きな人が^^。
b0184848_129884.jpg
b0184848_1292738.jpg
b0184848_1293421.jpg
b0184848_1294165.jpg
b0184848_1294950.jpg


by granpatoshi | 2010-07-22 12:12 | 飛行機 | Comments(6)
2010年 07月 20日
豪快な右ヒネリを楽しむ^^
所用があって北九州の実家に帰省していました。今回は訳あってカメラは持参せず、空港で買った
「写るんです」で往復の機内からもっぱらエンルートの様子を撮影しました。
ネガをスキャンしているため、画像的には見るに堪えない上がりで恐縮ですが、ご容赦下さい^^;。

HND→KKJ、JL375便、B737-800(JA307J)、座席番号25K。
定刻の1315にプッシュバック開始。離陸滑走路は16R。この日は西日本を中心に梅雨前線が
最後の大暴れをしているさ中、関東地方だけは奇跡的に青空が広がっています。離陸してすぐに
右旋回。10月から使用開始されるD滑走路もかなり出来上がっているのが分かります。しかし晴れ
の空域も富士山あたりまで。名古屋から西は厚い雨雲に覆われて地上はまったく見えません。
レベルオフしても時々小刻みな揺れがあり、サービスも早々に終了しました。
着陸20分前にシートベルト着用のサインが点灯し、山口宇部空港の南側を通過すると左旋回して
ヘディングを180度に取ります。着陸滑走路は36。北九州空港は国内では4番目の海上空港なの
で、騒音を気にすることなく離着陸が出来ます。空港の東側を南に向け航過し、高度を下げながら
ファイナルで180度右旋回。豪快に右にヒネリを入れて機首を36にアラインさせると、雨雲が低く
垂れ込める北九州空港に一気に着陸しました。
羽田空港から北九州空港へ行かれる際には、右側窓際の席を予約することをお奨めします。
何と言ってもあのスリリングな右旋回が離陸と着陸で2度も味わえるのですから^^。
b0184848_16494811.jpg
b0184848_16495796.jpg
b0184848_1650568.jpg
b0184848_16501352.jpg
b0184848_16502256.jpg


by granpatoshi | 2010-07-20 16:54 | 飛行機 | Comments(12)