タグ:城南島 ( 81 ) タグの人気記事

2015年 05月 29日
強風に負ける^^;
そう言えば最近、飛行機を撮っていないということにはたと気が付き、城南島へ車を走らせました。
南風運用なので、B滑走路RW22への着陸を狙います。東京湾を大きく左旋回しながらアプローチしてきた着陸機が、
滑走路に正対したところからシャッターを切り始めますが、どうも調子が出ない。機種は違っても、どれも構図が同じで
新鮮味がないのです。ここはよく撮影に来る場所で、これまでも似たような写真を量産しているせいでしょうね。
早々に切り上げて京浜島へ移動。ここは着陸機がタッチダウンする瞬間を真横から撮影できる、私好みの場所。
シャッター速度を遅くして、流し撮りにチャレンジです。しかし強い向かい風で着陸速度が遅いためか、接地の瞬間に
メインギアのタイヤからの煙が出ず、イマイチ迫力に欠ける写真ばかり。南風はますます強くなってレンズが煽られ、
スローシャッターなのでブレブレ写真を量産してしまいました。操縦室ではパイロットが必死で操縦桿を握っていたと
思いますが、地上の私もカメラが倒れないよう必死で押さえておりました^^;。
b0184848_214563.jpg

b0184848_214114.jpg
b0184848_2141784.jpg

左上はルフトハンザ715便、ミュンヘン行きのエアバスA340-600です
b0184848_2142257.jpg

ちょっと“南国風”
b0184848_2142727.jpg
b0184848_2143291.jpg
b0184848_2143740.jpg
b0184848_2144253.jpg
b0184848_2144711.jpg
b0184848_2145222.jpg


by granpatoshi | 2015-05-29 07:00 | 飛行機 | Comments(4)
2014年 10月 21日
ヒコーキオタクの密やかな悦び^^ 
こんなシーンが撮れると嬉しい飛行機写真(^^)/。
1. 空中で飛行機同士が絡む・・・チャンスは少なく絡むのも一瞬なので、難易度は高い
2. 機体のライトの点滅・・・特に翼端灯は点滅時間が短いので、これも難易度は高い
3. 初めて見るペイント・・・撮っている時は気がつかない事も多い
4. レアな機体・・・撮れればラッキー(^^)/
5. 予期せぬフライト・・・フライトプランにない飛行が撮れた時

D滑走路から離陸したトリプルとC滑走路から離陸したトリプルが空中の一点で重なった
b0184848_105893.jpg

C滑走路から離陸したスカイマークのA330、次に離陸した787が後を追いかけます
b0184848_1051688.jpg

あわわ、ぶつかる・・・んなこと、あるわけないか^^;
b0184848_1052460.jpg

赤い衝突防止灯は割とよくヒットしますが、翼端の白いストロボライトとのシンクロはまぐれ当たりに期待^^;
b0184848_1053470.jpg

b0184848_1054637.jpg

「行こう!」と言われてもなぁ・・・
b0184848_106016.jpg

小さくて見にくいけど、機体前部ANAのロゴの横に「TOMODACHI」と書いてあります
b0184848_10683.jpg

ボーイング767-300ER ウィングレット装着機は希少価値があります
b0184848_1062378.jpg

飛行機のリース事業なども手がける、ウィルミントン・トラストが保有するガルフストリームG650。美しい飛行機ですね^^
b0184848_1092186.jpg

君たち、管制塔から飛行許可は得ているのかね?
b0184848_109367.jpg

一度の撮影行でこれだけの撮れ高があれば満足です^^。

by granpatoshi | 2014-10-21 10:15 | 飛行機 | Comments(2)
2014年 08月 07日
新型機787-9
思い起こせば3年前の夏、ANAが世界に先駆けて就航させるボーイング787-8ドリームライナー初号機が
シアトルから羽田にデリバリーされました。日本初着陸を撮ろうと大勢のマニアが羽田に集結、もちろん私も
そのうちの1人でした^^。
そして3年後の今年7月27日、ANAは新型の787-9を受領。路線就航に先立ち、小学生を招待しての
遊覧飛行が行われたので、その着陸シーンを撮影してきました。-9は-8よりも全長が6メートル延長され、
シート数も60席増えています。両者の見分け方は、第1ドアと第2ドアの間の窓の数の違い。-8は全体の
シルエットがやや寸詰まりの印象がありましたが、-9は全長が増して逆にバランスが良くなったように感じます。

787-9
b0184848_9495942.jpg
b0184848_950525.jpg
b0184848_9501141.jpg

787-8
b0184848_9502084.jpg
b0184848_9502632.jpg
b0184848_9503241.jpg

同じ787-8ですが、機体前方の「787」のロゴがないので、スッキリしています^^
b0184848_9503793.jpg
b0184848_9504239.jpg


by granpatoshi | 2014-08-07 09:55 | 飛行機 | Comments(2)
2014年 08月 05日
飛行機と船を同時に楽しむ
関東地方は連日35℃超えの猛暑日が続いています。
屋外での写真撮影は厳しいものがありますが、かといって冷房を効かせた屋内で一日過ごすというのも
如何なものか。ということで、意を決して出かけた先は城南島。木陰で風が通る場所に機材をセットし、
B滑走路RW22に着陸する飛行機の撮影です。
この場所は私の好きなアングルで飛行機が撮れますが、毎回似たような(というか、ほぼ同じ)構図に
なるところが難点といえば難点。しかし、新型機や海外エアラインの機体などが次から次へと着陸して
くるので、一日楽しめるポイントでもあります。加えて、東京港を出入りするいろんな船が目の前を通過
するので、飛行機に飽きたら船の撮影も楽しめます^^。

上海航空・エアバスA330
b0184848_17364562.jpg

チャイナエアライン・エアバスA330
b0184848_17365110.jpg

エアチャイナ・エアバスA330
b0184848_17365784.jpg

フィリピン航空・エアバスA320
b0184848_1737375.jpg

ベトナム航空・エアバスA321
b0184848_1737828.jpg

中国東方航空・エアバスA321
b0184848_17371426.jpg

キャセイパシフィック・ボーイング777(老舗エアラインだけあって、どこか貫禄があります^^)
b0184848_17372012.jpg


海上に目を移すと・・・
東京港・竹芝桟橋と小笠原諸島・父島を結ぶ定期便「おがさわら丸」
b0184848_17372623.jpg

同じく竹芝桟橋と伊豆諸島を結ぶ東海汽船のジェットフォイル「友」
b0184848_17373234.jpg

上海の海運会社SITCが運航するコンテナ船「OPTIMA」。船籍はバハマだそうです
b0184848_17373736.jpg


by granpatoshi | 2014-08-05 17:45 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 07月 03日
着陸やり直し
上海航空のエアバスA330型機がB滑走路への着陸に向けて進入降下してきましたが、ちょっとコースがズレている。
正常な飛行では、ゲートブリッジ上空を通過したら機首を220度に向けて左旋回し滑走路と正対しますが、当該機は
左へ舵を切るタイミングが遅かったようです。
「あれれ、どうした?」と思った次の瞬間、グイッと舵を切りましたが時すでに遅し。B滑走路へ着陸する正しいコースには
乗れませんでした。コックピットでは、このままでは着陸出来ないと判断し、エンジンをフルスロットルにしたのでしょう。
黒い排気煙を出しながら上昇を始めました。上海機はさらに上昇を続け都心方向へ右旋回、東の空へ消えて行きました。
25分後に戻って来ましたが、この時は風向きが北風に変わって着陸はC滑走路。房総半島から直線進入で降りてくる
ので、スムーズに着陸しました。
ゴーアラウンドしたことで到着が遅れる、燃料消費が増えるなど、機上の人たちにとってはネガティブな話ですが、私が
乗客だったらその分余計に飛行機に乗れて大喜びだったでしょう^^;。
b0184848_928367.jpg

b0184848_9483645.jpg

b0184848_950447.jpg

b0184848_9485320.jpg
b0184848_949099.jpg
b0184848_949746.jpg
b0184848_9491339.jpg


by granpatoshi | 2014-07-03 09:50 | 飛行機 | Comments(2)
2014年 02月 10日
懐かしのチャーリー・アプローチ
2010年秋にD滑走路がオープンするまでは、羽田空港はA、B、Cの3滑走路で運用していました。
この頃マニアが泣いて喜んだのが、南風運用時にC滑走路に北側から進入するいわゆる“チャーリー・アプローチ”(^^)/。
湾岸沿いに飛行してきた着陸機はお台場付近で大きく左旋回、大井埠頭の直上を通過しながらRW16Lに正対します。
この左にヒネった瞬間を撮るために、多くのマニアが城南島のあちこちで待ち構えていました。もちろん私もその中の1人^^。
左の主翼がグイッと下がり、右の主翼を持ち上げて大きく左にヒネりこんで進入してくるシーンは迫力満点でした^^。
滑走路が4本になってからは、余程南風が強くない限りこのチャーリー・アプローチは見られなくなりました。もう一度、こんな
シーンが撮りたいなぁ^^。

旋回の内側から撮ると、こんな感じ
b0184848_10501855.jpg
b0184848_10502495.jpg
b0184848_10503119.jpg

旋回の外側からだと、こんな感じ
b0184848_10503796.jpg
b0184848_10504299.jpg
b0184848_10504965.jpg

このアングルを探して、城南島のあちこちを車でロケハンしました
b0184848_10505492.jpg

城南島海浜公園の西の端からRW16Lへの着陸を狙う
b0184848_105109.jpg


チャーリー・アプローチとは「C」滑走路にアプローチするという意味で、チャーリーとはフォネティック・アルファベットの
A=Alfa,B=Bravo,C=Charlie、D=Delta・・・が語源です。


by granpatoshi | 2014-02-10 10:56 | 飛行機 | Comments(4)
2013年 11月 20日
元気をもらう
公園の木々の紅葉も一段と深くなり、晩秋の気配が濃厚です。
これまでなら、こんなに天気の良い日に家にいるなんていうことはまずなかったのですが、さすがに
今はまだ機材を担いで歩く気にはなれません。

近所の公園で歩行訓練をしていると、羽田空港を離陸して西の方へ飛んでいく飛行機のエンジン音が
聞こえてきました。やっぱりいいなぁ、飛行機^^。飛行機を見ると元気が出ます。寒くなるにしたがって
空気も澄んでくるので、これからが絶好の飛行機撮影シーズン。
「よ~し、動けるようになったら必ず撮りに行くぞ」と、飛び去る飛行機を見送りながら固く決心したのでした。

真夏の暑い盛り、羽田空港RW22に着陸する飛行機を城南島でインターセプトした時の写真です。

懐かしいモヒカン塗装のANAボーイング767型機
b0184848_1074926.jpg

通年定期運行で国内最長路線の石垣~羽田線を飛ぶJTAボーイング737型機
b0184848_1075584.jpg

777のアンチコリジョン・ライト(衝突防止灯)がシャッターとシンクロしました
b0184848_108030.jpg

日本の航空会社は所有していない上海航空のボーイング757型機
b0184848_10863.jpg

767型機のウィングレット機(レアです^^)
b0184848_1081257.jpg

one world塗装のボーイング777型機
b0184848_1081729.jpg

今年度中に全機リタイアするジャンボジェット機
b0184848_1082338.jpg


by granpatoshi | 2013-11-20 10:14 | 飛行機 | Comments(4)
2013年 08月 08日
キャセイの特別塗装機
香港から飛来してきたキャセイパシフィックのボーイング777-300ER。主翼端に後退角を持たせた
レイクド・ウィングチップを採用しています。いやその胴体の長いこと、真横に来たとき私の立ち位置
からでは全長が収めきれませんでした^^;。 
今日のフライトにアサインされた機材は、香港を世界にアピールするために施された特別塗装機。
全体の配色が洗練されていて、見慣れたJALやANAの同型機に比べて新鮮な印象を受けました。
強いて言えば、垂直尾翼の塗装も胴体と同じ流れにしてほしかったなぁ、と。
東京(成田・羽田)や関空~香港は各社ともドル箱の路線。最近ではLCCも飛んでいますから、こんな
大型の機材で搭乗率は果たして大丈夫なのかと、ちょっと気になりましたね。
b0184848_1923295.jpg
b0184848_19233731.jpg
b0184848_19234282.jpg
b0184848_19234865.jpg
b0184848_19235480.jpg

こちらは従来塗装の機体
b0184848_19241873.jpg


by granpatoshi | 2013-08-08 00:10 | 飛行機 | Comments(0)
2013年 07月 26日
抵抗を減らす装置
城南島は羽田空港の北側に位置し、すぐ目の前を東京港に出入りする船が数多く通り過ぎます。
私は飛行機はもちろんですが、大海原を航海する船もロマンがあって好きです^^。
その魅力はというと、さしずめ飛行機は機能美、船は構造美といったところでしょうか。

ところで、飛行機は飛行中に空気抵抗を受けます。船の場合は造波抵抗と呼ばれる波が発生します。
いずれも速度や燃費を損なう原因となるので、それぞれに工夫が凝らされています。飛行機の場合、
抵抗を抑制する装置として代表的なのが翼端に装着されたウィングレット、船ではバルバス・バウと
呼ばれる船首の喫水線直下部分に装備された球状の突起。
ウィングレットもバルバス・バウも、本来の目的もさることながら、私は飛行機や船の外観を印象づける
装置としても、とても有効だと思います。要するに「カッコいい」ということですね^^。
b0184848_120358.jpg
b0184848_120937.jpg
b0184848_1201440.jpg
b0184848_1202094.jpg
b0184848_1202414.jpg
b0184848_1202923.jpg

所用のため3日間ほど留守にいたします。いただいたコメントへの返信が遅くなりますが、ご容赦ください m(_ _)m。

by granpatoshi | 2013-07-26 00:10 | 飛行機 | Comments(6)
2013年 07月 08日
不発に終わった城南島^^;
関東地方は例年に比べて2週間早く、“梅雨明けしたと思われる”宣言が出ました。
これから酷暑の日々が続くのでしょうか、長~い夏になりそうです。

朝から猛烈な南風が吹いていて、空気中の湿度もたっぷり。翼端からベーパーを引きながらB滑走路へ
着陸進入してくるジェット機の姿が目に浮かびます。これはもう即刻城南島へ行くしかないでしょ^^。
実はもう一つ、狙いがありました。先日、実家からの帰りに北九州空港のハンガーでスターフライヤーの
エアバスA320シャークレット機を見かけました。翼端にボーイング737-800のようなウィングレットが
装着されている、6月26日に引き渡されたばかりの、バリバリの最新機材です。
A320はSFJ以外にもANAやピーチ、ジェットスター、エアアジアなどのLCCでも使われていますが、
シャークレット機はSFJが初めて。「これはもう撮るしかないでしょ」と勇んで出かけました^^。
城南島で店を開き、独り黙々と撮影しているとばったり遭遇したのは旧知のv8powerさん。
飛行機やカメラのことなど、楽しく会話を交わしながらの撮影でした^^。

で成果の方はというと、梅雨前線の名残でしょうか何やら面妖な雲が空を覆い、湿度が高い割には
ベーパーはまったく出ず。撤収間際に飛んできた「ポケモン・ピースジェット」のトリプル7が、申し訳程度に
うっすらとベーパーを出した程度。
そして肝心のシャークレット機はというと、まだ納入されたばかりで恐らくパイロットの慣熟飛行訓練などに
使われているのか、飛んでくるのはどれもノーマル仕様機ばかり。
路線投入はもう少し先なのかもしれません。改めて出直します^^;。
b0184848_22534644.jpg
b0184848_22535441.jpg
b0184848_2254137.jpg
b0184848_2254725.jpg
b0184848_22541330.jpg
b0184848_225418100.jpg
b0184848_22542326.jpg
b0184848_22542923.jpg
b0184848_2254352.jpg


by granpatoshi | 2013-07-08 10:00 | 飛行機 | Comments(2)